MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう! >

21℃の服装は半袖・長袖どちらが適切?最高・最低気温別におすすめな着こなしをご紹介♪

気温21℃とはどのくらいの温度なの?

平均気温21℃は、春や秋ごろなど季節の変わり目に多い気温です。比較的日中の気温は高く、過ごしやすい気候ですが、朝晩との気温差が激しいため温度調節できるコーデがおすすめです。
最高気温21℃と、最低気温21℃ではコーディネートや着こなしにかなり違いがあるので、今回は最高・最低気温別にご紹介♪

なぎさ

おすすめアイテムや着こなしのコツを
最高気温21℃のコーデと、最低気温21℃のコーデ別で
まとめました

Scroll to Contents!
LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

【最高気温21℃】日中は快適♪ただし朝晩の気温差に注意!

最高気温21℃は、東京で4月後半から5月また10月前半頃の気温です。
晴れている日中は過ごしやすく、Tシャツでも快適に過ごせる日も!ただし朝晩は肌寒く感じることもあるので、羽織れるアイテムがあると便利です

また長袖だと1枚で過ごせる気温なので、シャツやロンTなどといったアイテムも大活躍

日中は薄手のインナーがおすすめ!長時間の外出は羽織るアイテムがマスト◎

日中など気温が高いときは、半袖やシャツで十分ですが、長時間お出かけの際にはカーディガンがあると便利です◎
半袖にカーディガンやシャツなど、インナーは薄手のアイテムで少し羽織れるようなアイテムがあると気温差に対応できます。

また長袖のトップスだと1日快適に過ごせます。紫外線が徐々に強くなってくる時期なので、紫外線対策にも、うってつけのおすすめアイテムです◎

CheckPoint!
  • 日中は薄手の半袖やシャツがおすすめ◎
  • 長時間の外出時には寒暖差対策のため、カーディガンやシャツがあると便利!
  • 長袖トップスなら1枚でも快適に過ごせる

【最高気温21℃】チェック柄チュニックでオシャレにキメる♪

グレーのチェック柄がシックなチュニックは、シンプルなブラックスキニーパンツと合わせます。 下半身がスッキリと見え、スタイリッシュな雰囲気をプラス。
ブラックの細ベルトでウエストマークすることで、脚長効果も生まれます。ベルトはパンツに合わせてブラックをチョイスするのがマスト。

足元はマニッシュな雰囲気のレースアップシューズを合わせます。 バッグはベージュのスクエア型トートバッグを合わせましょう。
モノトーンにはずしのカラーを加えることで、オシャレ上級者の着こなしになります。

【最高気温21℃】ベージュのサテンスカートで作るフェミニンスタイル♪

フェミニンで上品なサテンのスカートは、ベージュをチョイスすることで着回し力が高くなります。
ストライプシャツは清潔感ときちんと感を両立してくれるので、オフィススタイルにもぴったり。また爽やかな印象を演出できるので、スカートの甘さを抑えることもできます。
朝晩の寒さ対策には、ホワイトやベージュのカーディガンを肩掛けするといいでしょう。

足元には、アクセントにもなるシルバーのストラップサンダルを合わせます。上品さをキープできると同時に、こなれ感を出すこともできます。
バッグはストロー素材×ホワイトのバケツ型バッグを合わせ、程よいカジュアル感とプラス。

【最高気温21℃】デニムコーデを透かし編みロングカーディガンでお出かけ仕様に

半袖のホワイトTシャツにデニムの、シンプルな大人カジュアルスタイル。
アウターには透かし編みのロングカーディガンを投入することで、シンプル過ぎずメリハリのあるコーディネートに。
女性らしさが加わるとともに、紫外線対策にもなって便利。ブラウンカラーを選ぶことによって、全体を引き締めてくれる効果もあります。

靴やバッグなどの小物は清涼感のあるホワイトで統一。フラットサンダルやクリア素材のトートバッグを合わせ、スッキリとまとめましょう。

【最高気温21℃】デニムスタイルをボリュームスリーブトップスでアップデート◎

一枚でも主役になるストライプトップスは、旬なボリュームスリーブをチョイス。
腰までのショート丈で、下半身がスッキリ見えます。インナーにブラウンのニットタンクトップを重ねることでこなれ感を演出。

