LINE友だち追加で最新情報GET!

【2020最旬ランキング】大人女子が選ぶ本当に気になるトレンドアイテムを徹底解説!

ランキングから知るみんなが注目してる今季トレンドとは?        

持続可能な(サステナブル)社会を実現するという時代の大きな流れは、ファッションの分野にも押し寄せてきています。トレンドの流れも、よりナチュラルな素材・テイストやリラックスムードが注目される傾向に。

アースカラーが基本となり、ボタニカルなど自然由来のモチーフがトレンドとしてあがっています。また、抜け感を演出できるシアーアイテムが注目され、より力の抜けたラフな着こなしが主流になりそうな予感。

【2020年夏】今季あなたの注目しているトレンドは?

総回答数(票):229

おんまゆのアイコン画像おんまゆ
みんなが実際に注目しているトレンドの、着こなしポイント・アイテムの選び方をランキング形式で紹介します♪
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
もくじ

【第1位】定番化しつつある通年大活躍の「リネン素材」          

幅広いアイテム展開が魅力的

幅広いアイテム展開が魅力的のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:フレンチスリーブリブニットトップス/Pierrot(ピエロ)
着用スカート:リネン混ティアードスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ワンバンドセパレートフラットサンダル/titivate(ティティベイト)

“リネン素材”と言えば、春夏用のシャツやジャケット、ほどよくきちんと感のあるボトムスをイメージする方が多いかもしれませんが、近年定番化しつつあるリネン素材アイテムは、ジャンル問わずさまざまなアイテムで展開されています。例えば大人フェミニンなブラウスや甘めのディテールのスカートなどは、リネンならではのナチュラルな風合いによって甘さがほどよく抑えられ、大人らしさを惹き立ててくれます。

カジュアルアイテムとも好相性なので、MIXスタイルに仕上げるのもおすすめ。

取り入れるだけで抜け感がプラスできる

取り入れるだけで抜け感がプラスできるのコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:綿混リブ編みフレンチニット/Pierrot(ピエロ)
着用スカート:ラップ風ロングスカート/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)

ニット×ロングタイトスカートのきれい目スタイルは、ボトムスにリネン素材を取り入れることで自然な抜け感がプラスされ、柔らかな印象に仕上げることができます。同様に、きちんと感のあるジャケットやスーツスタイルなども、リネン素材ならほどよいカジュアル感が加わるのでかしこまりすぎず、こなれた大人スタイルに着地させることができますよ。

近年は、リネンの風合いは残しつつ、綿やレーヨンなどを混ぜ合わせることで扱いやすさや肌触りに考慮したアイテムが増えているので、気軽に取り入れることができる身近な素材としておすすめです。

どんなコーデも軽やかにアップデートできる

どんなコーデも軽やかにアップデートできるのコーデ画像
参考トップス:クルーネックTシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:リネンブレンドサマーツイードパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

重心が下がりがちなワイドパンツスタイルやロングスカートスタイルを軽やかに仕上げたい時には、リネン素材が味方になってくれます。ナチュラルな抜け感のある素材をボトムスに持ってくることで、ボリューム感があっても気にならず、リラックス感のある着こなしに。

足元にミュールやサンダル、フラットシューズなどを合わせれば、より軽やかなスタイリングに仕上げることができます。

【第2位】季節を彩る「シャーベットカラー」                

大人女子におすすめのカラーは?

大人女子におすすめのカラーは?のコーデ画像
参考スカート:ドット花柄消しプリーツスカート/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:2way巾着バッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)

纏うだけで明るい印象を与えてくれるシャーベットカラーアイテム。華やかさもプラスできるので、シンプルなワンツーコーデでも垢抜けた着こなしに仕上げることができます。

どのカラーもおすすめですが、大人女子に特におすすめしたいのはシャーベットグリーン。注目カラーでもあるグリーンは、シャーベットカラーなら顔映り良く明るい印象に。

ベーシックカラーと好相性なので、いつものスタイリングに取り入れやすいのもポイントです。

程よい甘さが大人コーデのアクセントにぴったり

程よい甘さが大人コーデのアクセントにぴったりのコーデ画像
参考トップス:選べるネック綿混半袖リブニット/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:ウールタッチチェックスカート/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:スクエアバックルチェーンバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)

シャーベットカラーアイテムは、ちょっぴりコンサバな優等生ファッションなどきれい目ベーシックスタイルに取り入れることで、華やかさをプラスしてマンネリ化を防いでくれる効果も◎。ほんのり甘さを醸すきれい目カラーが、スタイリングのアクセントになってくれます。

まずは取り入れやすいトップスからチャレンジするのがおすすめ。全体を甘めのカラーリングにまとめてしまうとガーリーな印象になってしまいがちなので、ベーシックカラーと組み合わせるのがいいでしょう。

爽やかな清涼感でキレイめコーデにも◎

爽やかな清涼感でキレイめコーデにも◎のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:キーネックフレンチTブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用スカート高見えストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:オープントゥスクエアカットサンダル/Pierrot(ピエロ)

清涼感のある着こなしに仕上げることができるシャーベットカラーアイテムは、センタープレスパンツやブラウスなどきれい目アイテムをセレクトすれば、オフィススタイルにもぴったり。ほんのり甘いカラーが女性らしさをプラスしてくれるので、好感度抜群の着こなしに仕上げることができますよ。

白やベージュなどを合わせて柔らかな印象に仕上げるのも素敵ですが、黒などシャープな印象のカラーと組み合わせれば、よりシャーベットカラーの魅力がグッと惹き立ちます。

【第3位】透け感がこなれへ導く「シアー素材」                       

インナーは何を合わせればいいの?

インナーは何を合わせればいいの?のコーデ画像
参考トップス:ラッセルレースノースリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:ベイカーパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アシンメトリーフラットコルクサンダル/Pierrot(ピエロ)

今シーズン大注目のシアー素材。その名の通り透け感のある素材を使ったアイテムなので、インナー選びに迷ってしまう大人女子も多いはず。

シアー素材のトップスなら、同色のキャミソールかタンクトップを選んであげるとまず間違いありません。下着選びが気になる方やヘルシーな印象に仕上げたい場合は、タンクトップを合わせるのがおすすめ。

ニュアンスカラーなど同色のインナーが難しい場合は、白・黒・ベージュなどのベーシックカラーのインナーを合わせればOK。淡いカラーなら白やベージュ、濃いカラーなら黒など、なるべく濃淡を合わせてあげるといいですよ。

上品な肌見せが大人ムードを後押し

上品な肌見せが大人ムードを後押しのコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:シースルーオーバーサイズシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:フロントボタンロングスカート/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:2wayミニバッグ/Pierrot(ピエロ)

例えばベーシックなシャツ×きれい目スカートなど、きちんと感のある大人スタイルは、さりげない透け感を取り入れることでグッと女性らしい着こなしに仕上げることができます。控えめな透け感のアイテムをセレクトするのが大人見えのコツ。

ボトムスに取り入れるなら、裾が軽く透けるくらいがちょうどいいバランスです。ラフになりすぎない上品さのある肌見せが、大人ムードを後押ししてくれますよ。

透け感があれば派手カラーも取り入れやすくなる

透け感があれば派手カラーも取り入れやすくなるのコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:シースルーシャツワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用インナー:テレコリブ レース切り替えインナー/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:綿100%セミフレアデニム/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルベルトスクエアトゥフラットサンダル/Pierrot(ピエロ)

普段なかなか着慣れない色味でも、シアー素材なら取り入れやすい場合もあります。例えばピンクやパープルなどのちょっぴり主張強めのカラーでも、透け感のある素材に乗せることでグッと着こなしやすいニュアンスカラーに。

また、濃い目の色調をセレクトした場合でも、シアー素材が柔らかなニュアンスをプラスしてくれるので、軽やかな印象に仕上げることができます。

【第4位】印象をガラッと変える「ボタニカル柄」                    

今年っぽいボタニカル柄って?

今年っぽいボタニカル柄って?のコーデ画像
参考シャツ:ヘンリーネックシアーシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考インナー:テレコリブ レース切り替えインナー/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:UVスラブ・ワイドロングパンツ/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

ナチュラル感のあるリラックステイストが注目されている今年は、植物をモチーフにしたボタニカル柄がトレンドに浮上しています。さらにアースカラーでまとめられたボタニカル柄をチョイスすれば、今年らしさ満点。

合わせるアイテムもベージュ系などナチュラルなカラーを選び、リラックス感のある着こなしにまとめれば、トレンドライクなスタイリングに仕上げることができます。

派手見えしすぎない選び方は?

派手見えしすぎない選び方は?のコーデ画像
引用:DoCLASSE(ドゥクラッセ)
着用ワンピース:UVスラブ・ロングフレアワンピ/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
参考シューズ:スクエアトゥアンクルストラップヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

ボタニカル柄は、あまり大ぶりな柄を選んでしまうと派手な印象になってしまいがち。ほどほどの大きさの柄をセレクトすれば、落ち着きのある着こなしに仕上げることができるので大人女性にもおすすめです。

また、コントラストのはっきりした明るい色よりも落ち着きのある色合いのものをセレクトした方が、気負いなく着こなすことができますよ。大人っぽさとトレンド感のあるアースカラーを選ぶのがおすすめ。

マンネリコーデ打破にうってつけ

マンネリコーデ打破にうってつけのコーデ画像
着用トップス:ドゥクラッセTシャツ・深Vネック/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
着用パンツ:UVスラブ・ワイドロングパンツ/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
参考シューズ:PVCダブルベルト太ヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)

特にシンプルなコーディネートが増えがちな夏は、着こなしがマンネリ化してしまいがちです。そんな時は、柄物を取り入れるのが簡単ですが、より今年らしさを狙うならボタニカル柄がおすすめ。

例えばカットソー×パンツのシンプルなワンツーコーデでも、ボタニカル柄を取り入れるだけでパッと目を惹く着映えファッションに。ナチュラルな柄によって力の抜けたリラックス感もプラスされ、“やりすぎ感”のないこなれたスタイリングに仕上げることができます。

【第4位】年々増える「ワッシャープリーツスカート」愛用者

ワッシャープリーツとは?

ワッシャープリーツとは?のコーデ画像
引用:titivate(ティティベイト)

近ごろよく耳にする“ワッシャープリーツ”。洗いざらしの生地のようなシワの寄ったような加工を施すことをワッシャー加工と言います。この加工をプリーツ生地に施したものが“ワッシャープリーツ”です。

プリーツにクシャっとしたシワ感を乗せることで、表情豊かなスタイリングに仕上げることができる人気素材。特に大人フェミニンな着こなしが好きな方におすすめです。

素材感がイイ女コーデに格上げ

素材感がイイ女コーデに格上げのコーデ画像
引用:titivate(ティティベイト)
着用トップス:シアーランダムリブニットアンサンブル/titivate(ティティベイト)
着用スカート:リンクルサテンギャザーロングスカート/titivate(ティティベイト)
着用インナー:スクエアトゥフラットサンダル/titivate(ティティベイト)

ワッシャープリーツスカートは、シワ加工によってできる不規則な陰影によって、スタイリングに奥行きを与えてくれるという特性があります。また、動きに合わせて揺れるシルエットが、ドラマティックな“いい女”コーデへと格上げしてくれます。

より大人っぽさを強調するなら、きれい目のブラウスやニットを合わせたスタイリングがおすすめ。

オールシーズンたっぷり着回せる

オールシーズンたっぷり着回せるのコーデ画像
引用:titivate(ティティベイト)
着用トップス:タックノースリーブカットソー/titivate(ティティベイト)
着用スカート:ワッシャープリーツマキシスカート/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:ロープカラートートバッグ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:シンプルストラップミュールサンダル/titivate(ティティベイト)

軽やかな素材感のワッシャープリーツスカートは、シーズン問わず活躍してくれる優秀アイテム。寒い季節は、ニットなどあたたかみのある素材とのコントラストが楽しめます。

また、着こなしに軽やかさが生まれるので、ダークカラーが増えがちな冬スタイルのアクセントにも効果的です。夏スタイルと違った印象で着こなすことができるので、どの季節でも新鮮な気分で着回しを楽しむことができますよ。

【第5位】もはやトレンドのべースに「ボタニカルカラー」       

ボタニカルカラーって?

ボタニカルカラーって?のコーデ画像
引用:Re:EDIT(リエディ)
着用カーディガン:透かし編みロングカーディガン/Re:EDIT(リエディ)
着用インナー:テレコリブキャミソール/Re:EDIT(リエディ)
着用スカート:バックスリットナロースカート/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:円柱ヒールクリアサンダル/Re:EDIT(リエディ)

自然にやさしいナチュラル志向は、近年ファッション業界でも注目されています。そんな流れに乗り、自然界に存在する植物などのカラーであるボタニカルカラーのアイテムが定番カラーとなりつつあります。

ブラウンやベージュ、カーキなどのナチュラルなカラーラインナップは掛け合わせても相性が良く、落ち着いた色合いで大人にも着こなしやすいのが特徴。コーディネートに迷った時は、ベージュ系のグラデーションでまとめてあげるのがおすすめです。

リラックス感溢れるスタイリングに

リラックス感溢れるスタイリングにのコーデ画像
参考カーディガン:フレンチスリーブリブニットトップス/Pierrot(ピエロ)
参考カーディガン:透かし編みロングスカート/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:スクエアトゥワンバンドミュールサンダル/titivate(ティティベイト)

ナチュラルな色合いでまとめたコーディネートは、自然にリラックスムードが漂います。今年注目のオーバーサイズトップスやリラックスパンツなどを取り入れれば、より抜け感たっぷりのスタイリングに仕上げることができますよ。

また、優しげなカラーリングのイメージに合わせ、小物の素材感もナチュラルなものをセレクトするのがおすすめ。

レイヤードスタイルにもおすすめ

レイヤードスタイルにもおすすめのコーデ画像
引用:Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:透かし編みプルオーバー/Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:タイダイ柄キャミワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:リネンブレンドナチュラルストレートパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:ベッコウ風ハンドルバンブーハンドバッグ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:スクエアカットミュール/titivate(ティティベイト)

今年は、レイヤードスタイルでもゆるっとしたシルエットのものを重ねたラフなスタイリングが主流。例えばワンピースにボトムスをレイヤードしたスタイルは、レギンスやスキニーを重ねるよりもロングスカートやリラックスパンツを合わせた方が今年らしいシルエットに仕上げることができます。

さらに全体をボタニカルカラーでまとめれば、グッと垢抜けた旬スタイルに。シアーアイテムを取り入れたコーディネートにもおすすめのカラーリングです。

【第6位】360度抜かりない「バックシャン」                         

バックシャンとは?

バックシャンとは?のコーデ画像
引用:titivate(ティティベイト)

最近よく耳にする“バックシャン”。バックシャンとは、その名の通り、後ろが大胆に露出しているなど後ろ姿がハッとするようなデザインのことを指します。

単に背中が開いているだけではなく、リボンディテールやレースアップ、深スリットや切替デザインなど、バリエーション豊富なデザインが展開されている今シーズンは、バックシャンデザインにチャレンジするチャンス。上品な肌見せができるので、大人女性におすすめのディテールです。

大人女子が取り入れるコツ&インナー選びは?

大人女子が取り入れるコツ&インナー選びは?のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:バックリボンオールインワン/Pierrot(ピエロ)
着用トップス:ノースリーブカットソー/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:2wayミニバッグ/titivate(ティティベイト)
着用シューズ:Vカットミュール/titivate(ティティベイト)

背中に大胆なカッティングや開きがあるデザインの場合、インナーはどうしたらいいのが悩んでしまう大人女性も多いはず。肌見せに抵抗がある場合は、タンクトップやキャミソールを合わせることでヘルシーなイメージに仕上げることができます。

その場合、バックシャンデザインが惹き立つよう、同色のインナーよりもホワイトやブラックなどベーシックカラーのインナーを合わせてあげるのがおすすめ。

さりげない肌見せで大人の魅力をアピール

さりげない肌見せで大人の魅力をアピールのコーデ画像
引用:Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:バックスリット杢テープヤーンサマーニットチュニック/Re:EDIT(リエディ)
着用スカート:楊柳ロングマーメイドスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:スクエアハンドルショルダー付きかごバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:チャンキーヒールトングデザインサンダル/Re:EDIT(リエディ)

背中部分の肌見せは、上品さがありながらハッとするような驚きがあります。露骨な肌見せよりも、さりげなく背中を覗かせるくらいの方が、大人の魅力をアピールすることができますよ。

全体を女性らしくまとめるよりも、フラットサンダルなどで抜け感をプラスして、女っぽさをほどよく調節してあげると、バランスの取れたきこなしに仕上がります。

【第7位】オトナ要素を加速させる「クラシックブルー」          

クラシックブルーってどんな色?       

クラシックブルーってどんな色?のコーデ画像
着用トップス:ノースリーブクルーネックカットソー/SAISON DE PAOILLON(セゾンドパピヨン)
参考パンツ:アンクル丈スキニーデニムパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:ショルダー付きマルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)

“カラー・オブ・ザ・イヤー”で2020年のカラーに決定された“クラシックブルー”。くすみや濁りのないクリアなブルーカラーは、落ち着きや安定性を求める心を表していると言われています。

また、普遍的なクラシックブルーは、環境問題への取り組みや持続可能な社会を実現するという姿勢を反映しているとも言えるのかもしれません。

知的なムード漂う上品スタイルへ

知的なムード漂う上品スタイルへのコーデ画像
引用:DoCLASSE(ドゥクラッセ)
着用トップス:ボートネックフォルムシャツ/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
着用パンツ:デュアルストレッチ・スリム/DoCLASSE(ドゥクラッセ)
参考シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)

パッと目を惹くクリアなブルーカラーは、聡明さや知的な印象を与えるカラーでもあります。シンプルなアイテムの組み合わせでも、クラシックブルーを取り入れることによって、知的ムード漂う大人スタイルに仕上げることができます。

きれい目アイテムをセレクトすれば、紺感度抜群のオフィススタイルに。

小物でも抜群の存在感

小物でも抜群の存在感のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:シルクタッチウォッシャブルニット/Pierrot(ピエロ)
着用スカート:ベルテッドフレアトレンチスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アンクルダブルストラップ/Pierrot(ピエロ)

存在感たっぷりのクラシックブルーカラーは、小物で取り入れるだけでも差し色として十分な効果を発揮してくれます。バッグやシューズ、スカーフなど、面積の小さな小物なら、大人女性にも気負なくチャレンジできるはず。

【第8位】コーデのカギとなる「カラーパンツ」                       

大人女子におすすめのカラーは?

大人女子におすすめのカラーは?のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:選べるシルクタッチノースリーブリブニット/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:センタープレスボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

取り入れるだけでおしゃれ上級者の雰囲気漂うカラーパンツ。難易度が高いイメージがあるかもしれませんが、逆にカラーがポイントになってくれるので、シンプルなスタイリングでも洒落感の高い着こなしに仕上げることができる便利アイテムと言えます。

大人女子におすすめしたいカラーは、着こなしやすく肌馴染みが良いニュアンスカラー。ちょっぴりくすんだグリーンやピンクなどが取り入れやすいですよ。

ベーシックカラーと相性抜群で、コーディネートのしやすさが魅力です。

どんなスタイルもこなれ感たっぷりに

どんなスタイルもこなれ感たっぷりにのコーデ画像
参考トップス:リブカットソー Vネックトップス/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:デュアルストレッチ・テーパード/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:タッセル付き キルティングショルダーバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:サイドカット Vデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)

ベーシックカラーのパンツよりも、ほんのりカジュアル感のあるカラーパンツ。カジュアルスタイルからきれい目なオフィススタイルまで、幅広い着こなしに活躍してくれます。

シンプルなトップスに合わせるだけでこなれたスタイリングへと導いてくれるので、1本持っていると重宝します。合わせる小物でアレンジを楽しむのも◎。

旬顔コーデへの近道

旬顔コーデへの近道のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:後ろギャザースキッパーブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:高見えセンタープレスボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

色で魅せる存在感たっぷりのカラーパンツ。トレンドライクなカラーを取り入れたり、注目アイテムを組み合わせたりすることで、即旬顔スタイルが完成します。

たとえばシャーベットカラーを取り入れたりボタニカルカラーでまとめたり、シアーシャツを合わせてあげるのも素敵。ベーシックなデザインながらトレンドライクな着こなしが叶う、頼れるアイテムと言えるでしょう。

【第9位】「大振りアクセ」で小顔効果叶える                  

今季っぽいデザインって?

今季っぽいデザインって?のコーデ画像
引用:Re:EDIT(リエディ)
着用イヤリング:ウッドビッグサークルイヤリング/Re:EDIT(リエディ)
着用カーディガン:楊柳ロングガウンカーディガン/Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:オーガニックコットン細リブタンクトップ/Re:EDIT(リエディ)
着用スカート:かぎ編みナローロングニットスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:ベッコウ風ハンドルバンブーハンドバッグ/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:カッティングベルトフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)

シンプルコーデやナチュラルなリラックススタイルがトレンドの今、大ぶりのアクセサリーでアクセントを加えるのがGOODバランス。特にナチュラルカラーコーデに似合うアーシーなカラーのアクセサリーがおすすめです。

また、ウッドやストーン素材など、天然素材にも注目。大きめのサイズ感でも、ナチュラルな存在感でさりげなくコーディネートを惹き立ててくれます。

どうして大ぶりサイズがいいの?

どうして大ぶりサイズがいいの?のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用イヤリング:ウッドデザインピアス/Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:シルクタッチデザインネックリブニット/Re:EDIT(リエディ)

大人スタイルはシンプルが基本。大ぶりのアクセサリーで一点アクセントを加えることで、スタイリングがグッと垢抜けます。

小ぶりのアクセサリーでクラス感を纏わせるスタイルも素敵ですが、一つのアイテムとしての存在感を際立たせたい時には大ぶりサイズがおすすめ。

きれい目スタイルに取り入れるコツ

きれい目スタイルに取り入れるコツのコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用イヤリング:サークルウッドピアス/Re:EDIT(リエディ)
着用トップス:シルクタッチデザインネックリブニット/Re:EDIT(リエディ)
着用スカート:タックロングスカート/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:アンクルストラップサンダル/Re:EDIT(リエディ)

大ぶりのアクセサリーは、ややカジュアル感が高めです。大人スタイルに自然に取り入れるには、チープに見えない素材選びが重要。

デザインもシンプルなサークルデザインや自然な楕円形など、馴染みやすいデザインがおすすめです。

【第10位】華やかさをプラスする「カラフルビジューアクセ」  

今季っぽいデザインって?

今、少女時代を思い出させるような、キャッチーなカラフルビジューアクセが注目されています。パッと目を惹く大きめのビジューがあしらわれたアクセサリーは、遊び心たっぷりのアクセントをプラスするのにピッタリのアイテム。

さりげないデザインよりも大胆なデザインのものをセレクトし、コーディネートのポイントにするのがおすすめです。

華やぎムードを引き寄せる

カラフルビジューアクセの魅力は、何と言っても華やかさ。イヤリングやピアス、ネックレスなど顔周りに取り入れることで、顔色をパッと明るく見せてくれる効果があります。

また、目を惹くポイントになるので、視線が上がってスタイルアップ効果も◎。

可愛くなりすぎないコツは?

キャッチーでおもちゃのような可愛さのあるビジューアクセは、ともすれば子供っぽく見えてしまいがち。大人スタイルに取り入れるなら、コーディネートはシンプルにまとめるのが基本です。

例えばブラックカラーのワンピーススタイルのアクセントとして取り入れるなど、他のアイテムは極力シンプルに、シックなカラーでまとめてビジューアクセを惹き立たせるスタイルがおすすめですよ。

【第11位】万能「バケツバッグ」は引き続きトレンド入り        

使いやすいデザインは?         

使いやすいデザインは?のコーデ画像
参考トップス:ラッセルレースノースリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:マジョリカプリーツスカート/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:シリンドリカルショルダーバッグ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:スクエアトゥフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)

コロンと丸いフォルムが可愛いバケツバッグ。収納力もしっかりあり、使い勝手の良さも魅力で、幅広い世代の女性に人気のアイテムです。

カジュアルすぎない素材感でしっかり大きさのあるものをセレクトすれば、シーンを選ばず活躍してくれます。

2つ目を買う人におすすめのデザインは?

2つ目を買う人におすすめのデザインは?のコーデ画像
着用ワンピース:ボタン付スリットプリーツワンピース/BouJeloud(ブージュルード)
参考バッグ:サイドノットクリアバッグ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:サイドラメローカット厚底スニーカー/Re:EDIT(リエディ)

ベーシックデザインの次に狙うなら、クリア素材などトレンド要素を取り入れたものはいかがでしょう。今年は透け感のある軽やかなシアー素材が注目されているので、バッグでさりげなく取り入れるのもおすすめです。

また、差し色になるような鮮やかなカラーバッグや、アクセサリー感覚で取り入れられるミニサイズをセレクトするのも◎。

きれい目スタイルに取り入れるなら?                       

きれい目スタイルに取り入れるなら? のコーデ画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:ボタン付スリットプリーツワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:ボタン付スリットプリーツワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:サークルリングデザイン バケツ型バッグ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルストラップサンダ/Pierrot(ピエロ)

バケツバッグをきれい目スタイルに取り入れるなら、小さすぎず大きすぎないほどよいサイズ感のものがおすすめ。さらにレザーなどきちんと感のある素材をセレクトすれば、大人のクラス感漂うスタイリングに仕上げることができます。

ベージュやブラックなど、ベーシックかつ汎用性の高いカラーを選びましょう。

最新コーディネート





この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

もくじ
閉じる