LINE友だち追加で最新情報GET!

【2020秋冬】トレンドカラー”ブラック”の絶対失敗しないイマドキな着こなしって?

定番ブラックをイマドキに着こなすコツとは?

コーディネートに取り入れるだけで、大人っぽさやクールさを演出してくれるブラックカラー。どんなカラーにも合わせることができる定番カラーとして定着していますが、何にでも合うからこそ、“イマドキ”感を出すのが難しいカラーでもあります。

そこで今回は、大人女性が今着るべき最新の黒コーデを、おしゃれなスタイリングを交えてたっぷりとご紹介します。

この記事の見どころ

どんなアイテムを合わせる?

黒ワンピースにパンツを合わせたコーデの画像
引用:Re:EDIT(リエディ)

ここ最近は、ゆったりとしたサイジングのアイテムがトレンドです。例えばゆるっとした黒トップスや黒ワンピースにパンツを合わせる場合、細身のパンツをチョイスしてメリハリスタイルに仕上げるのが王道ですが、今年らしく仕上げるなら、ボトムスにもリラックス感のあるものを選ぶのがおすすめ。

ニットパンツイージーパンツワイドパンツなどを合わせて、ゆる×ゆるのシルエットに仕上げれば、抜け感漂う今年らしいリラックススタイルが完成します。さらに、透け感のある素材使いやスリットのあるデザインをセレクトすれば、洒落感を底上げできますよ。

おすすめの素材は?

引用:Pierrot(ピエロ)

ブラックカラーは重たい印象を与えてしまいがち。重さが気になるカラーを使う時は、素材選びにも注目してみましょう。

軽やかさを演出したいなら、シフォン素材や薄手のコットンやリネンなど、透け感のあるものを選ぶのが一番の近道です。シアーアイテムは合わせるインナーや光の反射によっても表情が変わるので、取り入れるだけで奥行きのある着こなしに仕上げることができますよ。

また、大人の女性らしさをプラスしたいなら、光沢感のある素材がおすすめ。ほんのりとしたツヤが、“いい女”缶漂うスタイリングへと導いてくれます。

おすすめディテールは?

フリルトップス×デニムパンツの定番甘辛コーデの画像
引用:Pierrot(ピエロ)

シックでスタイリッシュなイメージのあるブラックカラー。その色の効果を利用して、ちょっぴり甘めのディテールを選んでみるのもおすすめです。黒の効果でデザインの甘さがほどよく抑えられ、凛とした女性らしさ漂う着こなしに仕上げることができますよ。

例えばフリルトップス×デニムパンツの定番甘辛コーデ。トップスに黒をセレクトすれば、女性らしさの中にほんのりクールなアクセントがプラスされます。

甘めディテールのアイテムでも気負わず着こなすことができる黒の魔法を利用すれば、着こなしの幅をグッと広げることができます。

ブラックトップスで顔回りをグっと引き締める

黒ロング丈シアーシャツ×ホワイトパンツで旬見えモノトーンコーデ

黒ロング丈シアーシャツ×ホワイトパンツで旬見えモノトーンコーデの画像
参考トップス:バンドカラーシアーロングシャツ/titivate(ティティベイト)
着用パンツ:高見えストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:ショルダー付きマルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ)

黒ロングシャツの着こなしは、面積が広い分重たい印象を与えがち。そんな時は、涼しげな透け感のシアー素材をセレクトすることで、軽やかさをプラスするのがおすすめです。

インナーは同色のブラックタンクトップを合わせてあげると、ヘルシーに着こなすことができますよ。ボトムスにはホワイトパンツをチョイスして、スタイリッシュなモノトーンスタイルに仕上げましょう。

ボトムスに白を持ってくることでクリーンな抜け感がプラスされ、トレンド感のある軽快なパンツスタイルが完成します。

ブラックシフォンブラウス×膝下丈タイトスカートでクールフェミニンなオールブラックコーデ

ブラックシフォンブラウス×膝下丈タイトスカートでクールフェミニンなオールブラックコーデの画像
参考トップス:シアーティアードシャツブラウス/titivate(ティティベイト)
参考スカート:高見えロングタイトスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:オープントゥアンクルストラップサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:2wayミニバッグ/Pierrot(ピエロ)

クールで辛口な印象を与えるブラックカラーアイテム。トップスで取り入れるなら、女性らしいフェミニンディテールのブラウスをセレクトすれば、女性らしい柔らかさをプラスすることができます。

フリルデザインなどディテールの甘さを黒の効果でほどよくクールダウンしてくれるので、大人っぽさをキープすることができるのが嬉しいポイント。ボトムスにはブラックカラーのIラインスカートを合わせ、スタイリッシュなオールブラックコーデにまとめましょう。

メタリックカラーやホワイトカラーの小物で軽やかさを演出すれば、抜け感がありながらもクールな印象の大人フェミニンスタイルに。

黒ニットアンサンブル×デニムパンツできれい目カジュアルスタイル

黒ニットアンサンブル×デニムパンツできれい目カジュアルスタイルの画像
参考トップス:ノースリーブアンサンブル/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:ハイウエストストレートデニム/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/titivate(ティティベイト)

大人の上品スタイルに欠かせないニットアンサンブル。それぞれ単品でも使える上、カジュアルスタイルからオフィススタイルまで幅広い着こなしに活躍してくれる便利アイテムです。

ベーシックなブラックカラーを選ぶなら、カーディガンをさらっと肩掛けした技ありコーデで動きのあるスタイリングに仕上げるのがおすすめです。そうすることでほどよい抜け感と軽やかさが加わり、かしこまりすぎないこなれたスタイリングに。

ボトムスにデニムを合わせてカジュアルダウンしたら、足元のヒールパンプスで洗練ムード漂う女性らしさをプラス。さりげなくパイソン柄でアクセントを加えれば、グッと垢抜けた着こなしに仕上げることができます。

脚長洗練コーデを叶えるブラックパンツ

黒Tシャツ×フレアパンツにシアーカーディガンを羽織った軽やかモノトーンスタイル

黒Tシャツ×フレアパンツにシアーカーディガンを羽織った軽やかモノトーンスタイルの画像
参考カーディガン:カーディガンset◇3wayシアーレイヤードプルオーバー/BouJeloud(ブージュルード)
参考トップス:クルーネックTシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:裏地付きシフォンタックフレアパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:2層クッションソールポインテッドトゥパンプス/Re:EDIT(リエディ)

黒Tシャツにワイドなシルエットのフレアパンツの組合せ。そのままではどうしても重たい印象になってしまう上、ボトムスのボリュームが大きい分重心が下がってしまいがちです。

そんな時は、シアー感のある淡色カラーのシャツやカーディガンをさらりと羽織ることで視線を上げて、軽やかさを演出するのが◎。足元にもメタリックカラーのパンプスで華やかさのある抜け感をプラスすれば、ブラックカラーが惹き立つ軽やかモノトーンスタイルが完成します。

ブラウンリブタンクトップ×ブラックスキニーにシアーロングシャツを羽織った洗練カジュアルコーデ

ブラウンリブタンクトップ×ブラックスキニーにシアーロングシャツを羽織った洗練カジュアルコーデの画像
参考トップス:Aラインシアーシャツ/titivate(ティティベイト)
参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:編み込みフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ラタンサークルバッグ/Re:EDIT(リエディ)

キュッと引き締まったラインを演出するのに最適なブラックスキニーパンツ。どんなトップスにも合わせることができる万能アイテムですが、ちょっとしたコツでよりスラっとした印象に仕上げることができます。

シンプルなトップス×黒スキニーにシアーシャツを羽織ったトレンドライクな着こなしは、インナーにダークカラーを合わせることで、黒スキニーと一体化したように見せるのがポイント。そこへ淡いカラーのシアーシャツを羽織れば、細く縦長のラインが浮かび当たり、スラっとした脚長コーデが完成します。

足元にはホワイトカラーのサンダルで抜け感をプラスしてあげると、グッと垢抜けたスタイリングに。

黒シアーロングシャツ×ブラックスキニーでスタイリッシュなオールブラックコーデ

黒シアーロングシャツ×ブラックスキニーでスタイリッシュなオールブラックコーデの画像
参考トップス:バンドカラーシアーロングシャツ/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:厚底ベルトスポーツサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:配色キャンバスハンドバッグ/Re:EDIT(リエディ)

オールブラックコーデは重たい印象を与えてしまいがちなうえ、すべて同色で統一することで着映えを狙うのが難しいイメージがありますが、合わせるアイテムの素材感やデザインによっては、軽やかで動きのあるスタイリングに仕上げることができます。ロングシャツ×スキニーのシンプルスタイルなら、トレンドのシアー素材を取り入れるのがおすすめ。

ほんのり肌が透けることによって奥行きが生まれ、軽やかな素材感が着こなしに躍動感を引き寄せます。ボトムスにはすっきりとしたシルエットのスキニーパンツを合わせ、メリハリの効いた着こなしに仕上げましょう。

オールブラックコーデは足元も重要ポイント。足元に抜け感とカジュアル感をプラスできるスポーツサンダルを合わせれば、さりげなくモード感もプラスすることができますよ。

スカートでフェミニンを中和するイイ女コーデ

黒アシンメトリートップス×黒タイトスカートにベージュオーバーシャツを羽織った辛口スカートスタイル

黒アシンメトリートップス×黒タイトスカートにベージュオーバーシャツを羽織った辛口スカートスタイルの画像
参考シャツ:バンドカラーオーバーロングシャツ/titivate(ティティベイト)
参考トップス:マルチウェイワンショルトップス&キャミソール2点SET/Re:EDIT(リエディ)
参考スカート:ポンチタイトスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:フェイクレザーショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)

着痩せ効果抜群の黒タイトスカート。今年らしいオーバーサイズのシャツを合わせるなら、羽織り風に合わせるのがおすすめです。

トップスにもブラックカラーをセレクトして一体感を持たせることで、シャツの存在感がグッと惹き立ちます。さらに、ネックラインに表情のあるアシンメトリーなデザイントップスを選んであげると、奥行きが生まれて垢抜けた印象に。

ほどよくタイトなシルエットが女性らしさを醸しつつ、シックなカラーリングが辛口の大人っぽさを感じさせる、粋なスカートスタイルに仕上げることができますよ。

袖フリルブラウス×ダルメシアン柄スカートに黒ニットを肩掛けした大人フェミニンなモノトーンスタイル

袖フリルブラウス×ダルメシアン柄スカートに黒ニットを肩掛けした大人フェミニンなモノトーンスタイルの画像
参考カーディガン:ノースリーブアンサンブル/Pierrot(ピエロ)
参考トップス:キャンディスリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用スカート:ダルメシアン柄スカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:8cmヒールポインテッドトゥパンプス/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:サークルリングデザイン バケツ型バッグ/Pierrot(ピエロ)

袖のフリルデザインが大人の可愛げムードを引き寄せるホワイトブラウス×ドット見えのアニマル柄ロングスカート。フェミニンなアイテム同士の組み合わせは、モノトーンでまとめることで大人っぽさをキープしましょう。

スカートは控えめなフレアシルエットをセレクトし、さらに黒カーディガンを肩からさらりと掛けることで、スタイリングをキュッと引き締めることができます。仕上げにきれい目な印象のベージュ小物を合わせ、上品さとさりげない抜け感をプラスするのがポイント。

白シアーシャツ×黒ロングプリーツスカートでエレガントなモノトーンスタイル

白シアーシャツ×黒ロングプリーツスカートでエレガントなモノトーンスタイルの画像
参考シャツ:Aラインシアーシャツ/titivate(ティティベイト)
参考スカート:2丈から選べるプリーツスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:チェーンデザイン トートバッグ/Pierrot(ピエロ)

動きに合わせて揺れるシルエットがエレガントなブラックプリーツスカート。ロング丈のスカートは重さが気になりがちですが、プリーツスカートなら広がり過ぎず、プリーツデザインの揺れ感が軽やかさを演出してくれます。

トップスにはほんのりとした透け感のホワイトカラーのシアーシャツを合わせることで、顔周りをパッと明るい印象に。足元に黒のシューズを合わせてしまうと重心が下がってしまうので、メタリックカラーのサンダルなどで“抜け”のある足元に仕上げましょう。

シアー素材やメタリックカラー、プリーツの揺れ感など軽やかさを演出する要素がたっぷり詰まったエレガントなモノトーンスタイルは、大人女子必見です。

ブラックワンピで簡単シックな魅了コーデ

黒Iラインワンピースにグレーパーカーを重ねたスポーティーカジュアルスタイル

黒Iラインワンピースにグレーパーカーを重ねたスポーティーカジュアルスタイルの画像
参考トップス:スウェットフードパーカー/Pierrot(ピエロ)
参考ワンピース:ノースリーブIラインロングワンピース/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:サイドラメローカット厚底スニーカー/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ショルダーウォレット/Pierrot(ピエロ)

すっきりとしたシルエットの黒ワンピースはスタイリッシュなコーディネートに仕上げるのが定番ですが、カジュアル感をMIXすることで、大人の余裕を感じさせる洗練コーデに仕上げることができます。大人カジュアルに欠かせないグレーパーカーを上から重ね、クリーンな抜け感をプラスできる白スニーカーで軽快にまとめれば、こなれ感たっぷりのスポーティーカジュアルスタイルに。

手元に合わせたパイソン柄ミニバッグが、パーカーやスニーカーのアクティブさをほどよく調節しつつ、洒落感をグッと高めてくれます。

ホワイトシャツ×バックフレアジャンパースカートで大人可愛いモノトーンコーデ

ホワイトシャツ×バックフレアジャンパースカートで大人可愛いモノトーンコーデの画像
参考ワンピース:ボンディングバックフレアジャンパースカート/Pierrot(ピエロ)
参考シャツ:ノーカラーブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:フェイクレザースクエアトートバッグ/Re:EDIT(リエディ)

子供っぽい印象になってしまいがちなジャンパースカートは、黒をセレクトすることでスタイリッシュな印象に仕上げることができます。バックフレアデザインで大人の可愛げムードを引き寄せつつ、深めのVネックデザインやIラインシルエットなど、甘すぎないデザインを選ぶのも大人見えのポイント。

インナーには白シャツやブラウスを合わせれば、カジュアルすぎずきちんと感をキープできます。ほんのりカジュアルな小物で抜け感をプラスすれば、可愛さと大人っぽさのバランスが絶妙なモノトーンスタイルが完成します。

黒オールインワンにマウンテンパーカーを羽織ったきれい目カジュアルスタイル

黒オールインワンにマウンテンパーカーを羽織ったきれい目カジュアルスタイルの画像
参考シャツ:オーバーサイズマウンテンパーカー/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:ベルト付きVネックオールインワン/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:8cmヒールポインテッドトゥパンプス/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/titivate(ティティベイト)

きれい目なデザインのオールインワンは、ブラックカラーをセレクトすることでスタイリッシュな雰囲気に。ヒールパンプスを合わせて大人っぽく着こなすなら、カジュアル感のある羽織りをプラスしてこなれたスタイリングに仕上げるのがおすすめです。

シックなベージュカラーのマウンテンパーカーならカジュアル過ぎず、アクティブ感がありつつも垢抜けた印象に。きれい目な黒小物で洗練されたイメージをプラスすれば、大人ならではのきれい目カジュアルスタイルに仕上げることができます。

羽織りでメリハリをプラスするブラックコーデ

白ロゴTシャツ×ベージュパンツに黒ロングカーディガンを羽織ったきれい目カジュアルスタイル

白ロゴTシャツ×ベージュパンツに黒ロングカーディガンを羽織ったきれい目カジュアルスタイルの画像
参考カーディガン:畦ニットロングカーディガン/Pierrot(ピエロ)
着用トップス:ロゴプリント半袖Tシャツ/reca(レカ)
着用パンツ:高見えストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:タッセル付き キルティングショルダーバッグ/Pierrot(ピエロ)

控えめなロゴTシャツ×きれい目パンツのシンプルスタイル。羽織アイテムを追加してこなれ感をまとわせるなら、ロング丈の黒カーディガンが最適です。

ブラックカラー効果でスタイリングがピリっと引き締まり、大人っぽさのあるきれい目カジュアルスタイルに。黒ショルダーバッグ&パイソン柄パンプスを合わせることで、辛口ながらも女性らしいアクセントをプラスすれば、洗練ムードたっぷりの着こなしが完成します。

全体の色数を抑え、シックなカラーリングにまとめるのがおしゃれ見えのポイント。

ニュアンスブラウンロゴTシャツ×ブラックスキニーに黒シアーシャツを羽織ったモードカジュアルスタイル

ニュアンスブラウンロゴTシャツ×ブラックスキニーに黒シアーシャツを羽織ったモードカジュアルスタイルの画像
参考シャツ:バンドカラーシアーロングシャツ/titivate(ティティベイト)
着用トップス:フロントメッセージロゴTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:8cmヒールポインテッドトゥパンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/titivate(ティティベイト)
参考帽子:サマーキャスケット/titivate(ティティベイト)

ニュアンスブラウンカラーのロゴTシャツにブラックスキニーを合わせたシンプルカジュアルスタイル。そこへ大人っぽいアレンジを加えるなら、黒小物&黒シアーシャツをプラスしてモード感を引き寄せるのがおすすめです。

足元はヒールパンプスで女性らしくまとめつつ、黒キャスケットを合わせることでモードな遊び心をプラス。シアー感が旬見えを叶えてくれるロングシャツをさらりと羽織れば、ちょっぴり辛口なモードカジュアルスタイルに仕上げることができます。

白カットソー×プリーツオールインワンに黒ニットカーディガンを肩掛けしたリラックスカジュアルスタイル

白カットソー×プリーツオールインワンに黒ニットカーディガンを肩掛けしたリラックスカジュアルスタイルの画像
参考カーディガン:ノースリーブアンサンブル/Pierrot(ピエロ)
参考トップス:ノースリーブトップス/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:マットプリーツハイウエストオールインワン/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:サークルリングデザイン バケツ型バッグ/Pierrot(ピエロ)

お洒落感を保ちつつリラックスムード漂う着こなしが叶うオールインワン。表情豊かなプリーツオールインワンならカジュアル過ぎず、女性らしいスタイリングに仕上げることができます。

トップスにシンプルな白カットソーを合わせてクリーンにまとめたら、黒カーディガンをこなれ感たっぷりにさらりと肩掛け。こうすることで、黒のカラー効果で着こなし全体をすっきりと引き締めつつ、上品ムードもプラスすることができます。

仕上げに、大人っぽさのあるベージュ小物でカジュアル感をほどよく調節すれば、女性らしさとリラックスムードをまとったパンツスタイルに。

最新コーディネート


プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のプチプラアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事の見どころ
閉じる