LINEお友達追加で更新速報GET!

大人が似合う最旬“フレアスカートコーデ”とは?スタイル別着こなし方を徹底解説!

フレアスカートを大人コーデに取り入れるアイテム選定のコツとは?大切なポイントを徹底解説!

“フレアスカート”はふんわりと広がるシルエットが女性らしく、甘さを醸すフェミニンなアイテムです。
大人女性が取り入れるには、ちょっと甘すぎる、子供っぽさが気になるという方も多いのではないでしょうか?
女性らしい着こなしが叶うと共にふわっと広がるラインが気になる下半身をナチュラルにカバーしてくれるフレアスカートは、実は大人女性にもおすすめのアイテム。
選び方や着こなしにちょっと気を遣うだけで、グッとおしゃれな着こなしが叶いますよ。
大人女性がフレアスカートを着こなす際のポイントは、「丈感」「素材感」「抜け感」の3つです。

Point 1.ミドル丈orロング丈を選ぶ

まず、フレアスカートを選ぶ際に気を付けたいのは丈感です。
大人女性には、膝下のミディ丈~ロング丈のフレアスカートがおすすめ。
膝上や膝丈のものを選んでしまうと、ふわっと広がったシルエットが目立ち、子供っぽい印象や若作りな印象を与えてしまう恐れがあります。
長め丈のフレアスカートなら、裾に向かって広がりが抑えられるので、大人っぽく着こなすことができますよ。

Point 2.素材選びに気を付ける

素材参考画像

次に気を付けたいのは、素材選びです。
ふわっと広がるようデザインされたフレアスカートなので、素材感はシルエットを左右する重要なポイント。
あまりにもハリの強い素材では、落ち感が得られずフレアのボリュームが目立ちすぎてしまいます。
大人っぽいすっきりとしたシルエットを狙うなら、シフォン素材やジョーゼット素材、柔らかな薄手のカットソー素材などがおすすめ。
逆に体のラインが気になる方はほどよくハリのある素材を選んであげると上手にカバーすることができます。
ただし、控えめなフレアデザインをチョイスして、ボリューミーになりすぎないよう注意が必要です。

Point 3.キメすぎず抜け感ポイントを作る

抜け感参考画像

広がり感があるため大きな面積を占めてしまうミドル丈~ロング丈のフレアスカートは、どこかに抜け感ポイントを作ってあげないと野暮ったく見えてしまうことも。
キメ過ぎず、素材感や合わせるアイテムや色、着こなし方などどこか1か所に力を抜いたポイントを加えましょう
たとえばフェミニンコーデにまとめたら足元はフラットシューズやスニーカーを合わせる、ダークカラーでシックにまとめたきれい目コーデなら足元はベージュカラーで和らげるなど、足元の印象を変えてあげるだけでもグッとおしゃれ感がUPします。
トップスの袖を軽く捲ったり抜き襟で着こなすなど、着こなし方で抜け感をプラスするのもおすすめ。

甘いだけじゃない!大人カジュアルに着こなすフレアスカートコーデ 

ボーダートップス×グリーンフレアスカートで爽やかなきれい目カジュアルスタイル

ボーダートップス×グリーンフレアスカートで爽やかなきれい目カジュアルスタイルのコーデ画像
参考トップス:ミニ裏毛Aラインプルオーバー/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:ハイウエストロングスカート/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:5or7cmから選べる 機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)

切り替えの入ったきれいなフレアシルエットがレディな印象のフレアスカートも、カジュアルなボーダートップスを合わせればグッと親しみやすい雰囲気の着こなしになります。
洗練ムード漂うグリーンカラーが凛とした大人の女性らしさも感じさせ、ほどよいカジュアルバランスに。
トップスはウエストインして軽くブラウジングすることでスタイルUPを図りつつ、パンプスや小ぶりのショルダーバッグなどきれい目の小物を合わせて、大人らしいきちんと感も残すのがポイントです。
トップスの袖を捲ってこなれ感をプラスし、ラフなヘアスタイルで抜け感たっぷりに仕上げましょう。

ホワイトカットソー×イエローフレアスカートにワンショルダーベストを合わせた旬見えレイヤードスタイル

ホワイトカットソー×イエローフレアスカートにワンショルダーベストを合わせた旬見えレイヤードスタイルのコーデ画像
参考ベスト:コットンブレンドニットワンショルダービスチェ/Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:天竺ビッグシルエットロングTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:ジョーゼットイレヘムフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)

動きに合わせてふんわりと揺れる軽やかなジョーゼット素材のフレアスカートは、表情豊かなスタイリングに仕上げてくれるイレギュラーヘムデザインがポイントです。
フェミニンなスタイルにももちろんぴったりですが、ゆるっとしたロングTシャツと合わせればトレンドライクなカジュアルスタイルに仕上げることができます。
バランス感が気になりがちなスタイリングですが、ワンショルダーのニットベストをレイヤードしてメリハリをつけることでスタイルUPが叶います。
足元は黒スニーカーでカジュアル感を上乗せしながらコーデをキュッと引き締めるのがポイント。
パット目を惹く綺麗なイエローカラーも、カジュアルスタイルなら気負わず取り入れられそう。

白トップス×ブラックデニムフレアスカートで抜け感シンプルコーデ

白トップス×ブラックデニムフレアスカートで抜け感シンプルコーデの画像
参考トップス:ハイネックバックリボンブラウス/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:デニムロングフレアスカート/titivate(ティティベイト)

デニム素材のフレアスカートを選べば、さらりと着こなすだけで大人カジュアルスタイルが完成します。
シンプルなワンツーコーデでもこなれて見えるグレーカラーを選べば、子供っぽくなりがちなデニムスカートでも大人見えが叶います。
色数を抑えてシックなカラーリングにまとめるのも重要ポイント。
足元はフラットシューズで抜け感をプラスしつつ、アクセサリー使いで女性らしさもONしましょう。
ハリのあるデニム素材は、シルエットがきれいに出ることに加え、下半身の気になる部分もカバーしてくれる優秀アイテム。
子供っぽさを回避するならロング丈を選ぶのがベストです。

グレーパーカー×ダルメシアン柄フレアスカートでテイストMIXモノトーンスタイル

グレーパーカー×ダルメシアン柄フレアスカートでテイストMIXモノトーンスタイルのコーデ画像
参考トップス:ミニ裏毛フードプルオーバー/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:ダルメシアン柄スカート/Pierrot(ピエロ)

アニマル柄は2020年も引き続きトレンド。
モノトーン配色のドット見えするダルメシアン柄なら、大人スタイルにも難なく取り入れることができます。
レディライクなロング丈のフレアスカートも、パーカー&スニーカーの王道カジュアルコンビで着崩せば、簡単にこなれたスタイルが完成します。
全体をモノトーンでまとめることで、すっきりとした大人っぽさも残すことができますよ。
足元がカジュアルな分、バッグはきれい目のショルダーをチョイスしてバランスを取りましょう。

黒ロングトップス×ベージュマキシフレアスカートでリラクシーな旬見えレイヤードスタイル

黒ロングトップス×ベージュマキシフレアスカートでリラクシーな旬見えレイヤードスタイルのコーデ画像
着用トップス:前後2wayセンタースリットロングトップス/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:ウエストゴムマキシフレアスカート/titivate(ティティベイト)

リラックス感のある素材のマキシ丈フレアスカート。
旬見えを狙うなら、ロング丈のトップスやワンピースとのレイヤードスタイルで着こなすのが◎
こちらのトップスのようにスリット入りデザインのものなら、ロング丈同士のレイヤードもすっきりと見せてくれるのでおすすめです。
ロング×ロングのレイヤードは重心が下がってしまいがちなので、すっきりとまとめ髪でバランス良く仕上げるのがポイント。
また、イヤリングやスカーフなど、顔周りを華やかに演出するアクセントもスタイルアップ効果が期待できます。

大人の上品な雰囲気を醸し出す!きれいめフレアスカートコーデ

モカ色カットソー×ベージュフレアスカートで洗練トーン・オン・トーンスタイル

モカ色カットソー×ベージュフレアスカートで洗練トーン・オン・トーンスタイルのコーデ画像
参考トップス:アシンメトリーネックコットンリブニット/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:ベルト付きコットンリネンフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)

しっかり長めの丈感、美しく広がるフレアシルエットが上品で優雅な着こなしを叶えてくれるフレアスカート。
太めのベルトとハイウエストデザインで脚長効果も抜群です。
シンプルなトップスを合わせ、ウエストインですっきり着こなすのがおすすめ。
全体を同系色でまとめてあげるとトレンド要素が加わり旬の着こなしに仕上げることができます。
フィット&フレアの女性らしいシルエットをよりきれいに見せるには、ヘアをコンパクトにまとめるのがポイント。
耳元のアクセサリーも映えて、着こなしのアクセントになりますよ。
足元はダークカラーで引き締めて、高めのヒールでレディライクにまとめましょう。

黒カットソー×ドット柄フレアスカートでフレンチシックなモノトーンスタイル

黒カットソー×ドット柄フレアスカートでフレンチシックなモノトーンスタイルのコーデ画像
着用トップス:ネックが選べる半袖リブニット/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:ドットスカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

トップスをすっきりとウエストインすることでフィット&フレアシルエットにまとめたレディな着こなし。
甘さ控えめのセミフレアシルエットと丈感が、大人の着こなしを後押ししてくれます。
モノトーンでまとめれば、気分はまるでパリジェンヌ。
子供っぽくならないよう、足元はヒールを合わせるのが正解です。
小ぶりのバッグでさりげなく可愛げムードもプラスしたら、顔周りのアクセサリーで大人バランスを整えて。

白トップス×グリーンベースの大花柄フレアスカートで華やぎレディスタイル

白トップス×グリーンベースの大花柄フレアスカートで華やぎレディスタイルのコーデ画像
参考トップス:シンプルビッグTシャツ/Re:EDIT(リエディ)
着用ボトムス:大花柄タックフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)

パッと目を惹くクラシカルな大花柄が印象的なフレアスカートなら、さらりと纏うだけでレディムード満点。
スカートを主役にしてシンプルに着こなすのがおすすめです。
顔色を明るく華やかに見せてくれるホワイトカラーのトップスを合わせて、ウエストインスタイルですっきりと着こなしましょう。
フィット&フレアのフォルムが女性らしさを演出してくれますよ。
存在感抜群のこんなスカートスタイルなら、あえてノーアクセサリーで決めても大人らしいバランスに仕上がります。

黒トップス×パープルマキシフレアスカートでシックな洗練きれい目スタイル

黒トップス×パープルマキシフレアスカートでシックな洗練きれい目スタイルのコーデ画像
参考トップス:3ネックから選べる テレコリブカットソー/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:ベイクドカラーピーチスキンフレアスカート/Re:EDIT(リエディ)

シックなパープルカラーのロングスカートなら、しっとりとした大人っぽさが漂うレディススタイルにぴったり。
黒トップスを合わせて落ち着いた雰囲気を演出しましょう。
ロング丈のフレアスカートでも落ち感のある素材を選べば広がりが気にならず、レディライクな着こなしが叶います。
小物に黒を選んでしまうと暗めの印象になってしまうので、ベージュカラーをセレクトして柔らかな女性らしさをプラスするのがおしゃれ見えのポイント。
パンプスのパイソン柄がさりげないアクセントになり、全体のおしゃれ感をグッと高めてくれます。

明るめブラウンカラーのトップス×同色ミディ丈フレアスカートで上品セットアップコーデ

明るめブラウンカラーのトップス×同色ミディ丈フレアスカートで上品セットアップコーデのコーデ画像
着用トップス:コットンポンチ・アシメフリルプルオーバー/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
着用ボトムス:コットンポンチ・Aラインスカート/DoCLASSE(ドゥクラッセ)

すっきりとしたAラインが大人らしいフレアスカートをセットアップで着こなせば、即レディスタイルが完成します。
リラクシーなカットソー素材を選んでも、セットアップのきちんと感がきれい見えを叶えてくれますよ。
足元は高さのあるヒールパンプスを合わせて女性らしさをプラスしつつ、スタイルアップ効果を狙います。
ヌーディーなベージュカラーを選べば、洗練ムードたっぷりのワントーンスタイルに。

程よい甘さが大人フェミニンのカギ!女性らしさ漂うフレアスカートコーデ

ベージュニットカーディガン×ドット柄フレアスカートで柔らかフェミニンスタイル

ベージュニットカーディガン×ドット柄フレアスカートで柔らかフェミニンスタイルのコーデ画像
着用カーディガン:リリーヤーンニットカーデ/Pierrot(ピエロ)
着用トップス:サイドスリットボートネックロンT/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:ドットスカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:サークル巾着バッグ/Pierrot(ピエロ)

レトロフェミニンムード漂うドットスカートは、広がりすぎないすっきりとしたフレアシルエットを選ぶのが大人見えのポイントです。
全体を淡いカラーでまとめて優しげな雰囲気にまとめてあげると、女性らしい柔らかさを感じるスタイリングに仕上げることができますよ。
足元にはダークカラーのシューズをセレクトしてコーデを引き締めつつ、フラットデザインで抜け感も演出します。
カーディガンの袖は軽く捲り上げてこなれ感を演出すれば、おしゃれ感もグッとUP。
ヘアはラフにまとめて顔周りにアクセサリーをプラスすれば、スタイルアップと大人っぽさを同時に手に入れることができます。

ニュアンスグリーンコットンレースブラウス×ホワイトフレアスカートで垢抜けフェミニンスタイル

ニュアンスグリーンコットンレースブラウス×ホワイトフレアスカートで垢抜けフェミニンスタイルのコーデ画像
着用トップス:コットンレースブラウス/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:デニムソフトマーメードスカート/titivate(ティティベイト)

カジュアルなデニム素材のスカートでも、美しく広がる女性らしいマーメイドシルエットを選べばフェミニンスタイルに大活躍。
クリーンな華やぎムードをプラスしてくれるホワイトカラーを選んで垢抜けフェミニンコーデに仕上げましょう。
2020年春のトレンドカラー、ニュアンスグリーンのコットンレースブラウスを合わせれば旬見えも叶います。
ブラウスはフロント部分をタックインしてスタイル良く、抜き襟気味に着こなしてこなれ感も加えて。
小物はナチュラルテイストのものを合わせてほどよい抜け感バランスに仕上げるのが、おしゃれ感をグッと高めるコツです。

ベージュトップス×ブラウン系チェック柄フレアスカートでレトロフェミニンスタイル

ベージュトップス×ブラウン系チェック柄フレアスカートでレトロフェミニンスタイルのコーデ画像
参考トップス:ノースリーブアンサンブル/Pierrot(ピエロ)
参考ボトムス:ビッグチェックフレアスカート/titivate(ティティベイト)

ちょっぴりレトロな雰囲気のチェック柄フレアスカートは、シックなカラーリングを選んで大人フェミニンスタイルに仕上げましょう。
子供っぽさのない着こなしに仕上げるには、きちんと感のあるアイテムや小物を合わせるのがポイントです。
ブラウン系のチェック柄に色馴染みの良いベージュカラーのトップスを合わせて、ウエストインですっきりと着こなして。
レディなパンプスとショルダーバッグは黒をセレクトし、スタイリングを引き締めます。
黒ニットを肩掛けしてこなれ感もプラスすれば、上品なレトロフェミニンスタイルにまとめることができます。

くすみピンクトップス×ベージュカラーのレオパード柄フレアスカートで可愛げフェミニンスタイル

くすみピンクトップス×ベージュカラーのレオパード柄フレアスカートで可愛げフェミニンスタイルのコーデ画像
参考トップス:コットンカットソーロング丈Tシャツ/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:レオパード柄オパールフレアスカート/titivate(ティティベイト)

上品な透け感、広がりすぎないラインがレディな印象のレオパード柄フレアスカート。
上品なベロア素材のフロッキーデザインなので、大人の着こなしにもピッタリのアイテムです。
くすみピンクのトップスを合わせれば、可愛げのあるフェミニンスタイルに。
ベルトでウエストマークしてメリハリを与え、スタイル良く仕上げます。
ベルトを巻いたら軽くブラウジングしてあげると、女性らしい柔らかなフォルムを演出しつつ気になるお腹まわりをカバーできますよ。
スカートの透け感、ほどよい丈感が足元に軽やかさを演出してくれるので、足元にはヒールを合わせて女性らしさを加えましょう。

アイボリー系小花柄プリントブラウス×フレアスカートでワンピース見えのセットアップスタイル

アイボリー系小花柄プリントブラウス×フレアスカートでワンピース見えのセットアップスタイルのコーデ画像
着用トップス:フラワープリントヨークギャザーブラウス/titivate(ティティベイト)
着用ボトムス:フラワープリントフェイク釦フレアスカート/titivate(ティティベイト)

可憐な印象の小花柄でも、単色の花柄なら大人らしい着こなしが叶います。
さらっと落ち感のある素材ですっきりとしたシルエットのものがおすすめ。
ブラウスとセットアップで着こなせば、ワンピースのような大人可愛いスタイリングに仕上がります。
足元に柔らかな淡色のカラーアクセントを加えるとグッとおしゃれ感がUP。
ほどよい甘さがちょうどいい、大人のデートにもおすすめのコーディネートです。

ホワイトシャツ×スモーキーブルーフレアスカートで爽やかフェミニンスタイル

ホワイトシャツ×スモーキーブルーフレアスカートで爽やかフェミニンスタイルのコーデ画像
着用トップス:後ろボタンデザインシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用ボトムス:サテンセミフレアスカート/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)
着用ベルト:細ベルト/Pierrot(ピエロ)

きれいな光沢感のあるサテンスカートは2020年春注目のアイテム。
落ち感のある素材が上品見えを叶えてくれます。
華やかさのあるブルーでもスモーキーな色合いを選べば大人の着こなしにもぴったり。
爽やかなホワイトシャツを合わせてスカートの華やかさを調節しましょう。
ウエストインで着こなすのはもちろん、細ベルトでさりげなくウエストマークする着こなしもおすすめです。パーカーやスウェットを合わせてカジュアルダウンしても素敵ですよ。