MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう! >

気温23℃の服装を最高・最低気温別に徹底解説!温度調節しやすい着こなし方とは?

気温気温23℃とはどのくらいの温度なの?

平均気温23℃は、5月・10月頃の気温です。比較的日中の気温は高く、過ごしやすい気候ですが、引き続き朝晩との気温差が激しく温度調節できるコーデがおすすめ

最高23℃の気温は、日中過ごしやすく朝晩との気温差に注意が必要です。一方、最低気温23℃は、日中夏日になる日がほとんどで、紫外線対策が必須になります!
今回は最高・最低気温別におすすめアイテムや着こなし方をご紹介♪

なぎさ

寒暖差をおしゃれに乗り切る方法や、周りと差がつく紫外線対策などポイントにまとめました♪

Scroll to Contents!
LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

【最高気温23℃】日中はあたたかく過ごしやすいが、朝晩の冷え込みに注意!

最高気温23℃は、東京で4月後半から5月また10月前半頃の気温です。晴れている日中は暖かく、比較的過ごしやすい気温です。半袖や、薄手のブラウスやニットだと快適に過ごせます◎

ただし朝晩は気温がグッと下がるので、インナーは薄着でもライトアウターがあると便利♪1日お出かけする際は、カーディガンやシャツを持ち歩き、寒暖差に対応するのがスマートです。

長袖だと1日を通しても、1枚で過ごせる気温なので、シャツやロンTなどといったアイテムも大活躍

薄手のインナー×シャツやカーディガン合わせで寒暖差も怖くない!

日中など気温が高いときは、半袖やシャツで快適に過ごせますが、長時間お出かけの際にはカーディガンがあると便利です◎
薄手のインナーや、ノースリーブにカーディガンやシャツなど、インナーは薄手で少し羽織れるようなアイテムがあると日中と朝晩の気温差に対応できます。

また長袖のトップスだと1日を通しても快適に過ごせます。日中は袖をロールアップすることで、野暮ったくならず抜け感を演出します♪

CheckPoint!
  • 薄手のインナー×カーディガン合わせなら寒暖差も怖くない!
  • 日中は、半袖や薄手のシャツだと快適に過ごせます◎
  • 1日の外出は、薄手の羽織物・長袖アイテムがおすすめ♪

【最高気温23℃】ワンピース見えするフェミニンセットアップ♪花柄&夏小物で好感度もアップ

可憐な小花柄が魅力の、ブラウスとフレアスカートのセットアップ。一見するとワンピースのようにも見え、上品さも加わったコーディネートです。
単品で合わせる時は無地のシンプルなアイテムをチョイスすることで、デザイン性が際立ちます。

シルバーのサンダルを合わせ、夏らしくて涼し気なスタイリングを完成。
バッグも夏にピッタリなストロー素材のトートバッグを合わせ、デートや合コンなどにもオススメなスタイルを完成させましょう♪

【最高気温23℃】ブラウス×ベージュタイトスカートで大人女子のきちんとオフィススタイル

ホワイトのブラウスにベージュのタイトスカートを合わせた、ベーシックなオフィスコーデ。ブラウスはキャンディスリーブが旬な雰囲気をプラスしてくれます。

オフィスコーデに欠かせないタイトスカートは、センターにスリットが入っていて女性らしさを意識したアイテム。きちんと感だけでなくこなれた印象も加えてくれます。

ベージュのハイヒールパンプスで足元を繋げ、まとまりのあるコーディネートを完成。バッグもきちんと感のあるホワイトのショルダーバッグを合わせ、大人っぽくまとめましょう。

【最高気温23℃】爽やかなストライプシャツをサテンスカートで甘く仕上げて

爽やかさを感じるブルーのストライプブラウスは、ボリュームスリーブが旬な雰囲気。きちんと感もあるので、オンオフ両用できて着回し力抜群です。

フェミニンテイストなベージュのスカートで、甘さをプラス。落ち感もあって広がり過ぎないので、女性らしいコーディネートが完成します。

シルバーのストラップサンダルを合わせ、夏らしさをキープ。こなれ感も出て、オシャレ上級者の着こなしになります。ストロー素材のバッグは、春夏に大活躍してくれるアイテム。フェミニンライクなスタイリングとも好相性で、抜け感を演出してくれます。

【最高気温23℃】着回し度抜群なホワイトパンツ×トレンドのシアーシャツを合わせたトレンドスタイル

ホワイトのパンツは春夏に大活躍するアイテム。裾をロールアップした着こなしでこなれ感を出し、涼し気な足元を演出します。

ベージュのインナーの上にはグリーンのシアーシャツを羽織り、きちんと感をプラスしましょう。トレンド感もあるので、オフィスで差が付く大人カジュアルスタイルが完成

ラウンド型のカゴバッグやメッシュサンダルを合わせ、抜け感を加えます。引き締めカラーでもあるので、淡い配色のアクセントにもなってくれます。

【最高気温23℃】ジャケットを肩掛けでこなれ度アップ♪ネイビーのワイドパンツでオフィス仕様に

ホワイトのロゴTシャツにネイビーのワイドパンツを合わせた、オフィスカジュアルコーデ。ネイビーのパンツはきちんと感もあり、程よく広がるシルエットが女性らしさもプラスしてくれます。
ロゴTシャツと合わせてカジュアルダウンさせ、こなれた雰囲気に仕上げましょう。

オフホワイトのジャケットを肩に掛けるだけで、こなれ度が一気にアップ。寒暖差や紫外線対策にも一役かってくれるのでおすすめです。バッグや靴はシンプルなブラックでまとめて、大人っぽさをキープして。

【最高気温23℃】カーキのテーパードパンツにホワイト小物をプラスしたきれいめカジュアル

ホワイトのロゴTシャツにカーキのテーパードパンツを合わせた、オフィスカジュアルスタイル。仕上げにネイビーのジャケットを肩掛けし、きれいめに仕上げます。寒暖差や紫外線対策にも役立ち、オン仕様にもできて一石二鳥。

靴はホワイトのハイヒールパンプスをチョイス。きちんと感が出て、きれいめなカジュアルコーデが完成します。カーキとも好相性で、女性らしい雰囲気がプラスされておすすめ。バッグもホワイトで統一し、オンオフ両方に使えるスタイリングにしましょう。

【最高気温23℃】アイスブルーのパンツがアクセント♪夏のオフィススタイルは配色で清涼感アップ

アイスブルーのパンツで、オフィススタイルを完成させます。センタープレスデザインのパンツはきちんと感もあり、オフィスにはピッタリなアイテム。涼し気なアイスブルーで、夏らしいスタイルを意識します。

トップスはシンプルなホワイトを選び、ブルーを引き立てましょう。アイスグレーのジャケットは、夏にも清涼感のある雰囲気を演出してくれます。アイスブルーとの相性も良く、クールなスタイリングになります。
足元には、クリア素材のサンダルで抜け感を出しましょう。

【最高気温23℃】くすみピンクのシャツでオン仕様に!ブラックのスキニーでスタイルアップコーデ

くすみピンクのシャツジャケットにブラックのスキニーパンツを合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。細身のスキニーパンツは、下半身をスッキリと見せてくれます。パンツと同色のブラックのパンプスを合わせることできちんと感も出て、オフィススタイルにもおすすめ。

バッグもブラックのショルダーバッグでまとめ、きちんと感をキープしましょう。くすみピンクのシャツは、パンツにもスカートにも合わせやすい丈感が魅力。シンプルながら女性らしい雰囲気がプラスされたコーディネートが完成。

【最高気温23℃】シンプルだけど手は抜かない!ブルーパンツで大人のきれいめパンツスタイル

ホワイトの七分袖トップスにブルーのパンツを合わせた、オフィス仕様のパンツスタイル。トップスは浅めのVネックが首回りをスッキリと見せてくれます。単品でも着まわしやすく、シンプルなので合わせるアイテムで表情も変化。

上品な印象のブルーのパンツを合わせ、きれいめなパンツコーデを完成させましょう。程よく広がるシルエットは脚長効果もあり、大人っぽさもプラスしてくれます。

バッグと靴はブラックで統一。大人っぽくまとめて、きちんと感をキープしましょう。

【最高気温23℃】リゾート感が着こなしのスパイス♪風にはらむ印象が素敵なスカートコーデ

ストロー素材の帽子やバッグ、エスパドリーユなどの夏らしい小物をアクセントにしたコーディネート。
レディライクなプリーツスカートは、夏らしいブルーが清涼感たっぷり。ロング丈でも涼し気で、上品な印象も与えてくれます
長袖のオフホワイトのニットは、袖をルーズに上げてこなれ感をアップ

仕上げの小物類は、ストローハットやトートバッグを選びましょう。季節感も出て、リゾート感がリッチな雰囲気を演出してくれます。
ホワイトのエスパドリーユも夏らしいアイテムで、春夏には大活躍♪

【最高気温23℃】夏のデニムはホワイトトップスで着映える♪小物がアクセントの大人カジュアルスタイル

カジュアルなデニムのスキニーパンツに、ホワイトのブラウスをプラス。ボリューム袖が今期らしく、デニムを大人っぽく見せてくれるアイテムです。首元のVラインも女性らしく、顔周りもスッキリ。

夏にピッタリなカゴバッグは、ラウンド型のショルダーバッグをチョイス。カジュアルコーデにはもちろん、フェミニンなワンピースに斜め掛けをしてこなれ感を出すのもオススメです。
バッグに合わせたブラウンのメッシュサンダルで、夏らしい大人のカジュアルコーデを完成させましょう。

【最高気温23℃】ブラックコーデはシースルーカーディガンで差し色をプラス◎周りと差がつくサマーコーデ

ブラックのトップス&フレアスカートで、ワンピースのような着こなしを完成させます。シンプルなアイテムの組み合わせなので、単品でも着回し力抜群。合わせるアイテムで表情を変えることもできておすすめ。

仕上げのアウターは、シースルー素材のカーディガンをチョイス。重くなり過ぎるのを防いでくれるとともに、着こなしのアクセントにもなります。急な冷え込みや、紫外線対策もおしゃれに解決◎

足元にも同色のシルバーのハイヒールパンプスを加えましょう。シンプルな中にもアクセントのあるスタイリングになります。

【最高気温23℃】旬度バツグンなグリーンパンツで魅せる!大人のきれいめオフィススタイル

今期トレンドでもあるグリーンを、ボトムスで取り入れたオフィススタイル。グリーンのテーパードパンツは、ブラックの細身のベルトでウエストマークすることできちんと感をプラスします。

ストライプの長袖ブラウスを合わせ、シンプルなオフィスカジュアルを完成させましょう。

シンプルになり過ぎないようにスタイリングするコツは、小物でアクセントを加えること。メタリックなシルバーのハイヒールパンプスをプラスして、着こなしのポイントにしましょう。
ホワイトのショルダーバッグも、チェーン使いがアクセントになります。

【最高気温23℃】スクエアネックトップスで女子力アップ♪チノパンでこなれたコーデに

ベージュのチノパンは、ワイドシルエットが旬な雰囲気を作ってくれます。裾をロールアップさせて、こなれ感を演出。足元にはホワイトのダッドスニーカーを合わせ、テイストを合わせます。

トップスに合わせるのは、ブラウンの半袖トップス。スクエアネックはデコルテを美しく見せてくれるとともに、女性らしさも加えてくれます。きちんと感もあるので、単品でも着回ししやすいアイテムです。

ブラックの巾着型バッグを合わせ、きれいめなカジュアルコーディネートを完成させましょう。

【最高気温23℃】女性らしいシルエットが魅力のワイドパンツをきれいめに仕上げる♪

シンプルなストライプのシャツに、カーキのワイドパンツを合わせてきれいめに。共布のベルトがアクセントにもなるワイドパンツは、適度な広がり具合が女性らしさを演出してくれます。

きちんと感もあるシャツと合わせ、袖をロールアップさせてこなれた着こなしを意識しましょう。

マクラメバッグは夏らしさと同時に抜け感もプラスしてくれます。
メッシュのフラットサンダルもブラウンで統一し、まとまりのあるきれいめカジュアルコーディネートを完成させましょう。

【最高気温23℃コーデ】夏のデニムで垢抜ける♪ハイヒールパンプスがスパイスできれいめに

夏場にも大活躍のデニムを、きれいめにスタイリング。セミフレアのデニムは、脚長効果抜群の便利なアイテム◎ハイヒールパンプスと合わせるとさらにスタイルアップ効果を期待できます♪

パンプスはシルバーをチョイスして、着こなしのアクセントにしましょう。抜け感も出て、オシャレ上級者のコーディネートが完成します。

ホワイトのノースリーブにアイスグレーのショート丈カーディガンを重ね、きれいめテイストをキープ
バッグもきちんと感のあるスクエアトートバッグを合わせ、きちんと感のあるデニムスタイルに仕上げます。

【最高気温23℃】パンツをレディライクに魅せるブラウンコーデ!スカーフ使いで差をつける♪

シンプルなテーパードパンツにブラウンのブラウスを合わせた、オフィス仕様のパンツスタイル。
ブラウスは袖口のシャーリングが凝ったディテールで、リッチ感もプラスしてくれます。ボートネックデザインはデコルテを綺麗に見せてくれるとともに、小顔効果にも期待◎

パンツと統一感を演出する為に、パンプスはベージュをチョイス。きちんと感もキープできて、オフィスにもピッタリです。シーズンムードを意識した秋口に着こなしたいコーデ♪

オフホワイトのバッグにはパンツと同色が含まれたスカーフをハンドルに巻き、上品なスタイリングを意識しましょう。こなれ感も出て、大人女子のパンツコーディネートが完成します。

【最高気温23℃】細プリーツのワイドパンツで鮮度アップ♪クリアサンダルでこなれ感もプラス

ホワイトのカットソーにプリーツのワイドパンツを合わせた、きれいめなカジュアルコーディネート。七分袖のカットソーは紫外線対策にもなり、暑い時はロールアップさせてこなれ感を出すこともできます。

シックなグレーのワイドパンツは、大人っぽさを加えてくれるアイテム。落ち感のある素材なので広がり過ぎず、スッキリと着こなせます

クリアなサンダルを合わせ、夏らしいスタイリングを意識しましょう。ブラックのショルダーバッグを斜め掛けして、抜け感のあるスタイルを完成させます。

【最高気温23℃】ホワイトトップス×カーキワイドパンツで作る大人のきれいめシンプルコーデ◎

カーキのワイドパンツは、トレンド感もあって着回し力も抜群。女性らしさもアップでき、着こなしの主役に。合わせるトップスは、シンプルなホワイトのカットソーがベスト。長過ぎない丈感が絶妙で、パンツのボリュームをスッキリと見せてくれます。

夏らしさを感じるマクラメバッグを合わせ、こなれ感をプラスしましょう。
足元にはジュートミュールをチョイスして、きれいめな大人女子のカジュアルコーディネートを完成させます。

【最高気温23℃】サマーコーデは色で差をつける!ブルーのチェック柄スカートでフェミニンに♪

涼し気なブルーのチェック柄スカートは、ロング丈とフレアシルエットがフェミニンライク。一枚で主役になり、さまざまなシーンで活躍してくれます。共布のベルトを結べばウエストにも視線が行くので、脚長効果も期待できます。

甘くなりすぎないように、シンプルなトップスを合わせるのがセオリー。ホワイトの七分袖トップスはテイストを選ばないので、汎用性も抜群です。

シルバーのストラップサンダルを合わせ、夏らしさをキープ。バッグも小さめのショルダーバッグをチョイスして、フェミニンな雰囲気に合わせましょう。

【最低気温23℃】日中の気温は夏本番!そろそろ紫外線対策も◎

東京では、7月後半・8月頃の気温です。最高気温は32℃前後まで気温が上昇し、猛暑日になる日も増えてきます。

半袖や、ノースリーブなど格的な夏の装いに!通気性に優れた素材や、天然のアイテムを取り入れるなど、肌を清潔に保つためにも機能性に優れたアイテムをチョイスすることがおすすめです◎

また気温と共に、紫外線もかなり強く薄手のシャツやカーディガンで直射日光から肌を守ることも大切です。

半袖・ノースリーブで涼しく快適に♪ただし屋内との寒暖差や紫外線に注意が必要!

日中は32℃前後などグッと真夏日に近づきます。吸収性に優れた天然素材のアイテムや、直接日光が肌に当たらないように薄手のシャツやカーディガンを羽織って、紫外線対策を行いつつ、暑さを凌ぎましょう◎

インナーはノースリーブで、薄い長袖のシャツを羽織るなど気軽に温度調節できる服装がおすすめです。

CheckPoint!
  • 吸収性に優れた天然素材アイテムがおすすめ!
  • 直射日光が肌に直接当たらないように薄手のシャツやカーディガンを羽織る◎
  • インナーはノースリーブでシャツを羽織るなど気軽に温度調節できる服装が便利!

【最低気温23℃】イエローで着映える♪フェミニンなフレアスカートをTシャツでカジュアルダウン

きれい色のフレアスカートを、シンプルなロゴTシャツでカジュアルダウンさせたコーディネートです。イエローのフェミニンなスカートは、一枚で主役になるアイテム。
落ち感のある素材で広がり過ぎないシルエットも秀逸です。着こなしのアクセントにもなるイエローなので、合わせるトップスはベーシックなカラーがベスト。

ロゴTシャツを合わせてカジュアルテイストをプラスし、甘さ控えめなスタイリングを意識しましょう。
クリア素材のトートバッグは、夏らしさを添えてくれます。
ホワイトのハイヒールパンプスできちんと感を出し、きれいめに仕上げましょう。

【最低気温23℃】体型カバーも叶う♪ワンピース&ホワイトスキニーのレイヤードコーデ

フレンチスリーブのVネックワンピースにホワイトのスキニーパンツを重ねた、きれいめカジュアルコーデ。フロントタックデザインのワンピースは、程よいゆるシルエットでラフに着られるアイテムです。

ホワイトのスキニーパンツを合わせてレイヤードスタイルにし、感度高めな着こなしを完成させます。太もも部分をワンピースが隠してくれるので、下半身が気になる人にもオススメな着こなし。

夏らしいマクラメバッグやシルバーのサンダルを合わせ、抜け感のあるスタイリングにしましょう。

【最低気温23℃】大人カジュアルコーデの差し色はグリーンで旬顔スタイルに♡

ブラックのスキニーパンツで仕上げる、きれいめカジュアルスタイル。トップスにはホワイトのロゴTシャツを合わせ、カジュアルテイストをキープします。首元に大きめチャームのペンダントを加え、こなれ感をプラス。

くすみグリーンのカーディガンをたすき掛けし、トレンド感のあるスタイリングを完成させましょう。グリーンがアクセントにもなり、シンプル過ぎるコーディネートになるのを防ぎます。寒暖差対策にも使えるので、オススメなアイテムです。

足元はブラックのストラップサンダルがベスト。ヌーディーなので夏らしさも加わり、きれいめテイストのカジュアルコーデになります。

【最低気温23℃】シンプルだけど女っぽ♪Tシャツ×デニムをきれいめに仕上げる

シンプルなホワイトのロゴTシャツをスキニーデニムでカジュアルに仕上げました。下半身がスッキリとまとまるスキニーデニムは、裾をロールアップさせてこなれ感をプラス。

王道のカジュアルスタイルですが、きれいめに着こなすために靴やバッグの小物はブラックで統一。ヌーディーなサンダルやきちんと感もあるショルダーバッグを合わせて、女性らしさをアップさせましょう。

紫外線対策には、シアーシャツを羽織ることでトレンドを意識したコーデに。清涼感もキープできて、デニムとも好相性です。

【最低気温23℃】モノトーンコーデを夏仕様にチェンジ!加えるのは夏っぽ小物

一枚で主役になるブラックのキャミソールワンピースは、ホワイトの半袖トップスを合わせます。シンプルなモノトーンコーデは、デートや旅行時にもピッタリ。広がり過ぎないAラインなので、大人っぽく着こなせます

季節感のあるコーディネートに仕上げるには、夏素材の小物をチョイスするのがポイント。天然素材のラウンドショルダーバッグは抜け感も演出でき、一気に季節感を加えることができます。
ブラックのジュートサンダルも、夏ならではの素材感が魅力です。

【最低気温23℃】ブラウントップス×ブラックのパンツで大人女子スタイルに

ブラウンのトップスにブラックのテーパードパンツを合わせたシンプルコーディネート。ノースリーブトップスはシースルー素材なので重い印象にならず涼し気。シンプルなシルエットなので、パンツにもスカートにも合わせやすいアイテムです。

足元にはホワイトのメッシュサンダルを合わせ、夏を意識した着こなしにしましょう。差し色にもなってくれ、オシャレ度がアップ。
紫外線が気になる屋外では、オフホワイトやベージュのシアーシャツを羽織るのもオススメです。

【最低気温23℃】ブラックワンピースの夏コーデ♡バンブー使いのバッグがアクセント

ドット柄がオシャレなブラックのワンピースを、夏らしく仕上げます。ブラウンの細めベルトでウエストマークすることで、きちんと感が出ます。ウエスト位置が高く見えて脚長効果も期待でき、メリハリのある着こなしが完成

足元はシンプルなフラットシューズを合わせ、ブラックをチョイスしてまとまりのあるスタイリングにしましょう。
仕上げのバッグは、夏にピッタリなバンブーハンドルのバッグを投入。あえてブラックで統一せず、ブラウンを取り入れることで、遊び心溢れる大人のスタイルに。

【最低気温23℃】きれいめなブルーのパンツをラフに着こなす♪トレンドはスニーカーで取り入れて

きれい色のアイスブルーのワイドパンツを、カジュアルダウンさせたコーディネート。落ち感のある素材が魅力のワイドパンツは、合わせるトップスによってテイストもチェンジできます。
ホワイトのロゴTシャツを合わせてカジュアルに着こなし、こなれ感を演出

トレンドでもあるホワイトのスニーカーを合わせ、旬なきれいめカジュアルスタイルを完成させます。
ネイビーやベージュなどの薄手カーディガンを肩掛けすれば、冷房や紫外線対策にも活躍

【最低気温23℃】エスニック柄ワイドパンツでシーズンムードを加速する大人コーデに

エスニックな雰囲気のパネル柄スカートを主役にした、大人女子コーディネート。アースカラーなので合わせるカラーを選ばず、着回し力もあります。
トップスはシンプルなデザインのカットソーを選びましょう。フリルネックがフェミニンな印象で、女性らしさを加えてくれます。

ホワイトのサンダルは、フラットなデザインをチョイスすることでトレンドライクに仕上げます。
ブラウンのマクラメバッグやストロー素材の帽子を合わせて、季節感のある着こなしを完成させましょう。

【最低気温23℃】レース使いトップスでデニムをアップデート。小物で遊ぶオシャレ上級者スタイル

レース使いが涼し気でフェミニンライクなノースリーブトップスで、デニムをきれいめに仕上げます。程よい透け感が女性らしい雰囲気を演出してくれるレーストップスは、インナーとしても使えて便利。

センタープレスのデニムは、脚を細く長く見せてくれる効果があります。取り入れるだけで今っぽい大人カジュアルコーデが叶います。

シルバーのストラップサンダルで遊び心を加え、オシャレ上級者の着こなしを意識しましょう。
カゴ素材も夏らしさをプラスしてくれるアイテムなので、ワードローブに加えたい一品。ショルダーバッグなら斜め掛けもできるので、カジュアル度を調節することもできてオススメです。

【最低気温23℃】レーストップスはブラウンカラーで大人に!ワイドパンツで抜け感コーデ

ブラウンのノースリーブトップスは、透け感が大人っぽいアイテム。ベージュのワイドパンツと合わせて、きれいめカジュアルを完成させます。メリハリのある配色は洗練された雰囲気を演出してくれます。

ホワイトのエスパドリーユを足元に合わせ、カジュアル感をプラス。きれいめカジュアルスタイルに大活躍のエスパドリーユは、夏らしさも加えてくれます。

ベージュのショルダーバッグはきちんと感のあるデザインをチョイスし、きれいめに仕上げましょう。

【最低気温23℃】テラコッタカラーのセットアップであか抜ける♪夏小物がアクセントに

ノースリーブトップスとワイドパンツのセットアップは、テラコッタカラーが印象的。上下とも単品で着回しできるので、オススメです。トップスのVネックは、顔周りをスッキリと見せてくれます。程よく広がるシルエットが綺麗なパンツは、オンオフ両用できて大活躍。

ストロー素材使いのサンダルを合わせ、こなれ感のあるコーディネートに仕上げましょう。ホワイトのキャンバストートバッグは、着るアイテムを選ばない万能アイテム。

引き締めカラーのブラックやブラウンなどのカーディガンを肩掛けすれば、外出時の紫外線にも対応できます。

【最低気温23℃】カジュアルなベージュのチノパンで作る簡単に大人のスタイリングに◎

カジュアルなベージュのチノパンは、太めなシルエットでラフに着られる楽ちんアイテム。きれいめテイストなブラウンのレーストップスと合わせて、大人っぽく仕上げます

合わせる小物は、アクセントにもなるホワイトをチョイス。汎用性のあるキャンバス素材のトートバッグで、カジュアル感をキープします。
足元もフラットサンダルで抜け感を出し、大人女子のカジュアルスタイルを完成させましょう。
イヤリングやバングルもホワイトが基調のアイテムを選ぶことで、まとまりのあるコーディネートになります。

【最低気温23℃】揺れ感がリッチなプリーツパンツ×ノースリーブでヘルシーな肌見せコーデに

清涼感のあるホワイトのトップスは、Vネックのノースリーブをチョイス。大人っぽいプリーツのワイドパンツを合わせ、リッチ感のあるスタイリングを完成。大人女子のパンツスタイルには、ブラックの小物を合わせるのがベスト
シックな雰囲気がプラスされるとともに、コーディネートが引き締まります

夏らしいヌーディーなサンダルや巾着型のバッグを合わせ、抜け感を出しましょう。
太めのバングルを合わせれば、腕を華奢に見せることもできてオススメです。

【最低気温23℃】肩掛けカーディガンでコーデを引き締めた大人のサマーデートコーデ

涼し気なアイスブルーは、トレンド感もあって夏に取り入れたい一品。フェミニンなプリーツスカートは、デートや会食、合コンなどにも大活躍してくれます。

シンプルなホワイトのトップスを加え、甘さを抑えましょう。好感度もアップして、大人っぽいスタイルに仕上がります。

シルバーのサンダルを合わせてこなれ感を出し、バッグはきちんと感のあるデザインをチョイス。
ブラックのカーディガンを肩掛けして、抜け感のあるコーディネートを完成させます。

【最低気温23℃】ブルートップス×ホワイトスキニーパンツで爽やかさな着映えコーデ

ブルーのノースリーブトップスで、夏の清涼感ある着こなしを実現。イレギュラーヘムが旬な印象で、パンツとも好相性なトップス。こなれ感も演出できて、着こなしのアクセントになってくれます。

スキニーパンツはホワイトカラー一択。爽やかな配色が夏らしくて、スッキリと見えます。差し色のトップスに目が行くため、下半身が気になる人にもオススメです。

アンクルストラップのハイヒールサンダルを合わせることで、一気に大人っぽさがアップ。オンオフ両方OKなコーディネートが完成します。

【最低気温23℃】カラーコントラストで差をつける♪こなれ度バツグンなパンツコーデ

マスタードイエローのフレアパンツで、大人女子のパンツスタイルを完成させます。楊柳パンツは清涼感もあり、落ち感があるので広がり過ぎないのがポイント。下半身にボリュームが出過ぎるのを防いでくれます。

レースのノースリーブトップスは、透け感もあって夏には大活躍してくれるアイテムです。程よい甘さも加えてくれ、デートやイベントにもピッタリなスタイリングになります。

ブラウンのジュートサンダルで季節感をプラスし、足元を引き締めましょう。

【最低気温23℃】デニムスタイルはロングジレで差をつける!ブラック小物で大人度アップ

ホワイトのトップスにデニムのシンプルコーデを、ベージュのロングジレでトレンド感のあるコーディネートにまとめます。デニムは裾をロールアップして、こなれ感をアップ♪

トレンドのロングジレは、きちんと感のあるデザインがきれいめテイストを加えてくれます。カジュアルなデニムスタイルが一気に垢抜けて、大人っぽいスタイルが完成。

靴やバッグなどの小物類は、ブラックで統一。きれいめなデザインのバッグで、オンにも対応できるスタイリングに仕上げましょう。

【最低気温23℃】スキニーパンツを大人っぽく仕上げる♪ベージュのきちんと小物が着こなしのカギ

ホワイトのスキニーパンツにグレーのロゴTシャツを合わせた、大人のカジュアルスタイル。パンツは裾をロールアップさせて、こなれ感を演出します。

ベージュのハイヒールパンプスを合わせることで、一気にきれいめなテイストにチェンジ。足首を見せることで女性らしさもアップします。

バッグもベージュのトートバッグをチョイスして、まとまりのあるコーディネートを完成させましょう。
寒暖差対策が必要な場合は、ホワイトやベージュのシアーシャツを肩掛けするのもオススメです。

【最低気温23℃】カジュアルなデニムスタイルをシアーシャツできれいめにアップデート♪

カジュアルなデニムを、トレンド感のあるシアーシャツできれいめに仕上げます。インナーにはブラックのタンクトップを合わせ、大人っぽさを出しましょう。

透け感のあるシアーシャツは、羽織るだけで旬な雰囲気を演出してくれます。夏の紫外線対策や冷房対策にも活躍してくれて、一枚は持っておきたいアイテムです。

クリアサンダルとマクラメバッグは、夏らしさを感じさせてくれます。小物で旬なアイテムを取り入れることで、こなれ感のあるコーディネートが完成します。

大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • 人気雑誌「美人百花/mina/日経WOMEN」掲載
  • インフルエンサー愛用後、今SNSで人気上昇中!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の見どころ