MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち17,700人突破!最新情報をGETしよう! >
プチ研ではアフィリエイトプログラムを利用しています

【最低・最高気温別】10度の服装や寒い日を暖かく快適に過ごす大人コーデをご紹介♪

平均気温10℃とはどのくらいの温度なの?

平均気温10℃は、12月~3月頃の気温です。きびしい寒さが続き本格的に防寒対策が必須!

最高10℃の気温は、朝晩の冷え込みが5℃以下になる場合もあり、風を通しにくい素材のアウターを選ぶことがマスト◎

最低気温10℃は最高気温が15℃近くになることも多く、すこし暖かく感じますが、朝晩の冷え込み対策としてジャケットやトレンチコートなどライトアウターとの合わせ方がコーディネートの大切なポイント

おんまゆ

おしゃれな防寒対策や、日中や屋内との寒暖差対策などとっておきのポイントをご紹介♪

おんまゆ

「なかなか自分にドンピシャなコーデが見つからないな…」って思う人にはとくにおすすめ♪
無料でインストールできるので、好みのコーデがあるかチェックしてみてね!

lemon8の公式アプリを見てみる ≫

こんな人におすすめ!
  1. 年代別コーデや着回しコーデが豊富で"似合う"が見つけやすい
  2. WEARやインスタの綺麗に修正された写真より"リアルなコーデ"が知りたい!
  3. 着こなしの裏ワザなどハウツーも一緒に学びたい!

インストール無料!大人コーデを見てみる

Scroll to Contents!
株式会社スタイルクリエーション代表取締役 染川 千惠
監修者
カラー&イメージコンサルタント染川 千惠
株式会社スタイルクリエーション代表。業歴16年/色彩理論研究19年。指導人数は累計40,000人以上。過去、民間企業に3社勤め、独立後に株式会社スタイルクリエーション及び一般社団法人設計カラーコンサルタント協会を設立。理論性の高いファッションコンサルティングで、確実な美とオシャレに導く。

【所有資格】
A・F・T 1級色彩コーディネーター(文部科学省認定 色彩能力検定 1級)
東京商工会議所2級カラーコーディネーター
日本パーソナルカラー協会認定 パーソナルカラーアドバイザー
日本パーソナルカラリスト協会 パーソナルカラー検定®2級
全国カラービジネス協会代表
日本色彩学会正会員
国際カラーデザイン協会 カラーデザインマスター
国際カラーデザイン協会 パーソナルスタイリスト
準パーソナルヘアカラー診断士
…続きを読む
おんまゆ
ガイド
アパレル歴14年/元アパレル店長おんまゆ
アパレル歴14年。店長経験も長く、低身長149cmのおチビさんで接客からスタイリングなどお店作りに携わることが大好き。ユニクロ・GU好きで、週末はしまパトならぬユニパト♡ファッションはもちろん、コスメ・健康・ダイエットなど知識は幅広く、豆知識なら右に出るもの無し!笑
…続きを読む
プチ研はアパレル歴10年以上のスタッフが制作・運営している、プチプラ通販で”失敗しない私”のためのメディアです。アパレル経験スタッフやイメージコンサルタントの専門家の声を元に、毎日のファッションが楽しくなる情報をお届けします。
LINEお友だち16,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

【最高気温10℃】風を通しにくいアウターが便利!トップスも厚手のアイテムを!

最高気温10℃は、東京では12月~3月上旬頃の気温です。寒さが本格的になり、厚手のコートやニットなど防寒対策が必須です。

インナーもしっかりとした生地のアイテムをチョイスし、風を通しにくい服装が大切です◎

機能性インナーでしっかりと保温!アウターは風を通しにくい厚手のアイテムがベスト

ボアアウターやダウンジャケットなど、厚手で保温性に優れたアウターや、ライダースのように風を通しにくいアウターがマストです!

厚手のニットにシャツを合わせたレイヤードスタイルなど、トップスも肉厚なアイテムがおすすめ
外に出かける時間が長い場合は機能性の高いあったかインナーを仕込んでおくことが大切です!

体が冷えない服装がコーディネートのポイント♪

CheckPoint!
  • ボアアウターやダウンなど保温性の高いアウターをチョイス!
  • トップスもニットなど厚手のアイテムがおすすめ◎
  • 屋外で過ごす場合はあったかインナーを仕込んでおくと安心。

【最高気温10℃】大人のカジュアルスタイルはベーシックカラー配色がベスト♪

カジュアルなパーカーにフェミニンなプリーツスカートの、テイストミックスが新鮮。
プリーツスカートは、甘くなり過ぎないようにブラックを選びます。足元もブラックのショートブーツを合わせ、下半身に統一感を出しましょう。

ブラウンのブルゾンは、ボア素材で季節感も満載。デニムなどのカジュアルアイテムはもちろん、スカートとも好相性です。

バッグもブラックで統一し、ベーシックカラーでまとめたきれいめカジュアルスタイルに仕上げます。

【最高気温10℃】レオパード柄スカートをボアブルゾンで大人っぽく着こなす

一枚で主役になるレオパード柄のスカートは、透け感やプリーツのデザインがフェミニンな印象。
甘さ控えめなコーディネートにするために、ブラックのトップスを合わせます。

足元もブラックのタイツやフラットシューズを合わせ、シンプルシックにまとめましょう。

アウターには、ベージュのボアブルゾンをチョイス。カジュアルなアイテムなので抜け感が生まれるとともに、スカートが際立ちます。
バッグもブラックで統一し、大人っぽく仕上げます。

【最高気温10℃】ボアブルゾンをカーキのフレアパンツできれいめに着こなす

シンプルなアイテムでまとめた、大人のきれいめなカジュアルコーディネートです。
カーキのパンツは、フレアラインが脚長効果を発揮。女性らしいシルエットなので、きちんと感もプラスしてくれます。

トップスにはシンプルなブラックニットをチョイス。パンツにインすることで、さらに脚長効果が期待できます。足元には、カーキと相性抜群なホワイトのブーツを合わせます。

アウターのボアブルゾンは、オーバーサイズでこなれた印象を出しましょう。足元にホワイトを繰り返しているのでまとまりもよく、きれいめに仕上がります。

【最高気温10℃】プリーツスカート×ライダースジャケットの甘辛ミックスコーデ

ブラウンのプリーツスカートに辛口テイストのライダースジャケットを合わせて、テイストミックスなコーディネートに仕上げました。
プリーツスカートは、縦のラインが強調されて細見えや脚長効果が期待できます。きちんと感もあるフェミニンアイテムですが、あえてハードな雰囲気のライダースジャケットと合わせることで、こなれ度アップ

トップスにはホワイトのハイネックニットをチョイス。足元にもホワイトを繰り返し使用し、スッキリと見せましょう。
ホワイトのショートブーツはレトロ感もあり、プリーツスカートと好相性です。

【最高気温10℃】マニッシュなパンツをボアブルゾンで大人カジュアルに仕上げる

ブラックのニットトップスにブラウンのチェック柄パンツを合わせた、シーズンムード高まるコーディネート。
マニッシュな雰囲気のパンツは、きちんと感もあってオフィスにも最適。

トップスには、シンプルなアイテムを合わせるのがマストです。
こなれ感を出すポイントは、アウターにカジュアルなブルゾンをチョイスすること。ブラウンカラーがパンツと同系色なので、野暮ったくなりません

靴やバッグには、きちんと感のあるアイテムを合わせます。大人っぽさが加わって、オフィスにもピッタリなスタイリングが完成します。

【最高気温10℃】ボアブルゾンコーデをスカート合わせでフェミニンに仕上げる

カジュアルなホワイトのブルゾンは、オーバーサイズをチョイスすることでこなれ感を演出。少し肩を落として着崩すなど、羽織り方でも差が出ます

インナーにもホワイトを選び、シンプルにスタイリング。
ボトムスにはフェミニンな印象のスカートを合わせ、きれいめに仕上げましょう。

ブーツはブラウンカラーをチョイスし、ブルゾンの配色と繋がりを持たせます。ポインテッドトゥのデザインなので脚長効果もあり、足元もスッキリとまとまります。
ハットをプラスすることで一気にこなれ感もアップし、オシャレ上級者の着こなしが完成。

