LINE友だち追加で最新情報GET!

【2020最新】YIAシルエットを上手く活用してお洒落度を底上げした大人女子コーデ

プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

シルエットを意識して個性の良さを活かすコーデへ                    

コーディネートを考える時にどんなことを意識しますか?アイテム自体の色やデザインはもちろん重要ですが、おしゃれな人が一番意識しているのは“シルエット”です。

自分に似合うシルエットを知ってコーディネートのポイントを抑えることで、グッとおしゃれに、自分の魅力を惹き立てることができます。さっそく代表的なシルエットの特徴や着こなしのポイントを紹介していきます。

・Yラインの特徴とは?こんな人にピッタリ

Yラインシルエット画像
引用:Pierrot(ピエロ)

Yラインの特徴は、上半身にボリュームを持たせること。逆に下半身はタイトなシルエットのものを合わせ、アルファベットの“Y”の字のように仕上がるようにまとめます。

例えば、トレンドのゆったりシルエットのトップスに細身のパンツを合わせるだけで、自然なYラインシルエットに仕上げることができます。上半身をナチュラルにカバーできるので、ウエストやお腹まわり、上半身のボリューム感が気になる方におすすめ。
ボトムスはできるだけタイトなものを選び、メリハリに効いたスタイルに仕上げるのがポイントです。

・Iラインの特徴とは?こんな人にピッタリ

Iラインシルエット画像
引用:Pierrot(ピエロ)

Iラインとは、縦長のシルエットを意識したスタイルのこと。アルファベットの“I”のように、上半身・下半身共にほっそりとしたシルエットになるようなアイテム選びをすることが重要です。
縦長のラインを強調してスラっと見せることができるので、小柄な方にもおすすめ。その場合は、足元にヒールを合わせることで、よりスタイル良く仕上げることができますよ。

Iラインだからと言ってピッタリとフィットするアイテムを選ぶ必要はなく、あくまでも自分の体に合ったサイズを選ぶようにすればOK。ストンとしたシルエットの膝下丈やロング丈のスカートをウエストインで着こなせば、簡単に大人っぽいIラインシルエットに仕上げることができますよ。

・Aラインの特徴とは?こんな人にピッタリ

Aラインシルエット画像
引用:Pierrot(ピエロ)

Aラインとは、上半身のボリュームが控えめで下半身は裾に向かって広がる、アルファベットの“A”のようなシルエットを指します。下半身を自然にカバーしながら女性らしいスタイルに仕上げることができるので、太腿やレッグラインなど下半身が気になる方におすすめ。

フィット&フレア型のワンピースや、コンパクトなトップスとふんわりとしたスカートの組み合わせで簡単に手に入れることができます。フェミニンスタイルやきれい目のスタイルが苦手な方でも、カジュアルなトップスやシューズでボトムスの甘さを調節すれば、カジュアルなスタイリングにも取り入れることができますよ。

【Yライン】シルエットを上手く利用して好バランスコーデへ

半袖オーバーシャツ×チノパンできれい目カジュアルスタイル

半袖オーバーシャツ×チノパンできれい目カジュアルスタイルのコーデ画像
参考シャツ:オーバーサイズシャツ/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:ベイカーパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考サンダル:メニーベルトフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:マルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ)

きれい色シャツ×チノパンツの清潔感触れるカジュアルスタイルは、今年らしいオーバーサイズのシャツをセレクトし、自然なYラインシルエットに。ボトムスはすっきりとしたテーパードシルエットをチョイスするのがポイントです。

オーバーシャツはタックインし、軽くブラウジングしてあげると女性らしさをプラスできます。また、ベルトやサンダルにブラックカラーを差し込むことで、さりげなく引き締めポイントに。
ヘアはすっきりとまとめ、バランスの良い着こなしを目指しましょう。

ストライプ柄ロングシャツ×白スキニーでメリハリの効いたシンプルカジュアルスタイル

ストライプ柄ロングシャツ×白スキニーでメリハリの効いたシンプルカジュアルスタイルのコーデ画像
参考シャツ:スキッパーストライプシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:チェーンデザイン トートバッグ/Pierrot(ピエロ)

清涼感たっぷりのストライプ柄ロングシャツにはクリーンな白スキニーを合わせ、Yラインシルエットにまとめつつ清々しいカジュアルスタイルに。ロング丈のシャツ×細身のパンツのコーディネートは、細ベルトでウエストマークしてあげると、メリハリの効いたスタイリングに仕上げることができます。

ベルトは着こなし全体を引き締めてくれる黒をセレクトするのがおすすめ。バッグも黒で統一すれば、まとまりのあるスタイリングが完成します。
足元の白パンプスで女性らしいきちんと感をプラスして、好感度抜群の大人スタイルに仕上げましょう。

白ボリュームスリーブブラウス×ブルースキニーデニムで大人フェミニンなデニムスタイル

白ボリュームスリーブブラウス×ブルースキニーデニムで大人フェミニンなデニムスタイルの画像
参考ブラウス:フロントボタンチュニックブラウス/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:大人のためのゆるテーパードデニム/Pierrot(ピエロ)
参考サンダル:編み込みフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ラタンサークルバッグ/Re:EDIT(リエディ)

ふんわりとしたボリュームスリーブが大人フェミニンな印象の白ブラウスは、ブルーデニムを合わせて爽やかさのあるMIXスタイルに。スキニーデニムで下半身をすっきりとまとめることでYラインシルエットに仕上げます。

レザー素材のサンダルやカゴバッグなど、シーズンライクな小物を合わせれば、グッと垢抜けたスタイリングに仕上げることができます。デニムの裾をロールアップして足首を覗かせることで、さりげなく抜け感をプラスするのがおしゃれ見えのポイント。

黒シャツブラウス×センタープレスパンツでスタイリッシュなオールブラックスタイル

黒シャツブラウス×センタープレスパンツでスタイリッシュなオールブラックスタイルのコーデ画像
参考ブラウス:フレンチスリーブシャツブラウス/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:リネンライクテーパードパンツ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:シリンドリカルショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)

フロントポケットがポイントの黒シャツには、同色のすっきりとしたセンタープレスパンツを合わせてオールインワン風の着こなしに。ウエストは自然にふんわりとブラウジングさせることで、ナチュラルなYラインシルエットに仕上げます。

スタイリッシュなオールブラックコーデのアクセントには、クールなパイソン柄シューズがぴったり。さらに、クリアバッグなどシーズンムード漂う小物で黒の重さを調節すれば、洒落感を底上げすることができます。

淡グリーンカラーのゆったりブラウス×白スキニーで旬見えカジュアルスタイル

淡グリーンカラーのゆったりブラウス×白スキニーで旬見えカジュアルスタイルのコーデ画像
参考ブラウス:バックボタン袖ギャザーデザインブラウス/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:巾着型ショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)
参考帽子:サマーキャスケット/Re:EDIT(リエディ)

注目のグリーンカラーのトップスは、ゆるっとしたシルエットをセレクトすることでさらに旬の着こなしが叶います。ボトムスには、白スキニーを合わせ、クリーンにまとめつつYラインシルエットに仕上げましょう。

フロント部分だけタックインしてあげると、ウエスト位置が強調されてバランスUPが狙えます。さらに足元にヒールサンダルを合わせれば、脚長効果も◎。
黒の巾着バッグやキャスケットでモダンなアクセントをプラスすれば、着こなしがキュッと引き締まります。

【Iライン】万能縦長シルエットで低身長にもおすすめコーデ

白レースノースリーブトップス×黒Iラインスカートで辛口大人フェミニンスタイル

白レースノースリーブトップス×黒Iラインスカートで辛口大人フェミニンスタイルのコーデ画像
参考ブラウス:フラワーレースノースリーブブラウス/Re:EDIT(リエディ)
参考スカートカットジョーゼットラップ風セミタイトスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考シューズ:スクエアトゥアンクルストラップヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ラウンドショルダーミニバッグ/Re:EDIT(リエディ)

ロング丈のタイトスカートを取り入れれば、簡単にIラインシルエットを作ることができます。その場合、トップスもミニマルなシルエットに仕上げることが重要。

コンパクトなシルエットのカットソーや、モデルさんのようなノースリーブトップスをセレクトし、タックインスタイルですっきりと着こなすのがおすすめです。足元にはヒールを合わせてあげると、より縦長のシルエットを強調することができますよ。

Ⅴネックトップス×デニムに白ロングシャツワンピースを羽織ったカジュアルレイヤードスタイル

Ⅴネックトップス×デニムに白ロングシャツワンピースを羽織ったカジュアルレイヤードスタイルのコーデ画像
参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ)
参考シャツ:ポケット付きスキッパーロングシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツブリーチ加工ボーイフレンドデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ラタンサークルバッグ/Re:EDIT(リエディ)

シンプルなカットソー×ブルーデニムのカジュアルスタイルをIラインシルエットに仕上げたいなら、ロング丈のワンピースやカーディガンを羽織るのが一番の近道です。シャツワンピースを羽織る場合は、ボリューム感控えめですっきりとしたシルエットのものをセレクトするのがポイント。

インナーは首元を綺麗に見せてくれるVネックデザインが◎。また、ウエストインスタイルで着こなすことでスタイルアップ効果も狙えます。

白ロゴTシャツ×オフホワイトワイドパンツに黒シースルーロングシャツを羽織った大人モノトーンスタイル

白ロゴTシャツ×オフホワイトワイドパンツに黒シースルーロングシャツを羽織った大人モノトーンスタイルのコーデ画像
参考Tシャツ:ロゴTシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:ハイウエストワイドパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シャツ:バンドカラーシャツ/titivate(ティティベイト)
参考サンダル:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)

膨張して見えがちなホワイトコーデでも、Iラインを意識すればすっきりとした着こなしに仕上げることができます。Tシャツ×ワイドパンツのシンプルコーデにブラックカラーのロング丈シャツをさらりと羽織って、引き締め効果を狙いつつ縦のラインを強調しましょう。

シャツはすっきりとしたシルエットでほんのり透け感のあるものをセレクトすれば、全体をIラインにまとめつつ軽やかさのあるスタイリングに仕上げることができます。足元に合わせたサンダルで抜け感をプラスし、シーズンライクに着こなすのが◎。

チャコールグレーTシャツ×ニュアンスグリーン透かし編みロングスカートでトレンドライクな大人フェミニンスタイル

チャコールグレーTシャツ×ニュアンスグリーン透かし編みロングスカートでトレンドライクな大人フェミニンスタイルのコーデ画像
参考Tシャツ:半袖Tシャツ/titivate(ティティベイト)
参考スカート:透かし編みロングスカート/Pierrot(ピエロ)
参考サンダル:ワンバンドセパレートフラットサンダル/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

表情豊かな着こなしを叶えてくれる透かし編みのロングスカートなら、大人フェミニンなIラインコーデにぴったり。スカートの存在感を惹き立てるシンプルなトップスを合わせるのがおすすめです。

ウエストはタックイン軽くしてブラウジングすることで、すっきりとしたフォルムをキープしつつ女性らしいシルエットに仕上げましょう。トップにシニヨンを作った大人キュートなヘアスタイルで縦ラインを強調すれば、さらにスタイルUPが狙えます。

淡グリーンシアーシャツ×ベージュミモレ丈タイトスカートでニュアンスカラーコーデ

淡グリーンシアーシャツ×ベージュミモレ丈タイトスカートでニュアンスカラーコーデの画像
参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ)
参考シャツ:バンドカラーシアーロングシャツ/titivate(ティティベイト)
参考スカート:麻混ナロースカート/Pierrot(ピエロ)
参考サンダル:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:2wayコンパクト巾着バッグ/Re:EDIT(リエディ)

トレンドライクなニュアンスカラーコーデは、すっきりとしたIラインシルエットに仕上げることで大人っぽい着こなしに。ベージュカラーの膝下丈タイトスカートは、きれい目スタイルはもちろん、旬の着こなしにも活躍してくれる万能アイテムです。

シンプルなVネックトップスをタックインしてミニマルに着こなしたら、淡グリーンのシャツをさらっと羽織って旬のエッセンスをプラス。シャツは落ち感のある素材をセレクトすることで、Iラインシルエットをしっかりキープするのがポイントです。
インナーや小物はダークカラーをセレクトしてメリハリをつけてあげると、引き締まった着こなしに。

【Aライン】ナチュラルな華やかさを表現するイイ女コーデ

白レースノースリーブトップス×ベージュワイドスカンツでほんのりフェミニンなリラックスカジュアルスタイル

白レースノースリーブトップス×ベージュワイドスカンツでほんのりフェミニンなリラックスカジュアルスタイルのコーデ画像
参考ブラウス:フラワーレースノースリーブブラウス/titivate(ティティベイト)
参考パンツ:ウエストロープ付き楊柳ワイドスカンツ/Re:EDIT(リエディ)
参考サンダル:ワンバンドセパレートフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)

スカートスタイルのイメージが強いAラインコーデですが、ボリューム感のあるスカンツを使えばAラインシルエットを作ることができます。トップスをできるだけコンパクトにまとめて裾広がりのシルエットを強調しましょう。

スカートよりもこなれたカジュアル感をプラスできるので、甘めのトップスを合わせてカジュアルフェミニンスタイルに仕上げるのもおすすめ。フラットサンダルでラフに着こなせば、リラックス感漂う大人スタイルが完成します。

フレアシルエットの花柄ワンピースをさらっと着こなした華やかフェミニンスタイル

フレアシルエットの花柄ワンピースをさらっと着こなした華やかフェミニンスタイル
参考ワンピース:ウエストシャーリングワンピース/titivate(ティティベイト)
参考サンダル:切替ソールワンベルト厚底ウェッジサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)

裾に向かって広がるフレアシルエットのロングワンピースは、纏うだけで美しいAラインシルエットに仕上げてくれる優秀アイテム。気になる下半身を自然にカバーしつつ、動きに合わせて揺れるフォルムが、表情豊かな着こなしへと導いてくれます。

モデルさんのような華やかなフラワープリントをセレクトすれば、パット目を惹くフェミニンスタイルが完成します。ウェッジサンダルでさりげなくスタイルUPしながらカジュアルな抜け感をプラスすれば、おしゃれ見えもバッチリ。

白ノースリーブトップス×ダークブラウンワイドパンツでシンプルカジュアルスタイル

白ノースリーブトップス×ダークブラウンワイドパンツでシンプルカジュアルスタイルのコーデ画像
参考トップス:ノースリーブトップス/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:タックロングガウチョパンツ/titivate(ティティベイト)
参考サンダル:クロスデザインウェッジソールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:マクラメ編みメッシュバッグ/titivate(ティティベイト)

ワイドパンツでAラインコーデに仕上げるなら、太めのシルエットのものをセレクトするのがポイント。また、トップスはできるだけコンパクトにまとめて、綺麗なAラインを作りましょう。

トップスはノースリーブデザインをチョイスすれば、簡単にミニマルなシルエットに仕上げることができます。ウエストはタックインで腰の位置を高く見せ、よりスタイルUPを狙うのがGOOD。

シンプルなスタイリングなので、メッシュバッグなど小物でアクセントをプラスするのがおしゃれ見えのコツです。顔周りにアクセサリーを加えてクラス感も纏わせるのも素敵ですね。

フレアスリーブブラウス×Vネックジャンパースカートで大人フェミニンなモノトーンスタイル

フレアスリーブブラウス×Vネックジャンパースカートで大人フェミニンなモノトーンスタイルのコーデ画像
参考トップス:フリルスリーブサマーリブニットトップス/Re:EDIT(リエディ)
参考スカート:Vネックフレアジャンスカ/Pierrot(ピエロ)
参考サンダル:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:クロコ型押しハンドバッグ/titivate(ティティベイト)

子供っぽく見えがちなジャンパースカートは、グッと深めに開いたVネックデザインをセレクトすれば大人スタイルにピッタリ。緩やかに広がるフレアシルエットが、きれいなAラインシルエットを作ってくれます。

シンプルなトップスを合わせるのも素敵ですが、女性らしいフレアスリーブトップスを合わせて華やかさをプラスするのもおすすめ。肩まわりにさりげなくボリューム感を持ってくることでウエストの細さが強調され、よりスタイル良く見せてくれる効果も期待できますよ。
ヒールパンプスで大人の女性らしさをプラスして、上品フェミニンなスタイリングを完成させましょう。

ストライプ柄ブラウス×イエローロングフレアスカートで上品カジュアルフェミニンスタイル

ストライプ柄ブラウス×イエローロングフレアスカートで上品カジュアルフェミニンスタイルのコーデ画像
参考トップス:バックデザインストライプブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:綿麻ロングトレンチスカート/Re:EDIT(リエディ)
参考サンダル:キルティングフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:ラウンドショルダーミニバッグ/titivate(ティティベイト)

ロング丈のフレアスカートは、Aラインコーデに最適のアイテムです。フロントボタンデザインと明るいイエローカラーが品の良いカジュアル感をプラスしてくれるこんな1枚なら、シンプルなトップスを合わせるだけでパッと目を惹くカジュアルフェミニンスタイルに。

きれいなAラインシルエットに仕上げるには、トップスのボリューム感を抑えるのがポイント。すっきりとした印象のストライプ柄ブラウスなら、大人らしいきちんと感もプラスできます。
また、ウエストインスタイルで腰の位置をしっかり見せることでスタイルUP効果がグンとUP。

最新コーディネート





この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる