LINE友だち追加で最新情報GET!

【第1回】30代40代からの大人女子おしゃれ講座!はじめに「おさえておきたい基本のキ」

プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
もくじ

30代・40代のおしゃれって?


30代40代になると、若い頃のようにトレンドを追うだけのおしゃれができなくなってきたと思いませんか?
こちらでは、今から試してみたくなる30代40代ならではのおしゃれの楽しみ方や、コーディネートの作り方などを紹介していきます。

知っておくべき「コーデの曲がり角」

いくつになっても、トレンドは気になるし、周りからおしゃれって思われたいもの。
それに、やっぱり「かわいい!」って思われたいですよね。だからといって20代と同じ服装をしていればかわいい、というわけではありません。
\【NGコーデ例】20代までならOKでも30代を過ぎると△/

20代だからこそミニスカートもかわいい印象を与えてくれますが、大人女子が同じコーデをするとどこか気合いが入りすぎてしまいます。
「若作りに見られていないかな…。」や「ちょっとイタいかな?」など、周りの目が気になるという方も多いのではないでしょうか。
また、若作りに見られないために“大人っぽく”を意識してしまうと、なんだか地味でおしゃれには見えないという悩みをお持ちの方も多いはずです。
実はそれこそが「コーデの曲がり角」なんです。

20代までの着こなしと30代40代の着こなしの差とは?

20代まではトレンドをしっかり取り入れることがおしゃれの鉄則だったかもしれませんが、30代40代がトレンド感満載のコーディネートをしても、頑張りすぎて違和感を与えてしまうのが現実です。
\【NGコーデ例】トレンド感満載のメンズライクは△/

このようなトレンドのオーバーサイズのパーカー×スキニーパンツ×スニーカーといった王道カジュアルコーデも20代だからこそ今っぽくオシャレに見えますが、大人女子にはラフ感が強く同じコーデでも、少しだらしない印象を受けてしまいます。
では、20代の頃のおしゃれとは何が違うのでしょうか?
それはずばり「大人の余裕」があるかどうかです。
トレンドを取り入れるとしても、どこか抜け感のある着こなしをすることで、大人っぽい余裕を演出することができます。
それにより、30代40代ならではのおしゃれさを彩ることができるのです。

引用:Pierrot(ピエロ)
また、同時に大人ならではのキチンと感も取り入れることも大切です。なぜなら、抜け感はキレイめな着こなしをするからこそ演出できるのです。キレイめと抜け感をバランスよく取り入れることが、30代40代でおしゃれを楽しむためポイントとなります。
そこで、この連載ではそんな大人の余裕を感じさせるような着こなしのポイントなどについて、全10回で紹介していきます!まずは、30代40代の着こなしの基本について知っていきましょう。

基本その1:トレンドは意識しすぎないこと!

着こなしをおしゃれに見せるためには、トレンドはしっかり取り入れないとという先入観を持っている方も多いですよね。
たしかに、旬を取り入れたコーディネートはおしゃれに見えるかもしれませんが、30代40代がトレンド満載の着こなしをすると、なんとなく頑張りすぎている印象を与えてしまいます。

引用:神戸レタス

そのため、トレンドは適度に取り入れるくらいにして、あまり意識しすぎないことが30代40代のコーデをおしゃれに見せるポイントです。
そこで、イメージしていただきたいのが「大人○○」な着こなしです。
では、次からは代表的な大人○○コーデの作り方について、チェックしていきましょう。

大人フェミニンのポイント

フェミニンな着こなしと聞くと、女性らしさを前面に出したコーディネートを印象するかもしれませんが、30代40代は「大人フェミニン」で少し落ち着いた印象にシフトチェンジしてみましょう。
例えば、旬が続くフレアスカートですが、フェミニンに着こなそうと思うとフリルがあしらわれていたり、華やかなカラーのトップスを選びがちですよね。
でも、大人フェミニンに着こなすには、トップスとスカートのバランスを重視することが重要です。

(右)引用:Pierrot(ピエロ)

2枚の写真を比べると、左の写真はかわいらしいけど、若々しさを感じさせる着こなしなので、大人女子にはちょっと難しそうですよね。
でも、右の写真のように、柄の雰囲気や丈感が変わるだけでどこか落ち着いた印象を与える着こなしになり、30代40代ならではの洗練された女性らしさを演出することができます。

大人カジュアルのポイント

スウェットやスニーカーなど、カジュアルアイテムの流行が続いていますが、30代40代がカジュアルコーデにまとめると、若作りに見られそうだし、なんとなく生活感がにじみ出そう…。
そこで意識したいのがカジュアルコーデに大人アイテムをプラスすることです。
例えば、スウェット×デニムの定番カジュアルも、足元はパンプスでキレイめをミックスしてみたり、ボーダートップスもスカートと合わせて女性らしさをプラスしてみたりと、大人カジュアルはキチンと感のあるアイテムを投入するだけで、意外と簡単にできるんです。


引用:Pierrot(ピエロ)
でも、ただプラスするだけで本当に大人カジュアルに着こなせるか不安ですよね?
このおしゃれ講座では、大人カジュアルはもちろん、トレンドアイテムの上手な取り入れ方なども紹介していきますので、ぜひお楽しみに。

基本その2:甘さは控えめ

大人フェミニンのところでも説明しましたが、30代40代フェミニンさ全開のコーディネートはちょっぴり痛々しい印象を与えてしまいがち。

でも、いくつになっても写真のようにフリルやレースがあしらわれたアイテムはかわいいし、コーディネートに取り入れたいと思いますよね。
そこで、30代40代でも甘めのアイテムを使うときには、なるべく他のアイテムをシンプルにするようにしてみましょう!

スカートコーデは丈感に注意!

甘めの着こなしと言えば、20代の頃はふんわりとしたデザインの膝上スカートを穿いていたかもしれませんが、30代40代は若作り感が出てしまうのでNGです。
スカートは膝下からミモレ丈くらいのキレイめな印象を与えるものをチョイスして、落ち着いた印象の着こなしを楽しみましょう。


引用:Pierrot(ピエロ)
また、デザインはフレアもタイトも〇。
ただし、フレアスカートの場合、かわいらしいデザインのトップスを合わせてしまうと甘さが強くなってしまうので、タイトなリブニットやVネックニット、シンプルなブラウスなどを合わせて、大人フェミニンな着こなしを意識してくださいね。

引用:DoCLASSE(ドゥクラッセ)
フレアスカートよりもやや落ち着いた印象のタイトスカートは、甘めに着こなすならレース素材や花柄のデザインを選ぶのがおすすめ。
こちらもフレアスカート同様に、シンプルなトップスと合わせて、甘さ控えめに着こなすのがおすすめです。

甘めトップスにはパンツコーデがおすすめ

レースやフリル、リボンがあしらわれたかわいいデザインのトップスの中には、30代40代でも着られるような大人っぽいデザインのものも多いですよね。
でも、スカートコーデに合わせると、ちょっと若作りに見えちゃうのでは?と心配ですよね。
そんなときはパンツと合わせて、大人かわいい着こなしに変身させちゃえばいいんです!

引用:Re:EDIT(リエディ)
甘めトップスと合わせる場合、太すぎないデザインのパンツを合わせれば甘辛ミックスの今っぽい着こなしが楽しめます。
また細身のストレートパンツなどキレイめなパンツと合わせることで、オフィススタイルにも使える着こなしに仕上がりコーデの幅が広がります。

基本その3:ちょっぴり外して”地味すぎる”を脱却!

30代40代は、大人だから落ち着いたファッションを心がけないと!と思うけど、どうも地味な印象になりがちとお悩みの方も多いですよね。
そんなときはちょっぴり外して、こなれ感を出してみると、おしゃれ度がぐんとアップします。


(右)引用:fifth(フィフス)

2枚の写真の場合、左のコーディネートもおしゃれではありますが、右の写真の方がこなれ感があり、上級者っぽい着こなしに見えますよね。
それは、キチンとしすぎずに少しだけ外して、こなれた印象を出しているからなんです。
大人の外しテクについては、今後のこちらでも詳しく説明していきますが、今回は基本となるテクニックについて、ご紹介していきます。

差し色でアクセントをプラス

外しテクニックの中でも、手軽に取り入れられるのが差し色です。
30代40代となると、どうしても落ち着いたトーンのアイテムを手に取りがちかもしれませんが、鮮やかなカラーなどをアクセントに取り入れてみることで、コーディネートが一気に華やかに変わるんです。
でも、手軽だと言っても、カラーアイテム初心者さんにはやっぱりハードルが高いですよね。そんなときは靴やバッグ、ソックスなどの小物から取り入れてみてはいかがでしょうか?


引用:Pierrot(ピエロ)
いつものコーデにさりげなくプラスするだけで、華やかでおしゃれな印象を演出できるのでおすすめですよ。
また、小物だけでなくトップスなどでもカラーアイテムをうまく着こなす方法を今後紹介していくので、カラーコーデにチャレンジしたいと思っている方はぜひチェックしてくださいね。

小物使いで抜け感を演出

キレイなスカートにスニーカーを合わせたり、デニムジャケットを使ったカジュアルコーデにパンプスを合わせたり、全体のテイストと違う小物を使って遊び心を出すのも、30代40代ならではの余裕のある着こなしに。


引用:DoCLASSE(ドゥクラッセ)

引用:Pierrot(ピエロ)
こちらも差し色テクニックと同様に、比較的初心者でも挑戦しやすい外しテクニックなのではないでしょうか。でも、テイストの違う小物をプラスするだけでは、どこかちぐはぐな印象になってしまう可能性もあります。
小物の使い方については、今後アイテム別に詳しく紹介してきますので、ぜひお楽しみに。

いつものアイテムを着崩してみる

ベーシックなアイテムを着ているだけなのに、なぜかおしゃれに見える着こなしってありますよね?
それはもしかしたら、絶妙なバランスで着崩しているからなのかもしれません。
「着崩す」って、なんとなくだらしなく見えるのではないかと思うかもしれませんが、バランスをキチンと考えることで、おしゃれで洗練された印象になれるんですよ。
中でも手軽に試せるテクニックが「ロールアップ」です。
シャツの袖やパンツの裾を少しまくって、手首・足首を見せることで、適度な抜け感が演出できて、大人の余裕を感じさせる着こなしになるんです。


引用:Re:EDIT(リエディ)
次におすすめなのが抜き襟です。抜き襟とはトップスの首元を後ろに引いて、抜け感を出す着こなしのこと。いつものトップスがおしゃれに大変身する、テクニックなんです。

引用:Pierrot(ピエロ)
実はトップスだけでなく、トレンチコートやデニムジャケットなどのアウターにも使える技なので、コーデに抜け感を出したいときにぜひ挑戦してみてください。

まとめ

今回は20代との着こなしの差や、30代40代がおしゃれを楽しむための基本について紹介してきました。
今後はやっぱり気になる男性ウケする着こなしや季節感の取り入れ方、さらに避けておくべきコーディネートなどについて紹介していきます。
30代40代でもおしゃれを楽しみたいという方にとって読んでいて楽しい、参考にしたくなるような情報をお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

最新コーディネート





この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

もくじ
閉じる