LINEお友達追加で更新速報GET!

【2020春夏】大人世代必見♡今年の花柄スカートはこう着こなす!系統別コーデ15選

30代・40代大人は花柄スカートをどう着こなす?

30代・40代になって、ついつい「花柄スカート」を避けていませんか? 
「花柄スカート」は年齢とともに寂しくなりがちなシルエットを華やかにしてくれるお助けアイテム。
私たちの中では、“花柄=若い”イメージが強いものの、海外では大人に似合うアイテムとして人気があります(イギリスのリバティ柄がいい例ですよね♪)
ただし、「花柄スカート」のコーデ作りを間違えると残念に見えてしまうことも…。
30代・40代が花柄スカートを着こなすポイントは、たった2つ!

Point 1.ミニ丈を選ばない

大人要素を高めるには、ひざ下丈がマスト!
落ち着いた印象と風にはらんだ時のシルエットが女性らしく、グッと洗練された印象へと導いてくれます。

Point 2.シンプルコーデに努める

Pierrot(ピエロ) Pierrot(ピエロ)

花柄スカートをメインにすることがおすすめ。
派手なアイテムを取り入れてしまうと、統一感がなくなってしまいます
画像のようにベーシックなカラーのアイテムと合わせて、落ち着いたコーデを意識
カラートーンを合わせて、着こなすとトレンドライクな印象になります!

この2つのポイントを心得ておけばどんな年齢でも花柄コーデは失敗しません。
早速、実際のコーデ例を見ながら、大人の「花柄スカート」コーデの極意を学んでいきましょう!

華やかで大人可愛い!「花柄スカート」カジュアルコーデ5選

花柄スカート×白Tシャツ×かごバケットバッグで最旬抜け感コーデ

花柄スカート×白Tシャツ×かごバケットバッグで最旬抜け感コーデの画像
参考トップス:シンプルクルーネック半袖カットソー/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:ヴィンテージライク大花柄クリンクルプリーツスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:スクエアトゥアンクルストラップヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

赤ベースのレトロな花柄スカートに「白T」をONした最旬抜け感コーデ。
大人になって、トレンドの「白T」の着こなしに悩んだ経験はありませんか?
1枚だと寂しいし、デニムを合わせるとカジュアルすぎる。
それなら、花柄スカートで華やかな大人カジュアルを実現しましょう!
トレンドの「白T」は浅いUネックを選ぶと大人顔に一変。
手持ちのVネックトップスはきれいめコーデに、カジュアルコーデでは首の詰まったハイネックがおすすめです。
足元はラフなフラットサンダルで休日らしさを演出。
ストラップ付きのサンダルならヒールが無くてもバランスが取りやすく、高級感を保てます。

花柄ティアードスカート×ノースリーブトップス×スニーカーで春夏ナチュラルコーデ

花柄ティアードスカート×ノースリーブトップス×スニーカーで春夏ナチュラルコーデの画像
着用トップス:フレンチスリーブリブニットトップス/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:花柄ティアードスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ローカットキャンバススニーカー/Re:EDIT(リエディ)

シルエットが物足りなくなる春夏のノースリーブには、Aラインが華やかな「ティアードスカート」を合わせて着映え効果をプラス。
素朴なベージュなら花柄をさりげなく取り入れられて大人世代も安心◎
トップスのノースリーブはベージュスカートと同系色のブラウン系を選ぶと全体のバランスが整います。
Aラインのスカートは可愛く見えすぎることもあるので、レザーのショルダーバッグで辛口なテイストをON。
足元は春夏らしい白のローカットスニーカーできれいめ感もしっかりとキープしておきましょう。

花柄スカート×ロゴTシャツ×カラーカーディガンで春夏おめかしコーデ

花柄スカート×ロゴTシャツ×カラーカーディガンで春夏おめかしコーデの画像
着用カーディガン:シルクタッチ2丈カーディガン/Pierrot(ピエロ)
参考トップス:オーガニックコットン半袖ロゴTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:花柄ティアードスカート/Pierrot(ピエロ)
着用スカーフ:プリーツスカーフ/Pierrot(ピエロ)

花柄に抵抗がある人も、モノトーン配色ならすんなりとチャンレジOK◎
モノトーンだけでは寂しいなら、ブルーのカーディガンで洒落たアクセントをON。
シンプルな「ロゴT×花柄スカート」の組み合わせも差し色のおかげで一気にあか抜けます。
足元のストラップサンダルと頭のターバンは、カーディガンと同じブルーをチョイス。
モノトーン配色に差し色のブルーを統一して加えることで、上級者らしいおめかしコーデが出来上がります。

花柄スカート×赤リブニット×ショートブーツの早春デートコーデ

花柄スカート×赤リブニット×ショートブーツの早春デートコーデの画像
参考トップス:ベーシックVネック綿混リブニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:大花柄タックフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)

全身を「赤」でまとめた早春デートコーデ。
ダークトーンの冬から軽やかな春に向けて、コーデに“色”を加えていきましょう。
まっ赤なニットは女性らしさを最大限に引き立ててくれるロマンティックなアイテム。
ボルドーの花柄スカートがクラシカルでありつつ、色っぽいムードを演出してくれます。
赤の主張をまとめてくれるのは黒の小物たち。
チェーンバッグとショートブーツが甘すぎない花柄コーデを叶えます。
トップスのニットはあえてINせず、ゆったりとしたシルエットで男性ウケを狙って。

花柄スカート×レーストップス×カーディガンで春夏デイリーコーデ

花柄スカート×レーストップス×カーディガンで春夏デイリーコーデの画像
参考カーディガン:綿混ショート丈ニットカーディガン/Pierrot(ピエロ)
参考インナー:コットン100%レースタンクトップ/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:大花柄タックフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:プリーツスカーフ/Pierrot(ピエロ)

ダークカラーで沈みがちなデイリーコーデは「花柄スカート」で春夏らしい明るさをプラス。
定番のカーディガンを愛されフェミニンにアップデートするのは、ちょっぴり色っぽいボルドーの花柄スカートとインナーの黒レースのトップス。
パステルカラーの花柄は挑戦しづらいものの、落ち着いた配色ならチャレンジしやすいですよね。
華やかな花柄スカートもカジュアルなグレーのカーディガンと着ることで、目立ちすぎず、職場にも着まわせるコーデに。
カーディガンは春夏のオフィスの気温調節にも大活躍。
バッグとパンプスの小物はきちんと感のあるデザインを選んで、ビジネスムードに行儀よく合わせて!

女性らしさ溢れる♡「花柄スカート」のフェミニンコーデ5選

花柄タイトスカート×パープルニット×ビット付きパンプスのラベンダーコーデ

花柄タイトスカート×パープルニット×ビット付きパンプスのラベンダーコーデの画像
参考トップス:シルクタッチウォッシャブルニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:花柄スカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ビット付き ポインテッドトゥパンプス/Pierrot(ピエロ)

ラベンダーの花畑のような“パープルニット×花柄タイトスカート”のコーディネートは、着るだけで透明感を引き立て、春のデートやお花見にもぴったり。
アラサー世代のパープルの着こなしポイントは「コンサバにしない」こと。
組み合わせるカラーは爽やかな白よりも、シックな黒が好都合◎ 
フェミニンなパープルだからこそ、花柄スカートと小物は落ち着き感のある暗色をチョイス。
花柄でも浮かれすぎない大人スタイルが完成します。

花柄スカート×ノースリーブトップス×クリアサンダル×かごバッグで清楚系コーデ

花柄スカート×ノースリーブトップス×クリアサンダル×かごバッグで清楚系コーデの画像
参考トップス:ワイドリブノースリーブサマーニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:リゾート花柄ロングフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:ウッド調ウェッジソールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

鮮やかな「イエローの花柄スカート」は気分も高まる春夏にぴったりのカラー。
ピンクよりもチアフルで健康的なイエローは、嫌味なく女性らしさを演出できます。
明るい花柄に慣れないならなら、黒のトップスでやりすぎ感にブレーキを。
柄を主張させすぎないために無地でシンプルなデザインを選ぶことが成功の秘密。
ナチュラルなかごバッグで、柄も気負わない可愛い大人を目指しましょう◎

花柄スカート×ノースリーブトップス×サンダル×ピンクバッグで着映えコーデ

花柄スカート×ノースリーブトップス×サンダル×ピンクバッグで着映えコーデの画像
参考トップス:ノースリーブアンサンブル/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:リゾート花柄ロングフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:メニーベルトフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)

いつもより着飾りたいお呼ばれ日は、パッと目を惹く「カラフルな花柄スカート」をON♡
年齢とともに休日もベーシックカラーに頼りがち。
映えるカラーを着れば、印象もフレッシュにイメチェンできます。
目立つ花柄スカートのバランスを品よく整えるコツは、トップスとサンダルの色味をとことん削ぎ落すこと。
トップスは白よりも黒で柄を落ち着かせて、足元はブラウンのサンダルで気張らない抜け感を出すことが大切です。
差し色のピンクのバケットバッグで心ゆくまで週末おしゃれを楽しんで!

花柄レースタイトスカート×白トップス×ベージュパンプスの通勤ハッピーコーデ

花柄レースタイトスカート×白トップス×ベージュパンプスの通勤ハッピーコーデの画像
参考トップス:七分袖フリル2WAYリブニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:フラワーレースタイトスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:キルティングステッチウォレットチェーンバッグ/Re:EDIT(リエディ)

通勤の花柄スカートは「レースタイトスカート」で上品に。
膝下丈の花柄スカートでもレースなら違和感なく着こなせます。
存在感のあるイエローの色味は心もハッピーにしてくれるカラー。
パンプスも白でまとめたくなるものの、ベージュを選んでハッピーイエローを上手にスカートに馴染ませて◎
端正なタイトスカートには、ブラウスよりもカジュアルなトップスが今っぽさの秘訣。
チェーンバッグをONすれば、お仕事向けのきちんとした雰囲気もしっかりとプラスできます。

花柄スカート×カラーニット×パンプス×チェーンバッグのレイヤードコーデ

花柄スカート×カラーニット×パンプス×チェーンバッグのレイヤードコーデの画像
参考トップス:ネックが選べる ウォッシャブルニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:選べる花柄スカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:サイドカット ポインテッドトゥパンプス/Pierrot(ピエロ)

花柄スカートにパープルの「カラーニット」をレイヤードした上級者コーデ。
いつもの花柄スカートコーデにマンネリを感じたなら、お気に入りのカラーニットを合わせてみて。
重ねるニットはジャストサイズがおすすめ。
オーバーサイズのニットでも可愛いものの、ぴったりめの方がきれいにまとまります
足元の白パンプスが「カラーニット」のカジュアルさを上品に昇華。
レイヤードコーデのダボつきが気になるならチェーンバッグをON。
動きが出にくいレイヤードも小物のおかげで軽やかに仕上げられます。

シックなムードが今旬スタイル!「花柄スカート」の上品大人コーデ5選

花柄タイトレーススカート×ピンクトップス×ベージュパンプスで春の通勤コーデ

花柄タイトレーススカート×ピンクトップス×ベージュパンプスで春の通勤コーデの画像
参考トップス:バルーン袖Vネックリブニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:フラワーレースタイトスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:カットデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)

『職場に花柄スカートは着ていきづらい…』と感じているなら、旬な「レーススカート」でさりげなく花柄を取り入れてみて。
繊細な花柄レースのタイトスカートは、履くだけで女性らしさを出してくれる美人アイテム。
可愛さの強い白よりも、アラサー世代は奥行きのあるボルドーを選んでグッと大人に魅せて。
レースの端正な存在感が好印象を与えてくれるので、人前に立つプレゼンやミーティングの日にもおすすめ。
トップスは春らしいピンクのニットでスカートとのグラデーションを実現。パンプスとバッグは色味をヌーディーに抑えて上品に仕上げて!

花柄スカート×パープルトップス×パンプス×チェーンバッグで可憐な美人コーデ

花柄スカート×パープルトップス×パンプス×チェーンバッグで可憐な美人コーデの画像
参考トップス:ネックが選べる ウォッシャブルニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:プリーツ切り替えパネル花柄ラップ風スカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:ポインテッドトゥミュールパンプス/Re:EDIT(リエディ)

暗色の花柄スカートに合わせたいのは「パープルのニット」。
あくまで、大人世代のパープルは“明るすぎない暗めの色”がちょうどいい
ビビッドなパープルな品を失うので注意しておきましょう。
道端に咲く花のような可憐なコーデの明度を上げくれるのは、白のチェーンバッグ。
通常のショルダーバッグよりもチェーンの輝きが華やかさをもたらしてくれます。
足元は深めのパンプスでレディに品を添えて。

カーキブラウス×花柄スカート×ブラウンサンダルの抜け感大人コーデ

カーキブラウス×花柄スカート×ブラウンサンダルの抜け感大人コーデの画像
着用トップス:マットサテンオーバーサイズシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:花柄スカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:サークル巾着バッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

大人の花柄コーデはくすみカラーで抜け感を演出。
“花柄=かわいい”の概念を覆してくれるのは、「カーキのブラウス」。
絶妙な色味と抜き襟のデザインが花柄スカートを最旬スタイルにアップデート。
カーキは暖色を合わせると喧嘩しやすいので、スカートは寒色のブルー系をチョイス。
上品な小花柄がカーキのトップスを女性らしいムードに傾けてくれます。
足元はパンプスよりもブラウンのサンダルでモードさをアピール。
春夏の休日コーデはパンプスよりも、サンダルの方が今っぽくまとまります。

花柄スカート×ライダースジャケット×ショートブーツの春のドラマティックコーデ

花柄スカート×ライダースジャケット×ショートブーツの春のドラマティックコーデの画像
参考アウター:オーバーサイズライダースジャケット/Re:EDIT(リエディ)
参考トップス:2typeデザインとろみ素材Tシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:大花柄タックフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:サイドゴアポインテッドトゥショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)

2020年トレンドのジェンダーレスな雰囲気の「花柄スカート+ライダースジャケット」のコーディネート。
人気の春アウターの「ライダースジャケット」は羽織るだけでドラマティックに見せてくれるアイテム。
程よいリッチ感で、若い世代よりもアラサー世代にこそ似合うアウターでもあります。
ライダースでカジュアルに寄りすぎないために、花柄スカートで上品にブラウジング
ライダースはシルエットだけで十分な存在感があるので、足元はショートブーツで春らしい軽めの雰囲気に仕上げて正解。

キャンディースリーブブラウス×花柄スカート×サンダルの質感コーデ

キャンディースリーブブラウス×花柄スカート×サンダルの質感コーデの画像
着用トップス:フリルスリーブ ノーカラーブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:大花柄タックフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:ダブルベルト アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)

花柄スカートに艶やかなキャンディスリーブのブラウスを合わせた「質感」コーデ。
一見、カジュアルな花柄スカートも、トップスの「質感」にこだわれば、大人ムードの高見えコーデに一変。
トップスのブラウスは、あえて甘めのキャンディースリーブが大正解。
フリルブラウスよりもコンサバにまとまりすぎないオシャレ感をしっかりと演出してくれます。
足元は華奢なストラップサンダルで足先まですらりと綺麗に見せて!