MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう! >

7月を快適に過ごせる大人の服装って?夏の正解コーデを徹底解説!

梅雨明けもあり気温がかなり高くなる7月!夏休みや、海水浴など外に出る機会も増えてきますよね♪
上旬は梅雨ということもあり天候が安定せず、少し肌寒く感じてしまったり、晴れの日は日差しが強くてUV対策が欠かせなかったりと何かと服装に迷う7月。

羽織と合わせておしゃれに着こなすコツや、トップス1枚でもこなれるコツなど着こなしについてもご紹介◎
冷房対策や、UV対策も完璧!夏を快適に過ごすコーディネートを徹底解説!

EMI

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、最高気温は30℃を超える日もある7月!
ただし、屋内の冷房との寒暖差で体に負担がかかることも…。屋外でも屋内でも快適に過ごせるコーデが鍵となります◎

7月の気温グラフ
折れ線グラフ:東京の7月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
7月の3時間毎の気温グラフ
折れ線グラフ:東京の7月の3時間毎気温平年値
データ引用元:国土交通省 気象庁
EMI

意外と服装選びが難しい7月コーデを、上旬と下旬に分けて徹底解説!

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

7月上旬(1~10日)最高気温27℃で雨が降ると少し肌寒く感じるときも

7月上旬の気温を強調したグラフ
折れ線グラフ:東京の7月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

7月上旬は、平均気温20℃前後です。日中の最高気温は、27℃前後で、最低気温でも20℃を超えて気温もかなり高くなってきます。

日中は暑く感じることも増えてきますが、まだ梅雨時期なので雨が降ると少し肌寒く感じ、1日のコーディネートが難しい時期です。

サマージャケットや、さらっと羽織れるアイテムがおすすめ!

サマージャケットや、カーディガンを羽織っている画像
おすすめライトアウターの画像

リネン素材の軽めのサマージャケットや、カーディガンなど軽く羽織れるアイテムがあると、急な雨で気温が下がってしまっても怖くない
雨だけでなく、冷房やUV対策としても大活躍!ただ平均気温も高くなる季節なので、インナーはノースリーブやTシャツなど薄手のアイテムがおすすめです◎

袖を通さず軽く羽織ってみたり、カーディガンを肩掛けしする着こなしだと、こなれ感もプラスすることができグっとあか抜けます。

Check Point!
  • アウターはリネン素材など季節感のある素材をチョイス
  • 羽織りアイテムはは肩掛けしたり、袖を通さなくてもおしゃれ
  • インナーはノースリーブや半袖など薄手のアイテムがおすすめ

【最高気温27℃】肩掛けジャケットでこなれ度もアップ♪梅雨どきのパンツスタイル

肩掛けジャケットでこなれ度もアップ♪梅雨どきのパンツスタイルの画像

ロゴTシャツにカーキのテーパードパンツのラフなパンツスタイルです。
梅雨時期の気温差に対応できるジャケットは、肩掛けスタイルでこなれ感を出します。ネイビーのジャケットは今季の注目アイテムでもあるので、ワードローブに加えるべき一品。

バッグや靴はオフホワイトで季節感を演出。ハイヒールのパンプスを合わせることで、カジュアルテイストのTシャツやテーパードパンツをランクアップさせましょう。ショルダーバッグは斜め掛けスタイルにして、こなれ感をさらにアップさせます。

【最高気温27℃】透け感トップス×大胆プリントパンツでリゾート気分を満喫♪

透け感トップス×大胆プリントパンツでリゾート気分を満喫した画像

透け感のある長め丈トップスに花柄のプリントパンツを合わせた大人のリゾートスタイル。
身体の線が響かないゆるめフォルムのトップスは、ボリュームのあるフレアスリープが旬なアイテムです。ロング丈で、パンツにもスカートにも合わせやすく、ホワイトカラーが涼し気。

インパクトのあるプリントスカートは、シックなグレーベージュをチョイスすることで大人っぽく着こなせます。
フィッシュネットのバッグやストラップサンダルで、こなれた印象とリゾート風のラフ感を加えましょう。

【最高気温27℃】冷房対策のジャケットはさりげなく肩掛けがセオリー

冷房対策のジャケットはさりげなく肩掛けがセオリーの画像

女性らしさと大人っぽさを兼ね備えたワイドパンツを、白Tシャツでカジュアルダウン。
屋内の冷房対策に必須なジャケットは、肩掛けでこなれたさりげなさを演出します。

合わせる靴やバッグは、引き締めカラーのブラックで統一することで野暮ったくならずスタイリッシュな印象に。
物足りなさを感じる場合は、バッグや靴の小物類にトレンドカラーのイエローをプラスして旬なスタイリングにするのもオススメです。ベーシックなアイテムの組み合わせだからこそできる、プラスαを楽しみましょう。

【最高気温27℃】ダークカラーの上下コーデの差し色はキレイ色ブルーで決まり

ダークカラーの上下コーデの差し色はキレイ色ブルーで決まりの画像

大人っぽいシンプルカットソーにハーフパンツを合わせたトレンドを意識したコーディネート。
トップスもボトムスもダークなカラーなので、カーディガンはアクセントにもなるブルーを投入します。肩にかけるだけの気張らないスタイルで、こなれた印象に。
カーディガンを羽織ることで、ハーフパンツコーデも子供っぽくなりすぎず大人の落ちついたスタイリングへと導きます◎
トレンドのブラックのスニーカーでカジュアルダウンさせ、抜け感を作ります。

手持ちのバッグも、夏らしいPVC素材のトートバッグをチョイス。ホワイトカラーを選ぶことで軽さも出て、季節感を出すことができます。

【最高気温27℃】グレーのワイドパンツでトレンドを網羅する♪シンプルを極めるのがマスト

グレーのワイドパンツでトレンドを網羅する♪シンプルを極めるのがマストの画像

トレンドのグレーのワイドパンツを主役にした、きれいめなカジュアルコーディネートです。
パンツはプリーツデザインがレディライクで、大人っぽさを表現してくれます。落ち感のある素材なので、もったりせずに着こなすことができます。

トップスはシンプルでカジュアルテイストなアイテムを合わせることで、パンツを引き立ててくれます。
小さめのショルダーバッグを斜め掛けすることで、こなれ感もプラス。

パンツのボリューム感をセーブするために、足元はヌーディーなサンダルをチョイスしましょう。透け感が女性らしさも引き出してくれるので、バランスのいい着こなしになります。

【最高気温27℃】オールブラックの細見えシンプルコーデ♪

オールブラックの細見えシンプルコーデの画像

全身ブラックで合わせた、シンプルアイテムのコーディネートです。
定番のカットソーは、腰位置の長さがきちんと感と、体型カバーを同時に叶えてくれます。チュニック丈なので、スカートともパンツとも好相性。

パンツはタイトなスキニーパンツをチョイスして、シルエットにメリハリをつけることでスタイルアップ。スッキリまとめることで、細見え効果もアップ。

胸元にシルバーアクセサリーでアクセントをつけることでVラインが生まれ、顔周りをスッキリと見せる効果も加わります。
カジュアルなサンダルを合わせ、足元は涼し気にまとめましょう。

【最高気温27℃】トレンドのイエローカラーをスカートで取り入れたコーデ

トレンドのイエローカラーをスカートで取り入れたコーデの画像

透け感のあるスカートをホワイトのトップスや小物でまとめてスタイリング。
トレンドカラーでもあるイエローのスカートは、広がり過ぎないフレアラインで甘さを控えめにします。
トップスはシンプルラインのホワイトのブラウスを合わせ、清楚にまとめましょう。胸元の浅めのVラインは小顔効果もあり、好感度の高いアイテム。

