LINE友だち追加で最新情報GET!

【2020春夏】人気のエクリュコーデって?大人女子におすすめの着こなし方を徹底解説!

この記事の見どころ

エクリュカラーの”エクリュ”ってどんな意味?

引用:Pierrot

2020年、ファッション雑誌やサイトでよく目にする“エクリュ”。
皆さんはどんな色がご存知でしょうか?エクリュとは、フランス語で「さらしていない、未加工の、生成り」という意味です。

そう、エクリュの意味は“生成り色”のことなんです。

黄色みがかった白、オフホワイト、アイボリー、淡ベージュにあたるカラーが“エクリュ”と呼ばれています。女性らしさもあり、白よりも着こなしやすく、こなれ感たっぷりに仕上がるエクリュカラーはどんな色にも合わせやすく、大人女子にもピッタリ。

そこで今回は、ナチュラルで柔らかな魅力たっぷりのエクリュカラーにスポットを当てて、コーデを交えてたっぷりとご紹介します。

エクリュカラーのアイテムを大人っぽくコーディネートに取り入れるには?

エクリュカラーリブニット×ベージュカラーIラインロングスカートで上品ワントーンスタイル

エクリュカラーリブニット×ベージュカラーIラインロングスカートで上品ワントーンスタイルのコーデ画像
引用:Pierrot
着用トップス:選べるネック綿混半袖リブニット/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:フロントボタンロングスカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:バケツハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

ニット×ロングスカートの定番きれい目コーデ。
トップスにエクリュカラーをセレクトするだけで上品さをこなれ感がプラスされ、コーデの鮮度がグッとUPします。ニットのリブとスカートのフロントボタンで縦長ラインをさりげなく強調して、スタイルアップ効果も狙えます。

エクリュやベージュカラーに色馴染みの良いブルーのバッグを差し色に、パイソン柄シューズで辛口のアクセントを加えれば、上品さときちんと感のあるワントーンスタイルに。

エクリュカラーフーディー×ブラウンセミフレアリブパンツで旬見えリラックスカジュアルスタイル

エクリュカラーフーディー×ブラウンセミフレアリブパンツで旬見えリラックスカジュアルスタイルのコーデ画像
引用:titivate
着用トップス:フレアデザインフードパーカー/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:カットリブセミフレアパンツ/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:アニマル柄クリアバッグ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:メッシュデザインポインテッドトゥミュールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

オーバーサイズのゆるっとしたシルエットが可愛いフーディーは、大人カジュアルスタイルに欠かせないアイテムです。
柔らかなエクリュカラーをセレクトすれば、ふんわりとした女性らしさ漂うリラックススタイルに仕上げることができます。

合わせるボトムスや小物も同系色で揃えてトーン・オン・トーンスタイルにまとめることで、旬見えも叶いますよ。アクセントを加えるなら、アニマル柄小物で決まり。

エクリュカラーハイウエストパンツ×くすみブルーリブニットで洗練ムード漂うきれい目パンツスタイル

エクリュカラーハイウエストパンツ×くすみブルーリブニットで洗練ムード漂うきれい目パンツスタイルのコーデ画像
引用:Pierrot
着用トップス:もちもちスクエアネック リブニット/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:ハイウエストボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:シンプルショルダーバッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)

膨張が気になりがちな白パンツはちょっとハードルが高いという大人女子には、エクリュカラーのパンツでちょっぴりくすみを加えるだけでグッと着こなしやすいコーデになるはず。

同じくすみカラーのトップスを合わせれば、トレンドライクなニュアンスカラーコーデに仕上げることができます。顔映り良く上品ムードを醸すことができるブルーのトップスをセレクトして、品のあるきれい目スタイルに仕上げましょう。大人の女性らしさをアピールできるベージュカラーの小物セレクトも、お洒落見えのポイントです。

エクリュカラーフロントボタンスカート×ニュアンスグリーンシアーシャツでトレンドライクな優しげフェミニンスタイル

エクリュカラーフロントボタンスカート×ニュアンスグリーンシアーシャツでトレンドライクな優しげフェミニンスタイルのコーデ画像
引用:titivate
参考インナー:天竺編みストレッチニットキャミソール/Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:バックスリットシアーシャツ/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:ステッチデザインタイトスカート/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:ギャザーデザインショルダーバッグ/titivate(ティティベイト)
参考着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

ホワイトよりも着こなしやすいエクリュカラーは、ロングスカートに取り入れても素敵です。
優しげな女性らしさがプラスされ、フェミニンな印象で着こなすことができますよ。

2020年春夏の注目カラー、グリーンのトップスを合わせれば一気に旬のスタイリングが完成します。淡いトーンの膨張が気になる方は、フロントボタンなど縦のラインを強調できるデザインをセレクトするのがおすすめです。

エクリュカラーフロントボタンロングワンピース×エクリュカラーパンツでカジュアルフェミニンなレイヤードスタイル

エクリュカラーフロントボタンロングワンピース×エクリュカラーパンツでカジュアルフェミニンなレイヤードスタイルのコーデ画像
引用:titivate
着用トップス:フロント釦バックレースアップワンピース/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:ハイウエストセミワイドパンツ/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:ミニクリアバッグ/titivate(ティティベイト)

甘めな印象の白ワンピに比べ、ナチュラルな色合いがこなれたムードを醸すエクリュカラーのワンピースなら、大人スタイルにもぴったり。ゆったりとしたシルエットやボリュームスリーブデザインを選べば、トレンドライクな着こなしに仕上がります。

そのまま1枚で着るのももちろん素敵ですが、同色のパンツを重ねてレイヤードスタイルに仕上げれば、洒落感を底上げできますよ。スニーカーやクリアバッグでカジュアルな抜け感をプラスするのもポイント。

エクリュカラークラッチバッグ×くすみグリーントップス×ベージュパンツで旬見えニュアンスカラーコーデ

エクリュカラークラッチバッグ×くすみグリーントップス×ベージュパンツで旬見えニュアンスカラーコーデの画像
引用:Re:EDIT
着用トップス:オーバーサイズチュニック丈カットソー/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:サイドスリットスラックスパンツ/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:2WAYショルダー付きギャザークラッチバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:スクエアトゥセンターラインワンベルトサンダル/Re:EDIT(リエディ)

淡カラーで全体をまとめたコーディネートに合わせるバッグなどの小物は、ダークカラーを選んでしまうとちょっぴり強めの存在感が出てしまいがち。そんな時に便利なのが、エクリュカラーの小物です。


特に2020年春夏はニュアンスカラーコーデが注目されているので、柔らかな印象とこなれ感が演出できるエクリュカラーの小物が大活躍。白とは違う優しい抜け感がプラスできます。

エクリュカラーに合う色はどんな色?

ベージュや白と同じようにベーシックカラーでもあるエクリュカラー。
カラーコーデのしやすさが魅力ですが、その中でも特に相性抜群のベージュ・ブラウン・ブルー・ブラック・カーキのスタイリングをご紹介します。

エクリュカラーシャツ×ベージュIラインスカートでシンプルグラデーションスタイル

エクリュカラーシャツ×ベージュIラインスカートでシンプルグラデーションスタイルのコーデ画像
引用:Pierrot
着用トップス:ソフトリネンオーバーシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:リブカットソーロングスカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:2wayミニバッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

エクリュカラーとベージュカラーは同系色でトーンも近いため相性抜群。
組み合わせるだけでグラデーション配色が完成し、簡単にお洒落感がUPします。

シャツ×ロングスカートのようなシンプルなワンツーコーデもワンランク上の着こなしに。モデルさんのようにシャツを抜き襟スタイルで着こなせば、こなれ感も演出できます。

エクリュカラーロングシャツ×ブラウンリブパンツでリラックスカジュアルスタイル

エクリュカラーロングシャツ×ブラウンリブパンツでリラックスカジュアルスタイルのコーデ画像
引用:titivate
着用インナー:シンプルタンクトップニット/titivate(ティティベイト)
着用トップス:バックツイストロングシャツ/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:リブプリーツワイドイージーパンツ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:デザインVカットフラットミュールサンダル/titivate(ティティベイト)

ブラウンカラーもエクリュと同じ系統のカラーなので、どんなアイテムを組み合わせても好相性。
トーン・オン・トーンスタイルの中に取り入れても素敵です。

また、バッグなどの小物にブラウンカラーを持ってきて、さりげなくポイント使いするのも◎ブラウンカラーはどんなトーンでも似合うので、迷うことなくコーディネートできます。

エクリュカラーギャザーブラウス×ブルーデニムでナチュラルなテイストMIXスタイル

エクリュカラーギャザーブラウス×ブルーデニムでナチュラルなテイストMIXスタイルのコーデ画像
引用:Pierrot
着用トップス:2wayマットサテンギャザーブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:ストレートデニム/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

エクリュのナチュラルな色合いには、デニムのブルーが好相性。
白×ブルーの組み合わせは爽やかな印象ですが、エクリュ×ブルーならそこへ柔らかさや上品さがプラスされ、ナチュラルな抜け感漂う大人カジュアルスタイルに仕上げることができます。

シューズはベージュやブラウン系をチョイスするのが◎。

エクリュカラーニットトップス×黒シアーサテンプリーツスカートでシックな大人フェミニンスタイル

エクリュカラーニットトップス×黒シアーサテンプリーツスカートでシックな大人フェミニンスタイルのコーデ画像
引用:Re:EDIT
着用トップス:ウエストリボンアシンメトリーシャリ感ニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:シアーサテンプリーツスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:フェイクレザーがま口風ショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:ポインテッドトゥセンターラインフラットシューズ/Re:EDIT(リエディ)

どんなカラーにも似合うブラックは、エクリュカラーとの相性も◎
白×ブラックはコントラスト強めでシャープな印象ですが、エクリュカラーならコントラストの強さを和らげてくれるので、柔らかな雰囲気を加えることができます。

それでいてシックな大人っぽさもキープできるので、大人女子におすすめのカラーリングです。ブラウンとの組み合わせよりはちょっぴり辛口なイメージに仕上がるので、フェミニンアイテムの甘さを抑えたい時にもおすすめ

エクリュカラーパンツ×カーキカラーオーバーシャツで洗練シンプルスタイル

エクリュカラーパンツ×カーキカラーオーバーシャツで洗練シンプルスタイルのコーデ画像
引用:titivate
着用トップス:ゆるオーバーサイズシャツ/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:裾フリンジステッチストレートパンツ/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:ミニクリアバッグ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:デザインVカットフラットミュールサンダル/titivate(ティティベイト)

ナチュラルなエクリュカラーは、アースカラーとも好相性。
草木を想わせるカーキとの組み合わせももちろんピッタリです。メンズライクな印象のカーキも、柔らかなエクリュカラーとコーディネートすればまろやかさが加わり、女性らしく着こなすことができますよ。

とろみ素材など質感にもこだわってコーディネートすれば、シンプルな組み合わせでも洗練ムード漂うスタイリングに。

2020トレンド素材とエクリュカラーで着こなす注目コーディネート

エクリュカラーシアーシャツ×ブラウンきれい目パンツでフェミニンムード漂うパンツスタイル

エクリュカラーシアーシャツ×ブラウンきれい目パンツでフェミニンムード漂うパンツスタイルのコーデ画像引用:Pierrot
着用トップス:ヘンリーネックシアーシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:高見えストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

2020年春夏のビッグトレンド、シアーアイテムにエクリュカラーを取り入れるのも素敵です。
柔らかな色合いに透け感が加わることで、よりふんわりとした女性らしさ漂う着こなしに仕上げることができますよ。

シアーシャツはゆったりとしたシルエットのものをセレクトするのが最旬。さらにボリュームスリーブデザインなら、フェミニンムードたっぷりのフォルムが女性らしさを加速させます。
すっきりとしたきれい目パンツで大人っぽさをキープしたコーディネートがおすすめです。

エクリュカラーシースルーシャツワンピース×ブルーデニムでこなれ感たっぷりな大人カジュアルスタイル

エクリュカラーシースルーシャツワンピース×ブルーデニムでこなれ感たっぷりな大人カジュアルスタイルのコーデ画像
引用:Pierrot
着用ワンピース:シースルーシャツワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用トップス:クルーネックフレンチTシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:大人のためのゆるテーパードデニム/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アシメトングサンダル/Pierrot(ピエロ)

シアー素材のワンピースは、羽織として着こなせばスタイリングに軽やかさと華やかさをプラスできます。
エクリュカラーなら、柔らかな女性らしさ演出できますよ。

Tシャツ×デニムパンツのベーシックスタイルも、シースルーワンピースを羽織るだけで一気に旬見えが叶います。袖を軽く捲れば、こなれ感たっぷりの大人カジュアルスタイルに。

エクリュカラーセミフレアリブパンツ×チュニックブラウスで旬見えリラックスカジュアルスタイル

エクリュカラーセミフレアリブパンツ×チュニックブラウスで旬見えリラックスカジュアルスタイルのコーデ画像
引用:titivate
着用トップス:フロントボタンチュニックブラウス/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:カットリブセミフレアパンツ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:デザインVカットフラットミュールサンダル/titivate(ティティベイト)

トレンドライクなシルエットが作れるフレアパンツ。
リブ素材なら、ストレスフリーな穿き心地が大人のリラックスカジュアルにピッタリです。太ももまわりすっきりのメリハリシルエットですが、柔らかなエクリュカラーを選べば女性らしいイメージで着こなすことができます。

ロング丈のトップスを合わせるだけで旬のシルエットが叶うと共に、スタイルアップ効果も◎くすみグリーンやベージュなど、ニュアンスカラーをチョイスするのがおすすめです。

エクリュカラーサテンスカート×ブラックパーカーでトレンドライクなカジュアルフェミニンスタイル

エクリュカラーサテンスカート×ブラックパーカーでトレンドライクなカジュアルフェミニンスタイルのコーデ画像
引用:Re:EDIT
着用トップス:裏毛バックスリットパーカー/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:サテンナロースカート/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:フェイクレザーがま口風ショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:ギャザースクエアトゥフラットシューズ/Re:EDIT(リエディ)

2020年春夏はサテンアイテムも要チェック。
上品な光沢感が艶のある女性らしさを演出してくれるこんなスカートなら、大人のスタイリングにもぴったりです。動きに合わせてひらりと揺れる裾がフェミニンムードたっぷりのスカートには、フーディーを合わせてカジュアルダウンするのが大人の選択

女性らしさをキープしつつ抜け感を醸すフラットシューズも、お洒落見えのポイントです。色数は2色に抑えて大人っぽいスタイリングに仕上げましょう。

エクリュカラーアシンメトリートップス×総柄フレアマキシスカートで優しげフェミニンスタイル

エクリュカラーアシンメトリートップス×総柄フレアマキシスカートで優しげフェミニンスタイルのコーデ画像
引用:Re:EDIT
着用トップス:杢テレコタンクトップ×アシンメトリーヘンリートップス/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:総柄フレアマキシスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:巾着型ショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:ポインテッドトゥセンターラインフラットシューズ/Re:EDIT(リエディ)

アシンメトリーデザインのトップスも2020年春夏注目のアイテム。
さらに異なるデザインのトップスをレイヤードしたものならお洒落感も抜群です。エッジの効いたデザインでも、エクリュカラーをセレクトすれば柔らかさが加わります。

同系色のマキシ丈スカートで優しげなフェミニンスタイルに仕上げましょう。

エクリュカラーレース切り替えロングワンピース×黒スニーカーで大人可愛い抜け感ワンピーススタイル

エクリュカラーレース切り替えロングワンピース×黒スニーカーで大人可愛い抜け感ワンピーススタイルのコーデ画像
引用:Re:EDIT
着用ワンピース:レース切り替えロングワンピース/Re:EDIT(リエディ)

まるでヴィンテージドレスのような風合いのマキシ丈ワンピース。
ナチュラルなエクリュカラーが柔らかな女性らしさを惹き立ててくれます。サイドのレース切り替えデザインがトレンドムードも醸す着映えワンピースは、そのままさらりと着こなすのが◎大人可愛いボリュームスリーブは、軽く捲って手首を覗かせれば女性らしい華奢見えも叶いますよ。

足元はカジュアルなスニーカーで甘さを抑えつつ抜け感をプラスしましょう。

最新コーディネート


プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のプチプラアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事の見どころ
閉じる