MENU
おすすめ人気通販ショップ


LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう! >

【2022最新】寒暖差の激しい3月の服装は?おすすめ大人コーデの気温別まとめ♡

徐々に温かくなってきて、春を感じる3月。ただ、朝晩の急な冷え込みはまだ厳しく、最低気温が1桁の日も少なくはありません。でも冬物のアウターはさすがに着るのをためらうし、周りは春服なのに自分だけ厚着して浮いてしまう…。など、服装も悩みますよね。

おんまゆ

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、3月上旬~下旬にかけてどんどん気温が上がってくる季節なのが分かります。
また、季節の変わり目なのもあって1日の中でも、朝晩とお昼の気温差も大きい時期で「何着ればいいの?」と正解か分からなくなりがちな季節…!

折れ線グラフ:東京の3月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
折れ線グラフ:東京の3月の気温平年値(3時間毎の気温)
データ引用元:国土交通省 気象庁
おんまゆ

そこで今回は寒暖差の激しい3月のコーデを攻略!上旬・中旬・下旬にわけて気温別でおすすめコーディネートをご紹介していきます♡

Scroll to Contents!
LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

3月上旬(1~10日)おすすめコーディネート

朝晩の最低気温はまだまだ1桁になるのが上旬。日中の平均気温は8℃~10度前後で、ほぼ2月と気温が変わらない日も…。でも春を意識したコーデにスイッチしたいですよね♡

急な冷え込みにも対応できるけど、おしゃれを両立したわがままコーデをご紹介♪
冬アイテムを使い回しつつ、春を意識したコーディネートはこちら!

【気温8~10度前後】ワントーンコーデは濃いめのトーンで引き締める!寒暖差に負けない春コーデ

ワントーンコーデをロングコートで引き締める!寒暖差に負けない春コーデの画像

ホワイトのチュニックニットにオーガンジーのプリーツスカートでワントーンに仕上げたコーディネート。
ブラウンの細ベルトでウエストマークすることで、脚長効果とともにメリハリが生まれます。

グレージュのロングコートを羽織ることで、ぼけやすいホワイトコーデも引き締まり、寒暖差が激しい季節の温度調節も万全◎
インナーが明るいホワイトで統一されている上に、透け感のあるオーガンジーのスカートが季節感を演出してくれます。
足元もホワイトのショートブーツで統一し、春先の軽やかさを表現しましょう。

【気温8~10度前後】ボアアウターとワイドパンツで作る!春のきれいめカジュアルコーデ

ボアアウターとワイドパンツで作る!春のきれいめカジュアルコーデの画像

シャツ×ニットのレイヤードを、ベージュのワイドパンツできれいめにまとめたコーディネートです。
ボア素材のショートジャケットを羽織ることで、着こなしをカジュアルダウン。シャツのきちんと感とカジュアルなボアジャケットの組み合わせで、きれいめなカジュアルスタイルに仕上がります。

ハイヒールのパンプスやスクエア型のショルダーバッグもベージュでまとめ、ワントーンコーデを完成。
程よいカジュアルテイストをプラスすることで、オンオフ両用のコーデにアップデートできます。

【気温8~10度前後】CPOジャケット×タイトスカートで大人ベーシックコーデ♪

CPOジャケット×タイトスカートで大人ベーシックコーデ♪の画像

ホワイトのタートルネックニットにベージュのタイトスカートを合わせた、ベーシックなスタイルです。
CPOジャケットをプラスすることで、いつもの着こなしをアップデート。程よいカジュアル感も加えてくれるので、オンオフに活躍する着こなしに。

スカートは、フェイクスエードの素材感がリッチな印象を加えてくれます。
足元はブラックのショートブーツで全体を引き締めるとともに、ワントーンコーデのアクセントに。
ベージュのスクエア型ショルダーバッグを合わせ、きちんと感をキープしましょう。

【気温8~10度前後】CPOジャケットでこなれ感のあるカジュアルコーデに仕上げて

CPOジャケットでこなれ感のあるきれいめカジュアルコーデに仕上げたコーデ画像

ベージュのタートルニットにオフホワイトのテーパードパンツを合わせた、カジュアルコーディネートです。
トレンドのCPOジャケットは、オーバーサイズをチョイスしてこなれ感のある仕上がりに。

オフホワイトのテーパードパンツは、オフィススタイルに欠かせないアイテムです。合わせるトップスでテイストチェンジしやすいアイテムなので、オススメ
小物はきちんと感のあるブラックで統一。ローファーのトラッド感とスクエアショルダーバッグで、大人っぽい印象をプラスします。

【気温8~10度前後】大人女子のデニムコーデはパイソン柄アイテムで辛口に仕上げる♪

大人女子のデニムコーデはパイソン柄アイテムで辛口に仕上げたコーデ画像

インディゴのデニムに、ベージュのコクーンカーデガンを羽織ったきれいめなパンツスタイルです。
カジュアルなデニムを大人コーデに仕上げるには、濃いめのカラーをチョイスすることがマスト。裾はロールアップして、こなれ感を出します。

かわいさも感じるコクーンシルエットのカーディガンは、少し肌寒い季節に重宝するアイテム。
足元は、辛口のパイソン柄ヒールがベスト。足元に辛口要素をプラスすることで、コーデがぐっと引き締まります◎

【気温8~10度前後】春色グリーンニット×ロングスカートで大人フェミニンスタイルを完成

春色グリーンニット×ロングスカートで大人フェミニンスタイルを完成したコーデ画像

グリーンのケーブル編みニットをに、ブラックのプリーツスカートを合わせたラフなフェミニンスタイルです。春を感じさせるグリーンのニットは、胸元のキーネックがトレンド感もプラス。

インナーのホワイトも部分的に見せることで、明るい雰囲気の着こなしになります◎フェミニンテイストのプリーツスカートは、ブラックを選び大人っぽく仕上げて。
ブラックの巾着型バッグを合わせ、スカートとの統一感を持たせましょう。足元はホワイトのショートブーツで、季節を意識したスタイリングに。

【気温8~10度前後】フレアロングスカート×スニーカーで作る大人カジュアルコーデ♪

スカート×スニーカーで作る大人カジュアルコーデの画像

フレアロングスカートにダッドスニーカーを合わせて、外した大人のハイセンスコーデ。フェミニンな印象のフレアスカートは、カジュアルなロゴTシャツと合わせてラフさを演出。

足元も印象的なダッドスニーカーをチョイスして、こなれた印象に仕上げましょう。
艶のある上品なサテンスカートも、マウンテンパーカーを羽織るだけで、休日お出かけコーデへと大変身!朝晩の急な冷え込みにも対応できるので、ライトアウターはマストで持っておきましょう♡

【気温8~10度前後】ベージュコーデのインナーは濃いめブラウンで引き締めるのが正解♪

ベージュコーデのインナーは濃いめブラウンで引き締めたコーデ画像

ダークブラウンのインナーに、コクーンシルエットのカーディガンで仕上げた今っぽコーディネート。カーディガンのインナーとして、濃いめのブラウンを持ってくることで着こなしにメリハリ感が生まれます。

落ち感のある素材のフレアパンツは、きちんと感に加えて女らしさもプラスしてくれるアイテム♪パイソン柄ヒールの辛口な印象が、コーデをグッと引き締めてくれ、こなれた印象に。

【気温8~10度前後】パンツコーデはデニムジャケットをゆるく羽織ってこなれたカジュアルスタイルに

パンツコーデはデニムジャケットをゆるく羽織ってこなれたカジュアルスタイルのコーデ画像

ホワイトのTシャツにベージュのチノパンを合わせた、ベーシックなカジュアルスタイル。仕上げに羽織ったオーバーサイズのデニムジャケットは、肩落としスタイルで羽織るのが今っぽくて素敵。
ルーズな着こなしがこなれ感もプラスしてくれるので、マンネリ感をアップデートしてくれます。


パンツは、太めのシルエットを選ぶことで、トレンドのリラクシースタイルを叶えます。バッグと靴はブラックで統一し、全体を引き締めましょう。
スニーカーと巾着型バッグを合わせることで、コーディネートのアクセントに♪

3月中旬(11~20日)おすすめコーディネート

だんだんと日中の気温も温かくなってきて、本格的に春を感じる時期ですが…。平均気温は12~15℃前後と油断は禁物!日中と朝晩の気温差が激しいので、日中暖かくてもアウターは必須で持っておきましょう♪

【気温12~15℃前後】ベージュのワントーンで着映える♪カジュアルとフェミニンのミックスコーデ

ベージュのワントーンで着映える♪カジュアルとフェミニンのミックスコーデのコーデ画像

ベージュのサテンスカートに、CPOジャケットを合わせたベージュのワントーンコーディネート。フェミニンな印象のサテンスカートは、広がり過ぎないシルエットなら大人っぽく着こなせます。
カジュアルなCPOジャケットを取り入れることで、簡単にテイストミックスコーデが完成。

暖かくなってきた春先には、インナーは薄手のTシャツがベスト。ホワイトのショートブーツでスカートと繋げることで、脚長効果も得られます。

【気温12~15℃前後】シャツ×テーパードパンツでオフィスコーデ♪アウターはマウンテンパーカーで決まり

シャツ×テーパードパンツでオフィスコーデ♪アウターはマウンテンパーカーのコーデ画像

ホワイトのシャツに明るめのオレンジブラウンのテーパードパンツを合わせた、ベーシックなオフィス仕様のスタイル。
きちんと感のあるシャツは、オフィスススタイルには欠かせないアイテム。明るめのオレンジブラウンのパンツと合わせることで、華やかさもプラスできます。

まだ肌寒い季節には、軽めのマウンテンパーカーがピッタリ♪抜け感も生まれて好印象のコーディネートに。
足元は、ベーシックなベージュのハイヒールパンプスを合わせます。バッグもベージュで統一し、スクエアトートバッグできちんと感のあるスタイリングでまとめましょう。

【気温12~15℃前後】春を感じるグリーンニットが差し色♪ベージュタイト&スニーカーのきれいめカジュアル

春を感じるグリーンニットが差し色♪ベージュタイト&スニーカーのきれいめカジュアルのコーデ画像

グリーンのキーネックニットに、ベージュのタイトスカートを合わせたきれいめなカジュアルスタイル。キーネックのニットはインナーのホワイトをチラ見せすることができて、表情のあるコーディネートに。

きちんと感のあるタイトスカートは、シャツスタイルやジャケットと組み合わせればオフィス仕様になります。
ベージュのスニーカーを合わせることで、全体をカジュアルダウン。
春らしいグリーンがアクセントの、きれいめなスタイリングが完成します。

【気温12~15℃前後】ダルメシアン柄フェミニンスカートをパーカーでカジュアルに着こなす♪

ダルメシアン柄フェミニンスカートをパーカーでカジュアルに着こなしたコーデ画像

ホワイトのフードパーカーにブラックのダルメシアン柄スカートを合わせた、カジュアルコーディネート。着こなしの主役になるダルメシアンプリントのスカートは、ブラックをチョイスすることで甘さを控えめにします。
カジュアルなパーカーをプラスして、フェミニンテイストをカジュアルダウン。

前だけインの着こなしで、こなれ感と脚長効果を発揮。足元もカジュアルなスニーカーを合わせ、スカートを引き立てましょう。バッグはブラックの巾着型バッグで、抜け感を出します。

【気温12~15℃前後】レディライクなグレーのプリーツスカートはフードパーカーでカジュアルダウンが気分

レディライクなグレーのプリーツスカートはフードパーカーでカジュアルダウンが気分のコーデ画像

ダークグレーのフードパーカーにライトグレーのプリーツスカートを合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。レディライクなプリーツスカートは、合わせるトップスで表情も変わります。
カジュアルなフードパーカーを合わせテイストをチェンジすれば、こなれ感も生まれて素敵な着こなしに◎

カジュアルになり過ぎないようにパイソン柄のストラップパンプスを合わせ、きれいめをキープしましょう。バッグもきちんと感のある、ブラックのショルダーバッグを加えます。

3月下旬(21~31日)おすすめコーディネート

最高気温が20℃になる日もちらほら出てくる3月下旬。日中は温かいので、薄めのライトアウターにシフトすることをおすすめします◎でも、まだまだ急激に冷える日もあるので、アウターもしくは着る服の素材はこだわってくださいね♡

【15~19度前後】ホワイトコーデをワンポイントブラックでスタイリッシュに変化させる♪

ホワイトコーデをワンポイントブラックでスタイリッシュに変化させたコーデ画像

テーパードパンツ×ミラノリブカーディガンで、大人カジュアルに仕上げたコーデ。カジュアル感もあるテーパードパンツは、裾をロールアップさせてこなれた着こなしに。
トップスにはブラックをチョイスすることで、スタイリッシュな雰囲気も加えます。

カーディガンもノーカラーを選び、スッキリとしたスタイリングに
足元はカジュアルなスニーカーを合わせ、きれいめなカジュアルスタイルを完成させます。

【15~19度前後】春風を感じるグリーンのプリーツスカートが主役♪春のレイヤードコーデ

春風を感じるグリーンのプリーツスカートが主役♪春のレイヤードコーデ画像

ホワイトのシャツにニットベストを重ね、グリーンのプリーツスカートを合わせたレイヤードスタイル。少し暖かくなった春先には、薄手のインナーにベストを加えるスタイルは出番の多いコーデ。インナーをシャツにすることで、きちんと感もアップします。ベストは、サイドがリボンアイテムで、コーデのアクセントに。

ペールトーンのプリーツスカートは、取り入れるだけでシーズンムードが上がるコーデに仕上げます◎パイソン柄のパンプスで大人っぽく仕上げ、バッグも小さめのショルダーバッグを合わせましょう。

【15~19度前後】クールなブラックパンツスタイルに着映えブルートップスを投入♪

クールなブラックパンツスタイルに着映えブルートップスを投入したコーデ画像

アイスブルーのトップスにブラックのパンツを合わせた、大人っぽいコーディネート。きれいなブルーのトップスは、顔周りを明るく見せてくれます。
きちんと感のあるブラックのパンツを合わせることで、オン仕様のスタイルに。トップスをパンツにインの着こなしで、脚長効果も生まれます。

足元はベージュのハイヒールパンプスで、大人っぽい女性のコーディネートに仕上げましょう。アクセサリーも寒色系のシルバーでまとめると、統一感が出ます。

【15~19度前後】ブルーのサテンスカートで大人フェミニンスタイルに♪小物でこなれ感を演出

ブルーのサテンスカートで大人フェミニンスタイルに♪小物でこなれ感を演出したコーデ画像

ホワイトのVネックのトップスにブルーのサテンスカートを合わせた、きれいめなコーディネート。トップスのVネックは、デコルテをきれいに見せてくれるアイテム。ベーシックなデザインなので、他のアイテムとの相性も◎

ブルーのスカートは、マキシ丈が大人っぽさと女性らしいラインを加えてくれます。トップスをインすることで、脚長効果も。程よい落ち感のある素材で、広がり過ぎないシルエットが甘さを控えめに。
フィッシュネットバッグを投入し、こなれ感をプラスしましょう。

【15~19度前後】ミントカラートップスで春のパンツコーデを完成♪ふんわりシルエットで立体感も◎

ミントカラートップスで春のパンツコーデを完成♪ふんわりシルエットで立体感を演出したコーデ画像

ミントカラーのニットトップスにベージュのチノパンツを合わせた、カジュアルスタイル。トップスはリブのデザインが縦のラインを強調してくれるので、スタイルアップ効果があります。
深めのVネックが、顔周りをスッキリと見せてくれるので、小顔効果も。

太めのパンツは、裾をロールアップすることでシルエットに立体感と抜け感が生まれます。ベージュのスニーカーを合わせて、パンツと繋げましょう。フィッシュネットデザインのバッグで、抜け感のあるコーディネートが完成します。

【15~19度前後】ブルーのマキシスカート×ブラックブラウスでスタイリッシュな大人女子コーデ

ブルーのマキシスカート×ブラックブラウスでスタイリッシュな大人女子コーデ画像

大人っぽい印象のブラックのブラウスにブルーのマキシスカートを合わせた、大人女子コーディネート。シンプルなブラウスは、ブラックカラーがクールで高見えな印象を加えてくれます。

マキシ丈のスカートを合わせることで、スタイリングにこなれ感も出ます◎ツヤ感のある素材が、高級感も演出。パイソン柄のパンプスを加えれば、スタイリッシュで高見えするコーデが完成!
小さめのショルダーバッグは、ホワイトをチョイスして春らしい軽やかさも演出しましょう。

あわせて読みたい
大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • 人気雑誌「美人百花/mina/日経WOMEN」掲載
  • インフルエンサー愛用後、今SNSで人気上昇中!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち14,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」
アプリダウンロードページへ
PDFダウンロードページへ
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
TOPへ
この記事の見どころ
閉じる