MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう! >

9月の服装いつから長袖?上旬・中旬・下旬の気温別コーデと着こなし方を徹底解説!

いよいよ本格的に秋モードになってくる9月。しかし残暑が厳しく、本格的な秋の装いはまだまだ先かも。
下旬になると、ようやく気温も下がってきて少し涼しくなる印象。気温は夏に近いですが、季節感を意識してコーデしたいところ。コーディネートが難しい季節の変わり目を、快適に乗り切るスタイリングを徹底解説!

EMI

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、上旬の最高気温は30℃近くありまだまだ暑い…
でも下旬になるとグッと気温が下がったり、服装が難しい9月をおしゃれに乗り切るコツをご紹介♪

折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値3時間ごとの画像
折れ線グラフ:東京の9月の3時間毎気温平年値
データ引用元:国土交通省 気象
EMI

秋を意識しつつ、快適に過ごせるコーディネート術を上旬・中旬・下旬に分けて徹底解説!

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

9月上旬(1~10日)最高気温30℃とまだまだ厳しい暑さ

折れ線グラフ:東京の9月上旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

9月上旬は、平均気温25℃前後です。日中の最高気温は、30℃前後で、最低気温でも20℃を超えてまだ暑さが残っている気温。

紫外線も強く気温は夏と変わりませんが、ファッションは秋を意識したコーディネートへと変わっていく時期です。

カラーや羽織りアイテムで季節感を演出する

ブラウンカラーのセットアップ画像
ジレを羽織ったコーデ画像

まだまだ残暑が厳しく、半袖やノースリーブのジレが大活躍!
ただ夏コーデになりすぎないように、ブラウンなど濃いカラーのアイテムをチョイスしたり、ジレとレイヤードして季節感を演出することがおすすめ!

暑さ対策もしつつ、カラーやライトアウターなど少しの意識で、シーズンムードをプラスするよりこなれたスタイリングへと導きます!

Check Point!
  • 残暑が厳しいのでまだ半袖が大活躍!
  • ブラウンなど濃いカラーアイテムを取り入れて、色味で季節感を表現
  • ジレや、シアーカーディガンを取り入れて、秋を意識

【最高気温30℃】ブラウンセットアップでパッと目を引く残暑コーデ

【最高気温30℃】ブラウンセットアップでパッと目を引く残暑コーデの画像

残暑が厳しい9月上旬は、深いブラウンカラーをチョイスすることで秋を意識したコーデに。
リネン素地など軽やかで通気性の高いアイテムだと快適に過ごせます。
季節感を演出するためにも、濃いカラーアイテムを取り入れることはマスト。

リラクシーなシルエットが今っぽく、セットアップならコーデは楽ちんなのに、おしゃれ見えが叶います。

バッグやサンダルは、ブラックで統一することでスタイリングが、グッと引き締まりスタイリッシュな印象に。

【最高気温30℃】ピスタチオグリーンのニットを肩に巻いてアクセントがセオリー

【最高気温30℃】ピスタチオグリーンのニットを肩に巻いてアクセントがセオリーの画像

ベーシックなノースリーブトップスにデニムを合わせた、シンプルカジュアルコーディネート。
シンプルなスタイリングに、ピスタチオグリーンのニットを肩に巻いてこなれ感をオウラスします。プラスするのは、今回のようなグリーンを始めアクセントカラーになるキレイ色がオススメ。

パイソン柄のフラットサンダルも、着こなしのスパイスになります。
PVC素材の涼し気なミニトートバッグを合わせて、きれいめなカジュアルスタイルに仕上げましょう。

【最高気温30℃】ノースリーブのロングワンピをジレとして投入♪

【最高気温30℃】ノースリーブのロングワンピをジレとして投入した画像

ブラックトップスにカーキのリブニットを重ね、インディゴデニムで仕上げたきれいめなカジュアルスタイルです。
ベージュのシャツワンピースをジレのように羽織り、レイヤードコーディネートに。ロング丈なので縦のラインが強調され、細見え効果も発揮してくれます。

足元は、パイソン柄のフラットサンダルでこなれ感をプラス。
カジュアルなデニムコーデですが、インディゴカラーをチョイスすることできれいめなスタイリングにすることができます。
カーキやインディゴの濃色で、秋を先取りしている雰囲気も出すことができてオススメです。

【最高気温30℃】グレージュTシャツ×オフホワイトパンツでオンオフ両用シンプルスタイル

【最高気温30℃】グレージュTシャツ×オフホワイトパンツでオンオフ両用シンプルスタイルの画像

シンプルなTシャツとテーパードパンツの、定番コーディネートです。
カジュアルになり過ぎない秘訣は、Tシャツは落ち感のある素材をチョイスすること。きれいめなシルエットだと、さらっと着こなすだけで上品な印象もプラス。

パンツにインのスタイリングだとシルエットにメリハリが出て、女性らしさもプラスすることができます。
靴やバッグはホワイトで統一し、きれいめにまとめましょう。
スタイリングに物足りなさを感じる時は、女性らしいディティールのアクセサリーをプラスすることでこなれ感が出ます。

【最高気温30℃】透け感がキレイなティアードスカートにブラウンTシャツで秋色をプラス

【最高気温30℃】透け感がキレイなティアードスカートにブラウンTシャツで秋色をプラスした画像

淡いブラウンのTシャツに、オフホワイトのティアードスカートでシンプルフェミニンなコーディネートに。
ボリュームのあるスカートは、透け感のある素材なので、野暮ったくならず気温が高くても快適に過ごせます。
少し秋を意識した装いにするために、ブラウンのトップスをチョイス。

ラウンドフォルムが可愛いカゴショルダーバッグを合わせ、程よいカジュアル感もプラスします。
まだ暑さが残る時期も、色で季節を取り入れることで先取り感を演出することができます。

【最高気温30℃】ブラックシャツ×イエローパンツできれいめカジュアルを完成♪

【最高気温30℃】ブラックシャツ×イエローパンツできれいめカジュアルを完成した画像

シースルー素材のシャツにイエローのテーパードパンツを合わせた、きれいめなパンツスタイル。
長袖のシャツは、シースルー素材なので暑くなりすぎず程よく季節感もプラス。袖のボタンを留めずにラフに着こなすことで、こなれた印象に。

トレンドカラーでもあるイエローのパンツは、着こなしのアクセントになります。
シャツスタイルはきちんとした印象ですが、あえてブラックのスニーカーでカジュアル寄りに着こなしましょう。
PVCのミニトートバッグを合わせ、軽さを感じるスタイリングを完成させます。

【最高気温30℃】ベージュのテーパードパンツをブラウンTシャツでカジュアルに

【最高気温30℃】ベージュのテーパードパンツをブラウンTシャツでカジュアルに着こなした画像

ベーシックなアイテムでまとめた、きれいめなパンツスタイルです。
ベージュのテーパードパンツは、程よくきちんと感もあるのでオンオフ両用で活躍するアイテム。ブラウンカラーのTシャツを取り入れることで、気張りすぎない大人の余裕を感じるスタイリングに。
またニットを肩に巻くことで、シンプルな装いにアクセントを添えます。

引き締めカラーとして投入するのは、こっくりしたブラウンのハイヒールパンプス。きちんと感も増して、大人っぽい着こなしに。
バッグも上品な小さめのショルダーバッグをチョイスして、きれいめにまとめましょう。

【最高気温30℃】秋気分はキャメルのフレアパンツで取り入れる♪

【最高気温30℃】秋気分はキャメルのフレアパンツで取り入れたコーデ画像

オフホワイトの半袖カットソーに、キャメルのフレアパンツで大人女子のコーディネートを完成。
まだ暑さを感じる季節なので半袖ですが、肩にブラックのニットを巻いて温度調整します。冷房対策には羽織ったりできるので、一石二鳥。

女性らしいシルエットのフレアパンツは、センタープレスできちんと感もあるデザイン。オフィスではもちろん会食などにも対応できて重宝します。
足元にはパイソン柄のハイヒールパンプスを足して、こなれ感のある着こなしに。

【最高気温30℃】ブラウンニット×ベージュパンツできれいめカジュアルコーディネート

【最高気温30℃】ブラウンニット×ベージュパンツできれいめカジュアルコーディネートの画像

ブラウンのスクエアネックのニットに、太めのパンツを合わせてカジュアルダウンさせたコーディネート。
スクエアネックは、デコルテがきれいに見えて女性らしいアイテムです。ゴールド系のネックレスを加えると、デコルテのきれいさが際立ちます。

カジュアルな印象の太めのパンツと合わせることで、今っぽいスタイリングになります。裾をロールアップさせれば、さらにこなれた印象に。
ホワイトのダッドスニーカーで、旬なテイストをプラス。バッグは巾着型のバッグをチョイスして、カジュアル感をキープしましょう。

【最高気温30℃】カジュアルテイストなパンツを上品小物でアップデート♪

【最高気温30℃】カジュアルテイストなパンツを上品小物でアップデート♪した画像

カジュアルな印象のパンツに、半袖リブニットを合わせてきれいめにチェンジしたスタイルです。
リブニットは縦のラインが強調されるので、上半身が細く見える効果も。きちんと感もプラスされるので、カジュアルなパンツが格上げされます。

インディゴカラーをチョイスするのも、テイストを合わせやすくするポイント。
上品な印象のスクエアトートバッグやパイソン柄のハイヒールパンプスを合わせ、大人っぽいスタイリングを完成させます。
カジュアルなアイテムも、小物のテイストを変えるだけでコーデをランクアップさせることができてオススメです。

9月中旬(11~19日)最高気温28℃と残暑が厳しい

折れ線グラフ:東京の9月中旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

9月中旬は、平均気温23℃前後です。日中の最高気温は28℃前後で、最低気温は22℃と30℃はいかないもののまだ汗ばむ気温。

夕方や夜になると気温は落ち着きますが、日中の日差しはまだ強く紫外線対策も怠らないことが大切です◎

まだ日差しが強いので薄手の長袖やシャツが大活躍!

シャツを使ったアイコーデ画像1
シャツを使ったアイコーデ画像2

日が暮れると少し涼しくなるので、薄手のロンTやシャツが大活躍♪
日中はまだまだ気温が高いので、軽く腕まくりができるようなアイテムが便利です◎ノースリーブやTシャツなど薄手のアイテムにライトアウターなど気温調節しやすいので、おすすめ♪

少し濃いカラーのアイテムだと、シーズンムードも高まって、グッとこなれた印象に。

Check Point!
  • 薄手のロンTやシャツがあると便利
  • 濃いカラーアイテムをチョイスして秋を意識
  • 半袖やノースリーブにライトアウターだと気温変化に対応できる!

【最高気温28℃】カーキのフレアパンツでフェミニンな秋スタイルを作る♪

【最高気温28℃】カーキのフレアパンツでフェミニンな秋スタイルを作ったコーデ画像

長袖のストライプ柄のシャツにカーキのフレアパンツで、秋を意識したスタイリングに。
カーキは秋らしさを表現してくれるカラーで、一点投入するだけで旬な装いになります。広がり過ぎないフレアラインやウエストの共布のリボンがアクセントになっていて、フェミニンな印象。ストライプシャツは、薄めの素材なので暑苦しい印象になりません。

袖口をロールアップする着こなしで、こなれ度もアップ。
暑さも残る時期であれば、小物は夏らしいメッシュ素材でブラウンをチョイスするのが好相性です。

【最高気温28℃】ローズピンクのワイドパンツが秋の主役♪

【最高気温28℃】ローズピンクのワイドパンツが秋の主役コーデ画像

ローズピンクのワイドパンツにストライプシャツを合わせ、カジュアルをちょい足ししたパンツスタイルを完成。
秋を思わせるローズピンクは、女性らしさも表現してくれるカラーです。甘くなり過ぎないようにサスペンダーデザインをチョイスします。

ストライプ柄も程よいカジュアル感があるので、テイストもピッタリ。袖口をロールアップした着こなしで、こなれた印象に。
シャツに合わせて小物をホワイトでまとめることで、スタイリングに統一感も出ます。

【最高気温28℃】ギャザーたっぷりのフェミニンワンピは秋色ネイビーをチョイス♪

【最高気温28℃】ギャザーたっぷりのフェミニンワンピは秋色ネイビーをチョイスした画像

ネイビーのワンピースで、オケージョンにも対応できる大人女子の装いに。
浅めのVネックが女性らしいワンピースは、胸元のボタンがアクセントになったレディライクな一枚です。デコルテも綺麗に見えて、アクセサリーも映える開き具合が絶妙。

ギャザーがたっぷり入ったスカート部分も、落ち感のある素材なので広がり過ぎず甘さも控えめです。
デートやお出かけはもちろん、同窓会や会食などの場にも対応できて重宝します。

きれいめなショルダーバッグやハイヒールパンプスと合わせ、オケージョンにも対応できるスタイリングが完成。

【最高気温28℃】ストライプトップス×グリーンパンツでオフィス仕様な大人女子コーデ

【最高気温28℃】ストライプトップス×グリーンパンツでオフィス仕様な大人女子コーデの画像

深みのあるグリーンのテーパードパンツで、オフィスにピッタリなパンツスタイルに。
シルエットの綺麗なパンツは、オフィスで大活躍のアイテムです。アクセントになるカラーのパンツをチョイスすれば、ベーシックなトップスもいつもとは違う雰囲気を出すことができます。

ウエストには細めのベルトでウエストマークし、きちんと感を演出。
メタリックなハイヒールパンプスは、きちんとした印象とともに抜け感もプラスしてくれます。
バッグも小さめで上品なショルダーバッグを合わせて、きれいめにまとめましょう。

【最高気温28℃】カットソーワンピで肌なじみ満点なきれいめカジュアルコーデ♪

【最高気温28℃】カットソーワンピで肌なじみ満点なきれいめカジュアルコーデ画像

ベージュのカットソーワンピースを、カジュアルダウンさせて着こなします。
Iラインのワンピースは、着やすさも満点で着回し力もあるアイテムです。一枚ではもちろん、合わせるアウターにとってテイストもチェンジできて便利。

淡いグリーンのシャツをアウター代わりに羽織って、きれいめなカジュアルスタイルを完成させます。
靴はホワイトのダッドスニーカーでラフ感を出しましょう。
秋が深くなる季節には、レギンスやスキニーパンツとのレイヤードもオススメです。

9月下旬(20~30日)最高気温25℃と少しずつ気温が下がっていよいよ秋に

折れ線グラフ:東京の9月下旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の9月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

9月下旬は、平均気温22℃前後です。日中の最高気温は25℃前後で、最低気温は20℃と暑さが少し和らいできます。
1日を通しても比較的過ごしやすい気温です。

日差しも少し落ち着いてきますが、まだまだ紫外線対策は必須!日中はライトアウターを羽織るなどして対策しましょう♪

ジャケットやロング丈アウターで寒暖差も怖くないスタイルに

ジャケットを羽織った秋コーデ
シャツワンピースを羽織った秋コーデ

いよいよ気温が下がり始めて、日が暮れてしまうと肌寒く感じてしまうことも。朝晩の冷え込みに対応できるように、ジャケットやロング丈のライトアウターが大活躍

日中は気温が高い日もまだあるので、ライトアウターは、コットンやナイロン製のアイテムなど軽やかな素材のアイテムがおすすめです◎

Check Point!
  • 薄手のトップスにジャケットなどライトアウター合わせが便利
  • 秋アイテムの割合を増やす
  • コットンやナイロンなど軽めな素材のライトアウターがおすすめ

【最高気温25℃】バミューダパンツをネイビージャケットで着こなす大人スタイル

【最高気温25℃】バミューダパンツをネイビージャケットで着こなす大人スタイルの画像

ホワイトのカットソーにブラックのショート丈パンツを合わせた、シンプルなコーディネート。
仕上げにネイビーのジャケットを肩に掛けるだけで、秋っぽい着こなしになります。

トップスは、Vネックで顔周りがスッキリ見えるアイテム。夏場は一枚で、秋冬にはインナーとしても活躍してくれます。フィッシュネットのバッグやストラップのサンダルを合わせ、暑さも残る季節に対応しましょう。

季節の変わり目には、ジャケットやカーディガンを肩掛けするコーデは重宝するスタイリングです。

【最高気温25℃】フェミニンなパープルワンピをライトアウター風に着こなす♪

【最高気温25℃】フェミニンなパープルワンピをライトアウター風に着こなした画像

デニムスタイルに、パープルのワンピースをアウターとして合わせたきれいめカジュアルスタイル。
ロング丈のワンピースは、バックの切り替えがフェミニンな印象のアイテムです。

インディゴデニムに合わせてカジュアルダウンさせ、アクティブな表情を桑ましょう
ブラックのキャップやスポーツサンダルも、カジュアルテイストをキープするためのアイテムです。

ワンピースの甘さとカジュアルな小物のバランスが絶妙で、こなれたスタイリングになります。

【最高気温25℃】ブラックチュニック×デニムの大人女子コーデ♪

【最高気温25℃】ブラックチュニック×デニムの大人女子コーデの画像

ロング丈のチュニックにデニムを合わせた、シンプルなカジュアルスタイルです。
チュニックは太ももが隠れる程度のロング丈なので、パンツに合わせるのにピッタリなアイテム。前後で長さの違うイレヘムデザインも立体的に見えて動きが出ます。

メタリックシルバーのサンダルを合わせて、着こなしのアクセントに。ハイヒールできれいめなアイテムなので、カジュアルな中にも女性らしさがプラスされます。

首元にスカーフを巻いたりしてアクセントカラーを投入すれば、個性を表現することも可能。

【最高気温25℃】ベージュタイトスカートをフェミニンにスタイリング

【最高気温25℃】ベージュタイトスカートをフェミニンにスタイリングした画像

ホワイトのトップスにベージュのタイトスカートで、きちんと感のある大人なコーディネートに。
タイトスカートはオフィススタイルにも重宝するアイテム。センターのスリットが程よい女性らしさを加えてくれます。


フレアスリーブがフェミニンな印象のトップスをタイトスカートと合わせることで、甘さ控えめなスタイリングが完成。フェミニンなトップスは、デニムヤチノパンをきれいめにチェンジすることができるので、オススメなアイテムです。

きちんと感をキープするために、パンプスはベージュをチョイス。
バッグも小さめのショルダーバッグを合わせましょう。

【最高気温25℃】上品パープルのワンピースをデニムでカジュアルダウン

【最高気温25℃】上品パープルのワンピースをデニムでカジュアルダウンした画像

パープルのワンピースに、デニムを合わせてカジュアルライクなテイストをプラスしました。
一枚で主役になるワンピースは、バックがフレアの切り替えデザインの女性らしいアイテム。

カジュアルなデニムを合わせてレイヤードスタイルにして、旬なスタイリングを楽しみましょう。クリアサンダルも抜け感をプラスしてくれ、オシャレ上級者な装いに。

ベージュのスクエア型ショルダーバッグを合わせ、大人っぽさをキープしたコーディネートが完成します。

【最高気温25℃】ブラックチュニックをアイスブルーのワイドパンツできれいめに

【最高気温25℃】ブラックチュニックをアイスブルーのワイドパンツできれいめにした画像

バックが長めになったチュニックにキレイ色のパンツを合わせて、大人っぽさを出したコーディネート。
着回し力のあるチュニックは、ベーシックなカラーをチョイスすればさらに着こなしやすくなります。程よく広がったフレアラインは、体型カバーにも一役かってくれます。

アイスブルーのパンツは、ワイドシルエットと落ち感のある素材が上品な一枚。ハイヒールサンダルと合わせて、きれいめにスタイリングします。

濃色と淡色の配色で、着こなしにメリハリのあるコーディネートが完成。

【最高気温25℃】ブラック×キャメルのパンツスタイルはシースルー素材で軽さをプラス

【最高気温25℃】ブラック×キャメルのパンツスタイルはシースルー素材で軽さをプラスした画像

ベージュのテーパードパンツを、シースルー素材のブラックトップスで旬なスタイルに。
きちんと感もあるセンタープレスのテーパードパンツは、他のカラーにもなじみやすくて着回し力があります。
ブラックのシースルー素材が女らしいトップスに合わせて、トレンド感のあるスタイリングを完成。

フリルネックやフレアスリーブが旬なデザインで、こなれた雰囲気を出すことができます。
バッグや靴もブラックで統一し、大人っぽくまとめましょう。巾着型のバッグをチョイスすることで、抜け感も生まれます。


LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる