LINEお友達追加で更新速報GET!

【2020最新】白パンツコーデで差をつける!20代から40代まで年代別コーデ15選をご紹介

白パンツがこなれて見えるコーデの方程式はコレ!

どんなカラーにも似合う“白パンツ”
どんな色にも似合うはずなのになぜか浮いてしまったり、コーデがしっくり来なかったり、映えるカラーだからこそ着回しに悩んだ経験がありますよね。
白だからといって無数のカラーを足したり、真っ白なワントーンで仕上げると日常離れしたコーデになってしまいます。
実際にコーデの法則を見ながら、確実に“白パンツコーデがこなれ見えする方程式”を学んでみましょう

Point 1 小物で差し色をプラスする

バッグ以外の配色はあくまでベーシックにまとめて、小物で差し色をプラス。
小物からスタートするとトップスで差し色を取り入れるよりも失敗しにくいメリットがあります。
差し色は自分のお気に入りの色味でOK
色のイメージからコーデの雰囲気を考えてもいいですね♪

イエローアイテム

イメージ例:春、元気、明るい

レッドアイテム

イメージ例:夏、秋、フレンチシック、女っぽい

ブルーアイテム

イメージ例:夏、冬、爽やか、知的

Point 2. 柄トップスを合わせる

白パンツには柄トップスが相性抜群◎
何気ないモノトーンコーデもお出かけ仕様に格上げしてくれます。
初心者さんは白または黒のベーシックカラーの柄なら失敗しないのでおすすめ。
上級者さんは花柄やストライプ柄などさまざまな柄でイメージチェンジを楽しんで!

Point 3. 羽織りでバランスを整える

白パンツだと派手に見えそう…と不安に感じる人はカーディガンやアウターの羽織りで自分好みに整えて。
色の明るいパンツも白よりも濃い色のカーディガンをONすればちょうどいい主張に軌道修正。
ロング丈のカーディガンでカバーすれば下着のラインや透けも気にならず安心して履きこなせます◎

Point 4. 細身より断然太めが今っぽい

白パンツはスキニーよりもワイドパンツ寄りの太めのシルエットが今風に仕上げる秘訣。
白は膨張色でもあるため足のラインを拾わないパンツがノンストレス
『太めパンツ=カジュアル』なイメージがあるものの、パンプスやチェーンバッグ、細ベルトなどキレイめの王道アイテムと組み合わせればリッチな仕上がりに。

Point 5. 落ち感のある素材で季節感漂う

2020トレンドのサテンやシアー素材やリネン素材など、ストンと落ちる生地感がおすすめ。
風にはらむ軽やかなデザインがシーズンムードを高めてくれます◎
落ち感のある素材なら着ぶくれもせず、コーデに馴染みます♡

《20代向けコーデ5選》抜け感カジュアルで着こなす白パンツコーデ

デニムジャケット×リブニット×白ストレッチパンツ×白パンプスの爽やか春コーデ

デニムジャケット×リブニット×白ストレッチパンツ×白パンプスの爽やか春コーデ画像
参考アウター:12ozデニムオーバーシルエットGジャン/Bou Jeloud(ブージュルード)
参考トップス:UネックorVネックから選べる ワイドリブニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:裾スリットストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)

白のセットアップコーデに旬なデニムジャケットをONした爽やかな春コーデ。
20代ならではのオール白コーデが若々しい透明感を引き立ててくれること間違いなし◎
可愛さとキレイめの中間を上手に演出してくれるのはデニムジャケット。
薄い色よりも濃い色の方が清楚にまとめてくれます。
白の膨張が気になるならリブデザインのニットを選ぶと縦にほっそりとしたシルエットが叶います
さりげないトレンドライクな黒のチェーンバッグで大人見えを狙って。

ベージュカットソー×白ボックスパンツ×クリアサンダルの夏のニュアンスカラーコーデ

ベージュカットソー×白ボックスパンツ×クリアサンダルの夏のニュアンスカラーコーデの画像
参考トップス:シンプルビッグTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:ハイウエストボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:メニーベルトヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

2020年もニュアンスカラーでまとめたコーデは人気継続中。
旬な装いを狙うならベージュや白の同系色でコーデをまとめてみましょう。
肌馴染みの良いくすみベージュはONするだけで今っぽい雰囲気に一変します。
ゆったりとしたボックスパンツはワイドパンツよりもモードに見せてくれる隠れ優秀アイテム。
ワイドパンツしか挑戦したことがないなら、ぜひボックスパンツも試してみて。
20代の白パンツコーデはカジュアルに仕上げるのが正解。
柔らか配色のコーデには黒バッグ×黒サンダルで大人っぽくオシャレに見せましょう。

ボルドーカットソ―×オフホワイトパンツ×かごバッグ×パイソン柄パンプスのフレンチコーデ

ボルドーカットソ―×オフホワイトパンツ×かごバッグ×パイソン柄パンプスのフレンチコーデ画像
参考トップス:涼感レーヨンショルダーフリルサマーニット/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:ハイウエストボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考ベルト:細ベルト/Pierrot(ピエロ)

フレンチシックなボルドー×白パンツの組み合わせ。
白パンツの主張が苦手な人はオフホワイトのパンツからチャレンジ。
赤よりも上品なボルドーがオフホワイトに可憐に映えます
素朴感の強いオフホワイトのパンツを老け見えさせないポイントは、思い切った肌見せをトップスで叶えること。
特にスクエアネックはデコルテを綺麗に見せつつ、ヘルシーな露出を実現するのでおすすめのアイテム。
夏らしいかごバッグを加えればコンサバになりすぎない優しいコーディネートに仕上がります。
ナチュラルなオフホワイトパンツにはパイソン柄パンプスで絶妙なトレンド感をONして今っぽく仕上げて!

ストライプ柄ジャケット×黒カットソ―×白パンツ×白サンダルの背伸び大人見えコーデ

ストライプ柄ジャケット×黒カットソ―×白パンツ×白サンダルの背伸び大人見えコーデの画像
参考アウター:コットンストライプダブルテーラードジャケット/Re:EDIT(リエディ)
参考トップス:ベーシックVネック綿混リブニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:リネンリラックスワイドパンツ/Re:EDIT(リエディ)

白パンツを使ったモノトーンコーデにマンネリ化しているなら、ストライプ柄ジャケットをONしてマニッシュに仕上げてみんなと差をつけて。
明るい白パンツには淡いストライプ柄を選んで正解◎ 濃いストライプ柄はメリハリが付きすぎるので要注意。
20代らしいフレッシュ感をコーデにプラスしてくれるのは、ブラウンのショルダーバッグ。
モノトーンコーデは地味になりがちなので明色のブラウンでキレの良いアクセントを足してみましょう。
上下を白でまとめるよりも、抜け感コーデでは黒カットソ―が洒落て見える秘訣。Vネックのデザインを選んで大人っぽく仕上げて◎

タートルニットワンピ×白ストレートパンツ×パイソン柄パンプスのクールな大人コーデ

タートルニットワンピ×白ストレートパンツ×パイソン柄パンプスのクールな大人コーデの画像
参考ワンピース:ベルト付きタートルニットワンピース/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:ストレッチツイル ストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:スクエアショルダーバッグ/Pierrot(ピエロ)

ゆったりとしたタートルニットワンピには白パンツを合わせて明るさをキープ。
ダークトーンでまとめた秋冬コーデは顔色も暗くしがち。
ボリュームのある黒ワンピには明色のアイテムを合わせて好印象にまとめましょう!
白パンツはアンクル丈がベスト。
ロング丈のパンツは足元がもたつく原因になるので、短めのパンツですっきりと仕上げて成功に導いて。
ブラウンのレザーショルダーバッグはレトロな雰囲気が魅力的。
なんとなくコーデに温かみが欲しい秋冬にはぜひ取り入れてみてくださいね。

《30代向けコーデ5選》こなれ感を漂わせる大人白パンツコーデ

ベージュジャケット×黒Vネック×白パンツ×スカーフの春の華やぎコーデ

ベージュジャケット×黒Vネック×白パンツ×スカーフの春の華やぎコーデの画像
着用アウター:ウエストマーク ダブルボタンジャケット/Pierrot(ピエロ)
着用トップス:VネックドルマンTシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:スリットフレアパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用スカーフ:2柄から選べる 大判スカーフ/Pierrot(ピエロ)

ベージュのジャケットに白パンツをONした爽やかな春コーデ。
30代コーデには“華やかさ”が必須条件。
より明るく爽やかに見えるクリームベージュのジャケットが一押しアイテム。
金ボタンの装飾のきらめきがスタイルにリッチな立体感をもたらしてくれます。
明色の配色だからこそ黒のVネックで程よいシックさをプラスすると大人の女性らしい余裕を醸し出せます。
足元はテラコッタカラーのサンダルでトレンド感をON
トレンドでコーデをまとめすぎると安っぽい印象になるため、大人女子は足元から流行を上手に取り入れて◎

シャツワンピ×レーストップス×白パンツ×黒サンダルの女っぽカジュアルコーデ

シャツワンピ×レーストップス×白パンツ×黒サンダルの女っぽカジュアルコーデの画像
参考ワンピース:リネンタッチ七分袖コットンシャツワンピース/Re:EDIT(リエディ)
参考インナー:Vネックレースリブ編みキャミソール/titivate(ティティベイト)
参考ボトムス:コットンリネンハイウエストラップパンツ/Re:EDIT(リエディ)

シャツワンピースをカーディガン代わりに使ったレイヤードコーデ。
30代の夏コーデは肌の露出加減が気になるところ。
カーディガンを上手に活用して品よく肌見せを叶えましょう。
カジュアルなシャツワンピにはノースリーブのレーストップスで大人の女性らしいシックなモードをON。
レース装飾のトップスは必ずトップス用を選ぶのが肝心。
インナーのレーストップスは下着感が出やすいため注意が必要です。
女っぽさを上げてくれるべっ甲ハンドルバッグでリュクスなレイヤードを仕上げて。

デニムジャケット×Vネックニット×白パンツ×ベージュパンプスの春夏レディコーデ

 デニムジャケット×Vネックニット×白パンツ×ベージュパンプスの春夏レディコーデの画像
着用アウター:ノーカラージャケット/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:裾スリットストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:ハーフムーンハンドル 2wayバッグ/Pierrot(ピエロ)

2020年春夏トレンドのデニムジャケットは大人カジュアルコーデに欠かせないアイテム。
特に変形デニムが流行る今季は、テーラードジャケットのようなデニムが素敵。
大人バランスをキープしつつ、絶妙な抜け感をコーデにプラスしてくれます。
端正なスタイルに今っぽさをさらに足すのは、グレーのハンドバッグ。
白よりもシックに、黒よりも爽やかにコーデを引き締めてくれます
春夏秋冬使いまわせるカラーなのでひとつ持っておけば1年中活躍してくれるはず!

フリルトップス×白パンツ×チェーンバッグ×サンダルの夏の甘辛コーデ

フリルトップス×白パンツ×チェーンバッグ×サンダルの夏の甘辛コーデの画像
参考トップス:カットジョーゼット袖フリルTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
参考ボトムス:センタープレスボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:3wayキルティングチェーンショルダーバッグ/Pierrot(ピエロ)

くすみベージュのフリルトップスに白パンツをONしたこなれたコーディネート。
30代に入ってから辛口のアイテムばかり揃えてしまっていませんか?
トレンドの袖フリルトップスならさりげない甘さで年齢に合った可愛さを演出してくれます。
ベージュ×ホワイトのスウィートな雰囲気にアクセントを加えてくれるのは、黒のチェーンバッグ。
キルティング加工のデザインなら高見えなムードが漂います。
シンプルなコーデの日こそブランドバッグで大人らしい辛口のアクセントをプラスするのがコーデ成功の秘訣。

ロングカーデ×ブラウントップス×白パンツ×ブラウンパンプスのワントーン風コーデ

ロングカーデ×ブラウントップス×白パンツ×ブラウンパンプスのワントーン風コーデの画像
参考カーディガン:畦ニットロングカーディガン/Re:EDIT(リエディ)
参考トップス:ネックが選べる レーヨン混リブニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:ベルト付きピンタックパンツ/Pierrot(ピエロ)

30代の気になるヒップラインを上手にカバーしてくれるのはロング丈のカーディガン。
白パンツは必ず体のラインの出にくいデザインを選ぶのがアラサーの鉄則。
ワイドパンツよりもキレイ見えするストレートパンツやボックスパンツがおすすめです。
ブラウンと白の柔らかな組み合わせには黒ベルトでメリハリをON。
ベージュや白の明色コーデは輪郭が曖昧になるため、小物で緩急を付けるとオシャレなフレームを作ることができます。
足元は黒でまとめずブラウンで潔く統一して旬なワントーン風スタイルに。

《40代向けコーデ5選》上品さが大人の洗練さを引き出す白パンツコーデ

クラシックブルー×白ワイドパンツ×柄スカーフ×ベージュパンプスのリッチな春コーデ

クラシックブルー×白ワイドパンツ×柄スカーフ×ベージュパンプスのリッチな春コーデ画像
着用トップス:選べるネック 美シルエットリブニット/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:センタープレスボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:巾着ハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:カットデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)

2020年トレンドカラーの大本命といえば、海のような爽やかなクラシックブルー。
ネイビーよりも上品、2019年に流行ったアイスブルーよりも品格のある印象に見せてくれます。
白パンツとクラシックブルーのコントラストを楽しみたいコーデのパンプスはベージュを選んですっきりと見せて。
インパクトの強いカラートップスには柄スカーフでバランスを整えて正解◎
顔とトップスの間にスカーフでワンクッション加えることで、ブルー系トップスでも顔色をくすませることなく着こなせます。

ネイビーノースリーブ×白パンツ×べっ甲ハンドルバッグ×ブラウンサンダルの夏コーデ

ネイビーノースリーブ×白パンツ×べっ甲ハンドルバッグ×ブラウンサンダルの夏コーデ画像
参考トップス:選べるノースリーブリブニット /Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:softリネンリラックスワイドパンツ/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

知的なネイビーのノースリーブにナチュラルな白のワイドパンツで仕上げた大人のマリンスタイル。
自然素材のリネンパンツにはハリ感のあるカットソ―で格上げしてシャープに見せて。
全身をナチュラルでまとめるよりもリュクスな素材をONする方がオシャレな雰囲気に格上げしてくれます。
ベーシックコーデにはべっ甲ハンドルのバッグで奥行きをプラス。
バンブーハンドルよりも都会的で、メタルハンドルも柔らかいべっ甲はコーデに絶妙な大人ムードを足してくれます。
足元は黒パンプスよりもブラウンパンプスで程よくあか抜けて。

シャツワンピース×ブラウントップス×白パンツ×パイソン柄パンプスのナチュラル見えコーデ

シャツワンピース×ブラウントップス×白パンツ×パイソン柄パンプスのナチュラル見えコーデ画像
参考ワンピース:リネンブレンドナチュラルロングシャツワンピース/Re:EDIT(リエディ)
参考トップス:選べる2ネックフレンチスリーブニット/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:コットンリネンハイウエストラップパンツ/Pierrot(ピエロ)

柔らかな素材のシャツワンピースにブラウントップスと白パンツをONしたリラクシーなコーデ。
ワントーンでまとめるためにインナーには白トップスを選びたくなるものの、30代からはメリハリを付けてくれるブラウンが成功カラー。
流行のニュアンスカラーは膨張色でもあるため、理想の体型カバーを叶えるならブラウンで程よく締めることがポイント。
カジュアルダウンしやすいシャツワンピコーデには黒の細ベルトでリッチにまとめて。
トレンドのパイソン柄パンプスは定番のワントーンコーデをワンランク上にデコレートしてくれること間違いなし。

カーキアウター×白カットソー×白スキニーパンツのシティサファリ風コーデ

カーキアウター×白カットソー×白スキニーパンツのシティサファリ風コーデ画像
参考ワンピース:リネンライクオープンカラーシャツワンピース/Pierrot(ピエロ)
参考トップス:裾スリットストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:スクエアトゥアンクルストラップウッド調ヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

30代の白パンツコーデはコンサバにまとめすぎず、程よくシティライクに見せてオシャレに仕上げて。
今どきカーキのアウターをONすれば洗練された都会派サファリコーデが完成します。
トップスとボトムスは潔く白で統一して清潔感をON。
ブラウンのサンダルが大人らしいこなれ感を演出してくれます。
胸元が深く開いたVネックアウターにはシンプルな白トップスをIN。
デコルテが開いたインナーを合わせるとカーキのモード感がなくなるため注意して合わせて。

ブラウンニット×白カットソー×白ボックスパンツ×パイソン柄パンプスの品格秋冬コーデ

ブラウンニット×白カットソー×白ボックスパンツ×パイソン柄パンプスの品格秋冬コーデ画像
参考インナー:オーガニックコットン半袖ロゴTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
参考トップス:畔編みリラックスオーバーサイズニット/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:センタープレスボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

気分が沈みがちな秋冬こそ白パンツの出番。
普段のコーデに投入するだけで印象を華やか&リッチに見せくれます。
定番のニット×パンツのコーデを格上げするのはVネックから覗いた白インナーとのレイヤード。
あえて白TをINすることでスタンダードになり下がらない大人の余裕感のあるスタイルに仕上げられます。
レイヤードコーデなのでブラウンニットはゆったりめのサイズ感が正解。
少し大きめを選んでおくとシャツやヒートテックとの重ね着もノンストレスで叶えられます。
シンプルなコーデを高見えさせてくれるのは、ゴールドのバングルとパイソン柄パンプス。
エッジを効かせた小物で周りと差が付く完成度の高いコーデに。