LINEお友達追加で更新速報GET!

Re:EDITの洗えるリブカットファッションマスクをレビュー


ブランド Re:EDIT(リエディ)
価格 690円(税抜)
備考 大人用・男性も可のサイズ

4/17にRe:EDIT(リエディ)で購入した「洗えるリブカットファッションマスク」が1ヶ月経ってようやく手元に届いたので、早速レビューしたいと思います!

5/18現在は即納に。メール便でポストに届きます。


今回購入したのは2枚。オリジナルのショップ袋に入ってポストに投函されていました。
購入したときは予約販売で「5/15頃より順次発送」でしたが、現在は即納に変わっています。
メール便で送料無料かつ即納なので気軽に購入できるのが嬉しいポイント。

期間限定で5枚セットが販売中。


手元に届いて早々にこんなキャンペーンが始まってしまったので少しショックです…。
各日限定5,000セットで、5/18・5/20・5/25の3日間だけのキャンペーンになるようです。
5枚セットで2,070円(税抜)1枚あたり414円(税抜)になりますね。
単品購入が690円(税抜)なので、「3枚購入の価格に2枚プレゼントで5枚」ということになります。
お得に購入する事ができるので、洗えるマスクが欲しい方は今がチャンス!

洗えるリブカットマスクを開封してみた。内容物や気になる質感は?


内容物は公式サイトに記載されている通り、不織布10枚とマスクが入っています。
気になる質感ですが、薄手のリブTシャツのような感じでした。
カットソー生地で伸縮性があるので男性でもOK!鼻から顎まで覆えるほどしっかり伸びてくれます。
綿34%という事で肌触りも問題無しでした。

裏面は不織布を入れられるように2重構造になっています。
ここに付属の不織布を入れて使いますが、不織布が無くなった場合でも市販のマスク用のフィルターや、それも手に入りにくい場合はキッチンペーパーでも代用できるとのこと。

付属の不織布自体は結構薄いですが、使い捨てのマスクではなかなか難しいアロマオイルを含ませたりして使えるので、息苦しいマスク生活の気分転換にもおすすめ。

洗えるリブカットマスクの原産国はどこ?


公式サイトには記載の無い原産国ですが、届いた商品に入っている商品表示の紙にはきちんと記載されていました。
「MADE IN PRC」って一体どこなんでしょうか…。
気になったので調べてみると、中華人民共和国の英文表記「People’s Republic of China」の頭文字を取ったものでした。
日本製とは思っていませんでしたが、「MADE IN PRC」という表記も、中国産という記載も公式サイトのどこにも載っていないんです。
衣服の中国製は今や当たり前なので特に気にする方もいないと思いますが、マスクはやはり直接顔や口元に触れるものなので生産地は気になるところ。
せめて公式サイトには記載をしておいて欲しかったですね。
これから洗えるリブカットマスクを購入検討されている方は是非参考にしてみてください。
また、どうしても原産国が気になる方は日本製のマスク・除菌スプレーも販売されているので、そちらをチェックしてみてくださいね♪

男性も使えます!5日間限定のキャンペーンで家族のマスクもお得に購入♪

公式サイトでも「男性もご着用いただけます。」との案内があるので、実際ボスに着用してみてもらいました。

おんまゆ

ボス、実際に付けてみてどう?
サイズ感とか、臭いとか…気になる所ありますか?
サイズ感は、さすがカットソー生地って感じで伸縮性バッチリだから余裕で付けられるよ!
臭いもよくありがちな石油臭とか全然しなくて、服の匂いって感じかな。

ボス

今ならお得なキャンペーン期間中なので、洗い替えが欲しい・家族の分もまとめ買いしたい!なんて方は5枚セットでの購入がおすすめです。
5/18・5/20・5/23の各日5,000セットのみの販売になっているので、買い逃しの無いように要チェック!
また、子供用のKIDSマスクも販売されているので親子でマスクもお揃いコーデにしてみては♪