MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう! >

【最新】8月の暑い日を快適に過ごす服装は? 大人コーデや着こなしのコツを徹底解説!

いよいよ夏本番!日中の平均気温が30℃を超えてくる8月。湿度も高く、熱中症対策や紫外線対策はマストになってくる季節です。

とは言え、アパレル店舗はもう秋冬の装い。どんな服装がベストなの?夏っぽいコーデはもう恥ずかしい?など秋を意識した着こなしのコツや、暑さを回避する服装など徹底解説

EMI

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、最高気温が30℃を超える日が多い8月!
今回は、真夏日の30℃の服装と、猛暑日の35℃以上の2つに分けて詳しく解説!

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ
8月の気温グラフ画像
折れ線グラフ:東京の8月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
8月の3時間毎気温グラフ画像
折れ線グラフ:東京の8月の3時間毎気温平年値
データ引用元:国土交通省 気象庁
EMI

グラフを見ると8月下旬でも30℃を超えていて、暑さはかなり厳しいです。
おすすめのアイテム選定法や、あか抜けるコツをご紹介します♡

気温35度前後の猛暑日は熱中症に気をつけながらヘルシーなコーデを意識

湿度も高い日本の夏は体感温度がかなり高く感じます。通気性を重視したアイテム、直接紫外線を受けないコーデが夏を乗り切る重要なコツになります。

リネンなど天然素材アイテムや、ゆったりとしたシルエットのアイテムをチョイスするなど、熱がこもらない服装が理想的です。

ボトムスはゆとりのあるリラクシーなアイテムがおすすめ!

8月におすすめなデニムのシルエット写真
8月におすすめなパンツのシルエット写真

トップスは、ノースリーブやTシャツで快適に過ごせますが、ボトムスはタイトなアイテムだと通気性が悪く、熱がこもってムレの原因にも…。

動きのあるスカートやワンピースなど通気性の高いアイテムや、デニムならマムフィットアイテムや、ワイドデニムがおすすめです◎パンツスタイルの時はゆとりのあるシルエットのものをチョイスすることが大切です♪

Check Point!
  • ノースリーブや、Tシャツなどが大活躍! ただしカーディガンを羽織るなど紫外線対策は必須
  • 天然素材など通気性の高いアイテムがおすすめ
  • ボトムスはタイトなシルエットよりゆとりのあるアイテムがおすすめ

【最高気温35℃】ツヤ感のあるサテンスカートでレディライクにキメる

ツヤ感のあるサテンスカートでレディライクにキメたコーデ画像

ダルメシアン柄のノースリーブトップスに、ベージュのサテン地スカートで大人なスタイリングに。トップスはキーネックがスッキリとした印象で、着こなしのアクセントになる一枚です。
強めのトップスと対照的な艶のある上質なサテンスカートをチョイス。落ち感のあるサテン素材がグっと上品な印象と共に大人っぽさを演出してくれます。

足元にはグレージュのハイヒールパンプスを合わせ、大人っぽさをキープしましょう。ルーズなまとめ髪がこなれ感も演出してくれるので、遊び心のあるイヤリングをプラスするのもオススメです。

【最高気温35℃】ノースリーブで夏を乗り切る♪太めパンツでマニッシュな装いが気分

ノースリーブで夏を乗り切る♪太めパンツでマニッシュな装いが気分のコーデ画像

ブラウンのノースリーブトップスに、ブラックのテーパードパンツで大人っぽくまとめました。
トップスは、透け感のある素材やノースリーブが女性らしい印象です。濃色の配色ですが、涼し気な素材を選ぶことで重い印象になるのを防いでくれます

ブラックのパンツは、太めのシルエットでマニッシュなテイストをプラス。トップスとは違うテイストなので、こなれた印象になります。 メッシュサンダルで軽さをプラスして、モノトーンスタイルを完成させましょう。

【最高気温35℃】総レーストップス×デニムで涼感カジュアルスタイルに♪

総レーストップス×デニムで涼感カジュアルスタイルの画像

ホワイトのレーストップススをトレートデニムでカジュアルダウンさせたコーディネート。
一枚で主役級の総レースのトップスは、フェミニンテイストなアイテムです。

同じテイストのスカートとの相性もいいのですが、あえてカジュアルなフレアデニムと合わせてこなれ感のあるスタイリングに。

シルバーのサンダルで、スタイリッシュな雰囲気もプラスします。アクセサリー類も、シルバーでまとめると統一感が出てオススメ。 カゴ素材のラウンドショルダーバッグを合わせ、抜け感のあるコーディネートを完成させましょう。

【最高気温35℃】ブラウントップス×オフホワイトワイドパンツで大人っぽコーデ♪

ブラウンのレーストップスにワイドパンツを合わせたコーディネート

ノースリーブのブラウスにワイドパンツで大人っぽくまとめたパンツスタイルです。
透け感のあるトップスは女らしいアイテムで、オンオフともに着回しやすくてオススメ。

ワイドパンツは素材感がカジュアルですが、シルエットは女性らしくトップスとも好相性です。

夏小物であるエスパドリーユをチョイスし、全体をカジュアルダウン。 ベーシックな配色に飽きた時は、差し色になるカラーの細めベルトをプラスすれば、着こなしにメリハリも出ます。

【最高気温35℃】レースのブラウスにグリーンのプリーツスカートでトレンドライクスタイル

レースのブラウスにグリーンのプリーツスカートでトレンドライクスタイルの画像

甘い印象のレーストップスとプリーツスカートの、フェミニンコーディネートです。
スカートは、トレンドカラーでもあるグリーンヲチョイスして旬な装いに。

プリーツの縦ラインや落ち感のある素材が、下半身をスッキリ見せてくれます。

ノースリーブのトップスは、スリーブにまでかかるレースがデザインの一部になっていて、二の腕を細く見せてくれる効果も。 オフホワイトのハイヒールパンプスやコンパクトなショルダーバッグで、大人っぽくまとめましょう。

【最高気温35℃】テラコッタカラーのセットアップがこの夏一番の見せコーデ♪

テラコッタカラーのセットアップがこの夏一番の見せコーデの画像

Vネックのノースリーブトップスとワイドパンツの、セットアップスタイル。
浅めのVネックが顔周りをスッキリと見せてくれるトップスは、スカートにもパンツにも合う丈感が魅力です。

女性らしいシルエットのワイドパンツは、タック入りで細見えが叶います。 それぞれに単品でも着回ししやすいアイテムなので、スタイリングの幅も広がります。

キャンバス地のトートバッグで抜け感を出し、足元はベージュのハイヒールサンダルでカッコよくまとめましょう。 ハリもある麻素材なので高見え効果も期待できるとともに、縦長なシルエットはスタイルアップも叶えてくれます。

【最高気温35℃】デニムスタイルをスカーフ&カゴバッグでアップデート♪

デニムスタイルをスカーフ&カゴバッグでアップデートしたコーデ画像

ホワイトのノースリーブトップスとデニムで、シンプルにまとめました。
スタイリングにアクセントを付けるために、スカーフをさりげなく首に巻いて高見えコーデにチェンジ。きれいめなテイストも加わるので一石二鳥です。

バケツ型のカゴバッグも季節感と抜け感をプラスしてくれるので、ベーシックなスタイルのスパイスとして活躍。
夏場はノースリーブや半袖トップスで単調になりがちですが、小物をアクセントとして活用することで新鮮なスタイリングになります。

【最高気温35℃】ベージュのロングタイトを総レースブラウスでランクアップ♪

ベージュのロングタイトを総レースブラウスでランクアップした画像

きちんと感のあるタイトスカートに、レーストップスでフェミニンテイストを加えたスタイルです。
ベージュのタイトスカートは、ハリ感のある素材のアイテムをチョイスすることでコーデ全体が甘くなりすぎず、程よくカジュアルダウンしたスタイリングに導きます。
フェミニンなトップスを合わせて、甘さをプラス。一気に華やかさも増し、女性らしい印象がアップします。

甘いだけのコーディネートにならないように、ブラックのスポーツサンダルでこなれ感を演出。抜け感のあるコーディネートになります。 バッグもブラックでまとめて、甘辛バランスを調整しましょう。

【最高気温35℃】小花柄がフェミニンなアイスブルースカートで華やぐ♪

小花柄がフェミニンなアイスブルースカートで華やぐコーデ画像

ホワイトとアイスブルーの爽やかな配色が夏らしい、フェミニンなコーディネートです。
トップスは、浅めのVネックでデコルテを美しく見せます。フレンチスリーブも二の腕がスッキリ見えるので、オススメなアイテム。

清楚で爽やかな印象のスカートは、ふんわりと広がるシルエットが魅力的。淡いカラーなので、重い印象になるのを防いでくれます

シルバーのアンクルストラップのサンダルが、足元をシャープに見せてくれて大人な雰囲気もプラス。 バッグはトップスと同じホワイトでまとめて、綺麗なブルーを際立たせましょう。

手元にホワイトやシルバーのバングルをプラスすると、清楚なだけでなく遊びのあるスタイリングに。

【最高気温35℃】ベージュのカットソーワンピースに夏小物をプラスしたシンプルコーデ

ベージュのカットソーワンピースに夏小物をプラスしたシンプルコーデ画像

Iラインのカットソーワンピースで、シンプルにまとめた夏コーデ。
ベージュのワンピースは、きちんと感もある上に他のカラーとも合わせやすくてオシャレ初心者にもチャレンジしやすいアイテムです。

ロングチェーンのネックレスを合わせて、ワンピースが単調になるのを防ぎます。ネックレスの代わりにスカーフを巻いたり、カーディガンを肩掛けしたりとアレンジのバリエーションも豊富。

フラットなストラップサンダルはブラックをチョイスし、単色スタイルでのっぺりした印象にならないようにスタイリング。 フッシュネットのバッグも夏らしい雰囲気を出してくれ、シンプルな中にもこなれ感のあるコーディネートに。

【最高気温35℃】夏のオールホワイトコーデは大きなリボンがアクセント♪

夏のオールホワイトコーデは大きなリボンがアクセントの画像

ホワイトのワンピースを、ナチュラルで爽やかなお出かけ仕様のスタイリングで仕上げました。
シャツワンピなのできちんと感もあり、デートや旅行にピッタリな装い。
比翼仕立てになっているので、スッキリと着こなせます。 ウエストの共布が太めなので、結んだ時に大きなリボンになって可愛らしいアクセントに。

小物類はリゾート風の夏素材アイテムでまとめます。麦わら帽やストロー素材のトートバッグを合わせ、清潔感のある好印象なコーディネートを完成させましょう。

【最高気温35℃】ストレートデニムをテラコッタカラーのトップスで大人見えさせる♪

ストレートデニムをテラコッタカラーのトップスで大人見えさせる画像

カジュアルなデニムを、麻素材のノースリーブトップスできれいめなカジュアルコーデにまとめました。 トップスのVネックは女性らしい印象で、ネックレスなどのアクセサリーも綺麗に映えます。肌馴染みのいいテラコッタカラーは、デニムとも好相性です。 スケルトンなサンダルやストロー素材のトートバッグで季節感のあるスタイリングに。 UVが気になる時は透け感のあるロングシャツをアウターにすると、暑苦しい印象にならずオススメです。 麦わら帽子は、夏には着こなしのアクセントになるので、きれいめなデザインのアイテムが1つあると便利。

【最高気温35℃】ブラックのシンプルワンピを小物でブラッシュアップ♪

ブラックのシンプルワンピを小物でブラッシュアップした画像

シンプルなロング丈のワンピースを、スカーフやベルトを使って脱シンプルなコーディネートに仕上げました。
広がり過ぎないシルエットが大人っぽいワンピースですが、ホワイトのスニーカーでカジュアルダウンさせることでこなれ感を演出。

ウエストは細めのベルトを使ってウエストマークし、メリハリのあるスタイルに。
首元にスカーフを巻くだけで、一気に顔周りが華やかな印象になります。スカーフのデザインやカラーによってテイストも変わるので、いろいろ試してみても素敵。

シンプルなワンピースは、いろんなアイテムと組み合わせることで様々な楽しみ方ができるので、1枚は持っておきたいアイテムです。

【最高気温35℃】ブラックトップス×イエローのロングスカートでメリハリ配色コーデ

ブラックトップス×イエローのロングスカートでメリハリ配色コーデの画像

ブラックのタンクトップに鮮やかなイエローのフレアスカートで、大人女子のコーディネートを完成。
スタイリングのメインとなるスカートは、少しハリ感のある素材で程よいボリュームのあるアイテムをチョイスすると通気性も抜群です。
フロントのボタンもトップスと同じブラックなので、統一感があって好相性。

バッグもブラッグの巾着型バッグをチョイスして、大人っぽいテイストをキープしましょう。 靴はホワイトのスニーカーを合わせることで、抜け感のあるスタイリングになります。

【最高気温35℃】ブラウンワイドパンツで女っぽスタイル♪たすき掛けでトレンドもプラス

ブラウンワイドパンツで女っぽスタイル♪たすき掛けでトレンドもプラスした画像

ノースリーブトップスにワイドパンツで、女性らしい大人のコーディネートを完成させます。
ブラックのノースリーブは、一枚でもインナーとしても活躍してくれる万能アイテムです。アクセサリーも映えるので、夏には加えたい一品。

広がり過ぎないシルエットがきちんと感もあるワイドパンツも、単品で着回し力があります。
小物はブラックで統一して色味を抑え、大人女子のスタイルに。

オフホワイトの透かし編みのニットをたすき掛けすることで、こなれ感を表現しましょう。

【最高気温35℃】フレンチスリーブトップスにハイウエストデニムのきれいめカジュアル

】フレンチスリーブトップスにハイウエストデニムのきれいめカジュアルコーデの画像

鮮やかでアクセントにもなるイエローのカットソーをデニムと組み合わせた、きれいめなスタイルです。
イエローは今期トレンドカラーでもあるので、アクセントとして投入したいアイテム。デニムとの配色も相性がよく、夏らしい軽快さを表現。

マムフィットデニムは、再び注目を浴びているシルエット。取り入れるだけで、今っぽさと緩やかなシルエッが、体型カバー効果も期待できます。 首元にスカーフを巻いて、着こなしのスパイスに。

きれいめなテイストをキープするために、靴やバッグは大人っぽいブラックでまとめます。ハイヒールのサンダルを合わせることで、カジュアルなデニムもランクアップ。トレンド感のあるスタイリングが完成します。

【最高気温35℃】ブラックのニット×ブルーのセンタープレスパンツの大人女子コーデ♪

ブラックのニット×ブルーのセンタープレスパンツの大人女子コーデの画像

アイスブルーのきれいめパンツをブラックのノースリーブトップスで引き締めた、大人なコーディネートです。
パンツは、センタープレスのデザインがきちんと感のあるアイテム。オンオフ両用できて、着回し力も抜群です。

大人っぽいスタイリングに欠かせないブラックのニットを合わせ、オフィスにもピッタリなスタイルを完成させます。

足元もブラックのサンダルでまとめ、仕上げはホワイトのニットをたすき掛け。旬な着こなし方で、こなれ感も一気にアップします。
ノースリーブが多い夏場には長袖やアウターを小物代わりに活用するとオシャレ感が増し、冷房対策にもなって一石二鳥です。

【最高気温35℃】ベージュのカットソーワンピ×レギンスのレイヤードコーデ♪

ベージュのカットソーワンピ×レギンスのレイヤードコーデの画像

カットソーのノースリーブワンピースにレギンスを組み合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。
ワンピースは、タイトなシルエットで程よいラフ感もあるアイテム。
サイドに深く入ったスリットが女性らしく、足さばきも楽なので着やすくてオススメです。 レギンスとレイヤードすることで、今っぽい着こなしに。

レギンスのブラックと繋げて、ホワイト×ブラックのダッドサンダルでカジュアル感をプラスします。 ロングチェーンのネックレスも、着こなしのアクセントに。

【最高気温35℃】ホワイトノースリーブ×スキニーデニムのきれいめコーディネート♪

ホワイトノースリーブ×スキニーデニムのきれいめコーディネートの画像

ノースリーブトップスにデニムのスタイルは、夏には定番で出番の多いコーディネートです。
デニムはスキニーデニムをチョイスして、女性らしくスッキリした着こなしに。ホワイトのトップスと合わせるデニムは、濃いめを選ぶことで大人っぽさが出ます。

くすみグリーンのニットを肩掛けして、スタイリングのアクセントカラーにしましょう。ストラップサンダルや巾着型バッグはブラックで統一し、カジュアル感を抑えて大人度をアップ。
爽やかな配色中にクールテイストが加わって、メリハリのあるコーディネートになります。

【最高気温35℃】カットソーワンピをアクティブに着こなす♪

カットソーワンピをアクティブに着こなしたコーデ画像

ベージュのノースリーブワンピースを、デニムとの組み合わせでカジュアルダウンました。
シンプルで着心地のいいカットソーワンピースは、一枚でも可愛いスタイリングができます。インディゴのデニムとレイヤードさせて、こなれ感のある旬な着こなしに。

トングサンダルやキャスケットもアクティブな印象を加えてくれ、大人しいワンピーススタイルとはひと味違った雰囲気を演出できます。

ベーシックな配色でまとめましたが、差し色を加えたい時は細めのベルトや小さめのスカーフなどでプラスするとさりげなくてオススメです。

【最高気温35℃】ブラウンのノースリーブ×アニマル柄ロングスカートの大人見えコーデ

ブラウンのノースリーブ×アニマル柄ロングスカートの大人見えコーデの画像

Vネックのノースリーブニットとアニマルデザインのスカートで、女性らしいきれいめなコーディネートに仕上げました。
ニットはVネックが女性らしいデザインで、リブニットなので細見えも叶います。

ニットと同色のブラウンを含んだアニマル柄スカートは、透け感のある素材で女っぽさをキープしてくれます。合わせる小物は、ブラウンと相性のいいホワイトで統一。
メッシュのミュールはトゥが細くなっているので、脚が長く見える効果もあります。

きちんと感のあるショルダーバッグはチェーン使いやデザインがレトロな雰囲気で、着こなしに高級感もプラス。

【最高気温35℃】ベージュフレアパンツを総レーストップスで高見えさせる♪

ベージュフレアパンツを総レーストップスで高見えさせたコーデ画像

レース使いがフェミニンなノースリーブトップスに、透け感素材のフレアパンツを合わせました。
少しカジュアルな印象もあるワイドパンツですが、トップスにレースブラウスを合わせることでリッチ感が増します。落ち感もある素材なので、ボリュームが出過ぎることなくスッキリと着こなせるアイテム。

トップスに合わせて、バッグや靴はホワイトでまとめましょう。夏らしいフラットサンダルやキャンバス地トートバッグで、抜け感のあるコーディネートになります。

【最高気温35℃】夏の勝負服はワイドパンツのセットアップ♪テラコッタカラーでリッチ見え

夏の勝負服はワイドパンツのセットアップ♪テラコッタカラーでリッチ見えした画像

ノースリーブトップスとワイドパンツのセットアップで完成させるお出かけ仕様のコーディネート。
テラコッタカラーの上下は肌馴染みもよく、上品な雰囲気をプラスしてくれます。
麻素材で程よい透け感もあるので、涼し気で夏らしいスタイルに。

足元のパイソン柄のミュールで、着こなしのアクセントを加えます。PVC素材のクリアなトートバッグは、大きすぎるとカジュアルな印象になるのでミニサイズがベスト。

物足りなさを感じたら、大きめモチーフのアクセサリーをプラスするとオシャレ上級者な着こなしになります。

【最高気温35℃】ベージュのチノパンをシースルートップスで大人度アップさせる

ベージュのチノパンをシースルートップスで大人度アップさせたコーデ画像

ノースリーブトップスにカジュアルなチノパンを合わせた、きれいめカジュアルスタイル。
チノパンは裾をロールアップして、こなれ感のある着こなし方がベスト。カジュアル要素の強いアイテムですが、きれいめなトップスと合わせることで大人っぽく見せることもできます。

透け感のあるトップスは、縦に入ったデザインが上半身をスッキリと見せてくれます。インナーには同色のベアトップを重ねて、スタイリッシュに仕上げましょう。

全体的に軽さを表現するために、バッグや靴はホワイトをチョイスします。

【最高気温35℃】プリーツワイドパンツをホワイトトップスでまとめたコーデ

プリーツワイドパンツをホワイトトップスでまとめたコーデ画像

深めVネックのノースリーブブラウスにプリーツワイドパンツできれいめにまとめました。
裾がフレアシルエットになったトップスは、スカートにもパンツにも合わせやすい万能アイテムです。深く開いた胸元のVラインが大人っぽくて、インナーのレースとレイヤードすることでこなれ感も出ます。

パンツは落ち感のある素材なので、ワイドシルエットですが広がり過ぎずまとまってくれます。 ストラップのヌーディーサンダルと巾着バッグは、ブラックをチョイスしてで全体を引き締めましょう

【最高気温35℃】ブルーのイレヘムトップスで脱マンネリなデニムコーディネート

ブルーのイレヘムトップスで脱マンネリなデニムコーディネート画像

ブルーのアシンメトリートップスで、定番のデニムを新鮮な印象にチェンジ。
インディゴカラーのスキニーデニムは、ロールアップしてスッキリと着こなします。

変形デザインのトップスを取り入れることで、いつものデニムスタイルも違った個性的なスタイルに。お尻回りもカバーしてくれて一石二鳥です。

【最高気温35℃】イエローのプリントスカートでトレンドをプラス♪

イエローのプリントスカートでトレンドをプラスしたコーデ画像

定番のノースリーブトップスを、トレンドのイエローのフレアスカートでブラッシュアップ。
ホワイトのトップスは、インナーとしても活躍する着回し力のあるアイテム。シンプルなだけに、合わせるボトムスで表情も変わります。

トレンドのイエローをアクセントにして、プリントスカートをスタイリングしましょう。ふんわり広がるフレアラインは、きれいめスタイルには欠かせません。

甘さを控えめにするために、フラットミュールやフィッシュネットバッグでカジュアル要素をプラス。 甘さ控えめな、きれいめコーディネートに仕上がります。

【最高気温35℃】サテンスカートにブラック小物で無敵なフェミニンコーディネート

サテンスカートにブラック小物で無敵なフェミニンコーディネートの画像

ホワイトのレーストップスにベージュのフレアスカートで、とびきりフェミニンな装いを完成。
トップスは総レースのノースリーブで、清潔感のある着こなしができます。

スカートはサテン地で落ち感もあるので、甘さの中にもリッチな印象をプラスできるアイテム。サンダルやバッグ、キャスケット帽の小物類は全てブラックでまとめます。

フェミニンな中にもスパイスの効いたスタイリングになり、抜け感が生まれます。 ブラックのアイテムを加えることで、甘辛MIX感が絶妙なコーディネートに。

【最高気温35℃】ブルーのイレヘムトップス×ホワイトスキニーのマリンカラーコーデ

ブルーのイレヘムトップス×ホワイトスキニーのマリンカラーコーデの画像

アシンメトリーなデザインが印象的なトップスに、シンプルなホワイトのスキニーパンツを合わせました。
ノースリーブトップスは体型を拾わないシルエットが秀逸で、お尻が隠れて体型カバーにも役立ちます。

ブルーと相性のいいホワイトのパンツを合わせ、夏の爽やかさを演出。
アンクルストラップが女性らしいベージュハイヒールパンプスをプラスし、大人女子のスタイリングに。 ホワイトの長袖カーディガンを肩掛けすると、こなれ感がアップしてオススメです。

【最高気温35℃】ブルーのプリーツスカートでレディライクなスタイルを完成♪

ブルーのプリーツスカートでレディライクなスタイルを完成した画像

ホワイトのタンクトップとプリーツスカートの上品な大人のコーディネート。
ボリュームもあるプリーツスカートは、爽やかなブルーカラーをチョイスして軽やかにスタイリングします。
ノースリーブトップスに、ブラックのニットを肩に巻いてアクセントに。

二の腕を覆うように巻くことで、体型カバーもできます。 シルバーのハイヒールサンダルを合わせ、抜け感を演出。
オフホワイトのトートバッグは、きちんと感のあるデザインでオンオフ両用できるアイテムです。

淡いカラーの上下にブラックを加えることで、メリハリのあるスタイルになります。

【最高気温35℃】シースルーの大人っぽトップスでワイドパンツをきれいめにアップデート

シースルーの大人っぽトップスでワイドパンツをきれいめにアップデートした画像

太めシルエットのテーパードパンツに、透け素材のノースリーブトップスで大人っぽさを加えました。
カジュアルな印象もあるパンツですが、大人っぽいデティールのトップスを合わせることできれいめにテイストチェンジできます。

さらに、大人度を上げるためのハイヒールパンプスを投入し、足元をスッキリと見せましょう。ストロー素材のバケツ型バッグは、抜け感をプラスしてくれます。

オフィス仕様にスタイリングする際は、オフホワイト系のジャケットを肩に掛けるのもオススメです。

【最高気温35℃】マスタードカラーのワイドパンツで夏の華やかコーデを作る♪

マスタードカラーのワイドパンツで夏の華やかコーデ画像

ボリュームのあるワイドパンツにノースリーブのレーストップスを合わせて、フェミニンなコーディネートに。
ふんわり広がるシルエットのパンツは、着こなしのメインとなるアイテムです。

マスタードイエローはホワイトとの相性が抜群なので、夏らしく爽やかなスタイリングになります。下半身にボリュームがある分、トップスはコンパクトにまとめるのがセオリーです。

足元は、パンツより濃いブラウンのサンダルで引き締めます。 バッグはキャンバス素材のトートバッグで、軽やかさもプラスしましょう。

【最高気温35℃】総レースのノースリーブ×サテンスカートでリッチフェミニンなコーデ

総レースのノースリーブ×サテンスカートでリッチフェミニンなコーデ画像

レース使いのきれいなトップスと、ツヤ感のあるサテン素材のスカートの組み合わせです。
上下ともにリッチ感のある素材を使ったアイテムで、組み合わせることでさらに高見えするコーディネートに。

足元もシャイニーなミュールをプラスして、テイストを統一。コンパクトなショルダーバッグはレトロテイストで、スタイリングのアクセントにもなります。

全体に淡いカラーの組み合わせなので、差し色をプラスするなら分量の少ないアクセサリー類で取り入れるのがオススメです。

【最高気温35℃】レーストップス×ブラックタイトスカートでクラシックに♪

レーストップスにタイトスカートのコーディネート

レディライクな総レースブラウスに、きちんと感のあるタイトスカートで上品な着こなしに。
定番のロングタイトスカートは、旬なレース使いのアイテムでトレンドを取り入れます。

モノトーン配色でオケージョンにも対応できるスタイリングには、バッグや靴もきちんと感のある物を選びましょう。
レトロテイストなオフホワイトのバッグは、コンパクトサイズで上品です。
シルバーのハイヒールサンダルも、大人な着こなしにピッタリ。

仕上げはスカーフをターバン巻きして、コーディネートをランクアップさせましょう。

【最高気温35℃】インディゴのスキニーデニムを総レースでランクアップの着こなしに♪

インディゴのスキニーデニムを総レースでランクアップの着こなしたコーデ画像

ベーシックなスキニーデニムを、レースのノースリーブトップスできれいめに仕上げました。
デニムは裾をロールアップさせて、こなれ感のある着こなしに。インディゴのように濃いめのカラーをチョイスすることで、きれいめなトップスにも合わせやすくなります。
カジュアルなデニムですが、フェミニンアイテムとの組み合わせで、テイストチェンジも可能。

エスパドリーユやカゴ素材のショルダーバッグで、季節感を演出します。 大人っぽさをプラスしたい時は、靴をウッドヒールやコルクヒールのミュールにチェンジするのもオススメです。

【最高気温35℃】夏の大人可愛いを透かし編みスカートで取り入れる♪

夏の大人可愛いを透かし編みスカートで取り入れたコーデ画像

ブラックのフレンチスリーブブラウスに透かし編みのスカートで、甘さ控えめなフェミニンスタイルに仕上げます。
旬なデティールの透かし編みスカートは、着こなしのメインとして大活躍のアイテム。甘さもあるデザインですが、トップスをブラックにすることで大人っぽさも加わります。
Vネックのラインも大人なテイストのブラウスは、ソフトな質感で着心地も満点。

フロントのタックが体型カバーしてくれるとともに、アクセントにもなって一石二鳥。 シルバーカラーのハイヒールサンダルで、大人女子の着こなしが完成します。

【最高気温35℃】秋を意識したのオススメ配色はホワイト×ブラウンで決まり♪

秋を意識したのオススメ配色はホワイト×ブラウンで決まりのコーデ画像

ノースリーブトップスにサテン地のスカートを合わせた、きれいめなスタイルです。
トップスは総レースがリッチな印象で、コンパクトで着回ししやすいオススメアイテム。

サテン素材がきれいなスカートはブラウンをチョイスして、ホワイトのトップスとの高見え配色に。
フラットなミュールやストロー素材のバケツ型バッグにも、ふんだんにホワイトを投入。
スカートのブラウンの分量が多いので、軽さを出すために小物類はトップスのホワイトに合わせるのがベストです。

【最高気温35℃】レースブラウス×シフォンプリーツスカートのデート仕様スタイル

レースブラウス×シフォンプリーツスカートのデート仕様スタイルのコーデ画像

アイスブルーのプリーツスカートで、フェミニンなスタイリングを完成させます。
トップスに合わせるのは、甘さのある総レースのブラウス。淡色の配色が爽やかで、清楚な雰囲気を出すことができます。

透け感のある素材のスカートは、涼し気で夏らしい季節感もプラス。 ハイヒールのベージュのサンダルやオフホワイトのトートバッグで大人っぽさを加え、デートやイベントにピッタリなコーディネートに。
ブレスレットなどのアクセサリーをプラスするなら、シルバーカラーがオススメです。

最高気温30℃以上の真夏日は紫外線対策を意識しつつデザイントップスで差をつける

最高気温30℃は、少し秋を意識した装いが増える8月末などに多くみられる気温です。まだまだ気温が高いため、秋を意識した深めのカラートップスなど色で、先取することがおすすめです。

あくまでアイテムは通気性や、涼しさを感じられるアイテムをチョイスすることが大切です◎

2021年秋冬トレンドカラーを取り入れて秋を意識!

秋を意識したカラートップスの画像1
秋を意識したカラートップスの画像2

季節感の伝わりやすいブラウン系のカラーアイテムをチョイスしたり、2021年AWトレンドカラーのブルーやグリーン系のカラーなどを取り入れてもおしゃれな印象に。

秋服を着用するにはまだ気温が高いので、ブラウンのTシャツやジレなど、夏使用のアイテムでカラーを秋っぽくシフトしていくことがおしゃれ上級者に見えるコツです◎

Check Point!
  • 秋アイテムではなく、カラーで季節感を演出する
  • 気温が高いので、半袖など薄手のアイテムがおすすめ
  • 引き続き通気性のいい夏素材アイテムが大活躍!

【最高気温30℃】ジレを羽織るだけでで今っぽいきれいめデニムスタイルが完成

ジレを羽織るだけでで今っぽいきれいめデニムスタイルが完成したコーデ画像

ホワイトトップスにデニムのベーシックなスタイルに、グレージュのジレを羽織ってきれいめなスタイルに。
ロング丈のノースリーブジレは、着るだけで一気に大人っぽい雰囲気に変えてくれます。
タイトなシルエットで、縦長なラインが細見え効果を発揮

デニムは裾をロールアップして、夏らしいこなれ感を加えましょう。靴やバッグはブラックの大人っぽいテイストのアイテムを選び、大人っぽさをキープ。

アクセサリー類も大人っぽさを感じるアイテムでまとめましょう。

【最高気温30℃】アイスブルーのパンツで大人きれいめコーデを楽しむ♪

アイスブルーのパンツで大人きれいめコーデを楽しむコーデ画像

アイスブルーがキレイなテーパードパンツに、ホワイトのトップスやアウターで爽やかな配色にまとめました。
アクセントカラーとしてブルーのパンツを主役にするために、合わせる色はホワイトだけに抑えるにがセオリー。
センタープレスのパンツなのできちんと感もあり、オンオフ両用に着回しできるアイテムです。

冷房対策にもなるアウターは、透け感のある素材をチョイスして暑苦しくならないスタイリングに。
バッグや靴もホワイトでまとめることで、好感度もアップ。パンツのきちんと感をキープするために、ハイヒールのパンプスを合わせましょう。

【最高気温30℃】グレー×ホワイトスキニーで作る♪秋感じる大人カジュアルコーデ

グレー×ホワイトスキニーで作る♪秋感じる大人カジュアルコーデの画像

夏の定番スタイルでもある、Tシャツにスキニーパンツのカジュアルコーディネート グレーカラーのTシャツを投入することで、シンプルなコーデもグっと今っぽく旬のスタイリングに。
フレンチ袖や質のいい素材をチョイスすることで、程よいきちんと感も加わります。

ホワイトのパンツを合わせることで、夏らしく明るい印象に。 靴とバッグは、ベージュで統一することで大人っぽいスタイリングへと導きます。 着回ししやすいアイテムばかりな上に、インナーとしても使えるTシャツなど秋口まで活躍の予感です。

【最高気温30℃】透かし編みのマキシスカートで旬な女っぽコーデを完成!

透かし編みのマキシスカートで旬な女っぽコーデを完成したコーデ画像

透かし編みのマキシスカートを主役にした、きれいめなスタイルです。
マキシ丈のスカートは、夏にこそ取り入れて欲しいアイテム。透かし編みが涼し気で、重い印象になるのを防いでくれます。シルエットもタイトなので、大人っぽく着こなせてオススメ。

トップスはベーシックなアイテムを合わせることで、よりスカートのデザイン性が際立ちます。 全体的にぼやけた印象にならないように、ブラックのショルダーバッグとストラップサンダルで引き締めましょう。

【最高気温30℃】真夏の王道デニムスタイル♪ロールアップした裾でこなれ感プラス

真夏の王道デニムスタイル♪ロールアップした裾でこなれ感プラスしたコーデ画像

定番のホワイトTシャツとデニムのカジュアルコーディネートは、夏には大活躍。
細身のデニムは女性らしさもプラスしてくれるので、アウトドアなデートにもピッタリです。 裾をロールアップすることでこなれた印象になり、足元も軽やかになります。

ヌーディーなストラップサンダルを合わせ、夏らしいスタイリングに。 バッグも同色のブラックでまとめることで、大人のカジュアルスタイルが完成します。可愛らしさをプラスしたい時は、カゴトートバッグにチェンジするのもオススメ。

【最高気温30℃】フェミニンスカートをブラックのロングアウターで甘さ控えめに♪

フェミニンスカートをブラックのロングアウターで甘さ控えめにしたコーデ画像

ホワイトのトップスとシフォン素材のロングスカートのコーデに、ブラックのアウターを羽織って仕上げました。
くすみブルーのスカートは、ティアードデザインがフェミニンな印象です。

スカートの甘さを控えめにするために、アウターはブラックをチョイス。 ロング丈でスカートのボリュームも抑えてくれるシルエットなので、縦長ラインが生まれて細見え効果も。
袖口も広めなので、二の腕がスッキリ見えます。

靴やバッグもブラックで統一して、大人っぽくまとめます。軽さを出したい時は、バッグをカゴ素材やキャンバス地にしても素敵です。

【最高気温30℃】デニムのきれいめカジュアル♪透け感トップスが大人度をアップ

デニムのきれいめカジュアル♪透け感トップスが大人度をアップしたコーデ画像

ストレートデニムにブラックのトップスを合わせた、大人のカジュアルコーディネートです。
透け感素材のトップスは、女性らしさを演出するのにピッタリなアイテム。
インナーの見せ方で印象も変えられるので、いろいろな着こなしが楽しめます。同色のインナーをチョイスすることで、カジュアルなデニムに合わせても、大人っぽく仕上がります。

靴やバッグも、トップスに合わせてブラックで統一することで大人モードな雰囲気に。厚底のスポーツサンダルをチョイスすることで、こなれ感と今っぽさを演出。ショルダーバッグは、斜め掛けをすれば抜け感のある着こなしに。

【最高気温30℃】ブラック地のドット柄ワンピで清楚なデートスタイル♪

ブラック地のドット柄ワンピで清楚なデートスタイルの画像

清楚感のあるドット柄のワンピースで、デートや女子会で活躍するコーディネートを完成。
ワンピースは広がり過ぎないAラインのシルエットが、好印象を与えてくれます。ウエスト部分を細めのベルトでマークすることで、細見えとともに脚長効果も。
胸元の深いVラインは、インナーと合わせてコーデすることで、周りと差がつくコーデになります。

足元はブラックのフラットシューズでワンピースと繋げ、バッグはキャメルカラーのトートバッグをチョイスすることでこなれた雰囲気に。バンブー素材のハンドルやキャメルカラーが着こなしのアクセントになります。

【最高気温30℃】ベージュのティアードロングスカートを主役に♪

ベージュのティアードロングスカートを主役にしたコーデ画像

ブラウンのトップスに、ティアードデザインが可愛いスカートでフェミニンなスタイルに。
ボリューム感たっぷりのティアードスカートは、シルエットに動きが出て、女性らしい印象を与えてくれます。マキシ丈は少し重くなりがちですが、透け感のある素材でカバーしています。

トップスもフェミニンなアイテムを合わせるとくどくなってしまうので、シンプルなトップスを合わせるのがベスト。ベージュでまとめたコーディネートを引き締めるために、小物はブラックで統一します。
ヌーディーなサンダルやコンパクトサイズのショルダーバッグなら、ブラックの分量も控えめでバランスも満点です。

【最高気温30℃】グリーン×デニムできれいめカジュアル♪

グリーン×デニムできれいめカジュアルのコーデ画像

淡いグリーンのトップスにスキニーデニムを合わせて、きれいめにまとめました。
ラグランスリーブのトップスは、カジュアルでアクティブなイメージもあります。

スキニーデニムを合わせることで女性らしさも加わり、スッキリとまとまったコーディネートに。

きれいめ要素は、小物でプラスしましょう。シルバーのストラップサンダルや大人っぽいトートバッグを合わせ、ブラックのキャスケットでトレンド感も加えます。
アクセサリーも大人っぽいテイストのアイテムを投入し、きれいめをキープしたスタイリングに。

【最高気温30℃】夏の元気カラー♪イエロートップスでデニムをアップデート!

夏の元気カラー♪イエロートップスでデニムをアップデートしたコーデ画像

カジュアルなストレートデニムを、イエローのTシャツで夏らしくアクティブなスタイリングに仕上げました。
トップスはフレンチスリーブやコンパクトなシルエットなので、きちんと感もあるアイテムです。トレンドカラーでもあるイエローを投入することで、こなれ感もプラスされるとともに肌色も明るく見せることができます。

シルバーのストラップサンダルを合わせ、モードなテイストも加えましょう。 バッグも持ち手部分にシルバーが使われているので、まとまりのあるコーディネートになります。
ネックレスやピアスなどをプラスする時は、シルバーアイテムが統一感が出てオススメです。

【最高気温30℃】デニムスタイルを女っぽく格上げするシースルーシャツ♪

デニムスタイルを女っぽく格上げするシースルーシャツの画像

カジュアルテイストなデニムを、女性らしい雰囲気に仕上げたコーディネートです。
アウターとして、ホワイトの透け感素材のロング丈シャツをチョイス。長袖はロールアップしてこなれ感のある着こなしにします。
インナーは、女っぽさと大人っぽさをアピールするブラックのワンショルダーキャミソールをチョイス。

足元はクリア素材でハイヒールのサンダルを合わせ、女性らしさをキープ。 フィッシュネットのバッグで抜け感を演出すれば、大人のきれいめカジュアルが完成します。

【最高気温30℃】透かし編みマキシスカートで抜け感フェミニンスタイルに♪

透かし編みマキシスカートで抜け感フェミニンスタイルにしたコーデ画像

デザイン性のある透かし編みのスカートに、ベーシックなホワイトTシャツを合わせたフェミニンスタイル。
可愛さもあるマキシスカートは、ベーシックなアイテムで甘さを抑えめにするのがセオリーです。
タイトなシルエットなので大人っぽさもあり、脚長効果も。

足元はブラックのスポーツサンダルを合わせ、カジュアルダウンさせて抜け感を出しましょう。 夏らしいキャンバス地のトートバッグで仕上げることで、好感度の高いフェミニンコーディネートが完成します。

【最高気温30℃】ブラックのオールインワンで楽ちん大人カジュアルコーデ

ブラックのオールインワンで楽ちん大人カジュアルコーデの画像

簡単にコーデが決まって忙しい朝に大活躍のオールインワンコーデ。
キーネックの首元も女性らしく、着回し力のあるアイテム。メリハリのあるタイトなシルエットのオールインワンをチョイスすると、程よく女性らしさも表現できます◎

抜け感を出す切り札は、パイソン柄のハイヒールパンプス。着こなしのアクセントになるとともに、大人っぽさも加えてくれます。仕上げにPVC素材のバッグで軽さを出し、大人なワントーンコーデに。

【最高気温30℃】リッチ見えする大人のフェミニン♪小花プリントのスカートが主役

リッチ見えする大人のフェミニン♪小花プリントのスカートが主役のコーデ画像

ホワイトのトップスに小花柄プリントのスカートで、フェミニンにまとめたスタイルです。
トップスは、首回りや袖口のフリルデザインがフェミニンな印象。デコルテ見せで小顔効果も発揮してくれます。

スカートもフェミニンなイメージの小花柄で、広がり過ぎないシルエットも魅力的。縦に切り替えのあるデザインなので、スッキリして見えます

ホワイトのフラットサンダルやネットフィッシュのバッグに加え、つば広なベージュのハットがリゾート風のコーディネートに格上げしてくれます。

【最高気温30℃】ホワイトTシャツ×デニムに夏小物をプラスして爽やかカジュアルコーデ

ホワイトTシャツ×デニムに夏小物をプラスして爽やかカジュアルコーデの画像

シンプルなロゴTシャツとストレートデニムの、きれいめなカジュアルスタイルです。
夏に大活躍のホワイトのTシャツは、ロゴ入りで程よいアクセントがある物をチョイス。デニムとも好相性ですが、ジャケットのインナーにも使えて便利です。

大人カジュアルに仕上げるために、ストレートデニムをチョイスすることがおすすめ◎ストンと落ちるシルエットが脚長効果と、体型カバーを同時に叶えてくれます

足元はカジュアルなフラットサンダルを合わせ、バッグも夏らしいPVC素材のトートバッグでまとめます。
大ぶりチャームのピアスを加えることで、アクセントになるだけでなく小顔効果も発揮。抜け感もある、大人のきれいめスタイルが完成します。

【最高気温30℃】夏の涼し気コーデは透かし編みスカートで決まり♪

夏の涼し気コーデは透かし編みスカートで決まりのコーデ画像

透かし編みのスカートで、夏らしいきれいめなコーディネートを完成。
マキシ丈のスカートは、透かし編みの透け感が程よい女性らしさを表現してくれます。ホワイトのベーシックなカットソーを合わせることで、スカートのフェミニンなテイストを際立たせることができます。

ホワイトのメッシュサンダルは、フェミニンなスカートにはもちろん、カジュアルなパンツとも好相性。夏には大活躍してくれるアイテムです。
パナマハットで仕上げ、デートや旅行などのシーンにも合うコーディネートに。


LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる