LINE友だち追加で最新情報GET!

【お悩みパーツ別】気になる部分をカバーをして大人の着痩せシルエットへアップデート!

体型カバーする際に抑えたいポイントって?                    

ぽっこりお腹やウエスト&ヒップライン、脚のシルエットや太さなど、体型の悩みは人それぞれ。気にしないよう努めていても、ふとした時に人と比べてしまい、どうしても気になってしまうのが女心ですよね。

でも、体型ばかりを気にしておしゃれを楽しめないというのでは勿体ない!体型に合わせた洋服選びを心掛けたりちょっとした着こなしのコツを掴むだけで、驚くほど自然に体型カバーすることができます。

おんまゆのアイコン画像おんまゆ
今回は、体型別に自然にカバーしながらおしゃれ見えが叶うコツを紹介していきます♪
この記事の見どころ

着痩せコーデの考え方

ブルーカーディガン×ワイドパンツのコーデの画像
引用:Pierrot(ピエロ)

さほど細いわけではないのに痩せて見える…周りにこんな友達はいませんか?それはきっと、着痩せのコツを掴んだコーディネートをしているからかもしれません。

着痩せして見えるコツは、ただ隠すだけでなく、自分の細い部分を強調してあげることにあります。つまり、自分の美しいポイントを上手く惹き立てることによって、気になる部分を自然にカバーすることができるのです。

自分の体の中で見せるべきところと隠すところをきちんと見極め、体型に合ったコーディネートをすることによって、グッと魅力的な着こなしに仕上げることができます。

色や柄の選び方のポイント

ネイビートップス×チャコールスカートコーデの画像
引用:Pierrot(ピエロ)

気になる部分をできるだけ細く見せたい時には、着やせして見える引き締めカラーを選ぶのが常套手段です。ブラックやネイビー、チャコールグレーやブラウンなどの濃色が有効。

また、暖色よりも寒色を選んだ方が、引き締まった印象を与えると言われています。もし暖色をセレクトするなら、なるべく濃い目の色調を選ぶようにするといいですよ。

他には、縦のラインを強調できるストライプ柄やリブ素材などもおすすめ。柄物を選ぶ時は、なるべく地色が濃い目のものを選ぶのが無難です。

サイズ選びのポイント

フリルトップス×デニムパンツコーデの画像
引用:Pierrot(ピエロ)

気になる部分を自然にカバーしたい時には、身体にフィットするジャストサイズよりも、ほどよくゆとりがあるものを選ぶのが正解です。ルーズな印象にならないためには、手首や足首など細い部分を見せることが重要。

また、ゆるっとしたサイズでも落ち感のあるとろみ素材をセレクトするなど、女性らしい華奢見えポイントを作ってあげることもスタイルアップに繋がります。

【ウエスト】  メリハリをつけてすっきりシルエットに

ノースリーブフレアトップス×ホワイトスキニーパンツでメリハリカジュアルスタイル

ノースリーブフレアトップス×ホワイトスキニーパンツでメリハリカジュアルスタイルの画像
参考トップス:ボックスシルエットTシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:アンクル丈スキニーデニムパンツ/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アンクルストラップサンダル/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:ショルダー付きマルチカラーストライプトートバッグ/Pierrot(ピエロ)

ウエストを自然に隠すことができる長めシルエットのトップス。さらにフレアシルエットのものをセレクトすれば、よりふんわりとナチュラルにウエストラインをカバーすることができます。

この場合、ボトムスにボリュームのあるアイテムを合わせてしまうと全体がルーズなシルエットになってしまうので、すっきりとした細身のパンツを合わせてメリハリの効いたスタイリングに仕上げるのが正解です。さらにヒールのあるシューズを合わせれば、脚長効果も◎。

きれい色トップスで着映えを狙うのもいいですね。

リブニット×ウエストリボンパンツできれい目パンツスタイル

リブニット×ウエストリボンパンツできれい目パンツスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:選べるネック綿混リブニット/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:サイドベルトボックスパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:プリーツバッグ/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)

ウエスト周り全体を隠してしまうコーディネート以外にも、気になるウエストを上手くカバーする方法があります。ウエストリボンなど逆に目を惹くディテールを取り入れれば、太さよりもデザインが惹き立つので、自然にスタイルUPが可能に。

トップスは、リブデザインなど縦のラインを強調できるものがおすすめです。ダークカラーや寒色のパンツをセレクトすることで、すっきりとした印象に仕上げることができますよ。

ドット柄ボウタイブラウス×IラインスカートでオフィスにもOKなきれい目スカートスタイル

ドット柄ボウタイブラウス×IラインスカートでオフィスにもOKなきれい目スカートスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:ドット柄タイ付きボリュームブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用スカート:カットスエードタイトスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:ポインテッドトゥサイドジップショートブーツ/Re:EDIT(リエディ)

ウエストラインが気になるからといって、すっきりとしたIラインスカートを着こなすのは無理と諦めてはいませんか?実は上手に上半身に視線をそらすことによって、さりげなくウエストラインをカバーすることができます。

この秋注目のレトロフェミニンなボウタイブラウスは最適なアイテム。フロントでリボン結びする以外にも斜めに流したりふんわりと垂らしたり、表情豊かな着こなしが演出できるので、自然に上半身に視線を集めることができます。

合わせるスカートは、フィットしすぎないサイズ感のものをセレクトすることが重要。また、体のラインを拾いすぎないほどよく厚みのある生地感のものを選びましょう。

サッシュベルト付きロングワンピースで華やかフェミニンスタイル

サッシュベルト付きロングワンピースで華やかフェミニンスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:サッシュベルト付きバックカシュクールワンピース/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アシンメトリートングミュールサンダル/titivate(ティティベイト)
着用バッグ:ポウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)

着るだけでウエストのくびれを強調してくれるような太めのベルトでウエストマークするのも一つの手段です。幅広で、ウエストに巻き付けるタイプのサッシュベルトなら、簡単に女性らしいシルエットを演出することができるのでおすすめ。

ベルト単体で使うなら、黒やブラウンなど引き締めカラーを選ぶことでキュッと締まったウエストラインに。また、トップス部分をふんわりとブラウジングしてあげると、より着痩せ効果がUPします。

フレア切替ワンピースでシンプルフェミニンスタイル

フレア切替ワンピースでシンプルフェミニンスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:フレア切り替えワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルダブルストラップ 華奢サンダル/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:ウッドハンドルかごバッグ/Pierrot(ピエロ)

身体のラインを拾わないストンとしたシルエットのワンピースは、ウエストラインをカバーするのに最適なアイテムと言えます。ほどよくハリのある素材をセレクトすれば、より効果的。

裾やスリーブがフレア切替になったデザインなど、シルエットに動きのあるものを選んであげると、シルエットだけに目が行くことなくお洒落感もUP。縦のラインを強調できるフロントボタンデザインもおすすめです。

足元にはヒールのあるシューズを合わせ、女性らしさをプラスしつつスタイルUPを狙いましょう。

【腕/肩】ボリュームや透けが華奢さを惹き立てる                      

キャンディースリーブ黒ブラウス×デニムパンツでちょっぴり甘めの大人カジュアルスタイル

キャンディースリーブ黒ブラウス×デニムパンツでちょっぴり甘めの大人カジュアルスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ブラウス:キャンディスリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:セミフレアデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:オープントゥVカットサンダル/titivate(ティティベイト)

二の腕の太さが気になる方におすすめなのは、フレアスリーブやキャンディースリーブなど、袖にボリュームがあるデザイントップスです。ふんわりとしたフォルムがフェミニンムードをプラスしつつ、自然に二の腕のラインをカバーしてくれますよ。

この場合、トップスにボリュームが出るので、ボトムスはすっきりとウエストインスタイルで着こなすのがおすすめです。ボトムスは、ボリューミーなシルエットのものではなく、ほどよくすっきりと見えるアイテムを選びましょう。

Vネックリブニット×Iラインスカートにニュアンスカラーシアーシャツを羽織った旬見えフェミニンスタイル

Vネックリブニット×Iラインスカートにニュアンスカラーシアーシャツを羽織った旬見えフェミニンスタイルの画像
参考インナー:Vネックリブニットインナー/Pierrot(ピエロ)
参考トップス:バンドカラーシアーロングシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:麻混ナロースカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:スクエアトゥ細ベルトローヒールサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:2wayコンパクト巾着バッグ/Re:EDIT(リエディ)

2020年のトレンド、シアーシャツも上半身の細見えに効果的なアイテムです。選ぶ時のポイントは、ほんのりとした透け感とゆとりあるサイズ感のものを選ぶこと。

引き締めカラーのトップスの上からさらりとシアーシャツを羽織ることで、メリハリのあるカラーリングとふんわりとしたシルエットが、上半身の悩みを自然にカバーしてくれます。インナートップスは、首元をすっきりと見せてくれるV ネックデザインがおすすめ。

鎖骨や首回りを見せることで女性らしさもアピールできる上、小顔効果も期待できますよ。

ふんわり袖ワンピースで洗練ムード漂うきれい目スタイル

ふんわり袖ワンピースで洗練ムード漂うきれい目スタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:タックスリーブワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:Vカットミュール/Pierrot(ピエロ)

自然にボリューム感をカバーすることができるワンピースは、肩や腕のボリュームが気になる方にもおすすめです。その場合、スリーブデザインにポイントがあるワンピースを選ぶのが効果的。

袖口にタックやギャザーや入ったものやフレアスリーブなど、さりげなくポイントになるようなデザインがいいでしょう。ただし、極端なパフスリーブデザインは肩のラインを強調してしまう場合もあるので、避けた方が無難です。

ベージュオーバーシャツ×ブルーデニムで抜け感カジュアルスタイル

ベージュオーバーシャツ×ブルーデニムで抜け感カジュアルスタイルの画像
参考トップス:ソフトリネンオーバーシャツ/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:ストレートデニム/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:編み込みフラットサンダル/Re:EDIT(リエディ)
参考バッグ:バンブーハンドルストローバッグ/Re:EDIT(リエディ)

シャツやブラウスは、肩や腕など上半身に悩みがある方におすすめのアイテムです。選ぶ時には、ゆとりのあるサイズ感のものをセレクトするのがポイント。

あえてオーバーサイズのシャツをゆるっと着こなすことで、女性らしい華奢見えを叶えることができます。ボタンは上まで閉めず抜き襟気味に着こなせば、より効果的に着痩せスタイルを叶えることができますよ。

ボトムスには、ほどよくすっきりとしたシルエットのものを合わせましょう。ウエストはインでもアウトでもどちらでもバランス良く仕上げることができますが、フロント部分を軽くタックインして軽くブラウジングするなど表情をつけてあげると、洒落感がグッと高まります。

【おしり/腰】リラックスシルエットでナチュラルなカバー

Aラインシャツ×スキニーパンツでメリハリを効かせたシンプルカジュアルスタイル

Aラインシャツ×スキニーパンツでメリハリを効かせたシンプルカジュアルスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:ダブルポケットAラインシャツ/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:ストレッチスキニーデニム/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:機能性パンプス/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:ショルダー付きハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

ヒップラインや大きさに悩みがある場合は、自然にお尻周辺をカバーできるコーディネートがおすすめです。全体をゆったりとしたシルエットに仕上げるのではなく、気になるヒップラインをカバーしつつ着痩せして見える着こなしに仕上げることが重要。

ヒップが気になる方は細身のパンツを避けてしまいがちですが、お尻が隠れる着丈のトップスでカバーしてしまえば、すっきりとしたメリハリスタイルに仕上げることができます。トップスは、しっかり着丈があり、さらにふんわりとカバーできるAラインシルエットのものを選びましょう。

ブラックカラーオールインワンにブラウンロングカーディガンを羽織ったスタイリッシュなモードパンツスタイル

ブラックカラーオールインワンにブラウンロングカーディガンを羽織ったスタイリッシュなモードパンツスタイルの画像
引用:Re:EDIT(リエディ)
着用カーディガン:スエードタッチスーパーロングガウンカーディガン/Re:EDIT(リエディ)
着用オールインワン:ウエストリボンノースリオールインワン/Re:EDIT(リエディ)
着用シューズ:ポインテッドトゥミュールパンプス/Re:EDIT(リエディ)
着用バッグ:クロコスクエアショルダーバッグ/Re:EDIT(リエディ)

引き締めカラーのオールインワンは、体型カバーに役立つ優秀アイテム。ゆったりとしたパンツラインのものなら、ヒップにお悩みを抱える方にもきれいに着こなすことができます。

さらに万全にカバーしたいなら、ロング丈のカーディガンをさらっと羽織ってしまえば簡単。ロング×ロングのスタイリングはシルエットがぼやけがちなので、ウエストにポイントのあるデザインを選ぶか、細ベルトなどで軽くウエストマークして、スタイル良く仕上げましょう。

全体をシックなカラーリングにまとめれば、グッとスタイリッシュな印象に。

ノースリーブレースブラウス×ロングプリーツスカートで洗練フェミニンスタイル

ノースリーブレースブラウス×ロングプリーツスカートで洗練フェミニンスタイルの画像
参考トップス:ラッセルレースノースリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考スカート:プリーツロングスカート/Pierrot(ピエロ)
参考シューズ:アシンメトリーフラットコルクサンダル/Pierrot(ピエロ)
参考バッグ:異素材切り替えハンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

お尻が気になる方は、とにかくふんわりとしたロング丈スカートで隠してしまうスタイルに陥ってしまいがちです。しかし、選び方によっては逆に強調してしまう場合もあるので、選び方には注意が必要。

きれい目スタイルからカジュアルスタイルまで幅広い着こなしに活躍してくれるプリーツスカートなら、連なるヒダが縦長ラインを強調してくれるので、ヒップが気になる方にもおすすめです。ギャザースカートほど広がり過ぎず、適度に落ち感のあるものを選べば大人っぽさも演出できますよ。

ウエストインスタイルで着こなすのはもちろん、すっきりとしたシルエットのロング丈トップスを合わせるスタイルも◎。

バックフリルワンピースにデニムパンツを重ねたトレンドライクなレイヤードスタイル

バックフリルワンピースにデニムパンツを重ねたトレンドライクなレイヤードスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:バックフリルワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:ストレートデニム/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルベルトスクエアトゥフラットサンダル/Pierrot(ピエロ)

細身のシルエットのワンピースはヒップラインを拾ってしまいがちですが、バックスタイルにポイントのあるデザインのものを選べば、ヒップラインを目立たなくさせることができます。ウエスト高めの位置からフリルデザインが施されたこんな1枚なら、シルエットを気にせず堂々と着こなすことができるはず。

1枚でさらりと着るのももちろん素敵ですが、さらにパンツを重ねればトレンドライクなレイヤードスタイルが完成します。

【脚】トレンドライクな着こなしですっきり美脚見え  

ホワイトカットソー×フラワーパネル柄スカートでリラクシーなフェミニンスタイル

ホワイトカットソー×フラワーパネル柄スカートでリラクシーなフェミニンスタイルの画像
参考トップス:メロウリブ半袖トップス/titivate(ティティベイト)
参考スカート:インド綿フラワーパネル柄スカート/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:スクエアトゥフラットサンダル/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:マクラメ編みメッシュバッグ/Re:EDIT(リエディ)

下半身全体をふんわりとカバーしてくれるロングスカートは、脚が気になる方にもおすすめのアイテム。タックやギャザーで脚のラインが気にならず、裾から足首を覗かせれば女性らしい華奢さをアピールすることができます。

無地のシンプルなデザインはもちろん、柄物で着映えを狙うのもGOOD。さりげなく縦のラインを強調できるパネル柄やストライプ柄などがおすすめです。
よりスタイルアップを狙うなら、足元にヒールのあるシューズを合わせてあげるといいですよ。

ノースリーブVネックトップス×ワイドプリーツパンツでリラックスカジュアルスタイル

ノースリーブVネックトップス×ワイドプリーツパンツでリラックスカジュアルスタイルの画像
参考トップス:タックノースリーブブラウス/Pierrot(ピエロ)
参考パンツ:リラックスプリーツパンツ/titivate(ティティベイト)
参考シューズ:シンプルストラップミュールサンダル/titivate(ティティベイト)
参考バッグ:フェイクレザープリーツトートバッグ/titivate(ティティベイト)

ボリューム感のあるロング丈のボトムスは、脚のラインや太さに悩みを抱える方の強い味方。パンツスタイルに仕上げるなら、レッグラインを拾わないワイドシルエットをチョイスするのがおすすめです。

パンツは、引き締め効果のあるダークカラーがおすすめ。縦ラインを強調して動きのあるスタイリングに仕上げてくれるプリーツパンツなら、トレンドライクなリラックスカジュアルスタイルに仕上げることができます。

さらに、トップスに首まわりをすっきりと見せてくれるVネックトップスを合わせれば、小顔効果でバランスUP。

  

Vネックロングワンピースにベージュパンツを重ねたトレンドライクなワンピースレイヤードスタイル

Vネックロングワンピースにベージュパンツを重ねたトレンドライクなワンピースレイヤードスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用ワンピース:ワッフル素材Vネックワンピース/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:ツイルセミフレアパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:アンクルベルトスクエアトゥフラットサンダル/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:ウッドハンドルハーフラウンドバッグ/Pierrot(ピエロ)

トレンドライクな着こなしを楽しみたいという方におすすめなのは、ボトムスレイヤードで着こなすワンピーススタイル。今年らしいゆとりあるシルエットのロングワンピースなら、脚全体を自然にカバーすることができます。

重ねるボトムスは、何を合わせてもOKですが、メリハリの効いた細見えスタイルを狙うなら、細身のパンツをセレクトするのがおすすめ。ワンピースは首元のラインをきれいに見せてくれるVネックデザインを選び、コンパクトなヘアスタイルで着こなすことで、女性らしさのある着痩せコーディネートを完成させましょう。

ベージュハイネックニット×テーパードパンツできれい目ワントーンスタイル

ベージュハイネックニット×テーパードパンツできれい目ワントーンスタイルの画像
引用:Pierrot(ピエロ)
着用トップス:バックリボンリブニット/Pierrot(ピエロ)
着用パンツ:サテンテーパードパンツ/Pierrot(ピエロ)
着用シューズ:カットデザインパンプス/Pierrot(ピエロ)
着用バッグ:2wayミニバッグ/Pierrot(ピエロ)

特に太ももが気になるという方におすすめなのが、裾に向かって細くなるシルエットがポイントのテーパードパンツ。気になる太ももはしっかりカバーしつつ細い部分を惹き立ててくれるので、全体の細見えが叶います。

上品さのあるベージュカラーのニットを合わせて全体をワントーンにまとめれば、大人の魅力たっぷりの旬見えパンツスタイルに。仕上げにパイソン柄のパンプスで足元に辛口のアクセントを加えることで、大人のきちんと感とトレンド感が絶妙にマッチしたきれい目ワントーンスタイルを完成させましょう。

最新コーディネート


プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のプチプラアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事の見どころ
閉じる