【最高気温10℃】ボアジャケット×グレーデニムできれいめな細見えコーデを完成

グレーのスキニーデニムをきれいめに仕上げたコーディネートです。
シンプルなブラックのニットは、着回し力も抜群なアイテム。どんなテイストにも合わせやすいので、一枚は持っておきたいトップスです。

ベージュのボアブルゾンは、ショート丈なのでパンツにもスカートにも合わせやすいのがポイント。ボリュームが出やすいボア素材ですが、下半身にスキニーデニムを合わせることでスッキリと見えます。

ブラックのブーツにデニムをインして、さらにスッキリとまとめましょう。

【最高気温10℃】ブラックコーデはボーダーを取り入れてメリハリをつける

ボーダーのニットトップスをポイントにした、モノトーンカジュアルコーディネート。
ブラックのスキニーパンツに、ブラック×ホワイトのボーダートップスを合わせてカジュアルテイストで仕上げます。

アウターには、シンプルなハーフコートを投入。ブラックでまとめることで大人っぽさが加わります。シンプルなコーディネートですが、インナーのボーダーがアクセントになってくれます。

首元にベージュのスヌードをプラスすることで、顔周りを明るく見せましょう。
ブラックのスニーカーやバッグの斜め掛けで、カジュアル感をキープします。

【最高気温10℃】グリーンパンツがトレンドスタイルに導く大人の冬コーデ

ボーダーのニットカーディガンに鮮やかなグリーンのパンツを合わせた、カジュアルスタイルです。
フレアラインがきれいなパンツは、きれいめなカジュアルコーディネートに大活躍。トレンド感満載のグリーンカラーで、着こなしの主役になってくれます。

アウターには、ブラックのキルティングジャケットを羽織ります。シンプルなノーカラーのジャケットなので、首元にマフラーを巻いたり、インナーにタートルネックを合わせたりとアレンジを楽しめるアイテムです。

足元はボリュームを出すのが旬なスタイリング。バッグはアニマル柄のトートバッグを合わせ、こなれ感のある装いに仕上げましょう。

【最高気温10℃】ロングコートで魅せる大人のオールブラックコーディネート

オールブラックの大人っぽいコーディネートに、インパクトのあるバッグをアクセントとして投入。
インナーはシンプルなニットとパンツの組み合わせ。

ブラックのロングコートを羽織るだけで、一気にモードな雰囲気が加わります。大人っぽい雰囲気でパンツにもスカートにも合わせやすいコートは、ブラックやベージュなどのベーシックカラーを取り入れるのがオススメです。

着こなしのアクセントには、パイソン柄のトートバッグで決まり。こなれ感が出るとともに高級感もプラスされて大人っぽいスタイリングになります。
マフラーなどで色を足す際は、バッグに合わせてベージュ系を合わせるのがベスト。

【最高気温10℃】チェック柄コートが主役♪イエローニットを差し色にしたコーデ

ブラウンのチェック柄コートをアウターにした、大人女子スタイル。
トップスは、顔周りを明るくみせてくれるマスタードイエローのニットをチョイス。着こなしのアクセントにもなり、華やかさをプラスしてくれます。

ボトムスには、フレアシルエットのカーキカラーのパンツを合わせます。女性らしさもアップするので、オンオフともに活躍してくれるアイテムです。

足元は、エナメル調のフラットシューズできちんと感を出しましょう。
チェックのコートを羽織るだけで旬な装いになるので、インナーはシンプルなアイテムで揃えるのがベストです。

【最高気温10℃】スカートに編み上げブーツを合わせるのがトレンドスタイルに

大人女子がチュールスカートを履く時のポイントは、存在感のあるブーツを合わせること。プラットフォームソールのレースアップのブーツを合わせ、甘辛ミックスなスタイリングにします。

トップスには、グレーのざっくりニットをチョイス。ハードな雰囲気になり過ぎるのを防いでくれます。

アウターには、トレンドカラーでもあるブルーのロングコートを合わせましょう。トップスのグレーともスカートのブラックとも好相性で、ソフトな雰囲気をプラスしてくれます。

【最高気温10℃】グリーンのロングコートで着映えるデニムコーディネート

グリーンのロングコートがを羽織るだけで、旬な着こなしの出来上がり。デザインはシンプルなので通勤にも合わせやすいのがポイントです。

センタープレスのデニムは、きれいめカジュアルに欠かせないアイテム。トップスのブラウスとニットのレイヤードがマンネリ感を払拭してくれます。

首元のフリル使いが程よい甘さを添えてくれ、きれいめテイストのコーディネートが仕上がります。
バックはニットのカラーに合わせてブラックでまとめ、グリーンのコートを際立たせましょう。

【最高気温10℃】ニットワンピースでスタイル美人♪ブラウンのロングコートでシックに

ベージュのリブニットのワンピースは、シックで大人っぽい雰囲気を演出してくれます。縦ラインが強調されるので細見えするアイテムでもあり、きちんと感もあります。

アウターには正統派のブラウンのロングコートをチョイス。ワンピースとの濃淡配色が綺麗で、フェミニンな雰囲気を壊さずに仕上げることができます。

靴やバッグなどの小物類は、引き締めカラーのブラックでまとめましょう。ショートブーツや小さめのショルダーバッグを合わせ、きちんと感をキープします。

【最高気温10℃】上品デートスタイルは総レースのスカートで女性らしく仕上げる

オフホワイトの総レーススカートは、女性らしさを最大限に引き出してくれます。デートや合コンはもちろん、イベントなどにもピッタリ。

大人っぽく着こなすには、ブラックのシンプルなニットを合わせるのがポイント。そうすることでスカートが際立つとともに、甘さも控えめにすることができます。

足元は、ブラックのショートブーツで引き締めましょう。
ホワイトのロングコートをアウターにして女性らしさをキープ。バッグもホワイトでまとめ、きちんと感を出しましょう。

【最高気温10℃コーデ】チェック柄コートで作るトラッドな通勤コーディネート♪

ブラックのニットワンピースにチェック柄のチェスターコートを合わせた、通勤スタイル。
ニットワンピースは、秋冬に活躍するアイテムです。シンプルなタートルネックのワンピースは、スカーフやマフラー、ベルトなどの小物で遊ぶこともでき、さまざまな着こなし方を楽しめます。

トラッドテイストなチェック柄コートをアウターにして、スッキリとまとめましょう。サイドゴアのブーツを足元に合わせることで、コーデがぐっと引き締まりこなれた印象へと導きます。

ハンドバッグはコートよりも明るめのキャメルカラーを選び、差し色として効かせます。

【最高気温10℃】暗くなりがちなコーデをミントカラートップスで華やかに着こなす

ホワイトのテーパードパンツに、旬なミントカラーのニットを合わせました。
センタープレスデザインのパンツは、きちんと感があって通勤服として大活躍。清潔感もあるので、会食などの席でも好印象を与えることができます。

ホワイトのシャツの上には、ミントカラーのケーブル編みニットを重ねましょう。きれい色で着こなしのアクセントにもなり、程よい華やかさもプラスしてくれます。

ブラックのダウンコートは重たい印象になりがちですが、インナーに明るいカラーを合わせているので重さを感じさせません。
バッグや靴もホワイトやグレージュをチョイスして、淡色でまとめましょう。

【最高気温10℃】ブラックのダウンコート&小物で引き締めた大人フェミニンコーデ

サテン地のスカートを主役にした、フェミニンなコーディネート。
ベージュのフレアスカートは、落ち感のある素材でボリュームが出過ぎないのがポイントです。きちんと感もあり、オンオフ両用使いできるのも秀逸なアイテム。

ホワイトのシャツとざっくりニットを重ねて、シンプルなスタイリングにしましょう。
淡いカラーでまとめた分、アウターは引き締めカラーのブラックを投入。カジュアルなダウンコートでこなれ感を出します。

スクエア型のショルダーバッグを斜め掛けして、さらにこなれた印象をプラス。
レースアップのブーツは、足元に程よくボリュームが出てダウンコートとのバランスが取りやすくなります。

【最高気温10℃】ストレートデニムを取り入れてIラインを強調したスタイルアップコーデ

カジュアルなグレーのデニムを、きれいめなカジュアルスタイルにまとめます。
トップスは、シンプルなブラックのニットで大人っぽさを演出。

決め手は、足元に合わせたハイヒールパンプス。きちんと感とともにきれいめなテイストがプラスされます。ツヤ感のある素材もリッチ感があり、コーディネートのポイントになってくれます。

冬に大活躍なダウンコートは、シックなグレージュをチョイス。女性らしいソフトな印象が加わるので、きれいめに着こなせます。

【最高気温10℃】大人女子のフェミニンコーデはホワイトロングスカートで魅せる

ホワイトのフレアスカートに、ブラックのタートルネックを合わせた、ベーシックなモノトーンスタイルです。
きちんと感があってフェミニンな印象もあるフレアスカートは、オンオフ両方に着まわせるアイテム。辛口なブラックと合わせることで、大人っぽく着こなせます

足元もホワイトのショートブーツでまとめましょう。程よいレトロ感が加わり、こなれたスタイリングが完成します。

アウターはブラウンのロングコートをチョイス。こっくりとした色合いが大人っぽくて、スカートにもパンツにも合わせやすいのでオススメです。

プチ研では、プチプラで安全にGETできるファッション通販サイトを、大人女子へのアンケート結果を元に、「商品情報の豊富さ」や「レビュー・口コミの量」などのチェック項目から情報を調査し評価しています。

ファッションブランド選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♡

【最低気温10℃】すこし暖かく感じる気候♪厚手のアイテムなら1枚で楽しめる

最低気温10℃は、11月頃の気温です。ジャケットやニットが大活躍!
最高気温は15℃前後になることが多く、分厚いダウンのようなアウターだと暑く感じてしまうことも。

トレンチコートの下にニットを仕込むなど、インナーとの組み合わせ方がポイントになります!

厚手のニットやパーカーだと日中は1枚でOK!朝晩はジャケットなどアウター合わせがベター!

日中は15℃前後まで気温が上昇する為、ダウンや厚手のコートなど本格的なアウターだと少し暑く感じてしまうことも。
裏起毛パーカーや、厚手のニットだと1枚でも快適に過ごせます。

ただし朝晩は急に冷え込むこともあるので、ジャケットやトレンチコートなどサラッと羽織れるアウターがあると温度調節でき、1日を通しても快適に過ごせます◎

CheckPoint!
  • 日中は裏起毛パーカーや厚手のニット1枚で過ごせる
  • 朝晩の冷え込み対策にはジャケットやトレンチコートがおすすめ◎
  • 本格的なアウターだと暑く感じてしまうのでトップスが厚手の場合ライトアウターに切り替える!

【最低気温10℃】パーカーにホワイトシャツをレイヤードした大人のこなれ見えコーデ

ベーシックなブラックのパーカーに、ベージュのテーパードパンツを合わせます。
シンプルなカジュアルスタイルですが、パーカーをブラックにすることで大人っぽい仕上がりになります。さらに、インナーのホワイトシャツの裾ををチラ見せすることで、レイヤードのこなれ感を演出

ベージュのスニーカーを合わせ、カジュアル感をキープ。ショルダーバッグもベージュでまとめ、スッキリとしたカジュアルコーディネートを完成させましょう。

【最低気温10℃】パーカー×スカートのMIXコーデ!ホワイトブーツでこなれ度アップ

フェミニンなプリーツスカートを、ブラックのフードパーカーでカジュアルダウンさせました。
透け感が女性らしいスカートは、スタイリングの主役になるアイテムです。合わせるトップスによって表情も変わり、着回し力もあります。

カジュアルなパーカーを合わせることで、こなれ感のあるコーディネートが完成
レトロ感のあるホワイトのショートブーツは、トレンド感もプラスしてくれます。ベージュのスクエア型ショルダーバッグを足して、シンプルなきれいめカジュアルスタイルに仕上げましょう。

【最低気温10℃】クロップド丈ニット×ホワイトカットソーのレイヤードが今旬♪

ライトグリーンのタートルニットは、クロップド丈がトレンド感満載。ホワイトのカットソーとレイヤードして、きれいめなスタイリングを意識します。

デニムと合わせてカジュアルにまとめましょう。足元にはボリュームのあるブラックのタンクソールシューズをプラスすることで脚長効果も◎

バックも靴に合わせてブラックを選び、ニットのライトグリーンを際立たせましょう。
仕上げにブラックのキャスケット帽を合わせ、こなれ度の高いコーディネートを完成させます。

【最低気温10℃】タイトスカートで大人見え叶う!オフィスでも好印象なシンプルコーデ

ブラウンのタイトスカートは、オフィスでもきちんと感を演出できるアイテム。チェック柄でサイドのボタンデザインがアクセントにもなっているので、シンプル過ぎず適度な主張をしてくれます。

ベーシックなベージュのタートルネックニットと合わせ、大人っぽく着こなしましょう。
ブラックのショートブーツは、秋冬のオフィススタイルに欠かせません。足元がスッキリ見えるポインテッドトゥのデザインを選べば、脚長効果も期待できます。

オフホワイトのトートバッグは、ポケットのデザインなど存在感のある物を合わせて抜け感を演出しましょう。

【最低気温10℃】ワンピースにニットをレイヤードしたワンランク上のフェミニンコーデ

一枚で主役になる小花柄のワンピースを、ニットでカジュアルダウンさせました。透け感のあるワンピースは、女性らしくてフェミニンな印象。

オフホワイトのざっくりニットを重ねることで、ニットとスカートのコーディネートのようにチェンジ。さらにカジュアル感をアップさせたい時は、パーカーを重ねるのもオススメです。

レトロチックなホワイトのショートブーツを合わせ、きれいめテイストをキープしましょう。
モカカラーのショルダーバッグもきちんと感のあるデザインを選び、オンオフ両用できるスタイリングを完成させます。

【最低気温10℃】グレーのチェック柄セットアップで大人クールな印象に

グレーのセットアップで作る、オフィスコーディネート。
無地だとベーシック過ぎるパンツスーツですが、チェック柄を取り入れることでオシャレ度もアップ。単品での着回しもしやすく、シャープな印象を演出することができます。

クールになり過ぎないように、インナーのブラウスはボウタイデザインをチョイス女性らしさが加わり、ソフトな印象を与えることもできます。

靴やバッグはブラック一択。きちんと感があってシンプルなデザインを選びましょう。

【最低気温10℃】テーラードジャケットできれいめにアップデートしたフォトTコーデ

グレーのフォトTシャツにデニムを合わせたカジュアルなコーディネートです。
太めシルエットのデニムは、ラフ感があって履き心地も満点。濃いカラーを選ぶことで、スッキリと見せることができます。

アウターにはきちんと感のあるテーラードジャケットを投入。ホワイトカラーで明るい雰囲気を足し、きれいめに仕上げましょう。

春夏に活躍するホワイトのエスパドリーユは、きれいめカジュアルスタイルと相性抜群です。ワンピースなどのフェミニンアイテムにも合わせやすいので、一つは持っておきたいアイテム。
ジャケットのホワイトともリンクして、まとまりのあるコーディネートが完成します。

【最低気温10℃】オレンジニット×グレーデニムで着映える大人の秋コーデ

オレンジカラーのケーブル編みニットを、ホワイトのカットソーと重ねて旬な着こなしにします。顔周りが華やかに見え、コーディネートのアクセントになってくれます。

カジュアルなデニムはグレーを合わせることで、大人っぽく仕上げましょう。
ツヤ感のあるホワイトのショートブーツを足元にプラスして、きれいめテイストを加えます。

バッグも、きれいめテイストなダークブラウンのショルダーバッグをチョイス。チェーン使いや型押しのデザインに高級感があり、きちんと感がプラスされます。

【最低気温10℃】グリーンニット×スカートで作るきれいめカジュアルスタイル

深みのあるグリーンのタートルニットに、フェミニンライクなスカートを合わせました。

カジュアルな印象のケーブル編みニットは、フレアスカートと合わせることできれいめなテイストに仕上がります。
フレアスカートは、広がり過ぎないAラインなので、大人っぽく着こなすことができるのがポイントです。

足元にはレースアップのフラットシューズを合わせて、個性を出しましょう。
靴だけでなくバッグもデザイン性のある巾着型バッグをチョイス。小物をブラックカラーでまとめ、スカートの淡いカラーを際立たせます。

【最低気温10℃】忙しい朝も楽ちんなセットアップ!旬のブルーニットが華やかさをプラス

ケーブル編みニットのセットアップで完成させる、大人女子スタイルです。
トレンド感のあるブルーのニットは、落ち着いた大人の女性を演出してくれます。単品使いもしやすいアイテムなので、セットアップで揃えるのがオススメ。

きちんと感をアップさせるために、靴や小物はブラックで統一しましょう。ショートブーツとチェーン使いのショルダーバッグできちんと感を出し、オフィスはもちろん会食や合コン、同窓会などにも対応できる着こなしに仕上げます。

【最低気温10℃】オーバーサイズニットはスキニーデニムでコンパクトに着こなす

シンプルなカットソーにスキニーデニムの組み合わせに、グレーのVネックカーディガンを羽織ります。
下半身がスッキリとしたシルエットなので、ざっくりニットを足してバランスを取りましょう。腰丈のカーディガンはスカートとも相性がいいので、着回し力もあります。

ブラックのビット付きローファーを合わせ、きれいめにアップデート。バッグもきちんと感のあるブラックのショルダーバッグを投入します。
仕上げにはブラックのキャスケット帽で抜け感をプラスし、脱シンプルなスタイリングを意識しましょう。

【最低気温10℃】テイラードジャケット×スカートをフォトTシャツでカジュアルダウン

レディライクなボルドーのフレアスカートを、抜け感のあるスタイリングでまとめます。
広がり過ぎないシルエットが秀逸なスカートは、大人っぽく見えるボルドーカラーをチョイス。ブラックのショートブーツを合わせることで、シックな着こなしになります。

ネイビーのジャケットできちんと感を出し、オフィスやお出かけにピッタリなコーディネートを意識します。
ポイントは、インナーにフォトTシャツを合わせること。カジュアルダウンすることでこなれ感が生まれ、旬なコーディネートが完成します。

【最低気温10℃】フレアデニムにチェック柄ジャケットを合わせたきれいめカジュアルスタイル

センタープレスデザインのフレアデニムは、きれいめカジュアルスタイルに活躍するアイテムです。
トラッドなチェック柄のジャケットをアウターにして、きれいめテイストで仕上げましょう。

インナーには、引き締めカラーのブラックのカットソーをチョイス大人っぽさが加わり、きれいめ感も増します

インナーに合わせて、足元にもブラックを繰り返しましょう。ハイヒールのパンプスできれいめテイストをキープするとともに、脚長効果も発揮させましょう。

【最低気温10℃】レディライクなプリーツスカートを大人カジュアルに着こなす

きちんと感もあってフェミニンなプリーツスカートを主役にした、女性らしいコーディネート。
スウェードタッチの素材がリッチ見えするスカートは、縦のラインが脚長効果を発揮

トップスには、ふんわりボリュームのある袖が今っぽいホワイトのニットを合わせます。
キャメルのショートブーツを合わせ、スカートのブラウンと繋げて下半身をまとめましょう。

つば広の帽子は着こなしのアクセントになるとともに、秋冬には防寒の役割も果たしてくれます。かぶるだけで印象も変わり、存在感をアップさせることができます。

【最低気温10℃】スウェットにサテンスカートを合わせてきれいめカジュアルに

フェミニンライクなサテン地のフレアスカートを、カジュアルに着こなします。
合わせるトップスは、カジュアルなグレーのスウェット。インナーにホワイトのカットソーを重ね、レイヤードの着こなしで旬なスタイリングを意識しましょう。

スカートと同色のベージュのスニーカーを合わせ、足元を繋げてスッキリとまとめます。
差し色として、今期注目のグリーンのショルダーバッグを投入します。斜め掛けすることでこなれ感も出て、スカートの甘さが引き立ちます。

【最低気温10℃】CPOジャケット&ジョガーパンツでトレンドを意識したスタイリングに

イエローのリブニットで華やかさを添えた、きれいめなカジュアルコーディネート。

ボトムスには、旬なアイテムのジョガーパンツを合わせます。カジュアルなアイテムですが、足元にハイヒールパンプスを合わせることで、あか抜けて見せるのがポイント。

CPOジャケットを羽織ってアウターにもトレンド感をプラス。袖をロールアップさせてこなれ感のある着こなしにします。
さらに、ブラックのキャスケット帽で、こなれ度をアップさせましょう。
感度高めなカジュアルテイストのスタイリングが完成します。

【最低気温10℃】存在感のあるケーブルニットカーデがコーデに立体感をプラス◎

オフホワイトのコーデュロイパンツとロゴTシャツに、ケーブルニットのカーディガンをサラっと羽織ったカジュアルスタイル。
淡いカラーでまとめたシンプルなカジュアルコーディネートですが、小物で辛口なアクセントをプラスします。

足元には、インパクトのあるレオパード柄のパンプスをチョイス。ハイヒールパンプスを合わせるだけで女性らしい印象が加わりますが、レオパード柄でさらに女らしい印象になります。

バッグもブラックを合わせ、巾着型の旬なデザインを選びましょう。

【最低気温10℃】デニムをきれいめに魅せる♪上半身をコンパクトにまとめるのがポイント

カジュアルなバギーデニムを、きれいめにスタイリングします。

トップスはホワイトのシンプルなカットソーを合わせ、ベージュのニットカーディガンを重ねましょう。ざっくりとしたケーブル編みのカーディガンはボリューム感もありますが、長過ぎない丈感を選びコンパクトにまとめます。

足元にはポインテッドトゥのショートブーツを合わせ、スッキリと見せましょう。パンツにボリュームがある分、靴にはボリュームを出さないのがベストです。
パイソン柄のショルダーバッグを合わせ、こなれ感をプラスして完成させます。

【最低気温10℃】ブラックのこなれ小物を効かせる♪フレアスカートのモノトーンコーデ

ブラックのざっくりニットにオフホワイトのフレアスカートで、シンプルなフェミニンコーディネートを完成。
適度なボリューム感のあるフレアスカートは、歩くたびに揺れる布感が女性らしさを演出してくれます。
旬なホワイトのブーツを合わせて、足元を繋げましょう。

プリーツデザインの巾着型バッグは、引き締めカラーのブラックをチョイス。
キャスケット帽もブラックで合わせ、こなれ感のある小物が効かせます。
シンプルなモノトーンコーディネートも、こなれ感のある小物を足すことであかぬけて見せることができます。

【最低気温10℃】ホワイトブーツでトレンドを押さえる!オリーブカラーのフレアパンツできれいめに◎

女性らしいシルエットが魅力のフレアパンツは、シックなオリーブカラーをチョイスします。
大人気のホワイトのショートブーツを合わせることで、オシャレ度もワンランクアップ。ショート丈はスカートにも合わせやすいため、ワードローブに加えたい一品です。

トップスには、ホワイトのざっくりニットを合わせます。オフタートルのニットを前だけインすることでウエスト位置が高く見えるため、足を長く見せてくれる効果を発揮してくれます。

シンプルな組み合わせですが、トレンドをおさえたスタイリングが完成します。

プチ研では、プチプラで安全にGETできるファッション通販サイトを、大人女子へのアンケート結果を元に、「商品情報の豊富さ」や「レビュー・口コミの量」などのチェック項目から情報を調査し評価しています。

ファッションブランド選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♡
あわせて読みたい
大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • ミドルブランド品質がプチプラで買えると好評!
  • 「圧倒的な高見え感!」とSNSで人気上昇中!
  • 金属アレルギー対応アクセサリーも多数!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち17,700人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の見どころ