MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!

【2021春夏】withマスクを楽しむカラー別コーデ♡着こなし・メイク・ヘアスタイル解説

コロナ過の今、毎日マスクを着けて過ごす日々。
予防・拡散を防ぐために着けるマスクですが、やっぱりオシャレをする時に真っ白の定番マスクはファッションに合わないな…と、ちょっぴり気になることも。

おんまゆ

今回はカラー・素材別におしゃれマスクを使ったコーディネートを提案します♡
オフィスから、デート、ちょっとしたお出かけスタイルなど、ぜひスタイリングの参考にしてみてください♪

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

今や毎日のコーディネートはマスクありき。でも、意外と難しくない?

コロナが流行しだした2020年初頭はマスクの売り切れが相次いでいましたが、各企業が続々と新たなマスクを作りだし、カラーや柄、素材、デザインのバリエーションも豊富になって選べる幅も広がってきました。
いろいろなファッション雑誌でも、マスクとファッションの特集記事を目にする機会も増えています。

おんまゆ

実際「ファッションに合わせてマスクをコーディネートするのって難しい!」といった方に、着こなしのコツやメイク・ヘアスタイルのポイントをご紹介します♪

マスクコーデでおしゃれに見せる!押さえておきたい3つのコツ

1.マスクの色と服の色を合わせる

カラーマスクを着ける際には、トップスかボトムスと同系色のものにすることで、マスクがコーディネートから浮かずにまとまった印象に。
トップスよりも薄い、または濃い色にしてコントラストを作ることで、のっぺりとした印象になりません。

2.マスクの色をコーディネートの雰囲気に合わせる

甘い雰囲気のコーディネートには、柔らかな色味のマスクを。カジュアルな雰囲気のコーディネートであれば、もう少し柄で遊びを入れてもいいかもしれません。
マスクもコーディネートの一部と考えて、全体のバランスから「なりたい自分」を演出することがポイントです!

3.マスクに+αのアクセサリーで顔周りを華やかに見せる

マスクを着用する事で顔の半分は覆われてしまうため、今までのようにチークやリップなどのポイントメイクが見えない状況に。
アイメイクだけではどうしても華やかさに欠けてしまうため、ピアスやイヤリング・イヤカフなどのイヤーアクセサリーの他、ネックレスなどを使って顔周りを華やかに見せることもポイントです。

コーデはもちろんマスクで最大限の「小顔見え効果」を狙いたい!

マスクを付けるなら「できるだけ小顔見せできるならそれに越したことはない!」と思いますよね。
普段使っているマスクを少しカスタマイズして小顔見せできるテクニックをまとめたものや、以前KATEから小顔見えマスクが発売されたものを解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください♪

【カラー別】大人女子におすすめのマスクコーディネート15選

【ベージュマスク】不動の人気ホワイトコーデ×淡いブルーニットで大人女子スタイルに

ホワイト系統のマスクでコーディネートとの統一感を。顔まわりを明るく見せるマスクで目元のメイクが映えること間違いなしです。
ホワイトコーデはまだまだ不動の人気。ホワイトのプリーツスカートは上品さと着痩せ効果も◎
足元を白色など同系色でまとめることで、淡い色のブルーニットが可愛らしく女性らしさを漂わせます。
全身ホワイトは難易度が高いと思う方も、上手にスタイリングのバランスを取ってワンランク上のおしゃれコーデに仕上げましょう♪

【ピンクベージュマスク】小花柄のキャミワンピ×イエローニットでチアフルに♪小物とマスクのカラーをまとめて◎

甘さのあるピンクマスクは、大人っぽすぎたコーデにも幼さを加えて和らげてくれます。
大人っぽさの中に垣間見える女の子らしい一面を、マスクひとつで演出できるのがポイント♪キャミワンピースはトップスで着回しをして遊べる一枚。
ゆったりとしたキャミワンピースにピッタリとしたトップスを合わせることでシルエットが綺麗に見えます◎
トップスに彩度の高いカラーを起用することでおしゃれ上級者を狙ってみては。

【ライトグリーンマスク】パンツ×シアーシャツはホワイト系統でまとめマスクで春カラーを取り入れて

ライトグリーンのマスクで春のトレンドカラーを入れることで、少しモダンなコーデに春らしいスパイスを加えて。
昨年の春夏に流行したシアーアイテムが今年も流行の兆し。ボトムスとシアーシャツを優しげなホワイト系統のカラーで統一。
淡いカラーの中にはっきりとした色を組み合わせると、メリハリができて着痩せ効果も狙えます
インナーにブラウン系を合わせることで女性らしい柔らかい印象になります。

【パープルマスク】黒カーディガン×デニムでカジュアルかつ女性らしいオフスタイル

カジュアルなコーディネートに、パープルのマスクを足すことで優しい印象を感じさせます。
春のカジュアルコーデにはデニムがマスト◎デニムでも薄めのブルーデニムを起用。こうしたデニムの濃さでも、ちょっとした見え方にも変化があります。
このブルーデニムで女性らしく、また春の優しげな雰囲気を足元に。シアーのブラウスで女性らしさも外しません。
ブラウスとデニムパンツだけでは、ピタッと感がでてしまい体型がそのままなので、カーディガンを足すことで、体型カバーを狙いました。

【ベージュマスク】ピンクシアーシャツ×デニムでフェミニンかつカジュアルな春スタイル

コーディネートに寄り添う定番の白マスクで、他の色を打ち消さず、どの色味にも合うことのできる優秀な白。
カジュアルにまとめたコーディネートにこれ以上の色は不必要。
フェミニンかつカジュアルな「シアーシャツ×デニム」のパンツスタイル。春らしいピンクのシアーシャツは、1枚で春を演出。黒のインナーで大人かわいい印象に。シルバーアクセサリーでこなれ感も◎

【グレーチェックマスク】ホワイトカーディガン×グレーデニムで落ち着きのある印象を

扱いの難しい柄マスクは、基本的に無地のコーディネートに合わせるのがベター◎
グレーのデニムにクリームカラーのカーディガンは、落ち着いた印象を持たせてくれます。
ホワイト系統のカーディガンに定番のブルーデニムではなく、あえてグレーデニムをチョイスすることで、より大人っぽく仕上がります

【パープルマスク】パープルのオーバーシャツ×ホワイトデニムで大人な雰囲気

パステルカラーのパープルマスクを使用。あえてトップスと色を近づけることで、統一感をもたせて、春のオフィスカジュアルなコーディネートに。
オフホワイトカラーのボトムスとペールカラーのパープルの2色使いで、大人上品な女性らしさを演出しましょう
パープルも春らしいカラーにすることでいまどきのコーディネートになりました。オーバーシャツを抜き襟にすることで、大人ならではのこなれ感を。

【ピンクマスク】柄物インナー×ピンクテーパードパンツで上級者コーデ

ピンクマスクは優しげな印象を与えてくれます。柄物トップスで遊び心のある大人の女性にみせているので、あえてピンクで少しきつすぎない雰囲気作りを。
いつもシンプルなものを選んでしまう方こそ、柄物を取り入れることで遊び心のある女性らしさはもちろん、人とは被らない上級者コーディネートに変身できます♪
ピンクのマスクと同系色のテーパードパンツを合わせることで、やわらかな春らしい装いにアップデートします。

【ブラウンマスク】デニムジャケット×透かし編みニットスカートで春の甘くて、可愛いコーディネート

不動の定番春コーデ。透かし素材のニットスカートでほんのひとさじの色っぽさを。
インナーも白色などの春らしい明るめカラーをチョイスすることで季節感のあるスタイリングに。体型カバーの役割も果たしてくれるデニムジャケットをサッと羽織れば、旬顔カジュアルコーデの完成です♪
暖かみのある茶色のマスクが、甘すぎない大人テイストに仕上げてくれます

【ライトベージュマスク】シアーブラウス×ライトグリーンのプリーツスカートでデートスタイル

柔らかい印象を与えてくれるベージュマスク。ライトグリーンのプリーツスカートが主役のシンプルかつ格上げな大人のコーディネート。
シアーのブラウスでフェミニンな印象をプラスして。小物をマスクのカラーに合わせて上品なベージュ・ホワイト系でまとめると、よりスタイリングのバランスが取れますよ

【ブルーマスク】黒カーディガン×ブルーシアースカートで上品コーデ

優しげにみせてくれるパステルカラー。清潔感のあるブルーマスクで落ち着いた雰囲気を。マスクとスカートのカラーを同系色にまとめることでキレイ色な印象に魅せてくれます
また、寒色系のカラーは知的にも見えるので、クールで上品な印象にみせたい方にはおすすめです◎
ボトルネックのきれいめで大人らしい印象と、カーディガンを合わせることでスタイリングをバランスよくまとめて♪

【ブラックマスク】白シャツ×チノパンのシンプルなオフィスコーデ

黒のマスクは存在感もあり、顔周りを引き締めて小顔効果としても人気のカラーですよね。
ただ、黒マスクは外回りや営業などではきつい印象をもたれてしまうこともあるので、コーデ全体的に淡い色で合わせることで、出来るだけやわらかい印象を心がけましょう
オフィスコーデの大定番でもある白シャツは、チノパンを合わせることで、きっちり過ぎないきれいめなコーディネートに。

【ブラウンマスク】白カーディガン×花柄ネイビーワンピースで甘辛MIXなコーデ

ベージュに近いブラウンマスクは、やわらかな女性らしさもあったり、コーディネートを選ばず合わせやすかったりと、意外と万能カラー
濃いめネイビーなどクールな印象があるアイテムに合わせれば、バランスよくスタイリングがまとまります。
花柄のワンピースは春のマストアイテム◎ロング丈のワンピースは露出が少ないため、アップの髪型にすることでうなじがさりげなく見えて、すっきりと大人の女性らしく着こなせます♪

【ネイビーマスク】花柄ベージュのオープンカラーワンピースでデートコーデ

濃いめのネイビーマスクは、黒マスクよりもやわらかな印象で、小顔効果も期待できる使い勝手の優秀なカラー♪
ただし人によっては顔がきついと感じてしまう場合もあるため、淡いカラーでスタイリングするのを意識して上手にバランスを取りましょう◎
花柄ベージュのワンピースは、甘さをおさえるためにオープンカラーをチョイスしたり、パンプスを合わせたりときれいめバランスを心がけると大人らしくまとまります。

【グレーマスク】ブルーのニットフリルトップス×ホワイトデニムのシンプルで上品コーデ

グレー色マスクは顔周りを大人上品に魅せてくれます。そのため、コーディネートはどこかに「甘さ」を取り入れてバランスを取るのがおすすめ♪
フリルネックのトップスで女性らしく甘さを加え、季節感のある淡いブルー色パンプスと合わせて大人らしいスタイリングに。
黒系のボトムスを合わせてもまとまりますが、あえてホワイトカラーのデニムにすることで、より春夏らしいコーディネートを楽しんで

マスクコーデを格上げ!メイク・ヘアスタイルのポイント4つ

マスクを着用している時は目元しか見えていないですよね。だからこそ、いつも以上にアイメイクやヘアスタイルなどが重要に。
今回の撮影でメイクを担当してもらったヘアメイクさんに、メイクのコツやポイントを教えてもらいました!

ヘアメイクのポイント解説

眉毛はマスクなしよりラインをはっきり描きましょう。ふわっと描いてしまうと顔がぼやけてしまうので、ラインをはっきり出し、表情の引き締め効果を狙って
マスクコーデだとリップを使用してもなかなか見えないため、その分、目元に明るめの色を使って華やかさを出しましょう。

オレンジ系メイクはもちろん、ブラウン系のメイクでは暖色寄りのブラウンと、ゴールドベージュを使用することで肌馴染み良く仕上がります。また血色感を出すことで「表情に明るさ」を意識すると良いです
また、まつ毛エクステやまつげパーマをしていない場合には、しっかりとまつ毛をあげ、盛りすぎないロングマスカラを使うことで目元がはっきりし、より明るい表情になります◎

マスクメイクでのポイント
  1. いつもより眉毛をはっきり描く
  2. 目元は華やかな印象になるように、明るいカラーを使う
  3. 血色感が出るように暖かな色味を選ぶ
  4. しっかりとまつ毛を上げて、盛りすぎないロングマスカラではっきりとした目元にする
今回ご協力いただいた企業・個人様

バンタンデザイン研究所 大阪校:https://www.vantan.com/osaka/

アクセサリー提供(ChooMia):https://choomia.com/

カメラマン(Otomania):https://twitter.com/otomania_net

撮影スタジオ(LUZZ STUDIO):https://www.luzzstudio.com/


LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
withマスクを楽しむコーディネート15選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる