MENU
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう! >

【2021最新】5月の服装正解って?初夏の正解コーデに導くコツを徹底解説!

ゴールデンウイークや、バーベキューなど外に出かけることも増える5月。気温も安定してきて、日中だと少し汗ばむ気温の日も。

日陰に入ったり、朝晩は少し肌寒く感じることもあるので、ライトアウターは持っていた方がベター。また急な雨で気温が下がることもあるので、毎日天気予報をチェックすることがおすすめです♪

EMI

気象庁の平均気温をグラフ化してみたところ、日中は20℃を超える日がほとんど!
最低気温は15℃を下回ることがほとんどなので、寒暖差に注意しよう◎

折れ線グラフ:東京の5月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁
5月の3時間おきの気温
折れ線グラフ:東京の5月の気温平年値(3時間毎の気温)
データ引用元:国土交通省 気象庁
EMI

日中との気温差がある5月におすすめのアイテムや着こなし方を、
上旬・中旬・下旬に分けて徹底解説!

Scroll to Contents!
LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう
この記事の見どころ

5月上旬(1~10日)平均気温16℃前後で日陰や朝晩は少し肌寒い!

折れ線グラフ:東京の5月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

5月上旬は、平均気温16℃前後です。日中の最高気温は22℃前後で、最低気温は12~14℃とまだまだ寒暖差が激しい時期です。

日中は長袖やシャツ1枚でも快適に過ごせる日もありますが、木陰に入ったり朝や夜はライトアウターがないと肌寒く感じてしまうことも。

インナーは薄手でライトアウターを羽織れば快適に過ごせる!

ライトアウターやスウェットがおすすめのコーデ画像
ライトアウターやスウェットが5月上旬コーデにおすすめ

最低気温は低いものの日中の最高気温は22℃まで上昇するので、インナーは薄着のアイテムがおすすめです。
急な冷え込みに対応できるよう、ライトアウターは持っておいた方が安心◎

1枚で着こなしたなら、パーカーやスウェットなどスポーティーコーデがおすすめです♪

また野暮ったくならないように、手首や足首を見せることも重要なポイントになります。

Check Point!
  • シャツや薄手のロンTがおすすめ
  • 朝晩出かけるときはライトアウター必要
  • 重たく見えないように手首足首は見せる

【最高気温22℃】ベージュジャケット×アイスブルーパンツで好印象な春のオフィススタイルに♪

ベージュジャケット×アイスブルーパンツで好印象な春のオフィススタイルのコーデ画像

白シャツにブルーのパンツで爽やかさを演出したオフィススタイルです。
仕上げのジャケットもすっきりとした明るめのベージュをチョイスすることで、オフィスでも好印象な大人のコーディネートが完成します。

センタープレスのパンツはきちんとした印象を演出してくれるので、オフィスにはピッタリ。 靴はきちんと感のあるベージュのハイヒールパンプスがセオリー。
ジャケットと同系色なので、スタイリングに統一感が生まれます。

バッグは仕事仕様の大きめバッグで、引き締めカラーのブラックを選びましょう。

【最高気温22℃】ジョガーパンツを大人見えさせる♪トレンチコートはロング丈がマスト

ジョガーパンツを大人見えさせる♪トレンチコートはロング丈がマストのコーデ画像

シンプルなトップスにブラックのジョガーパンツを合わせた、きれいめなコーディネートです。
カジュアルに終わらせないポイントは、大人女子の定番アイテムでもあるロングトレンチコート。
一枚羽織るだけで、一気に大人顔にチェンジさせることができます。

トレンド感のあるジョガーパンツを際立たせるために、トップスはシンプルなアイテムがベストです。
靴はパンツのカジュアルなテイストに合わせて、ホワイトのダッドスニーカーをチョイス。

カジュアルさと大人っぽさの共存する、絶妙バランスコーディネートが生まれます。

【最高気温22℃】シャーベットカラーのテーパードパンツで旬見え叶える大人のオフィスコーデ

シャーベットカラーのテーパードパンツで旬見え叶える大人のオフィスコーデの画像

シャツにシャーベットカラーのブルーテーパードパンツを合わせ、ジャケットで仕上げたスタイル。
きちんと感のあるネイビーのジャケットは、アウターとしてワードローブに取り入れたい一品です。

シャーベットブルーのパンツとの相性もよく、爽やかな印象を与えることができます。
ジャケットの爽やかさを引き立たせるために、小物はホワイトでまとめましょう。パッと目を引くブルーを際立させるためにも、色はベーシックカラーにとどめるのがマスト。

シャツの胸元のVラインが大人っぽく、女性らしさを演出。パンツスタイルの際は特に、女性らしさを散りばめることを意識することで柔らかさが出ます。

【最高気温22℃】シースルーシャツで軽やかさを演出♪ニュアンスカラーのこなれ感

シースルーシャツで軽やかさを演出♪ニュアンスカラーのこなれ感を演出したコーデ画像

インナーはベージュで統一し、くすみグリーンのロングトレンチコートで仕上げました。
トップスはロング丈ですが、シースルー素材なので重さを感じさせません。ベージュのパンツとのバランスもよく、大人っぽく着こなせるアイテムです。

ロングトレンチコートを加えて大人女子のスタイリングにすることで、こなれ感もプラスされます。
バッグと靴はキャメルカラーでまとめて、ニュアンスカラーの差し色にしましょう。

ブラックのキャスケット帽をプラスすることで、視線が上に上がるので低身長さんにもおすすめのコーディネートです。

【最高気温22℃】大人コーデに導くカギはサテンスカートをトレーナーでカジュアルダウン♪

大人コーデに導くカギはサテンスカートをトレーナーでカジュアルダウンしたコーデ画像

スウェットにサテン地のロングスカートで、きれいめなカジュアルスタイルを完成させました。
フェミニンな印象のスカートですが、グレーのトレーナーを合わせることでカジュアルダウンしたスタイリングに。 ホワイトのトップスをレイヤードすることで、こなれ感も生まれます。

足元は、ベージュのスニーカーでカジュアルテイストをキープ。 トレンド感もあるグリーンのショルダーバッグを斜め掛けすれば、アクティブ感もある大人のカジュアルコーディネートに。

【最高気温22℃】目を引くグリーンを効かせたパンツスタイル♪パイソン柄でスパイスをプラス

目を引くグリーンを効かせたパンツスタイル♪パイソン柄でスパイスをプラスしたコーデ画像

プリントトップスにきちんと感のあるテーパードパンツを合わせた、オフィススタイル。
アウターはロングトレンチを合わせ、大人っぽくまとめます。一枚羽織るだけで女子度をアップさせてくれるので、汎用性も抜群です。

鮮やかなピスタチオカラーのパンツは、ホワイトやベージュとも好相性。カジュアルな印象のトップスを加えて、こなれ感を演出します。

インパクトのあるパイソン柄のハイヒールパンプスを投入し、着こなしのスパイス役に。 ブラックの小さめショルダーバッグを斜め掛けして、はずしのあるスタイリングにしましょう。

【最高気温22℃】パーカー×ドット柄ブラックワンピできれいめカジュアルコーデ♪

パーカー×ドット柄ブラックワンピできれいめカジュアルコーデの画像

フードパーカーにブラックのスカートを合わせた、カジュアルスタイルです。
カジュアルなパーカーは、オフホワイトを選ぶことできちんとした印象も出しやすくなります。

ミモレ丈がかわいい印象もあるワンピースは、ブラックをチョイスすることで大人っぽさが加わります。かわいくなり過ぎないように、靴もブラックのショートブーツでつなげて統一感を意識。

グリーンのキルティングバッグを合わせ、トレンド感もプラス。 カジュアルさとフェミニンテイストが絶妙な、大人のパーカーコーデの完成です。

【最高気温22℃】デニムシャツ×ネイビージャケットでテイストミックスコーデを作る♪

デニムシャツ×ネイビージャケットでテイストミックスコーデの画像

ベージュのテーパードパンツにジャケットを合わせた、オフィススタイルです。

インナーにデニムのシャツをプラスすることで、カジュアルなテイストを加えます。カジュアルになり過ぎないコツは、濃いめのカラーのデニムシャツをチョイスすること。

ネイビーのジャケットは今季注目のアイテムなので、ワードローブに加えたい一品です。

メタリックカラーのハイヒールパンプスを合わせて、ベーシックな装いに遊びをプラスしましょう。女性らしい華やかさも加わるので、着こなしのアクセントにもなります。

【最高気温22℃】モノトーン配色でフードパーカーを大人見え♪シアースカートで女子力アップ

モノトーン配色でフードパーカーを大人見え♪シアースカートで女子力アップしたコーデ画像

カジュアルなパーカーにフェミニンなプリーツスカートを合わせた、メリハリコーデです。
大人っぽさも感じるブラックのスカートは、マキシ丈でこなれた印象に仕上げます。広がり過ぎないシルエットも、大人っぽさをキープしてくれて好印象。

同色のブラックのスニーカーを合わせることで、こなれ感も演出。バッグもブラックのショルダーバッグでまとめて、モノトーン配色にこだわったスタイリングに。

カジュアルな印象のパーカーが大人っぽいアイテムのハズシ役になってくれるので、きれいめなカジュアルコーディネートが完成します。

【最高気温22℃】マウンテンパーカー×ピンクパンツでアクティブな大人スタイルに♪

マウンテンパーカー×ピンクパンツでアクティブな大人スタイルにしたコーデ画像

シンプルトップスとテーパードパンツの定番コーディネートに、ショートブルゾンを羽織ったきれいめスタイル。
トレンド感もあるピンクのテーパードパンツには、ベーシックなトップスを合わせるのがマスト。

またボートネックのトップスは、顔周りをスッキリと見せてくれます。 ショート丈のマウンテンパーカーを投入し、女性らしいピンクアイテムをアクティブに着こなすのが旬なスタイリング。

バッグや靴などの小物類は、トップスに合わせてベージュで統一。全体的に単調な配色のため、対照的な暗めのネイビーを持ってくることで、メリハリが出てピンクのカラーパンツもより引き立つ印象に。

【最高気温22℃】フェミニンスカートをカジュアルに着こなす♪PVCバッグで季節感もプラス

フェミニンスカートをカジュアルに着こなす♪PVCバッグで季節感もプラス↓コーデ画像

変わりボーダーのトップスとプリーツスカートの、フェミニンなコーディネート。
アウターにはカーキのブルゾンをチョイス。キャンディスリーブでトレンドも意識したアイテムです。

フェミニンなスカートは、透け感もあって春らしい印象。ワークテイストなマウンテンパーカーが、甘くなりすぎるのを防いでくれています

小物でも季節感を出すために、PVC素材のショルダーバッグやエスパドリーユをチョイス。バッグの持ち手やショルダー部分がシルバーになっていて、こなれた雰囲気もプラスされています。

【最高気温22℃】Vネックニットが主役のスタイル♪ブラックカラーとの配色で大人っぽコーデに

Vネックニットが主役のスタイル♪ブラックカラーとの配色で大人っぽコーデに導いたコーデ画像

Vネックニットにシャツをレイヤードし、フレアパンツで大人っぽく仕上げました。
ニットはトレンドカラーでもある、グリーンをチョイス。Vネックに小顔効果もあり、シャツとの重ね着でこなれ感も出ます。

ブラックのパンツは、フレアシルエットで女性らしさを演出しましょう。 ポインテッドトゥのパンプスも、ブラックを選ぶことで統一感が出ます。

キャスケット帽もブラックで、コーデにこなれたオシャレ感をプラス。 ニットのラフな雰囲気の中にも、引き締めカラーのブラックアイテムがきちんと感を加えてくれます。

【最高気温22℃】ベーシックカラーのパンツスタイルにマルチカラーダッドスニーカーでトレンドを投入

ベーシックカラーのパンツスタイルにマルチカラーダッドスニーカーでトレンドを投入したコーデ画像

ロゴTシャツにテーパードパンツを合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。

アウターはベージュのマウンテンパーカーを合わせ、カジュアル感をキープします。ショート丈のマウンテンパーカーは、まだ肌寒さを感じる季節には活躍してくれるアイテムです。

パンツにもスカートにも合わせやすいので、着回し力も抜群。 ベーシックなアイテムには、マルチカラー遣いのスニーカーで遊び心をプラスしましょう。アクセントーカラーにもなってくれるとともに、トレンド感も加えてくれます。

グレーのショルダーバッグも、チェーン遣いやフリンジでトレンドをプラス。

【最高気温22℃】トレンドのオールホワイトコーディネートはアニマル柄バッグがスパイスに♪

トレンドのオールホワイトコーディネートはアニマル柄バッグのコーデ画像

オフホワイトのVネックカーディガンをトップスにして、ホワイトのパンツを合わせたマニッシュなスタイルです。
アウターとしても活躍するコンパクトなカーディガンは、一枚でトップスとしても着られて便利◎胸元のVのラインが女性らしさをプラスしてくれます。

ストレートラインのパンツは、カジュアルな印象もあるアイテムです。ホワイトをチョイスすることできちんと感も出て、きれいめな仕上がりに。

靴もホワイトのショートブーツで統一感を出しましょう。
仕上げのバッグはアニマル柄を投入し、着こなしのアクセントに。

5月中旬(11~20日)平均気温16~18℃でぽかぽか気候はカーディガンがおすすめ

折れ線グラフ:東京の5月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

5月中旬は、平均16~18℃前後です。日中の最高気温は、22~23℃前後で、最低気温は13~14℃前後と上旬と大きく差はありません。

日中は気温が高いので、上旬と同じくインナーは薄手のアイテムをチョイスすることがおすすめ。

カーディガンなどショート丈アウターがおすすめ

カーディガンがおすすめの画像
日中は一枚で着こなしを楽しめる過ごしやすい気候

ライトアウターはカーディガンや、デニムジャケットなどショート丈のアイテムで野暮ったくならないように見せることが、あか抜けるコツ。

暖かい日中はライトアウターなしでコーデを楽しんだり、夜になるとカーディガンなど薄手のアウターでレイヤードコーデを楽しむこともおすすめです◎

Check Point!
  • ショート丈ライトアウターで軽やかさを演出
  • 晴れの日の日中は長袖一枚でも楽しめる
  • 朝晩はライトアウター必須!

【最高気温23℃】春のダークカラーコーデで大人見え♪ホワイトインナーを一点投入で軽さを演出

春のダークカラーコーデで大人見え♪ホワイトインナーを一点投入で軽さを演出したコーデ画像

Tシャツにカーキのテーパードパンツを合わせ、ショート丈カーディガンで仕上げました。
濃色の組み合わせで大人っぽさを演出したコーディネート。

重くなり過ぎないように、インナーはホワイトをチョイス。顔周りも明るく見えて、配色バランスも絶妙です。
パンツの裾をロールアップすることで、こなれ感も出ます。
ショート丈のカーディガンはボトムスを選ばないので、単品でも着回しやすいアイテムです。

バッグや靴もブラックでまとめて、大人っぽさをキープした装いに。

【最高気温23℃】バサッと羽織ったデニムシャツを小物でレディに仕上げたコーディネート

バサッと羽織ったデニムシャツを小物でレディに仕上げたコーディネート画像

ホワイトのカットソーにブラックのパンツを合わせた、ベーシックな大人スタイルです。
日中の気温も緩やかになる季節は、シャツをアウター代わりにする着こなしが活躍。デニム素材のシャツを合わせることで、トレンド感も増しカジュアルな印象もプラスできます。オーバーサイズのシャツをチョイスすれば、簡単に今っぽいシルエットに。

パイソン柄のフラットシューズで、大人っぽさをキープ。インパクトのある柄が、コーディネートのアクセントにもなってくれます。
バッグもきちんと感のある、ブラックのショルダーバッグでまとめましょう。

【最高気温23℃】フードパーカーをベージュのフレアパンツできれいめに仕上げる♪

フードパーカーをベージュのフレアパンツできれいめに仕上げた画像

オフホワイトのフードパーカーにベージュのフレアパンツを合わせた、きれいめカジュアルコーディネート。
カジュアルなパーカーですが、きちんと感のあるフレアパンツと合わせることできれいめな着こなしに。ミドル丈のパーカーは、パンツにもスカートにも合わせやすくて便利です◎

落ち感のある素材のパンツは、歩くたびに揺れて女性らしい表情を加えてくれます。
ベージュのハイヒールパンプスできちんと感をプラス。
バッグもベーシックなベージュのショルダーバッグで、きれいめなテイストでまとめます。

【最高気温23℃】春のモノトーンコーデはダルメシアン柄スカートで魅せる♪

春のモノトーンコーデはダルメシアン柄スカートで魅せったコーデ画像

ブラックカーディガンにダルメシアン柄のスカートを合わせた、モノトーンコーディネート。
シャープな印象のブラックのカーディガンは、抜け感のあるVネックが大人っぽい印象です。

白が基調のダルメシアン柄スカートは、落ち感のある素材でフェミニンテイストなアイテム。甘くなり過ぎるのを防ぐために、ベーシックなトップスを合わせることがベスト。

靴やバッグの小物も、黒で統一するのがお約束。きちんと感のあるローファーとスクエア型ショルダーバッグで、きれいめに仕上げましょう。

【最高気温23℃】ライトグリーンで顔色も明るく魅せる♪デニムに合わせたきれいめカジュアル

ライトグリーンで顔色も明るく魅せる♪デニムに合わせたきれいめカジュアルコーデの画像

リブラインがきれいなニットに、デニムを合わせたシンプルなコーディネート。

ニットは浅めのVラインが、女性らしさと小顔効果をもたらしてくれます。ライトグリーンは顔色を明るくきれいにみせてくれる効果もあります。リブニットの縦のラインが、華奢なラインを演出。

濃いめのカラーデニムは、カジュアルな中にもきちんと感も加えてくれるアイテムです。大人っぽいアイテムを合わせることで、オフィスにもOKなスタイリングになります。

パイソン柄のフラットシューズを合わせて、着こなしのアクセントに。

【最高気温23℃】マムフィットデニムをブラックカーデで引き締めたトレンド春コーデ

マムフィットデニムをブラックカーデで引き締めたトレンド春コーデの画像

ゆるめシルエットのマムフィットデニムを、ブラックのカーディガンで着こなした大人カジュアルスタイルです。
ゆとりのあるシルエットのデニムは、体型カバーにも役立つアイテム。

ベーシックなTシャツと合わせて、シンプルにまとめます。仕上げに羽織ったカーディガンは、ウエスト丈のコンパクトなフォルム。

濃色のブラックをチョイスしても、圧迫感がなく着こなせます。引き締めカラーとして着こなしにメリハリも生まれるので、スタイルアップ効果も期待できます◎

【最高気温23℃】デニムシャツ×ブラックプリーツスカートのテイストMIXコーデ♪

デニムシャツ×ブラックプリーツスカートのテイストMIXコーデ♪の画像

デニムシャツにブラックのプリーツスカートを合わせた、大人女子のカジュアルなコーディネートです。

カジュアルなデニムシャツは、バンドカラーのアイテムを選ぶと顔周りがスッキリ見えます。袖をロールアップして、春らしい軽やかさをプラス。

レディライクなプリーツスカートに合わせることで、抜け感のある着こなしになります。シャツをインすることで、脚長効果も生まれます

靴は、ブラックのローファーで甘さ控えめに仕上げましょう。アニマル柄の巾着型バッグを合わせ、スタイリングのアクセントに。

5月下旬(21~30日)平均気温18~20℃でシャツやロンTが大活躍♡

折れ線グラフ:東京の5月の気温平年値(日ごとの値)
データ引用元:国土交通省 気象庁

5月下旬の気温は、平均18~20℃です。日中の最高気温は23~24℃前後で、最低気温は14~16℃と最低気温も15℃近くなり気温が安定してきます。

一日を通しても温かく感じる日も多くなるでしょう。厚着をすると日中は汗ばむ日もちらほら出てきます。

1枚で映えるフォトTやデザインブラウスがおすすめ♡

デザインブラウスやフォトTがおすすめの画像

晴れの日の日中は、長袖1枚で出歩ける気候。デザイン性の高いトップスや、カラーアイテムを取り入れるのがおすすめです。

1枚で可愛く着こなしたいデザインブラウスや、フォトTを活用してコーディネートを楽しみましょう♪

Check Point!

  • シャツやロングTシャツが大活躍
  • カラーアイテムを取り入れて初夏を意識する
  • 適度に肌を露出してメリハリをつける

【最高気温24℃】シアーシャツ×デニムで女っぽデニムスタイルを完成♪小物はきれいめベージュがセオリー

シアーシャツ×デニムで女っぽデニムスタイルを完成♪小物はきれいめベージュガセオリーの画像

ピンクのブラウスとデニムで、きれいめなカジュアルスタイルに仕上げました。
透け感のあるシャツは、女性らしいテイストのアイテム。フロントインの着こなしで、こなれ感を出します

デニムと合わせてもカジュアルになり過ぎないのは、シャツのピンクカラーで甘さが足されているからです。
ピンクとの相性もいいベージュの小物を合わせ、大人っぽいデニムコーデを完成。大人っぽさをキープするために、靴はハイヒールがマストです。

ショルダーバッグのチェーン使いはトレンド感もあり、旬な雰囲気をプラスしてくれます。

【最高気温24℃】フェミニンスカートの甘さをプリントトップス&ダッドスニーカーでカジュアルダウン

フェミニンスカートの甘さをプリントトップス&ダッドスニーカーでカジュアルダウンしたコーデ画像

プリント柄のカットソーにロングスカートを合わせた、きれいめなカジュアルスタイル。

フェミニンな印象のスカートは、トレンドカラーでもあるグリーンをチョイス。落ち感のある素材や適度に広がるシルエットが女性らしいアイテムです。

甘さを控えめにするために、合わせるトップスはシンプルカジュアルなアイテムを選びましょう。足元もカジュアルなスニーカーを合わせて、こなれ感のあるコーディネートに仕上げます。

ブラックの巾着型バッグで、遊びのある着こなしに

【最高気温24℃】トレンドのイエローのパンツが主役♪ブラックアイテムと合わせて大人っぽコーデに♪

トレンドのイエローのパンツが主役♪ブラックアイテムと合わせて大人っぽコーデに導いた画像

ドット柄のブラウスにテーパードパンツで、甘辛ミックスなコーディネートを完成。
ブラウスは、ボリュームスリーブや袖口のフリルがフェミニンな印象です。甘くなり過ぎないポイントは、ブラックを選ぶこと。

トレンドカラーのイエローのパンツは、センタープレスできちんと感もあります。
カッチリめのローファーやバッグもブラックで統一し、大人っぽいオフィススタイルに。

ブラウスの甘さをブラックカラーの小物で引き締めた、絶妙バランスのコーディネートです。

【最高気温24℃】小花柄ワンピースはデニムジャケットでカジュアルダウンさせるのがマスト!

小花柄ワンピースはデニムジャケットでカジュアルダウンさせるのがマストのコーデ画像

ブラックの小花柄ワンピースをデニムシャケットでカジュアルダウンさせた、きれいめカジュアルコーディネートです。
ロング丈のワンピースは、一枚で完成するフェミニンアイテム。ブラックを選ぶことで、大人っぽさを演出。

デニムのジャケットを投入してカジュアルダウンさせることで、こなれ感も生まれます◎オーバーサイズのジャケットを肩はずしスタイルで着こなせば、大人の抜け感も演出
足元はストラップサンダルを合わせて、女らしい表情と季節感をプラスします。

【最高気温24℃】イエローパンツでトレンド要素をプラス♪フォトTでカジュアルに仕上げたコーデ

イエローパンツでトレンド要素をプラス♪フォトTでカジュアルに仕上げたコーデの画像

ダークグレーのカットソーとテーパードパンツの、ベーシックなコーディネートです。
今季トレンドでもあるイエローのパンツは、ベーシックなカラーと合わせると大人っぽく仕上がります。
ディテールもあまり凝ったアイテムではなく、シンプルな物がベストです。

フォトTやホワイトのスニーカーのカジュアル感をプラスすることで、こなれたスタイリングが完成。
トップスをフロントインすることで、下半身をスッキリと見せるとともに脚長効果も。

バッグはブラックの巾着バッグを合わせ、大人っぽさも加えます。

【最高気温24℃】フェミニンを極めたパンツスタイル♪パープルのパンツで華やかコーディネート

フェミニンを極めたパンツスタイル♪パープルのパンツで華やかコーディネートの画像

レディライクな雰囲気のブラウスで、大人女子のパンツスタイルをスタイリングしました。
ボリュームスリーブやフリルがフェミニンなブラウスは、一枚できちんと感を演出できる便利アイテムです。
透け感のある素材も、女性らしい雰囲気をプラスしてくれます。

きれいカラーのパープルのパンツを合わせることで、さらに華やかな雰囲気に仕上がります。さらにシルバーのハイヒールパンプスを投入し、華やかさをキープ。

パイソン柄のショルダーバッグを合わせることで、個性的な表情も生まれます。

【最高気温24℃】シースルーデザインブラウスが主役♪パステルピンクで春らしさをプラス

シースルーデザインブラウスが主役♪パステルピンクで春らしさをプラスしたコーデ画像

透け感のあるブラウスにテーパードパンツを合わせた、大人女子スタイル。
シースルー素材のブラウスはキャンディスリーブでトレンド感があり、甘さを感じるアイテムです。かわいくなり過ぎないのは、ブラックをチョイスしているため。

トレンドでもあるピンクのパンツを合わせることで、女性らしい華やかなパンツスタイルが完成します。

パイソン柄のハイヒールパンプスやブラックのショルダーバッグで、大人度をアップさせましょう。靴をブラックで統一せずにはずすことで、こなれ感のあるコーディネートになります。

あわせて読みたい
大人の高見えプチプラアクセサリー通販【ChooMia】
  • 人気雑誌「美人百花」「mina」掲載
  • インフルエンサー愛用で今人気上昇中!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!

LINEお友だち追加12,000人突破!最新情報をGETしよう!
プチ研公式LINEアカウント登録で最新情報をゲットしよう


大人のための高コスパアクセサリー通販「ChooMia(チュミア)」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の見どころ
閉じる