シンプルなデニムのスキニーで、きれいめなカジュアルコーデが完成します。

足元はホワイトのフラットサンダルをチョイス。女性らしさを加えたい時は、ハイヒールのストラップサンダルにするのもオススメです。
バッグにもホワイトを含んだバケツ型バッグを合わせ、清涼感のあるスタイリングにします。

【最高気温21℃】ホワイトトップス×ライトグレーのプリーツスカートで淡色配色コーデ

ホワイトのロングTシャツにライトグレーのプリーツスカートを合わせて、きれいめなスタイルを完成。
キーネックが印象的なトップスは、さりげなく抜け感を演出してくれます◎
パンツにもスカートにも合わせやすい丈感が万能なのでオススメです。カジュアルにもフェミニンにもテイストをチェンジしやすいのもポイントで、着回し力も抜群。

季節感は帽子や靴、バッグなどの小物で主張しましょう。 ホワイトのエスパドリーユはフェミニンなボトムスとの相性もよく、程よいカジュアル感もプラスしてくれます。
バッグや帽子もストロー素材でまとめ、初夏にピッタリなスタイルにまとめます。

【最高気温21℃】ロゴTシャツでカジュアルダウンしたこなれコーデ♪

オフィスでも活躍するホワイトのワイドパンツは、女性らしさを引き立ててくれるアイテム。
きちんと感のあるベージュのバッグやハイヒールパンプスを合わせ、オン仕様のコーディネートを完成させます。

インナーにするのは、ブラウンのロゴTシャツ。カジュアル感のあるアイテムを投入することで、着こなしにこなれ感が加わります
アウターのニットカーディガンは、ショート丈を合わせて上半身をコンパクトにまとめましょう。脚長効果が生まれ、より女性らしいシルエットが完成します。

【最高気温21℃】淡いピンクカラーシャツで着映える♪スタイルアップコーデ

ノーカラーのシャツジャケットで、シンプルな大人カジュアルコーデを完成。
淡いピンクカラーは、肌を白く見せてくれて着映え効果が期待できます。シャツは、ボタンを留めて一枚でスッキリしとしたコーディネートに。

ブラックのスキニーでカジュアルダウンさせて、きれいめなカジュアルスタイルを意識しましょう。
ポインテッドトゥのハイヒールパンプスを合わせることで、オンにも対応できる大人っぽさが加わります。
バッグもブラックで統一し、シックにまとめましょう。

【最高気温21℃】シアーシャツで仕上げる♪サマ見え叶う大人のサマーコーデ

一見ワンピースやセットアップのように見えるコーディネートですが、半袖トップスとワイドパンツの組み合わせです。
落ち感のある素材でレディライクな雰囲気のパンツは、大人っぽく仕上げることができるアイテム。シンプルなトップスと合わせるのがマストです。

メタリックのシルバーがきれいなハイヒールパンプスは、着こなしのアクセントとして最適。女性らしさをキープしながら、こなれ感もプラスしてくれます。
仕上げはホワイトのシアーシャツをプラス。透け感とともに落ち感のある素材なので、大人見えするスタイリングが完成します。

【最高気温21℃】キャンディスリーブトップスを今っぽく仕上げる大人のトレンドコーデ

トレンド感もあるピスタチオカラーのテーパードパンツに、ブラックのブラウスを合わせたきれいめなカジュアルスタイルです。
ブラウスはキャンディスリーブのデザインが甘さを加えてくれるアイテム。大人っぽくも着こなすコツは、シックなブラックカラーをチョイスすること。

足元はフラットなパンプスを合わせ、ブラウスと統一感をもたせましょう。ブラウスにデザイン性がある分、他のアイテムはシンプルなものを合わせるのがベストです。
程よいフェミニンさが加わったオン仕様のコーディネートが完成します。

【最高気温21℃】大人っぽくまとめる!秋を意識したシャツワンピースコーデ

カーキのワンピースが主役のカジュアルなワンピースコーデです。
シャツワンピースなのできちんと感もあり、オンオフ両方で活躍するアイテム。共布のベルトを結ぶことで、スタイルにメリハリがつきバランスのとれたコーデに。
甘くなり過ぎないのは、シックなカーキをチョイスしているのがポイント。

足元にはブラックのブーツを合わせ、大人っぽさをキープしましょう。バッグにもブラックを含んだショルダーバッグをチョイス。パイソン柄のインパクトがあるデザインは、シンプルなスタイリングのアクセントとしても活躍してくれます。

【最高気温21℃】ホワイト×アイスブルーの上品見えコーデ♪

ホワイトのVネックニットにアイスブルーのプリーツスカートで、レディライクなスタイルを完成。
淡い配色が爽やかで好感度の高いコーディネートなので、デートや会食時などにもオススメ。清楚な雰囲気を演出してくれます。

グレーのハイヒールパンプスを合わせて、きちんと感をキープ。
バッグはベージュのショルダーバッグで、抜け感のあるスタイリングを意識します。

トップスもボトムスも単品使いがしやすいアイテムなので、いろいろなコーディネートを楽しむことができます。

【最高気温21℃】シャツワンピースをアウターにした大人女子スタイル♪

ブラックのプリーツスカートで作る、大人女子のきれいめコーディネート。トップスにはシンプルなホワイトのロゴTシャツを合わせます。

カーキのシャツワンピースの前を開けて、アウターとして活用。プリーツスカートのボリュームを抑えてくれ、全体のシルエットもスッキリします。
シャツワンピースの袖をロールアップさせて、こなれ感もプラスしましょう。

足元にはマニッシュなレースアップシューズを投入。あえて女性らしいハイヒールではなくマニッシュなアイテムを加えることで、個性のある着こなしになります。

【最高気温21℃】爽やかなライトブルーニットが主役♪大人女子のきれいめデニムスタイル

きれいなライトブルーのニットは、深めのVネックが大人っぽい印象。小顔効果も期待できる上に、インナーとしても活躍してくれます。
シンプルなデニムと合わせて、きれいめなカジュアルスタイルに仕上げましょう。

グレージュのパンプスと合わせる際に、デニムの裾はロールアップさせます。程よく肌見せすることで女性らしさが加わり、きれいめテイストをキープできます。
バッグもテイストを合わせ、ベージュの小さめショルダーバッグでまとめましょう。

【最高気温21℃】デニムにフェミニンなトップスを合わせた女性らしいサマースタイル

カジュアルなストレートデニムに、ホワイトのブラウスを合わせたきれいめカジュアルスタイルです。

一見シンプルなコーディネートですが、ブラウスのボリュームスリーブがトレンド感をプラスしてくれます。
フェミニンテイストなデザインなので、合わせるだけできれいめなカジュアルコーデにアップデート。ブラウスをフロントインで着こなすことで、脚長効果も叶えます◎

ブラックのフラットパンプスとショルダーバッグを合わせることで、ブラウスの甘さを控えめに抑えましょう。

【最高気温21℃】ホワイトのスキニーをベージュシャツでオン仕様にアップデート♪

ベーシックなスキニーパンツは、ホワイトをチョイスすることできれいめテイストなコーデが叶います。
ベージュのシャツと合わせることできちんと感をプラスして、オフィスでもOKなスタイリングを完成。オーバーサイズを選ぶことで、マンネリ感を払拭することもできます。
簡単に旬顔コーデへと導きます。

さらに、足元にパイソン柄のハイヒールパンプスを足して、女性らしい雰囲気にまとめましょう。

バッグは引き締めカラーのブラックを加えます。巾着型のバッグで抜け感もプラスし、ベーシックなだけのコーディネートに終わらせないスタイリングを意識しましょう。

【最高気温21℃コーデ】シアーシャツで大人っぽく仕上げるマキシスカートコーデ

シンプルなホワイトトップスに合わせるのは、ベージュのマキシスカート。
透かし編みデザインが旬な雰囲気をプラスしてくれ、旅行やデートなどにも大活躍。

透け感が綺麗なシアーシャツをアウターにして、寒暖差にもスマートに対応。
足元は、ホワイトのグルカサンダルで軽さを出します。程よいカジュアル感とトレンド感が加わり、季節感までプラスすることができます。

バッグはブラックの巾着型バッグを合わせ、メリハリのあるコーディネートを完成させましょう。

【最高気温21℃】カーキのワイドパンツがナチュラル感の決め手♪

ベーシックなストライプシャツに、カーキのワイドパンツを合わせたきれいめなカジュアルコーディネート。
ワイドパンツは、正統派のストライプシャツをおしゃれにカジュアルダウン。共布のリボンを結ぶことでウエストに視線が行き、脚長効果も期待できます。

カジュアル要素のあるフィッシュネットバッグやグルカサンダルは、ブラウンカラーで統一。カーキとの相性もよく、上品に仕上がります。

温度調節のアウターが必要な場合は、ネイビーやブラックの薄手カーディガンを肩掛けするのもオススメ。全体が引き締まって、アクセントカラーにもなってくれます。

【最高気温21℃】グリーンのパンツでトレンド映え♪きちんと小物をプラスしてあか抜けコーデを完成

ストライプ柄のブラウスにグリーンのテーパードパンツを合わせ、きれいめなオフィスカジュアルスタイルを完成。
トレンドカラーでもあるグリーンをパンツで取り入れ、ベーシックな中にもこなれ感のあるスタイルにまとめます。ブラウスはパンツにインして、細めのベルトでウエストマークします。きちんと感が出るとともに、脚長効果も生まれて一石二鳥です。

女性らしさを際立たせるために、足元は華奢なハイヒールパンプスをプラス。シルバーカラーを選ぶことで、抜け感のあるコーディネートになります。
バッグはホワイトの小さめショルダーバッグをチョイス。チェーン使いが上品なので、女子会や婚活などのイベントにも活躍してくれるアイテムです。

【最高気温21℃】サロペットデザインのワイドパンツで大人かわいいを叶える♪

くすみピンクのワイドパンツは、サロペットデザインがこなれた印象。ウエストのリボンがコーデにアクセントをプラス。

合わせるトップスはシンプルなストライプシャツ。パンツのディテールにインパクトがあるので、シンプルアイテムと合わせるのがベスト。袖をロールアップして、こなれた着こなしを完成させましょう。

ストロー素材のトートバッグは、程よいカジュアル感もプラスしてくれます。
ホワイトのフラットサンダルを合わせ、軽さのあるスタイリングを意識します。

【最高気温21℃】ネイビーワンピースならオケージョンシーンでも大活躍◎

フェミニンライクなネイビーのワンピースで作る、オケージョンスタイルです。
ブラックよりもソフトな印象のあるネイビーは、デートや会食などにも活躍する万能アイテム。
サテン素材なので上品できちんと感もあり、落ち感が女性らしいシルエットを生み出してくれます。

合わせる靴やバッグは、上品できちんと感のあるテイストから選びましょう。ワンピースよりも明るいカラーをチョイスすることで、華やかさもアップ。
シンプルなデザインなので、アクセサリーで遊び心をプラスすることで印象も変わります。

【最低気温21℃】日中の気温は夏本番!そろそろ紫外線対策も◎

東京では、7月・9月頃の気温です。日中は気温が上昇し、半袖やノースリーブだと快適に過ごせます◎

また通気性の高いアイテムをチョイスしたり、蒸れない天然素材がおすすめ
紫外線もかなり強く薄手のシャツやカーディガンで対策も忘れずにすることが大切です!

半袖やノースリーブが快適!温度差や紫外線対策の為に薄手の羽織物があると便利◎

日中は26℃~28℃など気温が30℃前後までグッと上がることもあります。
吸収性に優れた天然素材のアイテムや、直接日光が肌に当たらないように薄手のシャツやカーディガンを羽織って暑さを凌ぎましょう◎

インナーはノースリーブで、薄い長袖のシャツを羽織るなど気軽に温度調節できる服装がおすすめです。

CheckPoint!
  • 吸収性に優れた天然素材アイテムがおすすめ!
  • 直射日光が肌に直接当たらないように薄手のシャツやカーディガンを羽織る◎
  • インナーはノースリーブでシャツを羽織るなど気軽に温度調節できる服装が便利!

【最低気温21℃】ベージュの透かし編みマキシスカートが涼し気なコーディネート♪

ベージュのリブニットに、透かし編みのマキシ丈スカートで女性らしい着こなしをスタイリングします。
スカートはフェミニンな印象があるので、合わせるトップスはシンプルなデザインがベスト。
ノースリーブの涼し気なトップスで、Iラインシルエットを意識。

キャメルカラーのサンダルは黄色味が強く、コーデの差し色にもなってくれます。
キャンバス素材のトートバッグを合わせ、こなれ感のあるフェミニンスタイルに仕上げましょう。
紫外線対策用にブラックのカーディガンを肩掛けすることで、グッとコーデも引き締まり大人っぽい印象に◎

【最低気温21℃】ベージュカラーのオールインワンでオシャレ度アップ♪

ベージュのオールインワンを主役にした、きれいめなカジュアルコーデ。
子供っぽくなりがちなオールインワンですが、大人っぽいレースのトップスを合わせてバランスをとります

合わせる靴もハイヒールのサンダルを選び、女性らしさを意識したコーディネートにします。
ブラックのキャスケット帽でこなれ感をプラス。バッグも帽子に合わせてブラックでまとめ、カジュアルなスタイリングになり過ぎないように注意しましょう。
ブラックのカーディガンを肩掛けして、寒暖差に備えるのもオススメです。

【最低気温21℃】ベージュの太めチノパンでトレンドを意識!柄スカートでリゾート感を足す♪

半袖のボーダートップスにベージュのチノパンを合わせて、マリンテイストなカジュアルコーデを完成。
チノパンの裾はロールアップさせて、こなれ感のある着こなしをしましょう。
ホワイトのエスパドリーユは、夏には大活躍するアイテム。パンツにもスカートにも合わせやすく、涼し気な印象を与えてくれます。

カゴ素材のショルダーバッグは、ラウンド型でコーデのアクセントにもなるデザイン。抜け感を出すこともできて、投入することで夏らしさが加わります。

【最低気温21℃】ペールグリーンのシアーシャツでトレンド感をプラス♪

ホワイトのパンツとベージュのトップスで、シンプルなカジュアルコーデに仕上げました。
アウターには、トレンドのシアーシャツを投入。ペールグリーンが爽やかさを演出してくれるとともに差し色にもなってくれるので、一気に旬なスタイリングにチェンジ。

ラウンドショルダーバッグはカゴ素材が夏らしく、こなれ感もプラスしてくれます。
カゴのカラーに寄せたブラウンのメッシュサンダルも、今っぽくて素敵。
シンプルな中にも抜け感のある大人のカジュアルコーディネートが完成します。

【最低気温21℃】プリーツスカートでフェミニンを意識。カーディガンで快適なコーデに

フェミニンテイストなプリーツスカートに、シンプルなホワイトTシャツを合わせて甘さ控えめな大人スタイルを完成。

涼し気なアイスブルーのスカートは、ロング丈でも軽やかさを演出してくれます。
ブラックの肩掛けカーディガンは、朝晩の冷え込みや紫外線対策にも大活躍。着こなしのアクセントにもなってくれます。

シルバーのストラップサンダルで女性らしさをキープ。
半袖やノースリーブで腕を露出する時期には、ブレスレットやバングルなど、手元のアクセサリーで遊びを加えるのもオススメなスタイリングです。

【最低気温21℃】シアーシャツでトレンドをプラス♪アイスブルーが爽やかな大人のパンツコーデ

ホワイトのインナーの上には、トレンドでもあるシアーシャツを合わせます。透け感が女性らしい雰囲気を演出してくれるとともに、夏の温度調節や紫外線対策にも大活躍

合わせるテーパンドパンツはアイスブルーで清涼感をプラス。きちんと感もあるのでオンオフ両用できて万能です。

靴やバッグなどの小物はホワイトで統一。ハイヒールパンプスやショルダーバッグできちんと感を加え、きれいめなシンプルコーデを完成させましょう。

【最低気温21℃】ホワイトのレースガウンで甘さをプラスした大人フェミニンコーデ♪

グレーのフレンチスリーブTシャツにラベンダーカラーのワイドパンツを合わせた、きれいめなラフコーデ。
きれいなラベンダーカラーはアクセントにもなり、女性らしい雰囲気を演出してくれます。

アウターには、ホワイトの総レースガウンを合わせます。透け感があるのでロング丈でも重い印象にならず、フェミニンテイストが一気に強まります。

ガウンに合わせてバッグや靴もホワイトでまとめましょう。フラットサンダルやクリア素材との組み合わせが涼し気なバケツ型バッグで、夏らしいスタイリングになります。

【最低気温21℃】ミントカラートップスで着映える♪アクセント小物でデニムをアップデート

シンプルなデニムにミントカラーの半袖Tシャツを合わせて、大人のカジュアルコーディネートに仕上げます。
ミントカラーが差し色になって、明るい雰囲気のスタイリングが完成。

足元には、女性らしい印象も加えてくれるストラップサンダルを合わせます。メタリックなシルバーカラーをチョイスして、こなれ感のあるスタイリングにしましょう。

ブラックのキャスケット帽も、遊び心のあるアイテム。取り入れるだけで旬なテイストがプラスされます。
バッグはキャンバス素材のトートバッグをチョイス。よりカジュアルな雰囲気にしたい時は、小さめのショルダーバッグを斜め掛けするのもオススメです。

【最低気温21℃】チャコールグレートップス×ブルーのフレアパンツでマニッシュな大人女子感を演出

マニッシュなフレアパンツはブルーをチョイスし、大人っぽさをアピール。
センタープレスデザインなのできちんと感もあり、オンオフ両用できるアイテムです。

合わせるトップスは、チャコールグレーの半袖Tシャツ。大人っぽさとともにこなれた印象も出て、ブルーとも好相性。

ホワイトのフラットサンダルを合わせ、夏らしいスタイリングにまとめましょう。
クリアなPVC素材のバッグも夏らしいアイテムなので、コーディネートにもまとまりが出ます。
ホワイトのシアーシャツをプラスすると、紫外線が気になる時や朝晩の寒暖差対策にも活用できます。

【最低気温21℃】フェミニンなくすみブルーのロングスカートが主役のスタイリング

フェミニンなロングスカートは、一枚で着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。くすみブルーが涼やかで、季節感もある透け感素材が魅力。

シンプルなホワイトのロゴTシャツを合わせて、程よくカジュアル感をプラス
アウターには、ブラックのシャツワンピースを投入。きちんと感が加わるとともに、全体の引き締め役として活躍してくれます。

バッグや靴もブラックで統一しましょう。スカートの甘さが抑えられて、大人っぽさもプラスされたコーディネートが完成します。

【最低気温21℃】カーディガン×ホワイトワイドパンツで大人見えするパンツスタイルを完成

ホワイトのワイドパンツで、大人女子のオフィススタイルを完成。
ブルーのカーディガンは、シアー素材で清涼感を演出します。長過ぎない丈感はパンツにもスカートにも合わせやすくて、着回し力も抜群。

インナーにはブラックのトップスをチョイス。レース使いが大人っぽくて、ブルーとホワイトのどちらの色とも相性が良くてオススメです。カーディガンのブルーがアクセントになっているので、インナーはベーシックなカラーを合わせるのがベスト。

足元は、メッシュデザインのフラットなサンダルを合わせ、夏らしい着こなしに仕上げましょう。

【最低気温21℃】ワンピースとロングスカートのレイヤードで高見えが叶う♪

イエローの柄スカートに、ホワイトのシャツワンピースを合わせたきれいめコーディネート。
シャツワンピースの前を閉じて合わせ、ブラックの細めベルトでウエストマーク。チュニック感覚で合わせることで、レイヤードスタイルを楽しめます。
シャツワンピースなのできちんと感もあり、オフィスにもお出かけにも対応できるスタイリングが完成。

ホワイトのフラットサンダルを合わせていますが、ストラップサンダルにチェンジすればオフィスにもOKなコーディネートになります。

【最低気温21℃】夏のモノトーンスタイル♪ブラックの肩掛けカーディガンが定番コーデを格上げ

オフホワイトのテーパードパンツにブラックのノースリーブトップスを合わせた、ベーシックなスタイル。
定番のモノトーンコーデですが、トップスと同色のカーディガンを肩に巻くことでこなれ感が加わります。同色で合わせているためにアンサンブルのような着こなしになり、リッチな印象もプラスされ周りと差がつくコーデに。

足元はヌーディーなストラップサンダルで、ブラックをチョイスして大人女子の着こなしに仕上げましょう。
バッグはクリア素材のバケツ型バッグを合わせ、抜け感を加えます。

【最低気温21℃】夏のベージュコーデをきれいめにスタイリング♪

モカベージュのロゴTシャツにベージュのタイトスカートを合わせた、ワントーンコーディネート。
シンプルアイテム同士を合わせたスタイルは、靴やバッグなどの小物で遊ぶのがセオリー。
ホワイトのダッドスニーカーを投入し、旬な着こなしにしましょう。

巾着型のバッグなら取り入れるだけでグッとこなれた印象に。ワントーンコーデの外しとしても有効です。
紫外線対策が必要な際は、ホワイトやベージュのニットカーディガンを肩掛けするのもオススメです。

【最低気温21℃】ブルーカーディガンを投入してシンプルアイテムを高見えさせる♪

ホワイトのロゴTシャツとブラックのタイトスカートで、シンプルな大人女子コーデを完成させます。
タイトスカートはきちんと感が演出できるので、オフィスには欠かせないアイテム。ブラックは特に大人っぽさが加わり、上品な印象に仕上げることができます。

シンプルなモノトーンの組み合わせに、鮮やかなブルーのシアーカーディガンをプラス。肩にかけて羽織るだけで、一気に上品でリッチなテイストが加わります。
バッグや靴もブラックで統一し、大人っぽくまとめましょう。

【最低気温21℃】オーバーサイズシャツ&キャスケットがアクセントのトレンドコーデ

モカベージュのロゴTシャツとブラックのスキニーパンツを、カジュアルライクにまとめたコーディネートです。
アウターにしたシアーシャツは、トレンドのオーバーサイズがマスト。透け感が軽さを演出してくれるので、ブラックでまとめても暑苦しい印象になりません。

大人っぽく仕上げるために、ブラックのハイヒールパンプスをプラス。
バッグもブラックの巾着型バッグでまとめ、統一感のあるスタイリングにしましょう。

キャスケットを取り入れることで、視線も上がりスタイルアップ効果も期待できます♪
アイテムはシンプルなデザインばかりなので、インナーのTシャツの色をチェンジするだけで簡単に印象を変えることもできるコーディネートです。

【最低気温21℃】オフィスで差が付く大人のモノトーンコーデ♪

ブラックのキャミソールにオフホワイトのテーパードパンツを合わせ、オン仕様のモノトーンコーデを完成。
ビッグシルエットのシアーシャツは、前を閉じて一枚感覚で着用します。太ももまでのロング丈なので、パンツとも好相性。
外出時には紫外線対策にもなり、着回ししやすいアイテムです。

オン仕様コーデなので足元はハイヒールパンプスをチョイス。アニマル柄のデザインがアクセントになり、シンプルアイテムに個性を加えてくれます。
さらにきちんと感を出したい時は、細めのベルトでウエストマークするのもオススメです。

【最低気温21℃】Tシャツ×テーパードパンツで定番オフィススタイルを完成

定番のシンプルなロゴTシャツとテーパードパンツで作る、オフィススタイルです。
モカベージュのロゴTシャツは、一枚でもインナーとしても活躍するアイテム。品のいいモカベージュは、ブラックにもブラウンにも合わせやすいので、重宝します。

テーパードパンツにTシャツをインする着こなしで、きれいめなカジュアルコーデに仕上げましょう。
引き締め役にもなるブラウンのハイヒールパンプスを合わせ、きちんと感をアップ。

ホワイトカラーのミニバッグを取り入れて着こなしの差し色に◎同系色のニットカーディガンをプラスすることで朝晩の寒暖差にも対応でき、グッとこなれた印象に。

【最低気温21℃】シンプルを極めたオフィスカジュアル♪パイソン柄がコーデのスパイス役

ブラウンの半袖リブニットにブラックのワイドパンツで、シンプルなオフィスカジュアルスタイルを完成。
ブラウンカラーをチョイスすることで、残暑が厳しい9月でも秋を意識したコーデに。
リブニットは着やせ効果も発揮してくれるアイテムで、単品でも着まわしやすいのが魅力です。

ポイントは、足元に合わせたハイヒールパンプス。パイソン柄のデザインがアクセントになり、こなれ感と女性らしさをアップさせてくれます。

バッグはベージュのトートバッグをチョイス。リングハンドルのディティールもアクセントになり、アクセサリー感覚で合わせることができます。

【最低気温21℃】ワイドチノパンをスクエアネックの女っぽトップスでアップデート

カジュアル感の強いワイドチノパンツで、きれいめカジュアルスタイルを作ります。トレンド感のあるホワイトのダッドスニーカーで、カジュアルテイストをキープ。パンツの裾はロールアップさせてこなれた着こなしにしましょう。

トップスに合わせるのは、ブラウンの半袖カットソー。スクエアネックなのでデコルテが綺麗に見える上に、小顔効果も発揮してくれます。
ブラックの巾着型バッグを合わせ、オンオフ両用できるきれいめなカジュアルを完成させましょう。

大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • 人気雑誌「美人百花/mina/日経WOMEN」掲載
  • インフルエンサー愛用後、今SNSで人気上昇中!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の見どころ