MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう! >

1月の服装は?本格的な寒さにも負けない冬アウターを使ったおしゃれコーデを解説!

1月は冬本番!実は1年で最も気温が低くなるのが1月中旬から下旬。1月は最も寒さ対策が必要な冬のピークですが、初頭からアウターを着続けたせいでコーデもマンネリしがち。そこで今回は1月の上旬・中旬・下旬に分けてコーディネートを徹底解説!

EMI

冬本番の1月こそ周りと差をつけるチャンス!1月をおしゃれに過ごすコツをご紹介♪

折れ線グラフ:東京の1月の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の1月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
折れ線グラフ:東京の1月の3時間毎気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の1月の3時間毎気温平年値
データ引用元:国土交通省 気象庁
EMI

最低気温が0度を下回る地域も多く出てくる1月。冬コーデの注意点を気にかけながら、上旬・中旬・下旬に分けて徹底解説!

Scroll to Contents!
LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

1月上旬(1~10日)は最高気温10℃で引き続き寒さは厳しい

折れ線グラフ:東京の1月上旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の1月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

1月上旬は、平均気温6℃前後です。日中の最高気温は、10℃前後で、最低気温は2℃前後と、1日中寒さの続く厳しい気候。

気象庁が発表した2022年1月の1か月予報では、2022年1月の気温は全国的に平年よりも低い見込みとのこと。

EMI

1月はインナーから足の先までしっかりとした寒さ対策が必要になります!

寒くても外出の機会が増える上旬はTPOに合わせた着こなしが大切

品のある色使いでフォーマルな雰囲気に
旅行先では体温調整できる小物が活躍

1月上旬帰省や初詣、新年会、お正月休みや成人の日を含む3連休など、何かと外に出る機会が多い時期。
帰省やお正月は少しフォーマルな要素を強めたり、3連休で旅行などを計画している場合は取り回しのきく服装を心がけるなど、TPOを押さえたコーディネートを忘れずに。

EMI

肌の露出部分をできる限り減らし乾燥対策も忘れずに!

Check Point!!
  1. 外出先を考えた服選びを忘れずに
  2. インナーや小物を駆使して寒さ対策は万全に
  3. 肌見せは最小限にするなど乾燥対策も忘れずに

【最高気温10℃】グレー×チェックのトレンドスカートをレディライクに仕上げる♪ブラック小物で上品さを上乗せ

グレー×チェックのトレンドスカートをレディライクに仕上げる♪ブラック小物で上品さを上乗せ

グレー地のチェック柄スカートを上品に着こなしたコーディネートです。
ブラックのロングコートを合わせ、大人っぽいレディライクなテイストをプラス。首元にティペットを足すことで、カジュアルさも加わります。ライトグレーをチョイスすれば、顔周りが明るく見えるとともにアクセントにもなります。

足元はブラックのショートブーツで、コートのテイストに揃えましょう。バッグもブラックで統一することで、より上品な装いが完成。
チェーン使いや小さめのフォルムのバッグは、合コンや同窓会、イベントなどにも活躍するアイテムです。

【最高気温10℃】黒のチュールスカートが主役♪ライトグレーのコートで甘さ控えめな大人女子コーデ

黒のチュールスカートが主役♪ライトグレーのコートで甘さ控えめな大人女子コーデ

フェミニンなブラックのチュールスカートに、きちんと感をプラスしました。
ホワイトのベーシックなトップスを合わせ、スカートを際立たせます。アウターにはライトグレーのロングコートをチョイスし、スカートの甘さを抑えましょう。
ブラウン系のチェック柄マフラーを首に巻き、着こなしのアクセントにします。

靴やバッグはブラックでまとめ、シンプルラインのアイテムをプラス。程よいきちんと感も加わり、オンオフ両方に着回せるコーディネートに仕上がります。

【最高気温10℃】キャメルロングコートに合わせる大人ブラック♪クラシカルなプリーツスカートで女度アップ

キャメルロングコートに合わせる大人ブラック♪クラシカルなプリーツスカートで女度アップ

ホワイトのニットトップスにブラックのプリーツスカートでレディライクな装いを作ります。
フェミニンな印象もあるプリーツスカートは、ブラックカラーをチョイスすることで大人っぽく仕上がります。
縦のラインが強調されて、足が長く見える効果もあってオススメです。スカートと繋げるために、ブーツもブラックをチョイスしましょう。

キャメルのコートは、きちんと感もある上にデニムなどのカジュアルアイテムとも相性が抜群。着回ししやすいので、ワードローブに加えるべきアイテムです。
仕上げに、ブラックのマフラーを首元にプラス。防寒のためだけでなく、コートに上品さが加わってコーディネートがアップデートされます。

【最高気温10℃】レッドカラーのチェック柄マフラーがアクセント♪デニムスタイルをクールに仕上げる

レッドカラーのチェック柄マフラーがアクセント♪デニムスタイルをクールに仕上げる

インディゴカラーのスキニーデニムをブラックのロングコートで、クールなコーディネートに仕上げました。
トップスにはベージュのシンプルニットを合わせ、デニムにインして着こなします。そのままだとソフトな印象もありますが、コートをブラックカラーにすることで大人っぽいクールさが加わります。

ブラウンのブーツにデニムをインして、こなれ感のあるスタイリングにしましょう。クールさをアップさせるポイントは、ハイヒールのブーツをチョイスすること。
首元にはレッド×グリーンのマフラーを巻き、着こなしのアクセントにします。鮮やかな色なので、顔色が華やかに見え存在感も増し、一石二鳥です

【最高気温10℃】カジュアルなデニムスタイルを大人っぽくチェンジさせるブラックテーラードコート

カジュアルなデニムスタイルを大人っぽくチェンジさせるブラックテーラードコート

ベージュのタートルニットに、ブラックのテーラードコートを羽織った大人カジュアルスタイルです。
ニットは長め丈で、パンツとも好相性なフォルム。ブラックのベーシックなコートを合わせることで、一気に大人っぽいテイストが加わります。

ホワイトのショートブーツにデニムをインする着こなしで、抜け感を演出。ブーツのホワイトカラーが、着こなしのアクセントにもなってくれます。バッグはキャメルのスクエアバッグを合わせ、きちんと感をプラス。

【最高気温10℃】ブラウンのチェスターコートが主役のベーシックコーデ♪パンツをブーツインでこなれ感

ブラウンのチェスターコートが主役のベーシックコーデ♪パンツをブーツインでこなれ感

ブラックのタートルニットに、ブラウンのチェスターコートをアウターに合わせた大人モードスタイルです。
ベーシックなタートルニットは、着回し力のある定番アイテム。オフホワイトのパンツとの相性も良く、大人っぽいスタイリングには欠かせません。上品なチェスターコートは膝丈で、パンツともスカートともバランスが取りやすくてオススメです。

ベーシックなアイテムにこなれ感を加えてくれるのは、ブーツインの着こなし。ホワイトのショートブーツにインすることで、パンツとの繋がりも出て脚長効果も◎

【最高気温10℃】シンプルデニムに合わせるのはブラックアイテム♪コート&マフラーできれいめにランクアップ

シンプルデニムに合わせるのはブラックアイテム♪コート&マフラーできれいめにランクアップ

グレーのトップスにデニムを合わせた、シンプルなカジュアルスタイルです。
トップス以外はブラックでまとめ、クールさと上品さをプラス。コートはハーフ丈をチョイスし、軽さのある着こなしにしましょう。パンツとの相性が抜群なので、パンツスタイルの多い人にはオススメです。

靴とバッグもブラックのシンプルなデザインのアイテムを合わせ、きちんと感のあるコーディネートにしましょう。
仕上げにマフラーをプラスして、きれいめカジュアルな装いを完成させます。

女性らしいアクセサリーをプラスすれば、よりきれいめなスタイリングになります。

1月中旬(11~20日)は最高気温9℃で冬を寒さはピークに

折れ線グラフ:東京の1月中旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の1月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

1月中旬は、平均気温5℃前後です。日中の最高気温は9℃前後で、最低気温は1℃前後とついに冬のピークを迎えます。

コーデのマンネリ対策には真冬の着こなしに色味を加えて

トレンドカラーのアウターが便利
ボトムスやトップスで色味を出すのもおすすめ

長い冬もついに折り返し地点を迎える1月中旬。言い換えればそろそろ冬コーデもマンネリしてくる頃とも言えます。
そんな時はカラーアイテムを意識的に取り入れて、暗くなりがちな冬コーデを明るく華やかにすると気分も晴れること間違いなし。アウター以外に色味を加えると、上着を脱いだ時でもおしゃれに。

また、外出の機会も上旬からは減り、屋内で過ごす時間が増えれば、過剰な防寒もしなくて済みそう。

Check Point!!
  1. マンネリ解消にはカラーアイテムがマスト
  2. 寒すぎる日は屋内で過ごすことを考えて服装を選ぶ
  3. 上着を脱いだ時にもトーンが落ちないようにコーデする

【最高気温9℃】デニムスタイルをグレーチェスターコートできれいめに着る♪ブラック小物で大人度アップ

デニムスタイルをグレーチェスターコートできれいめに着る♪ブラック小物で大人度アップ

ブラックのスキニーデニムには、ブラックの靴やバッグでまとめるのがベスト。
ライトグレーのチェスターコートを投入し、きれいめに仕上げます。ロング丈でシンプルなコートは、パンツにもスカートにも合わせやすくてオススメです。きちんと感もあるので、デニムをきれいめなスタイルに格上げできます。

靴はブーティを合わせ、こなれ感をプラス。ハイヒールで女性らしさも出せるため、さらにきれいめなコーディネートが完成します。
バッグもシンプルなデザインのショルダーバッグを選びましょう。

【最高気温9℃】レーシーなマキシ丈スカートがエレガント♪ブルーロングコートで甘さ抑えめコーデ

レーシーなマキシ丈スカートがエレガント♪ブルーロングコートで甘さ抑えめコーデ

ホワイトのハイネックニットに同じくホワイトのレーススカートでフェミニンなコーディネートを作ります。
マキシ丈のスカートはエレガントな印象で、シンプルなトップスを合わせることで甘くなり過ぎるのを防いでくれます。
トレンドカラーでもあるブルーのロングコートで、きちんと感をプラス。甘さのあるスカートも大人っぽく見せることができます。

足元は、ブラックのブーツをチョイス。ブルーのコートとも相性がよく、きちんと感もアップします。

【最高気温9℃】大人女子コーデはノーカラーのロングコートが決め手♪パープルカートがレディライク

大人女子コーデはノーカラーのロングコートが決め手♪パープルカートがレディライク

ブラックのニットトップスにパープルのロングスカートでレディな装いを完成させます。
シンプルなアイテムだからこそきちんと感もあり、オンオフの両方に活躍するスタイリングです。
アウターは、大人っぽいノーカラーのロングコートをチョイス。ホワイトカラーでボタンの無いデザインは、きちんと感もあります。

靴やバッグはブラックでまとめ、シンプルなデザインを合わせましょう。チェーン使いのショルダーバッグはコンパクトなサイズがマスト。よりレディライクなコーディネートになります。

【最高気温9℃】イエローニットがこなれ感のポイント♪ブラックのキルティングコートはノーカラーがマスト

イエローニットがこなれ感のポイント♪ブラックのキルティングコートはノーカラーがマスト

イエローのニットトップスにオフホワイトのテーパードパンツを合わせて、シンプルなカジュアルコーディネートを作ります。
イエローはトレンドカラーでもあるので、シンプルなパンツにこなれ感が生まれます。アウターは、ブラックのキルティングコートをチョイス。ノーカラーでロング丈を選ぶことで、きちんとした印象が加わります。

ハイヒールパンプスは、コートに合わせてブラックを合わせましょう。ビットデザインでリッチ感もあり、女性らしくまとまります。
ノーカラーのコートはアクセントカラーのマフラーを加えるだけで印象も変わり、着回し力もバツグンのアイテムです。

【最高気温9℃】ベージュのパイピングロングコート×キャメルフレアパンツで大人見えカジュアルコーデ

ベージュのパイピングロングコート×キャメルフレアパンツで大人見えカジュアルコーデ

カジュアルな印象のパイピングコートを、上品なフレアパンツできれいめにアップデートしました。
パンツはキャメルカラーをチョイスすることで、より上品できちんと感も出ます。トップスはシンプルデザインのニットを合わせ、パンツのキャメルカラーを際立たせましょう。
コートはロング丈なので、カジュアルな中にも大人な表情が加わります。

ブーツは、パンツのカラーに合わせてブラックがマスト。
バッグも同色のブラックでまとめます。小さめのバッグの方が、きちんと感をキープできてオススメです。

【最高気温9℃】スタンドカラーのモカカラーコートは上品見えの代表格♪ロングブーツでモード感もプラス

スタンドカラーのモカカラーコートは上品見えの代表格♪ロングブーツでモード感もプラス

モカカラーのスタンドカラーコートが主役の、大人女子スタイルです。
インナーはブラックのタートルニットを合わせ、大人っぽくシンプルな着こなしにするのがオススメ。コートは、タイト感のあるシルエットが上品で、オフィスはもちろん会食や同窓会、イベントなどのオンシーンに活躍します。

ブラックのロングブーツを合わせ、女性らしくリッチ見えするコーディネートを完成させましょう。
バッグもブラックを選び、上品さをキープするためにコンパクトサイズを合わせるのがベストです。

【最高気温9℃】きれいめなピンクベージュのパンツをホワイトニット×デニムシャツでカジュアルダウン

きれいめなピンクベージュのパンツをホワイトニット×デニムシャツでカジュアルダウン

ホワイトニットにピンクベージュのパンツを合わせ、トップスにはデニムシャツを重ねることでカジュアルダウンさせます。
きれいめに仕上げるために、アウターはハーフ丈のシンプルコートをチョイス。ブラックを選ぶことで、よりきちんとした印象が生まれます。

足元は、ビットデザインのハイヒールパンプスを合わせます。バッグもシンプルなスクエアトートバッグを合わせることで、きれいめなスタイリングが完成。
シンプルなアイテムがメインですが、カジュアルなデニムシャツを1点プラスするだけで、こなれ感のあるコーディネートになります。

【最高気温9℃】デニムで作る大人のシンプルカジュアルコーデ♪ブラック上品小物で大人度をアップ

デニムで作る大人のシンプルカジュアルコーデ♪ブラック上品小物で大人度をアップ

デニムにホワイトニットとブラックコートで、シンプルカジュアルにスタイリング。
きれいめカジュアルに合わせやすいコートは、ブラックカラーがマストです。大人っぽさも加わるため、仕上がりが上品になります。

靴やバッグなどの小物類も、ブラックで統一して大人な着こなしを完成。ビット使いのローファーやチェーン使いのコンパクトバッグも、大人テイストを加えてくれるアイテムです。
シンプルさに個性を出したい時は、インナーをイエローなどのトレンドカラーを用いるのもオススメ。

1月下旬(20~31日)は最高気温9℃で寒さのピークは終わりに向かう

折れ線グラフ:東京の1月下旬の気温平年値の画像
折れ線グラフ:東京の1月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

1月下旬は、平均気温5℃前後です。日中の最高気温は9℃前後で、最低気温は1℃前後。地域によっては気温が0度を下回る日が数日続くことも。

しかしグラフでもわかる通り、寒さのピークは1月下旬で終わり、気温は徐々に上向きに!とはいえすぐに暖かくなるわけではないので、引き続き寒さ対策は厳重に。

1年で1番寒い1月下旬はダウンコートが手放せない!

ダウンコートでしっかりと防寒
ハイブリッドダウンジャケットを使った上品コーディネート
ダウンジャケットですっきりと着こなすのも◎

1月下旬は寒さの底にあたる時期。手持ちのアウターの中で最も暖かいものを選ぶようにしましょう。
ダウンコートやダウンジャケットなど、しっかりめのアウターや厚みのあるニットを駆使して、残りの冬を乗り切りましょう!

Check Point!!
  1. 手持ちのアウターの中で最も暖かいものを選ぶようにする
  2. トップスはニットが必須
  3. 足元もブーツで防寒するのが吉◎

【最高気温9℃】冬のブラウンコーデはレディライクが気分♪ダウンコートもベージュで優しい雰囲気

冬のブラウンコーデはレディライクが気分♪ダウンコートもベージュで優しい雰囲気

インナーのトップスとプリーツスカートは、ブラウンでまとめました。
カジュアルなダウンコートは、ベージュをチョイスして上品さをプラスします。レディライクなプリーツスカートは、シンプルなトップスを合わせるのがベストです。

ダークブラウンのブーツでスカートと繋げ、バッグもベージュのトートバッグをチョイスしましょう。
コートに淡色のベージュを合わせることで、インナーのブラウンが重くなり過ぎるのを防いでくれます。優しく女性らしい雰囲気も加わって、顔周りも明るく見えてオススメです。

【最高気温9℃】インディゴのスキニーデニムをきれいめに仕上げる♪ベージュのダウンコート&ハイヒールが決め手

インディゴのスキニーデニムをきれいめに仕上げる♪ベージュのダウンコート&ハイヒールが決め手

インディゴのスキニーデニムに、ブラウンのニットトップスを合わせてきれいめにまとめました。
ニットと同色のモカカラーのハイヒールパンプスをチョイスするのが、きれいめテイストにするポイントです。バッグもキルティングバッグを合わせ、きれいめをキープ。

ダウンコートはカジュアルな印象ですが、ベージュのハーフ丈を選ぶことで上品で女性らしくまとまります。デニムとの相性もいいので、きれいめカジュアルコーデを作るのに活躍するアイテムです。

【最高気温9℃】ブルーニット×グレーパンツで大人っぽコーデ♪ブラックのロングコートでカジュアルダウン

ブルーニット×グレーパンツで大人っぽコーデ♪ブラックのロングコートでカジュアルダウン

トレンドのブルーニットにグレーのパンツを合わせた、オンスタイル。
シックなブルーのニットは、美白見え効果も期待できます。グレーのパンツとも好相性で、地味な印象になりがちなグレーのパンツに華やかさを添えてくれるアイテムです。

より大人っぽく仕上げるために、ブラックのシンプルなハイヒールパンプスをプラス。バッグはアニマル柄を投入し、こなれ感を出しましょう。
カジュアルなロングダウンコートを羽織り、抜け感のあるコーディネートを完成させます。

【最高気温9℃】くすみグリーンのケーブルニットのきれいめをキープするのはホワイトパンツで決まり♪

くすみグリーンのケーブルニットのきれいめをキープするのはホワイトパンツで決まり♪

ケーブルニットとシャツのレイヤードにホワイトのテーパードパンツを合わせた、きれいめなコーディネート。
くすみグリーンはホワイトとの相性が抜群です。配色もきれいめなため、合わせる小物類もホワイトで統一しましょう。

ハイヒールパンプスは、女性らしい仕上がりにするための必須アイテムです。クラッチバッグもこなれ感があり、大人っぽくまとまります。
仕上げのコートは、あえてカジュアルライクなダウンコートをチョイス。ブラックカラーで引き締めて、冬らしさを出します。

【最高気温9℃】ベージュスカートでふんわりフェミニン♪レースアップブーツ&ダウンコートを足して甘辛MIX

ベージュスカートでふんわりフェミニン♪レースアップブーツ&ダウンコートを足して甘辛MIX

ホワイトのケーブル編みニットとベージュのフレアスカートの、フェミニンな装い。
ニットはシャツと重ねてきちんと感を出します。足元はブラックのレースアップブーツを合わせ、こなれ感のあるコーディネートにします。
ブラックのダウンコートを合わせて、でカジュアルさをプラス。ボリュームが出やすいダウンコートですが、引き締めカラーのブラックならスッキリ見えます。

バッグもブラックで統一し、斜めがけしてカジュアル感を演出しましょう。甘さとカジュアル感のテイストがミックスされた、こなれ感のあるコーディネートになります。

【最高気温9℃】ロングダウンコートを大人っぽく着こなす♪えんじ色のロングスカートがアクセント

ロングダウンコートを大人っぽく着こなす♪えんじ色のロングスカートがアクセント

ブラックのニットにテラコッタのフレアスカートを合わせた、大人女子コーデです。
カジュアルな雰囲気のダウンコートですが、ブラックをチョイスすることで大人っぽさをキープ。フレアスカートは落ち感のある素材なので、広がり過ぎることなくスッキリとしたシルエットになります。

小物類はブラックのローファーとスクエアトートバッグで、ベーシックにまとめましょう。フェミニンなスカートがアクセントの、大人っぽくてきれいめなスタイリングになります。

【最高気温9℃】ブルートップスで着映える♪合わせるアイテムはブラック一択で大人カジュアルを極める

ブルートップスで着映える♪合わせるアイテムはブラック一択で大人カジュアルを極める

ブルーのトップスを差し色にした、大人のカジュアルスタイル。
ボトムスにはブラックのスキニーパンツを合わせ、カジュアルライクな着こなしにします。

大人っぽく仕上げるポイントは、パンツと同色のハイヒールパンプスを合わせること。シンプルなハイヒールを合わせるだけで、大人度がアップ。バッグもブラックでまとめ、オフィスにもOKなスタイリングを完成させます。
アウターのダウンコートも、ブラックをチョイス。程よいカジュアル感がこなれた印象を加えてくれ、大人女子のカジュアルコーディネートになります。

【最高気温9℃】グレーニット×デニムをきれいめに仕上げる♪シルバーのパンプスがコーデのスパイス

グレーニット×デニムをきれいめに仕上げる♪シルバーのパンプスがコーデのスパイス

グレーのオフタートルニットとデニムの組み合わせで、きれいめなカジュアルコーデを完成。
オフタートルのニットは、デニムのカジュアル感に女性らしさを加えてくれます。リブニットなので、縦のラインが細見え効果を発揮。メタリックなシルバーのハイヒールパンプスをアクセントに投入し、きれいめテイストに仕上げましょう。

バッグはモカベージュの大きめトートバッグを合わせます。
冬の防寒に活躍するダウンコートは、ブラックを選ぶことで大人っぽくまとめることができます。カジュアルになり過ぎないように、大人っぽい小物を合わせるといいでしょう。

【最高気温9℃】ネイビーワンピース×ダウンコートのフェミニンコーデ♪上品小物でテイストをキープ

ネイビーワンピース×ダウンコートのフェミニンコーデ♪上品小物でテイストをキープ

フェミニンな印象が強い、ネイビーのワンピースがメインのコーディネートです。
首元には、ネイビーを基調としたチェック柄のマフラーをプラス。首元にボリュームを持たせることで、小顔効果も期待できます。フェミニンなワンピースのテイストに合わせ、ブラックのブーツをプラスしましょう。

バッグも上品な小さめのショルダーバッグを選び、女性らしさをキープします。
ブラックのダウンコートを羽織り、大人っぽくまとめます。ロング丈のダウンコートはカジュアルな中にも大人っぽさがあるので、ワンピースとも好相性です。

【最高気温9℃】上品なパープルのスカートの高見えスタイルにホワイトブーツでトレンドをプラス

上品なパープルのスカートの高見えスタイルにホワイトブーツでトレンドをプラス

ホワイトのリブニットに、レディライクなパープルのロングスカートを合わせました。
パープルを際立たせるために、ベーシックなホワイトをトップスにします。ブーツもホワイトをチョイスして、トレンド感を加えましょう。トップスと同色にすることで、スタイリングにまとまりが出ます。

ロング丈のダウンコートをアウターにして、全体をカジュアルダウンさせます。カラーをブラックにすることで大人っぽさをプラス。
上品さとカジュアル感のバランスが絶妙なコーディネートが完成します。

【最高気温9℃】ネイビーダウンジャケット×タイトスカートできちんと感のある大人女子コーディネート

ネイビーダウンジャケット×タイトスカートできちんと感のある大人女子コーディネート

きちんと感のあるブラックのタイトスカートに、グレーのオフタートルニットで女性らしさをプラス。
ざっくりニットですが、リブデザインなので上半身をスッキリと見せてくれます。タイトスカートと繋げるようにブラックのショートブーツを合わせて、きちんと感をキープしましょう。

バッグは、パイソン柄のショルダーバッグチョイスして、着こなしのアクセントにします。こなれ感も出るので、シンプルなコーディネートに加えるのにピッタリなアイテムです。
ネイビーのダウンジャケットを羽織り、全体をカジュアルダウン。ショート丈なので上半身にボリュームが出る分、下半身がスッキリと見えます。

【最高気温9℃】キャメルのロングタイトスカートにブラックとの組み合わせで大人っぽコーデを完成

キャメルのロングタイトスカートにブラックとの組み合わせで大人っぽコーデを完成

ホワイトのトップスにキャメルカラーのタイトスカートでシンプルな大人女子コーデに仕上げます。
フロントスリットが大人っぽい印象のタイトスカートは、オンオフ両用できて着回し力もあるアイテムです。
ブラックのショートジャケットは、トレンド感のあるボリュームスリーブデザイン。ショールカラーが女性らしい印象なので、カジュアルになり過ぎずタイトスカートとも好相性。

靴やバッグなどの小物類は、ジャケットと同色のブラックで統一します。大人っぽさはもちろん、きちんと感も加わわってシンプルな大人女子コーデが出来上がります。

【最高気温9℃】ダウンジャケットを大人っぽくチェンジ♪グレーのチェック柄スカートできれいめコーデ

ダウンジャケットを大人っぽくチェンジ♪グレーのチェック柄スカートできれいめコーデ

グレー地にダークグレーやイエローを含んだチェック柄スカートは、一枚で主役になるきれいめアイテム。
ブラックのトップスと合わせることで、大人っぽく仕上げます。足元も、ブラックのショートブーツを合わせて大人な雰囲気をキープしましょう。

バッグもブラックのショルダーバッグをチョイス。チェーン使いの上品なデザインのバッグは、オンオフ両方に使えてオススメです。
ショールカラーのダウンジャケットは、ボリュームスリーブが旬なデザイン。程よいカジュアル感がこなれた印象を加えてくれます。寒い日は首元にグレーのマフラーを加えても、こなれ感が出ます。

【最高気温9℃】ホワイトニット×カーキパンツで冬のカジュアルスタイル♪ブラックのダウンショートが引き締め役

ホワイトニット×カーキパンツで冬のカジュアルスタイル♪ブラックのダウンショートが引き締め役

カーキのチノパンツを、シンプルなカジュアルコーディネートに仕上げます。
ホワイトのタートルニットは、ざっくり感が可愛らしい印象。ホワイトを選ぶことで、カジュアルな中にも女性らしさが加わります。フェミニンなスカートとも合わせやすいので、きれいめスタイルにも着回せます。

カジュアルライクな着こなしに必須なスニーカーは、ベージュをチョイスして柔らかさを出しましょう。バッグはブラックのショルダーバッグを斜めがけして、こなれた着こなしにします。
トレンド感のあるボリュームスリーブのジャケットは下半身をスッキリと見せてくれて、シンプルカジュアルコーデにオススメのアイテムです。

【最高気温9℃】フェミニンライクチュール使いのスカートが主役♪イエローのバッグを差し色にする

フェミニンライクチュール使いのスカートが主役♪イエローのバッグを差し色にする

フェミニンなネイビーのスカートに、グレーのオフタートルニットを合わせてこなれ感のあるスタイリングにします。
ふんわりした素材感のスカートとざっくりニットの異素材感をミックスさせることで、オシャレ上級者っぽく見せることができます。

足元はシンプルなショートブーツを合わせ、大人っぽさを演出。アクセントになるイエローのバッグは、トレンド感もプラスしてくれます。
ショールカラーが女性らしい印象のダウンジャケットは、ブラックカラーをチョイスしてシックに仕上げましょう。

【最高気温9℃】ダルメシアン柄スカートがコーデのアクセント♪ベーシックカラーと組み合わせて引き立たせる

ダルメシアン柄スカートがコーデのアクセント♪ベーシックカラーと組み合わせて引き立たせる

着こなしの主役になる、ダルメシアン柄のスカートをメインにスタイリング。
合わせるアイテムは、ベーシックなカラーを選ぶのがセオリーです。ホワイトのリブニットをトップスにして、顔周りを明るく見せましょう。

ボリュームスリーブが今期らしいダウンジャケットを投入し、トレンド感をプラス。ブラックカラーを選べば、大人っぽくまとめることができます。
ブーツやバッグも、ブラックで統一しましょう。スカート以外のアイテムをシンプルなカラーやデザインにすることで、アニマル柄のアクセントが効いてきます。

【最高気温9℃】ダウンジャケットを大人っぽくチェンジ♪グレーのチェック柄スカートできれいめコーデ

ダウンジャケットを大人っぽくチェンジ♪グレーのチェック柄スカートできれいめコーデ

ブラックのダウンジャケットに、同色のタイトスカートを大人っぽく合わせたコーディネート。
ロングタイトスカートはきちんと感があるので、オンオフ両用できて汎用性のあるアイテムです。ブラックをチョイスすることで、さらに上品な印象が加わります。
カジュアルなダウンジャケットとの組み合わせで程よいこなれ感が出て、好印象。

インナーとショートブーツはホワイトを投入。トレンド感もあるホワイトのショートブーツを合わせることで、一気に旬な装いになります。

【最高気温9℃】ブラウンニット×ブラックスキニーの大人見えさせる♪アウターはショートダウンできれいめ仕上げ

ブラウンニット×ブラックスキニーの大人見えさせる♪アウターはショートダウンできれいめ仕上げ

ブラックのスキニーにブラウンのざっくりニットを合わせた、シンプルスタイル。
タートルニットはカジュアルな印象で、スッキリとしたスキニーと合わせることできれいめなカジュアルコーデになります。

足元もスッキリと見せるために、スキニーと同色のブラックのブーティをチョイス。ハイヒールで大人っぽさを出し、脚長効果も狙いましょう。
フレアスリーブのダウンジャケットは、下半身をより細く見せてくれます。ベージュの大きめトートバッグを合わせ、きれいめでカッコいいカジュアルスタイルに仕上げましょう。

【最高気温9℃】グレーのロングダウンコートをきれいめに魅せる♪フレアデニムの女度高めシルエット

グレーのロングダウンコートをきれいめに魅せる♪フレアデニムの女度高めシルエット

ブラックのトップスにデニムのフレアパンツを合わせ、グレーのロングダウンコートを羽織ったきれいめなカジュアルスタイルです。
カジュアルな印象のダウンコートですが、グレーをチョイスすることで大人っぽさが加わります。ボトムスのデニムもカジュアルアイテムですが、フレアラインが女っぽいのできれいめなスタイルに。

ポインテッドトゥのきれいめなブラックのショートブーツを合わせることで、脚長効果も発揮。
ベージュのトートバッグを合わせ、きちんと感のあるスタイリングを完成させます。

【最高気温9℃】ダウンJKのボリュームを肩落ちスタイルで華奢見せ♪下半身はスキニーデニムでスッキリ

ダウンJKのボリュームを肩落ちスタイルで華奢見せ♪下半身はスキニーデニムでスッキリ

ベージュのVネックニットにスキニーデニムを合わせた、きれいめなカジュアルコーディネートです。
アウターにしたネイビーのダウンジャケットは、肩落ちスタイルで着こなすことで華奢な上半身を実現できます。

ボトムスはスキニーデニムをチョイスしてスッキリさせることで、肩落ちスタイルが野暮ったくなるのを防止。ダークブラウンのショートブーツにデニムをインして、スッキリとまとめましょう。
ベージュのスクエアショルダーバッグを合わせ、きれいめ要素もプラスします。

大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • 人気雑誌「美人百花/mina/日経WOMEN」掲載
  • インフルエンサー愛用後、今SNSで人気上昇中!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
TOPへ
この記事の見どころ
閉じる