MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう! >

【2021最新】服装に悩む6月コーデのコツとは?梅雨を乗り切るコツを徹底解説!

梅雨入りもあり、雨の日が多く少し肌寒く感じたり、晴の日の気温は夏を感じる気候だったりと、日々のコーディネートが難しくなる6月。

5月と比べると温かく夏を感じる日も増えてきますが、天気によっても大きく気温差が出てしまうので、頻繁に天気予報や気温をチェックすることが大切です!

EMI

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、日中は20℃を超えてきていますが、最高気温と最低気温の気温差があり少し肌寒く感じる日も…。
また下旬に近づくにつれて、紫外線が強くなるので対策も必要になってきます!

折れ線グラフ:東京の6月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
折れ線グラフ:東京の6月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
EMI

天候によって、気温がかなり変動する6月を乗り切るコーデのコツや、
アイテム選びのコツを上旬・中旬・下旬に分けてレクチャー
します♡

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

6月上旬(1~10日)最高気温25℃だけど最低気温との温差には注意!

折れ線グラフ:東京の6月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

6月上旬は、平均気温21℃前後です。日中の最高気温は24~25℃前後で、最低気温は15~17℃前後と比較的気温は安定したものの朝晩は、肌寒く感じることも。

晴れの日の日中はTシャツ1枚で十分な気温ですが、朝晩はカーディガンや生地が薄手のアウターなどあると便利です。

気温差に対応できる長袖もしくは薄手のカーディガンがおすすめ!

気温差も対応できるコーディネート

最高気温が25℃で温かくても、朝一や夕方は少し肌寒く感じる日もあります。袖口をまくれるくらいの薄手の長袖か、シアー素材のカーディガンや、リネン素材のジャケットがあると季節感とトレンド要素は押さえつつ、冷え込み対策もばっちり。

日中はかなり気温が上がるので、気軽に温度調節ができるような服装がベター。

Check Point!
  • 袖口をまくれる薄手の長袖が便利
  • ライトアウターはシアー素材やリネンアイテムがおすすめ
  • 温度が高い日中にも対応できる服装が大切

【最高気温25℃】ロング丈カーデでIラインを意識した大人コーデ

さらっと羽織れるブラウンのロングカーディガンをメインにした、大人っぽいコーディネートです。
肌寒さを回避してくれるカーディガンは、かぎ編みデザインの透け感が軽やかに見せてくれ、見た目も暑苦しくなく着こなせます。

インナーは、シンプルなトップスとボトムスを合わせるのがセオリー。カラーもホワイトで統一し、インナーとアウターの配色を楽しみましょう

カーディガンのテイストと合わせた、リゾートを感じるカゴバッグやメッシュサンダルをチョイス。こなれた印象がプラスされて、お出かけ着としてアップデートされます。

【最高気温25℃】デニムスタイルをパイソン柄パンプスで小粋にアップデート♪

ブラックのアンサンブルニットにデニムできれいめカジュアルに仕上げたコーデ。
きれいめテイストにするコツは、ベーシックなアイテムをチョイスすること。

汎用性のあるアンサンブルは、単品でも使い回しが効くアイテムです。インナーの浅めのVネックも女性らしいデザインで、
カーディガンを肩にかけるだけの着こなしが、寒暖差も防止とこなれ感を両立してくれます。

デニムは程よいフレアシルエットが、脚長効果を発揮♡きれいめなONコーデを簡単に大人カジュアルスタイルへと導いってくれます。

着こなしのアクセントにもなるパイソン柄のハイヒールパンプスをプラスすることで、一気に女度もアップします。

【最高気温25℃】大人マリンはボーダトップス×ワイドデニムでキメる♪

ボーダートップスとデニムワイドパンツのコーディネート

ボーダー柄のカットソーとパンツで、旬なマリンスタイルをスタイリング。

デザイントップスをチョイスすることで、長袖1枚でも着映えるコーディネートに♪
大人っぽいマリンコーディネートにするために、間延びしない細めのボーダー柄をチョイスすることがポイント。

今年注目されているワイドデニムは、インディゴカラーを選ぶ事で膨張急いて見えず、野暮ったさを回避することができます。

女性らしいハイヒールパンプスを合わせることで、さらに大人度UP。仕上げにキャスケット帽を合わせて、脱ベーシックなきれいめコーデにまとめましょう。

バッグはホワイトのスクエアショルダーバッグで、爽やかな印象に

【最高気温25℃】デートコーデはダルメシアン柄ロングスカートで遊び心を忘れない♪

フェミニンなブラウスにダルメシアン柄のスカートで、デートにも活躍のコーディネートを完成。
ホワイトのブラウスは、トレンドのキャンディスリーブでかわいらしさを添えましょう。

ダルメシアン柄のスカートを合わせることで、こなれ感が生まれます。
ブラックのカーディガンを肩に巻きくことで、急な冷え込みにも対応でき、さらにオシャレ上級者見えも叶います

きちんと感のあるベージュのハイヒールパンプスやスクエアトートバッグで、女性らしさをキープ。
モノトーン配色をフェミニンに仕上げるコツは、かわいいディティールを盛り込んだアイテムを一つ投入することです。

【最高気温25℃】シアー素材を生かしたブルゾンで旬顔コーデに導く!

プリントトップスにパンツを合わせ、シアーブルゾンで仕上げたきれいめなコーデ。

重く見えないシアーアウターは、少し肌寒く感じる6月にぴったりのアイテム♡
シアーアウターとカラートーンを合わせたトップスで統一し、爽やかなブルーのフレアパンツを際立たせましょう。

バッグや靴などの小物は、ホワイトで爽やかさと季節感をプラス。ブルーとの配色もきれいで、メリハリのある大人な雰囲気を見せることができてきれいめに仕上がります。

【最高気温25℃】ホワイト×ブラックのパンツスタイルにサーモンピンクのカーデで華を添えて♪

ホワイトのシャツにブラックのパンツを合わせた、ベーシックなオフィススタイル。
マンネリ化防止と急な冷え込みに対応できるよう、サーモンピンクのカーディガンを肩に掛けでアクセントに。

モノトーンのスタイルが、一気に華やかな印象にチェンジします。
オフィス仕様のベーシックなベージュのパンプスを加え、きちんと感がある中にも女性らしいコーディネートが完成。

アクセントカラーを効かせるためには、投入する色は一色に抑えるのがセオリーです。アクセントカラー以外はベーシックな配色でまとめましょう。

【最高気温25℃】ブルーカーデでカジュアルなスキニーパンツを格上げする♪

ストライプのブラウスにスキニーパンツでベーシックなパンツスタイルを完成。

パッと目を引く鮮やかなシアーカーディガンを取り入れて、顔のくすみ消しとコーデのアクセントに◎

ラフに着こなしたトップスは、深めのVネックが女性らしい印象です。デコルテもきれいに見えるので、華奢なアクセサリーを加えて女らしさをアップ。ロング丈トップスをチョイスすれば、気になる腰回りを隠せて体系カバーも叶います♪

カジュアルな印象のスキニーパンツですが、鮮やかなブルーのカーディガンを肩掛けするだけできれいめなコーディネートに。
ヌーディーなストラップサンダルを合わせ、スキニーパンツとボリュームバランスを取りましょう。

【最高気温25℃】初夏のデニムスタイルは今っぽカラーのカーディガンを合わせてきれいめに魅せる♪

ピスタチオカラーのカーディガンを主役にした、デニムスタイルです。
主役のカーディガンを引き立たせるために、インナーはベーシックなホワイトがマスト。

インディゴのデニムはカジュアルに偏り過ぎないカラーで、きれいめカジュアルをスタイリングしやすいアイテムです。

PVC素材のサンダルやストロー素材のトートバッグを合わせて、季節感をプラスします。

【最高気温25℃】カジュアルだけで終わらせない♪ロングシャツをアウターにしたこなれデニムコーデ

ダークブラウンのリブニットにインディゴデニムを合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。
ニットは深めのVネックがデコルテをきれいに見せてくれます。

デニムの裾をロールアップすることで、ロング丈シャツも野暮ったくならず抜け感のある大人の着こなしに。

コーディネートのアクセントにもなる遊び心のあるフィッシュネットディティールのバッグが、季節感を高めてくれます。
足元はメッシュサンダルで、バッグとテイストを合わせることで統一感のあるスタイリングに。

【最高気温25℃】ロングスカート×かぎ編みロングカーディガンで大人フェミニンに仕上げる

シンプルなロゴTシャツにティアードスカートで、大人女子のコーディネートを完成。

アウターにはブラウンのかぎ編みカーディガンを合わせて、こなれ感のある仕上がりに。ロング丈でもかぎ編みデザインのアイテムをチョイスすることで、程よい透け感が重たさを回避

スカートやカーディガンが凝ったディティールなので、他のアイテムはシンプルなテイストで統一するのがマストです。

小物はホワイトをチョイスして、季節感のあるスタイリングに。ぺたんこサンダルはこなれ感もプラスしてくれて、フェミニンなロングスカートとの相性も抜群です。

【最高気温25℃】ストライプシャツとリブニットのレイヤードで旬なデニムスタイルに♪

リブニットとストライプブラウスを重ねた、デニムのカジュアルコーデです。
トップスは深さの違うVネックをレイヤードして、こなれた印象に。ボリューム袖のブラウスは、トレンド感もあるアイテムです。

スキニーデニムを合わせて、きれいめなカジュアルスタイルに仕上げましょう。
初夏にピッタリなストロー素材とホワイトのバケツ型トートバッグを投入し、爽やかな雰囲気をプラス。

足元もホワイトで統一することで、好印象なパンツコーデが完成します。

【最高気温25℃】かぎ編みロングカーディガンで魅せる大人っぽデニムコーデ♪

ブラウンのかぎ編みロングカーディガンが主役の、大人女子のデニムスタイルです。
インナーは、シンプルなロゴTシャツをチョイスすることでバランスを取ります◎

デニムは、センタープレスデザインとフレアシルエットが脚長効果を発揮!

大人っぽい印象のロングカーディガンは、サラッと羽織るだけできれいめな仕上がりに
ブラウンと相性のいいホワイトの小物を合わせ、大人っぽさを引き立てましょう。

PVC素材のトートバッグは、トレンド感や季節感も加えてくれます。

【最高気温25℃】いつものデニムをメタリック小物でアップデート♪

ベーシックなホワイトのインナーにデニムを合わせた、きれいめなコーディネートです。
アイスグレーのカーディガンは、コンパクトなフォルムをチョイスすることで今年注目のスタイリングに。

デニムもセンタープレスの物を選び、きちんと感を演出しましょう。

ポインテッドトゥのハイヒールパンプスが、フレアパンツの美脚効果と相まって、より脚が長く見えるスタイリングに。シルバーカラーで、コーデにアクセントと季節感をプラス♪

寒色系でまとめることで、クールなスタイリングが完成します。

6月中旬(11~20日)最高気温26℃でいよいよ梅雨入り

折れ線グラフ:東京の6月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

6月中旬は、平均22℃前後です。日中の最高気温が25~26℃前後で、最低気温は17~18℃前後前後と上旬と大きく差はありません。

しかし梅雨入りするので、肌寒く感じてしまったり、日によれば湿度でジメジメ暑く感じてしまったりと洋服選びが難しい時期です。

ライトアウターのインナーは半袖やノースリーブがおすすめ!

インナーは薄手のもので軽く羽織るライトアウターがあるとベター

その日の気温に臨機応変に対応できるよう、ライトアウターは持っている方がベター。肩掛けできるカーディガンや、持ち運びやすい薄手のアウターが大活躍です!

歩いていたり、場所によってはジメジメ熱く感じることがあるのでインナーは薄手の半袖やノースリーブアイテムがおすすめ◎

また雨の日は、湿気の影響で肌に洋服が張り付くなど不快な思いを軽減するためにも、夏素材の吸水性の高いアイテムをチョイスすることが大切です。

Check Point!
  • 持ち運びやすい軽量アウターがおすすめ
  • 薄手のインナーなら蒸し暑くても快適に
  • 吸水性に優れた素材のアイテムがベター

【最高気温26℃】鮮やかなパンツスタイルで雨の日もテンションが上がるコーデに

ドット柄のブラウスにテーパードパンツを合わせた、きれいめなコーディネートです。
キャンディスリーブがトレンド感とかわいらしさを演出。甘くなり過ぎないために、ブラックカラーをチョイスするのがオススメです。

パッと目を引く鮮やかなグリーンのテーパードパンツを合わせ、甘辛バランスの取れたコーディネートを完成させましょう。
足元はブラックのフラットシューズを合わせ、雨の日でも歩きやすいスタイリングに

PVC素材を使ったショルダーバツグは今季も注目のアイテムで、アクセントとしても活躍。

【最高気温26℃】ストライプブラウスで初夏を演出♪きちんと感のある爽やかデニムコーデ

ストライプのブラウスとデニムで作る、きれいめカジュアルスタイルです。
細めのストライプ柄はきちんと感もあり、爽やかな印象を与えてくれます。ボリュームスリーブが旬な雰囲気で、ベーシックなデニムもマンネリ感を感じません。

ピンクベージュのアンクルストラップサンダルを加え、女性らしさをプラス。カジュアルなデニムと女らしいハイヒールの組み合わせは、きれいめカジュアルには欠かせません。

ホワイトのキャンバス地トートバッグを合わせ、季節感のある着こなしに。

【最高気温26℃】落ち感素材が魅力のサスペンダーパンツ♪ブラックカーデ投入で大人度アップ

ベージュのサスペンダーパンツを主役にした、オンオフ両用のコーディネートです。
かわいらしい印象になるサスペンダーパンツですが、落ち感のあるソフトな素材をチョイスすることでフェミニンライクな雰囲気が加わります。

インナーはベーシックなホワイトのカットソーを合わせ、アウターで大人っぽく見えるブラックをプラス。カーディガンを肩にサラっと掛けるだけの着こなしで、こなれ感が生まれます

パイソン柄のハイヒールパンプスやスクエアトートバッグを合わせることできちんと感が出て、オフィスにも使えるコーディネートに。

【最高気温26℃】シンプルなデニムスタイルにフェミニンをちょい足しするキャンディスリーブのトップス♪

カジュアルなデニムにホワイトのトップスを合わせた、シンプルな着こなしです。
少しだけフェミニンな雰囲気を加えるために、キャンディスリーブのトップスをチョイス。袖以外はシンプルなフォルムなので、甘くなり過ぎないベストバランスです。

小物はブラックで統一することで、きちんと感も加わります。ショルダーバッグは小さめを選び、ブラックの分量を抑えましょう。

旬なディティールのトップスを一枚加えるだけで、きれいめなデニムスタイルが完成。

【最高気温26℃】レディなプリーツスカートで軽やかさを出すモノトーンコーデ

ホワイトのトップスにブラックのプリーツスカートで、レディライクな装いに。
プリーツスカートは、大人っぽいブラックをチョイス。重くなり過ぎないのは、透け感のある素材を選んでいるからです。

トップスも透け感のあるホワイトのブラウスを合わせ、モノトーン配色のオケージョン対応なスタイルに。

足元には、メタリックなストラップサンダルが好相性。女性らしさとともにこなれ感が出ます。
アクセサリーも大ぶりなアイテムをチョイスして、リッチ見えするコーデに仕上げましょう。

【最高気温26℃】デザインブラウスで差をつける初夏のスキニーデニムコーデ

ブラウスにスキニーデニムを合わせた、きれいめなカジュアルコーディネート。
ブラウスはボリュームスリーブが旬な印象の、女性らしいフォルムをチョイスしました。

カジュアルになり過ぎないデニムスタイルにするには、どこかに女性らしいディティールが含まれたトップスを加えるのがポイントです。

初夏らしい雰囲気を出すために、靴やバッグなどの小物は春夏素材のアイテムをチョイスしましょう。
カゴ素材のラウンド型ショルダーバッグは、遊び心もあるアイテムでアクセントにもなります。

メッシュサンダルも、春夏には欠かせない旬アイテムです。

【最高気温26℃】Tシャツ×タイトスカートのモノトーンコーデをアップデート

ロゴTシャツにロングタイトスカートで、オフィス仕様のコーディネートに。ベーシックなトップスとボトムスですが、ブルーのカーディガンを肩掛けすることで一気に垢抜けます。

濃いめのブルーは肌を色白に見せてくれる効果とともに肌色も明るく見えるので、オススメのカラーです。
ブラックのハイヒールパンプスを合わせて、きちんと感をキープしましょう。

バッグもブラックで統一することで、アクセントカラーのブルーがより際立って綺麗です。

【最高気温26℃】リラクシートップス×テーパードパンツでオフィススタイルを完成させる♪

ラフなトップスにベーシックなテーパードパンツで、オフィス仕様のコーディネートに。

身体の線が響かないラフなトップスは、フロントインの着こなしでこなれ感を演出。浅めのVネックが顔周りをスッキリと見せてくれる効果も。

サーモンピンクのパンツは、センタープレスがきちんとした印象を与えてくれます。
バッグと靴はベージュで統一して、きちんと感をキープしましょう。サーモンピンクとの相性もいいので、まとまりのあるスタイリングになります。

【最高気温26℃】今季注目のオールホワイトのパンツスタイル♪差し色で立体感をプラス

注目のオールホワイトコーディネートです。
トップスのフレアスリーブが、フェミニンな印象をプラスしてくれます。

ベーシックなテーパードパンツですが、トップスのディティールが華を添えてくれるのでマンネリ感のないスタイリングに。
ベージュのバッグとハイヒールパンプスを投入して、着こなしに奥行きを出しましょう。

オールホワイトコーデは平坦な印象になりがちですが、差し色を加えることで立体感が生まれます。トップスやボトムスの素材感を変えることも、立体感のあるコーデに仕上げるコツです。

【最高気温26℃】フレアラインをチョイスしてデニムをフェミニンに♪

フレアラインのデニムでフェミニンライクなスタイルを完成。
カジュアルなアイテムのデニムですが、フレアラインを選ぶことで女性らしさを表現することができます。

トップスもフェミニンな雰囲気のあるフレアスリーブアイテムをチョイスし、きれいめなカジュアルスタイルに仕上げましょう。

足元に、今季注目のイエローのパンプスを加えます。ポインテッドトゥのデザインやハイヒールが女らしい印象なので、デニムをきれいに着こなすことができてオススメ。

【最高気温26℃】ブラックコーデを異素材アイテムMIXでこなれ見えさせる♪

モカカラーのロゴTシャツにスキニーパンツを合わせた、大人のカジュアルスタイルです。
アウターにはシースルー素材のシャツを羽織り、軽やかさを演出。長め丈のシャツはパンツとの相性もよく、アウターとして活躍してくれるアイテムです。

インナーはモカベージュのTシャツを合わせ、差し色にします。

バッグや靴、キャスケット帽もブラックで統一しクールなカジュアルコーデに仕上げましょう。巾着型のバッグやキャスケット帽が、こなれた印象をプラスしてくれます。

6月下旬(21~30日)最高気温27℃で本格的な夏を感じる日も

折れ線グラフ:東京の6月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

6月下旬は、平均23℃前後です。日中の最高気温は27℃前後で、最低気温が19℃前後と最低気温が20℃近くまであり1日を通してもかなり温かい気候に。

また紫外線もかなり強く、帽子や日焼け止めも必須になってきます。

半袖やノースリーブが大活躍!紫外線対策でシャツを羽織るのも素敵

シャツをアウター風に着こなしてUV対策もおしゃれに!

気温も本格的に夏の気温になってきて、ノースリーブや半袖が大活躍!朝夕の気温も高いので、1枚で過ごせる気候に。

その分日差しも強くなってくるので、帽子や日傘も必要になります。紫外線対策は必要だけど、長袖やライトアウターは暑い…。という方は、トレンドのシアーシャツや、リネンなどの天然素材アイテムがおすすめです◎

カジュアルに着こなしたい方は、薄手のパーカーやスポーツウェアなどさらっと羽織れる1枚があると便利です♪

Check Point!
  • ノースリーブや半袖が大活躍
  • 紫外線対策はシアーシャツ・リネン素材のアイテムを羽織るのがおすすめ◎
  • カジュアルに着こなしたい方は薄手のパーカーやスポーツウェアでもOK!

【最高気温27℃】透かし編みデティールのマキシスカートが主役のコーデ♪

オフホワイトのカットソーに透かし編みのマキシスカートで、ワントーンに仕上げたコーディネート。
ノーカラーのシャツをアウターにして、大人っぽい印象に。

マキシ丈のスカートは、透かし編みのデザインなので重い印象になるのを防いでくれます。ワントーンコーデはのっぺりした印象になりがちですが、ニット素材を選ぶことで立体感もプラス。

スカートの透け感に合わせて、足元もメッシュサンダルをチョイスしましょう。
仕上げのバッグには引き締めカラーのブラックを加え、アクセントに。

【最高気温27℃】ボタニカルプリントのブラウス×デニムのきれいめカジュアル♪

ボタニカルなプリントのブラウスで、デニムをきれいめに仕上げたコーディネートです。
ナチュラル感のあるプリントブラウスは、初夏に活躍するデザイン。透け感と落ち感のある素材で、フェミニンな雰囲気も加わります。

フレアスリーブがトレンド感もプラスしてくれるので、旬なスタイリングに。

甘さを控えめにしてくれるのは、ブラックのサンダルとショルダーバッグです。コーディネート全体を引き締めてくれるので、きちんと感も生まれます。

【最高気温27℃】ブラックのトップス&ボトムスで大人女子コーデ♪

ブラックのトップスとボトムスをワンピース風に着こなし、透け感のあるホワイトカーディガンで仕上げました。
スカートはフレアラインがフェミニンな印象で、オケージョンにもOKなスタイリングです。

カーディガンの透け感がブラックの重さを軽減してくれて、こなれた雰囲気も。ボリュームスリーブなので、トレンド感も加わります。

シルバーのハイヒールパンプスをチョイスして、着こなしのアクセントに。合わせる小物もシルバーがベストバランスです。

【最高気温27℃】ブラックの小花柄ブラウスで魅せる♪大人カワイイデニムコーディネート

七分袖のブラウスにデニムを合わせた、きれいめなカジュアルスタイルです。
ブラック地に小花柄がプリントされたブラウスは、フレアスリーブがフェミニンな印象。かわいくなり過ぎないのは、ブラックをチョイスしているからです。

細身のデニムを合わせてカジュアルダウンさせ、大人のパンツコーデを完成させましょう。

大人度をキープするために、ブラックのポインテッドトゥパンプスをチョイス。大人っぽいフォルムの靴を合わせることで、デニムスタイルが洗練された雰囲気になります。

【最高気温27℃】プリーツスカートをボーダーアイテムで大人カジュアルダウン

ブラックのカットソーとプリーツスカートの、きれいめなコーディネート。
フェミニンライクなスカートを、ボーダー柄のニットを肩に巻くことでカジュアルダウンさせます。トップスのブラックとも同色で、まとまりのあるスタイリングに。

トップスの腰下の丈感は、スカートはもちろんパンツにも合わせやすい長さです。
足元もホワイトのスニーカーを合わせ、カジュアルテイストをキープしましょう。

甘辛バランスが絶妙な、こなれ感のあるコーディネートが完成します。

【最高気温27℃】マニッシュな大人のパンツスタイルにレース遣いインナーで女っぽさをプラスする

ブラウンのパンツで、マニッシュにまとめたコーディネート。
グレーのシアーシャツを羽織りトレンド感と紫外線対策を叶えます。インナーの胸元のレース遣いが、女性らしさを加えてくれます

アウターの袖はロールアップして、こなれ感のある着こなしに。
ヌーディーなストラップサンダルを合わせ、さらに女らしいテイストをプラスします。

バッグもブラックで統一し、まとまりのあるスタイリングを完成させましょう。

あわせて読みたい

LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる