MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち15,000人突破!最新情報をGETしよう! >

胸が大きくて太って見える…巨乳で悩む大人女子のアイテム選びやコーデのコツを徹底解説!

胸が大きい・巨乳さんは「ゆったりした服を着ると太って見える」「着たとき服のシルエットが変わってしまう」などがあるあるなお悩み。でも、アイテム選びのポイントや似合いやすいコーデさえわかれば、胸の大きさを気にせず、おしゃれを楽しむことができるんです♪

おんまゆ

胸が大きい人特有のお悩みを解決できる、巨乳さん向けのアイテム選びからコーデ術まで徹底解説します!

Scroll to Contents!
LINEお友だち15,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

胸が大きい女性の洋服選びの悩みは大きく2つ

胸が大きい女性の洋服選びの悩み
  • 胸の位置が高くなるので服のデザインやシルエットが変わってしまう
  • 太って見えてしまう/肉付きよく見えてしまう

1.胸の位置が高くなるので服のデザインやシルエットが変わってしまう

一つは、服の胸の位置が高くなることです。標準的な胸のサイズの人に比べ、胸の大きい人は自然と洋服のバスト位置が高くなります。

そのため胸の位置にポイントが入っているものや胸の下で切り替えが入っているものなど、洋服のデザインやシルエットが変わってしまう可能性があります。

2.太って見えてしまう/肉付きよく見えてしまう

二つ目は太って見えてしまうことです。胸の位置が高くなり洋服のシルエットが変わってしまうと、本来の体型よりも太って見えてしまうことがあります。

洋服がバストの幅に引っ張られ伸びてしまったり、全体的に肉付きのいい印象になってしまうことも原因です。 また、サイズの合わない洋服を着ることで着膨れしてしまうこともあります。

おんまゆ

バストで洋服が持ち上げられて、胸の位置が高くなってしまうと、さらにバストが強調されて太ってみえてしまう可能性があるので要注意!

【NGアイテム編】胸が大きい人は避けたい服

胸が大きい人の3つのNGアイテム
  1. お尻が隠れる長さ、首元が詰まったトップス
  2. 編み目の細かいニット
  3. Iラインのワンピース・オールインワン・サロペット
おんまゆ

巨乳さんにおすすめのアイテムポイントも合わせてご紹介します!

1.お尻が隠れる長さ、首元が詰まったトップス

1.お尻が隠れる長さ、首元が詰まったトップス
引用:pierrot(ピエロ)

胸が大きい人は、全体的に野暮ったくなってしまわないように注意する必要があります。着丈の長すぎるトップスはのっぺりとした印象になりやすく、胸元のボリューム感で太って見えてしまう可能性があるので避けましょう。

また、首元が詰まっているものも避けたほうがいいでしょう。首~デコルテラインにかけて、できる限りすっきりと見えるものを選んだほうが細見えします。

2.編み目の細かいニット

2.編み目の細かいニット
引用:pierrot(ピエロ)

ニットを着る際は、編み目が細かいものは避けましょう。

編み目が細かいハイゲージのニットは、胸の位置が横に広がり太って見えてしまう要因になります。さらに編み目が細かいニットは身体にフィットしやすいのでシルエットを拾いやすくなってしまうので避けたほうがベターです。

3.Iラインのワンピース・オールインワン・サロペット

 3.Iラインのワンピース・オールインワン・サロペット
引用:pierrot(ピエロ)

Iラインのワンピースやオールインワン、サロペットなども注意が必要です。一見、縦にラインが出るので細見えしそうですが、一枚で着るとボテってとした印象になってしまい、胸元に目線がいきやすく太って見えてしまいます。

Iラインを生み出すならアウターを使うのがおすすめです。

おんまゆ

ワンピースやオールインワンが着たい場合は、ロングネックレスやストールなど動きの出るアイテムで縦ラインを作りましょう♪

【NGコーデ編】胸が大きい人の避けたい着こなし

胸が大きい人の3つのNGコーデ
  1. 胸元が大きく開きすぎたコーディネート
  2. 全体的にゆったりしたコーディネート
  3. 過度にタイトなシルエット
おんまゆ

巨乳さんにおすすめのコーデポイントも合わせてご紹介します!

1.胸元が大きく開きすぎたコーディネート

1.胸元が大きく開きすぎたコーディネート
引用:fifth(フィフス)

胸元が大きく開きすぎたものは避けましょう。谷間が見えてしまうようなものは、胸元に目線がいきやすいです。

デコルテラインがすっきり見えるのは重要ですが、開き具合に注意して選ぶようにしましょう。

また、アイテムによっては下品な印象になりかねないので職場などフォーマルな場面では特に注意が必要です。

2.全体的にゆったりしたコーディネート

2.全体的にゆったりしたコーディネート
引用:fifth(フィフス)

全体的にゆったりとしたシルエットだと、胸元の膨張もあり全身が太って見えてしまいます。

ウエストやデコルテなどすっきり見えるポイントを作る方がいいでしょう。締め色の小物を使ってポイントを入れても印象が変わります。

3.過度にタイトなシルエット

3.過度にタイトなシルエット
引用:pierrot(ピエロ)

ゆったりしたシルエットは避けるべきとご紹介しましたが、逆にタイトすぎるものも避けたいスタイリングです。

特にトップスは、タイトすぎると身体のラインを拾い胸元が強調されてしまいます。首元が詰まっている且つ、身体にフィットしすぎるリブのタートルネックなどは避けた方がベター。

着用したい時はVあきのシャツやジャンパースカートスカートなどをレイヤードすることで首元の詰まりが強調されません。

おんまゆ

柄物のスカーフなどを巻いて視線を散らすのもおすすめのテクニックです!

【素材編】OKなアイテム選びのポイントは?

【素材編】アイテム選びのポイント
  1. 型崩れしないハリ感のある素材
  2. やわらかいとろみ素材

型崩れしないハリ感のある素材

型崩れしないハリ感のある素材
引用:pierrot(ピエロ)

素材感は型崩れしないハリ感のあるものを選ぶと良いでしょう。身体のラインを拾わないので、胸元が強調されず全体のバランスもとりやすいです。

シンプルなシャツは、首元をすっきりとした印象にしてくれるだけでなく羽織り物としても活躍します。

おんまゆ

シャツのボタンをあけ、Tシャツの上から羽織ることで縦のラインをつくることもでき汎用性の高いアイテムなので1着は持っていたいアイテムです♪

やわらかいとろみ素材

やわらかいとろみ素材
引用:pierrot(ピエロ)

やわらかいとろみ素材も身体のラインを拾いにくく、ボディラインが強調されにくいのでおすすめです。やわらかいとろみ素材は動きも出やすく、視線を散らすこともできるため胸元のボリュームを気にせず着られます。

【首の形編】OKなアイテム選びのポイントは?

【首の形編】アイテム選びのポイント
  1. 程よくあいたVネック
  2. 詰まりすぎていないクルーネック

程よくあいたVネック

程よくあいたVネック
引用:pierrot(ピエロ)

首元のデザインはVネックですっきりと見せるスタイルがおすすめです。デコルテラインがすっきりと見えると胸元のボリューム感も気になりません。

しかし、Vネックが深すぎると谷間が見えてしまったり、かえって胸元を強調してしまうので注意が必要です。

詰まりすぎていないクルーネック

詰まりすぎていないクルーネック
引用:pierrot(ピエロ)

クルーネックも、首元が詰まっていないものであればすっきり見えるのでおすすめのアイテムです。

おんまゆ

首元にデザインが入っていたり、鮮やかなカラーのものにすると視線が胸元にいきづらくなるのでよりすっきりと見えます

【着こなし編】全体的なシルエット作りのポイント

【着こなし編】全体的なシルエット作りのポイント
  1. ウエストラインを強調して細見えを意識して
  2. 縦のラインをつくる

ウエストラインを強調して細見えを意識して

ウエストラインを強調して細見えを意識して
引用:pierrot(ピエロ)

胸の大きい人は太って見えてしまいがちですが、逆にウエストを強調すればボリューム感の違いでスタイルをよく見せることができます。

トップスをインしたり、シャツの上からベルトを巻いたりしてウエストラインを強調すると締まって見えてスタイルアップします。

縦のラインをつくる

縦のラインをつくる
引用:pierrot(ピエロ)

アウターや小物を使い縦のラインをつくることで、全身がすっきりと見えます。

シャツを前開きにして羽織りとして使ったり、大判のストールやスカーフを使ってラインを作るスタイルもおすすめ。

おんまゆ

縦のラインを作ることで、胸の大きい低身長の方でも簡単に細見えします

アイテム別解説!胸が大きい人におすすめの選び方&着こなし術

おんまゆ

各アイテム、ポイントを押えれば胸の大きさを気にせずに着用できます!

【Tシャツ】ゆとりとネックと着丈がポイント!

【Tシャツ】ゆとりとネックと着丈がポイント!
引用:pierrot(ピエロ)

ゆとりはほどよいゆるみのあるサイズ感を

Tシャツを選ぶ時の一つ目のポイントはサイズ感です。首元や身幅に程よいゆとりのあるものを選びましょう。

とくに気をつけたいのは、脇周りのサイズ感。胸の大きい人が脇周りにゆとりのないものを着ると、胸元が張って見えたり、着丈が上がってしまう事があります。胸元に張りが出ないサイズ感を選びましょう。

首元はゆるめのVネックやボートネックを

首元はゆるめのVネックやボートネックを選ぶとよりすっきりと見えます。 特にボートネックであれば、Vネックのように深さを気にせず選ぶことができます。Tシャツでもクルーネックに比べ綺麗目で大人らしい雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

着丈はインして着れる丈感を意識して

着丈はインした時にすっきりとする丈感を選びましょう。丈が長すぎるとインした時にお腹まわりがもたついてしまうので避けましょう。

【ニット】ゆとり・着丈・ネックデザインの3つ!

【ニット】ゆとり・着丈・ネックデザインの3つ!
引用:pierrot(ピエロ)

編み目が粗くざっくりと編まれた編地

ニットを選ぶ際は、編み目の粗いものを選びましょう。身体のラインを拾いにくく、胸の大きさをカバーしてくれます。

首元はゆったりとしたオフタートルデザイン

首元のデザインは首にフィットしすぎないオフタートルネックやハイネックがいいでしょう。首元にゆとりがある事でボリュームのあるニットでもすっきりと見えます。

全体的にゆったりと、丸みのあるシルエットに

全体的にゆったりと丸みのあるシルエットにすることで、身体のラインを拾わず胸元のボリューム感が強調されにくくなります。 ボトムスにタイトなものを着用するなど、メリハリをつけるとよりスタイルアップします!

タートルネック・ハイネックよりもモックネックがベター

ネックラインが短いモックネック

タートルネックやハイネックよりもさらにおすすめがモックネックです。ネックラインが短いため、首元が詰まることなくすっきりと見えます。

全体的にスッキリとしたデザインを

モックネックを着用する場合は、デコルテラインが隠れてしまうため全体的にすっきりとしたデザインのものを選ぶのがおすすめです。

カーディガンや上着を羽織って縦のラインを強調

カーディガンや上着を羽織って縦のラインを強調
引用:pierrot(ピエロ)

モックネックは秋から冬にかけて活躍するアイテムなので、羽織り物を活用できるのもポイントです。羽織り物で縦のラインを作ることでよりすっきりとした印象になります。

【ワンピース】全体のシルエットが大切!

【ワンピース】全体のシルエットが大切!
引用:pierrot(ピエロ)

マキシ丈のAラインフレアワンピース

Aラインのワンピースであれば、下に向かってふんわりと広がるので視線を胸元から散らすことができます。全身のラインも拾わないのでおすすめです。

ウエストマークでメリハリのあるシルエットに

ウエストを強調して細見えさせるスタイリングもおすすめです。 胸の大きい人は、ウエストを強調することでメリハリができスタイルがよく見えます。 胸元のボリューム感を活かすことのできるスタイリングです。

襟元・胸元・袖はシンプルに

胸の大きい人はバストのボリューム感が出るため、襟元や胸元・袖のデザインはシンプルなものを選ぶようにしましょう。上半身のシルエットをすっきりさせることで着膨れを防げます。

【オーバーオール・オールインワン・サロペット】デザインとシルエットが重要!

【オーバーオール・オールインワン・サロペット】デザインとシルエットが重要!
引用:pierrot(ピエロ)

胸がはみ出さないゆったりとしたシルエット

オーバーオールやサロペットを選ぶ際に気を付けたいのがバスト周りのサイズ感です。胸の大きい人は、バストがはみ出してしまうと太って見える要因になるので注意しましょう。

フロントはVあきがおすすめ

トップス選びと同様に、フロント部分はVあきのデザインを選ぶことですっきりとした印象になります。前ボタンのあるシャツワンピースなどであれば、ボタンをあけることでVラインの見え方を調節することができるのでおすすめです。

胸当て部分のディティールは少なく

胸当て部分のデザインもワンピース選びのポイントと同じように、上半身をすっきりとした印象にすることが重要です!ディティールのシンプルなものを選びましょう。

素材感はしっかりめ

しっかりとしたハリ感のある素材を選びましょう。身体のラインを拾わないのでバストが強調されにくくなります。

【シャツ】素材とデザインがポイント

【シャツ】素材とデザインがポイント
引用:pierrot(ピエロ)

身体のラインを隠すとろみ素材

柔らかいとろみ素材のシャツは、身体のラインを拾わないのでおすすめです。揺れ感が出ることで、視線が胸元に行くことも防げます。

襟のあるデザインで視線を胸からそらす

シャツを着用尾する際は、襟のあるデザインを選ぶとよいでしょう。デコルテから首にかけてデザイン性があることで、視線が上がります。

ロングカーディガンで縦のラインを強調!

ロングカーディガンを羽織ることで縦のラインをつくるとさらにスタイルアップします。重ね着することで胸元のボリューム感も抑えられるのでおすすめです。

【OKコーデ編】胸を強調しない!大人女子におすすめコーデ

おんまゆ

ここでは胸の大きい方向けのおすすめコーデを紹介していきます!

シンプルな白のボートネックTシャツとワイドパンツで大人のワントーンコーデ

シンプルな白のボートネックTシャツとワイドパンツで大人のワントーンコーデ
引用:pierrot(ピエロ)
着用綿100%ボートネックカットソー/Pierrot
着用ウエストリボン付き麻混ワイドパンツ/Pierrot

シンプルなボートネックのTシャツを使ったコーディネートです。ボートネックのTシャツを選ぶことで、クルーネックのTシャツよりもすっきりとした印象になります。

上半身はすっきりとしたデザインでまとめ、ウエストにポイントのあるワイドパンツを合わせることでウエストが強調され細見えするワントーンコーデが仕上がります。

黒のシャツワンピースにモカブラウンのファーベストでシックなトレンドコーデ

黒のシャツワンピースにモカブラウンのファーベストでシックなトレンドコーデ
引用:pierrot(ピエロ)
着用フェイクファーベスト/Pierrot
着用シャツワンピース/Pierrot
着用スクエアトゥブーツ/Pierrot

シャツワンピースにファーベストをレイヤードしたトレンド感のあるコーディネート。

締め色のワンピースにベストを重ねることで縦のラインができ、胸元が強調されにくくなります。フェイクファーベストを使うことでトレンド感も増します。

ベストとシューズの色味を合わせると全体的にまとまったスタイリングになるのでおすすめです!

ブルーのシャツワンピースにチャコールグレーのニットベストで華やかコーデ

ブルーのシャツワンピースにチャコールグレーのニットベストで華やかコーデ
引用:pierrot(ピエロ)
着用バンドカラー裾切り替えワンピース/Pierrot
着用モヘアタッチVネックニットベスト/Pierrot
着用ジップレススクエアトゥロングブーツ/Pierrot

鮮やかなブルーのシャツワンピースにニットベストをレイヤードした甘めなスタイリング。裾に向かって広がるシルエットのワンピースを選ぶことで、視線が散るので胸が強調されにくくなります。

また、ニットベストは暗めの色を使うとより上半身がすっきりと印象になります♪

白シャツに黒のジャンパースカートでシンプルコーデ

白シャツに黒のジャンパースカートでシンプルコーデ
引用:pierrot(ピエロ)
着用オーバーシルエシャツ/Pierrot
着用2wayジャンパースカート/Pierrot
着用スクエアトゥブーツ/Pierrot

ハリ感のある、デコルテのすっきり見えるシャツにジャンパースカートを合わせたコーディネート。ジャンパースカートもVあきのものを合わせることで全体が引き締まった印象になり着膨れを防ぎます。

小物も黒やブラウンなど落ち着いた色味で合わせることで、甘くなりすぎず大人のコーディネートに仕上がります。

パープルのVネックニットにチェックパンツで高見えカジュアルコーデ

パープルのVネックニットにチェックパンツで高見えカジュアルコーデ
引用:pierrot(ピエロ)
着用ルーズVネックニット/Pierrot
着用チェックパンツ/Pierrot

首元が程よくあいたVネックのニットは鮮やかな色の物をチョイスすると胸が強調されません。また、ボトムスにチェックなど柄物を着用することで、目線が下に行くので上半身がすっきりとした印象になります。

シンプルなアイテムですが色物×柄物にすると高見えするおしゃれなスタイリングになります。

大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • ミドルブランド品質がプチプラで買えると好評!
  • 「圧倒的な高見え感!」とSNSで人気上昇中!
  • 金属アレルギー対応アクセサリーも多数!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち15,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の見どころ