ホワイトのフラットサンダルは少しだけカジュアル感もあり、フェミニンなアイテムとの相性も抜群です。
ストロー素材のバッグを投入し、季節感のあるコーディネートに。

【最高気温27℃】ホワイト×ライトブルーでデート仕様の爽やかフェミニン♪

ホワイト×ライトブルーでデート仕様の爽やかフェミニンの画像

シンプルカットソーにフェミニンなフレアスカートを合わせた、デートにピッタリなコーディネートです。
ボリュームのあるフレアスカートですが、ライトブルーの爽やかさで重さを感じさせません。共布のウエストのリボンもアクセントになっていて、ウエストマークで細見え効果もプラス。

足元は、シルバーのストラップサンダルを合わせてこなれ感を出します。バッグのチェーンのシルバーとの統一感もあるので、馴染みやすくて好印象。
身に着けるアクセサリー類もシルバーをチョイスすれば、全体的にまとまりのあるスタイリングになります。

【最高気温27℃】小物で遊び心をプラスした大人のリラクシーコーデ

小物で遊び心をプラスした大人のリラクシーコーデの画像

縦に切り替えのある印象的なプリントスカートを、シンプルなトップスと合わせました。
マキシ丈でインパクトのあるスカートは、切り替えが縦のラインを強調してくれるので脚長効果も期待できます。ふんわり感のある軽い素材なので、重い印象になりません。

トップスは、スカートを引き立てるためにシンプルなアイテムをチョイスしましょう。 ラウンド型のカゴ素材ショルダーバッグは、合わせるだけで夏らしさを加えてくれる大活躍アイテムです。

足元はヌーディーなサンダルチョイスで、軽やかさを演出しましょう。

【最高気温27℃】ライトグレーパンツでオフィスでも旬なスタイルを実現♪

ライトグレーパンツでオフィスでも旬なスタイルを実現した画像

ベーシックなパンツとニットカーディガンの組み合わせに、インナーのレースで女性らしさをプラスしました。
トップスの深いVラインは、女性らしさを表現してくれるとともに小顔効果も発揮。首元が寂しくならないように、華奢なネックレスでレースのインナーに繋げます。

今期、イエローとグレーの色合わせはトレンドの組み合わせです。ベーシックなアイテムも、トレンドカラーで取り入れることで一気に旬なスタイリングになります。

靴やバッグの小物類は、引き締めカラーのブラックで大人っぽくまとめましょう。

【最高気温27℃】フェミニンなワンピースはボタニカルテイストでナチュラル感を加えて

フェミニンなワンピースはボタニカルテイストでナチュラル感を加えたコーデ画像

一枚で主役になる、フェミニンテイストのワンピーススタイルです。
ティアードデザインのワンピースは、ボリュームもあって可愛らしい雰囲気を表現してくれます。 ボタニカルな印象のプリントがナチュラル感もプラス。

シルバーのストラップサンダルで、こなれ感もプラスしましょう。メタリックがスタイリッシュな雰囲気なので、大人っぽくてワンピースの甘さを抑えてくれます。 夏には大活躍のカゴ素材のバッグも涼し気で、爽やかさを演出してくれるアイテムです。

【最高気温27℃】夏のデニムスタイルをプリントブラウスでアップデート♪

夏のデニムスタイルをプリントブラウスでアップデートしたコーデ画像

デニムのスキニーパンツをブラウスと合わせた、きれいめなカジュアルコーディネート。
カジュアルなデニムは、夏も大活躍のアイテム。きれいめテイストに仕上げるために、フェミニンなブラウスとスタイリング。 袖のフレアデザインがフェミニンな印象ですが、ブラックをチョイスしているため甘さも控えめになっています。女性らしいデザインのブラウスはオフィスにもカジュアルにも合わせやすいので、一枚あると重宝するアイテムです。

サンダルやバッグは、夏仕様のアイテムをチョイス。カゴ素材のショルダーバッグは、丸いフォルムが柔らかさも加えてくれます。

7月下旬(25~31日)最高気温30℃でかなり蒸し暑く熱中症対策も!

7月上旬(25~31日)最高気温30℃で湿度も高くいよいよ夏本番!

7月下旬の気温グラフ画像
折れ線グラフ:東京の7月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

7月下旬の気温は、平均25℃前後です。日中の最高気温は30~32℃で、最低気温は23℃前後と梅雨も明けて気温がグっと上がります。湿度も高く汗ばむ日がほとんど。紫外線も強くなり日中の日向だと肌がジリジリとするような日も。
一方屋内では、冷房が効いていて寒暖差で体に大きな負担がかかることもあります。

UV・冷房対策を兼ね備えたコーディネートだと、屋内・屋外でも快適に過ごせること間違いなし!

薄手のシャツやシアーカーディガンなどサラっと羽織れるアイテムが便利!

カーディガンの様々な羽織方の例

UV対策や冷房対策とはいえ、薄手の羽織りでないとさらに暑く感じてしまいます。トレンドのシアー素材のアイテムや、通気性の高いアイテムがおすすめです◎
カーディガンを肩から羽織って、コーデに色味を足してみたり、巻き方次第ではグッとおしゃれになります。

またトップス1枚で出かけるときは、華やかなカラーアイテムや、ロゴTなどデザインアイテムだと1枚でも着映えるので、のっぺりとしたコーデにならずあか抜けた印象へと導きます。

Check Point!
  • 通気性の高い素材やシアー素材アイテムが大活躍
  • カーディガンは羽織り方を変えてコーデにアクセントをプラス
  • トップス1枚で着るときは、華やかなカラーアイテム・ロゴTなどデザインアイテムがおすすめ

【最高気温30℃】肩掛けカーデでこなれ感のきれいめカジュアルに仕上げる

肩掛けカーデでこなれ感のきれいめカジュアルに仕上げたコーデ画像

ベーシックなトップスとスキニーパンツのスタイルに、カーディガンで差し色をプラスしたコーディネートです。
引き締め効果のあるブラックの細身パンツには、ホワイトのトップスを合わせるのが夏の定番。
マンネリ感を脱するために、トレンドカラーのイエローをカーディガンで投入します。肩に掛けるだけのさりげない着こなしで、外出時にはUV対策にもなって便利です。

足元は、ダッドスニーカーでカジュアル感をプラス。キャンバス地のトートバッグもカジュアルな印象なので、まとまりのあるコーディネートに仕上がります。

【最高気温30℃】夏のUV対策に活躍するのはトレンドのシアーシャツ♪

夏のUV対策に活躍するのはトレンドのシアーシャツのコーディネート画像

フレアたっぷりのロングスカートに、透け感のあるシャツを組み合わせた清楚な装いです。
夏の日差しが気になる時は、シアーシャツが大活躍。見た目も涼し気で、清涼感もプラスされます。

トレンドカラーのグリーンのスカートをアクセントにし、フェミニンなスタイルに。落ち感のある素材が軽やかな印象へと導いてくれます◎

足元は、ブラックのパンプスで大人っぽさを加えましょう。

【最高気温30℃】ダルメシアン柄スカートで夏の大人こなれスタイルに大変身

ダルメシアン柄スカートで夏の大人こなれスタイルに大変身したコーデ画像

Tシャツにダルメシアン柄スカートを合わせ、ロングカーディガンで仕上げたモノトーンコーデ。
一枚で主役になるダルメシアン柄のスカートは、モノトーンが大人っぽい印象です。スッキリとホワイトのTシャツを合わせて、夏らしくまとめましょう。

ブラックのロングカーディガンを羽織ることで、縦のラインが強調されて細見え効果が生まれます。ロング丈なので、暑苦しくならないようにインナーはホワイトでまとめるのがセオリー。

ぺたんこサンダルを合わせることで、こなれた印象も加わります。

【最高気温30℃】ホワイトにトレンドイエローのスカートを効かせたスカートコーデ

ホワイトにトレンドイエローのスカートを効かせたスカートコーデの画像

ベーシックなロゴTシャツにフレアスカートを合わせたフェミニンなスタイルです。
スカートは、トレンドカラーのイエローでアクセントに。広がり過ぎないシルエットなので、大人っぽい印象にまとまります。
シンプルなホワイトのTシャツは、きれいめなラインのアイテムをチョイスすればオンオフ両用できて便利。

ホワイトのハイヒールパンプスを合わせることで、大人度もアップします。バッグもホワイトでまとめて、イエローのスカートを際立たせましょう。

【最高気温30℃】カジュアルで終わらせない!フォトTシャツ×テーパードパンツコーデ

カジュアルで終わらせない!フォトTシャツ×テーパードパンツコーデの画像

定番のテーパードパンツをフォトプリントのTシャツでカジュアルに仕上げました。
トレンド感のあるフォトTシャツは旬なグレーで取り入れることで、一気にアップデートされます。 フォトTシャツはフェミニンなスカートとも合わせやすいので、一枚あると重宝するアイテムです。

パンツはセンタープレスデザインできちんと感もあるので、きれいめなカジュアルスタイルになります。
足元は、カジュアルなダッドスニーカーが好相性。 バッグはブラックの巾着型バッグを合わせ、こなれ感をプラスしましょう。

【最高気温30℃】カジュアルな小物使をスパイスにしたモノトーンコーデ♪

カジュアルな小物使をスパイスにしたモノトーンコーデの画像

Tシャツとタイトスカートの、シンプルなモノトーンコーディネート。
ブラックのタイトスカートは、裾のスリットが女性らしさを加えてくれます。

バイカラーのスニーカーを合わせることで、きれいめなカジュアルスタイルに。 ブラックのキャップやスクエアリュックもカジュアルなテイストなので、こなれた印象に。
全体的にカジュアル要素が強い組み合わせですが、モノトーンカラーでまとめることで大人っぽいスタイリングに仕上げることができます。

【最高気温30℃】グレーTシャツとイヤリングで作る!スカートの大人見えスタイル

グレーTシャツとイヤリングで作る!スカートの大人見えスタイルの画像

フェミニンな印象のティアードスカートを、シンプルなTシャツでスッキリまとめたスタイルです。
ボリュームのあるフレア感が可愛らしいスカートは、マキシ丈で大人な雰囲気もあります。透け感のある素材なので夏らしく、涼し気なアイテム。
甘くなり過ぎないように、合わせるトップスはシンプルなアイテムを選びましょう。 グレーのTシャツはトレンド感もあり、大人っぽさを加えてくれます。

ゴールドの大ぶりイヤリングも、リゾート感があって大人度を上げてくれる一品。甘めのスカートには、小物のテイストでバランスを取りながらスタイリングするのがオススメです。

【最高気温30℃】ダークカラーのカジュアルパンツスタイルを華やかに格上げする

ダークカラーのカジュアルパンツスタイルを華やかに格上げしたコーデ画像

ブラックトップス×カーキパンツのダークな配色のパンツスタイル。
カジュアルテイストなカーキのパンツは、ロールアップしてこなれ感のある着こなしに。

ブラックのトップスは、シンプルな中にもフレアスリーブが旬な雰囲気をプラスしてくれるアイテムです。 足元はカジュアルなスニーカーを合わせて、きれいめなカジュアルスタイルにまとめましょう。

全体的にダークな配色ですが、花柄のトートバッグを投入するだけで一気に女性らしい可愛さが加わります。シンプルなコーディネートへの一点投入アイテムとして、効果的なバッグです。

【最高気温30℃】グリーンシャツ×ホワイトスキニーでオフィス対応のきれいめカジュアル

グリーンシャツ×ホワイトスキニーでオフィス対応のきれいめカジュアルのコーディネート画像

透け感のあるシャツにスキニーパンツを合わせた、きれいめなカジュアルスタイルですカジュアルな印象のスキニーパンツですが、ホワイトカラーをチョイスすることできちんと感もプラスされます。

トップスにはシャツを合わせ、フロントインの着こなしでこなれ感も加えましょう。外出時にはロールアップした袖を伸ばすことで、UVにも対応

細めのベルトでウエストマークすることで、脚長効果も生まれます。 足元はパイソン柄のパンプスを合わせ、着こなしのアクセントに。

【最高気温30℃】レディライクなプリーツスカートを夏仕様の小物でリゾートコーデに

レディライクなプリーツスカートを夏仕様の小物でリゾートコーデ画像

フレンチスリーブのロゴTシャツと、プリーツスカートの組み合わせ。
グレーの濃淡で配色したコーデは、今期のトレンドでもあります。

きちんと感のあるプリーツスカートですが、Tシャツや夏素材の小物を組み合わせることで、オフ仕様のコーディネートに。ホワイトのエスパドリーユはパンツにもスカートにも合わせやすいので、押さえておきたいアイテムです。

ストロー素材のハットやトートバッグを加えれば、リゾートにもピッタリな夏らしいスタイルが完成します。

【最高気温30℃】キレイ色パープルのシャツ投入で大人シンプルなON・OFF兼用スタイル

キレイ色パープルのシャツ投入で大人シンプルなON・OFF兼用スタイルの画像

半袖のシャツにテーパードパンツで、ベーシックなパンツコーデを完成。
淡いパープルのシャツは、顔色を明るく見せてくれて美白効果もあります。とろみのある素材感がリッチな印象で、きちんと感も演出。

オフホワイトのテーパードパンツは、オンオフ両用できて着回し力もあるアイテムです。細めのベルトでウエストマークすることで、細見えや脚長効果も期待できます。

ヌーディーなサンダルを合わせてカジュアルテイストを少しだけプラスすることで、こなれ感も出ます。 足元とベルトのブラックが引き締め役となり、淡色コーデにメリハリが出て好感度もアップ。

【最高気温30℃】夏のレイヤードスタイルはホワイトで清涼感をプラス♪

夏のレイヤードスタイルはホワイトで清涼感をプラスしたコーデ画像

ベージュのワンピースと細身パンツで程よいきちんと感のあるレイヤードスタイルに。
きちんと感もあって一枚でも成立するワンピースは、夏場も大活躍してくれます。

センターのタックがアクセントにもなっていて、身体のラインを拾わないので着やすさも満点。広がり過ぎないラインなので、通勤にも使えるアイテムです。

夏らしくホワイトのパンツをプラスして、爽やかなコーディネートに。 小物類も夏らしいフィッシュネットのバッグやサンダルを合わせ、こなれ感を加えましょう。

【最高気温30℃】モノトーンスタイルにたすき掛けグリーンカーデでトレンドを投入

モノトーンスタイルにたすき掛けグリーンカーデでトレンドを投入したコーデ画像

ホワイトのTシャツにブラックのスキニーを合わせた、ベーシックなカジュアルコーデ。
脱ベーシックのポイントはたすき掛けしたグリーンのカーディガン。こなれ感とともにトレンドを意識したスタイリングになります。たすき掛けをするカーデは、少しゆとりのあるアイテムを使用するときれいに仕上げることができます。

足元にはブラックのストラップサンダルを合わせ、パンツとの統一感を出しましょう。 人気継続中のPVC素材の小さめトートバッグで、季節感のあるコーディネートを完成させます。

【最高気温30℃】パッと目を引くトップスとサテンスカートを合わせたレディ気分なコーデ

パッと目を引くトップスとサテンスカートを合わせたレディ気分なコーデの画像

サテン素材のスカートを、テラコッタカラーのトップスでレディライクにまとめました。
女性らしいラインのロングスカートは、サテンのツヤ感や程よく広がるシルエットは魅力的。

きれいめなカットソーと合わせて、大人っぽく着こなしましょう。
フレンチスリーブは、二の腕をスッキリと見せてくれる効果があります。袖下のボリュームも立体的で、体型カバーにも一役かってくれます。

ベージュのハイヒールパンプスやオフホワイトの小さめショルダーバッグを合わせ、上品にまとめましょう。

【最高気温30℃】アンサンブル×オフホワイトパンツで夏の大人っぽモノトーンスタイル

アンサンブル×オフホワイトパンツで夏の大人っぽモノトーンスタイルの画像

定番なアンサンブルトップスにテーパードパンツを合わせた、ON・OFF使える万能コーディネート。
アンサンブルニットは、夏も大活躍のベーシックアイテムです。カーディガンは二の腕まで隠すように肩掛けし、こなれ感を演出
室内の冷房が効きすぎる時は羽織ることもできるので、便利です。

ブラックのストラップサンダルを合わせ、モノトーン配色でまとましょう。 PVCのバケツ型トートバッグもホワイトとのバイカラーなので、統一感があり軽さも出ます。

【最高気温30℃】テラコッタカラーのワイドパンツで女っぽコーデ♪

テラコッタカラーのワイドパンツで女っぽコーデの画像

シンプルな五分袖トップスにワイドパンツの、きれいめな大人女子スタイルです。
一枚に女性らしさが詰め込まれたワイドパンツは、オンオフ両用で活躍するアイテム。上品なテラコッタカラーを際立たせるために、合わせるトップスはホワイトをチョイスしましょう。

フラットサンダルやトートバッグもホワイトでまとめ、スッキリとした大人っぽいコーディネートに。キャンバス素材のバッグは、夏らしさもプラスしてくれます。 大ぶりのイヤリングでこなれ感を出し、きれいめに仕上げます。

【最高気温30℃】きれいベージュのトップスでいつものデニムコーデをアップデート♪

きれいベージュのトップスでいつものデニムコーデをアップデートしたコーデ画像

半袖トップスとデニムの、大人カジュアルなコーディネート。
大人っぽい印象のベージュをトップスにして、デニムのカジュアル感を格上げします。

サンダルやショルダーバッグも、大人なブラックをチョイス。小さめのショルダーバッグを斜め掛けすることで、抜け感も出ます。今期はスマホショルダーなどの小さめショルダーも流行っているので、アクセントとして取り入れるのもオススメです。

アクセサリーは大きめでインパクトのあるアイテムを合わせることで、女らしいデニムスタイルが完成。

【最高気温30℃】上品シルエットがポイントの旬顔お出かけコーディネート

上品シルエットがポイントの旬顔お出かけコーディネート画像

小花柄のスカートやグリーンのカーディガンでトレンドを盛り込んだ、フェミニンコーデ。
ボリューム抑えめのシルエットがきれいなスカートは、甘さも控えめで好感度大なアイテムです。シンプルなTシャツと合わせて、少しだけカジュアルダウン。

トレンドカラーのグリーンのカーディガンは、肩に巻いて抜け感を出しましょう。冷房やUV対策にも使えて重宝します。

ヌーディーな素材のサンダルは夏らしくて、スカートにもパンツにも好相性です。 きちんと感のあるショルダーバッグを一点投入することで、一気にきちんと感が急上昇します。

【最高気温30℃】こなれコーデはベーシックアイテムで作る♪ブラック小物を効かせて

こなれコーデはベーシックアイテムで作る♪ブラック小物を効かせたコーデ画像

ホワイト×ベージュで完成させる、シンプルカジュアルコーデ。
ベージュのパンツは、切りっぱなしの裾でデザイン性のあるアイテムです。ベーシックな中にもさりげなくこだわりが散りばめられているので、こなれた印象も加わります。

ブラックのスポーツサンダルは、重くなり過ぎないように程よい肌見せ感もある物をチョイスしましょう。 バッグのチェーン使いやインパクトのあるアクセサリーの投入で、大人っぽいきれいめなカジュアルスタイルに。


LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる